Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2024.06.21


安田顕「“自分はこうである”と思い込むことが役者にとって大切な作業」


安田 顕 (やすだ・けん)/1973 年 12 ⽉ 8 日生まれ。北海道出⾝。 主な出演作に『とんび』(2022年)、『ラーゲリより愛を込めて』(2022年)、『アントニオ猪木をさがして』(2023年)などがある。

『孤狼の血』シリーズなどで知られる柚月裕子のミステリー小説を映画化。物語のはじまりは、県警の広報職員・森口泉の親友である新聞記者が変死体で発見された事件から。その1週間前、親友と仲違いしていた泉は自責の念もあり、事件の調査を独自に開始。だが、事件の裏に潜んでいたのは思いがけない真実だった……。亡き友の無念を晴らそうとする泉の奮闘と、彼女の前に突きつけられる怒涛の展開が見どころ。そんな主人公の上司にして、元公安の富樫隆幸を演じる安田顕に話を聞いた。

――物語に対してどんな印象を持ちましたか?

非常に引き込まれました。脚本に対しても、柚月さんの原作に対しても。どんどん読み進めていける勢いがある上に、バラバラな点が線に繋がっていく心地良さがあって。それは、完成した映画にもあるものだと思っています。

――主人公の上司である富樫俊幸は、そんな物語におけるキーパーソンの1人です。

富樫という男を一言で言い表すなら、虚々実々。何が本当で何が嘘か分からない状況が続く物語ですが、富樫もまさにそうである上に、“自分はこうである”とその時々で心の底から思い込んでいる。それって役者もある意味同じで、“自分はこうである”と思い込むことが役者にとっては大切な作業だと思っています。結局、どの役も自分ではありませんから。料理人だったり、刑事だったり、その人にはその人の職業があり、生活があるわけで、役者の僕とは違う。だからこそ、大事なのは思い込むことだと思っています。

――具体的にはどんなアプローチを?

原作を何度も読ませていただきました。おじさんに対する描写がとても細かく、参考になりました。うなじを掻く、おしぼりを使う、後頭部を触る、ポケットに手を突っ込む。そういった仕草の1つ1つが非常によくとらえられていたし、森口泉(杉咲花)からすれば、そういった仕草に目が行くことの意味があって。話す言葉以上に動作が意味を持っている印象を受け、そこから人柄を読み解いていきました。

――富樫を含め、この作品の登場人物たちの場合はすべての仕草に意味がありそうです。

映画をご覧いただいたときに、“このことを言っていたのかな?”と想像していただけると楽しいかもしれないです。人の心情が仕草に現れることって、かなり多いみたいですし。しかも、人は意外と見られているものですから。今、口角をちょっと上げたでしょう?

――はい。

口の動きにも、心情って現れるそうです。たとえば、本当のことを言っているのか、少しはぐらかしているのかといったことも口の動かし方に現れるらしくて。目の動きもそう。左を見ているときは経験に基づいて何かを思い出していて、右を見ているときは経験にないものを自分で作り上げている。そういうのもあるみたいです(笑)。

――実際、泉はそういったものにも目を向けながら、真実に近づいていかなくてはいけません。富樫と泉の関係をどう捉えましたか?

大きく言えば、2人は仕事仲間であり、富樫にとっての森口泉は可愛い後輩。ただ、富樫はいろいろな思惑を抱えている人ですから、この物語のはじまりとなる事件が起きたときに、自分なりの大きな絵を描きはじめたと思うんです。その絵の中には、森口泉という存在もいたでしょうね。

――泉とのシーンで印象に残っているものは?

どれも緊張感のあるものばかりでしたが、料亭でのシーンはテイクをかなり重ねたので印象に残っています。原(廣利)監督は1つのシーンを長回しで撮られる方なのですが、2台のカメラで微妙に違う角度から僕たち2人の顔を狙ったテイクもあって。“1台でいいんじゃない?”と思いましたが(笑)、角度がちょっと変わるだけでも違うニュアンスが映り込んでくる。出来上がった作品を見て、すべて必要なカットだったんだなと感服しました。現場では、杉咲さんと目で話していたんですけどね。「随分撮るね〜!」って。いや、僕が勝手にそう思っていただけかもしれない(笑)。
 

  

 


――愛知県各市でのロケはいかがでしたか?

撮影期間中は、豊橋駅から車で10分ほどのところにあるサウナに通っていました。原監督も行かれたらしく、「原さん。実はいいサウナがあるんです」と話したら、「そこ、僕も行きました!」と言われて(笑)。先月、違う作品を豊橋で撮影したときもまた行きました。

――お気に入りなんですね(笑)。

老舗のサウナで、すごく居心地がいいんです。ロケにはそういった楽しみもあります。

――緊張感のある作品ですから、リラックスは大事ですね。出来上がった作品をご覧になったときは、どんな感想を持ちましたか?

見える角度、見る角度で全部変わってくる作品になっていました。“これはこうです”と提示するのではなく、“見る角度っていろいろありますよね? 角度次第で正義も変わるでしょう?”と説教臭くなく教えてくれる。その人の思想や思いをポンと出すと、映画というものは結局プロパガンダになると思うんです。ドキュメントではないから。そんな中、主人公の目線で進む物語ではあるけど、“あれ? ちょっと待てよ”と思わされる。登場人物それぞれの見る角度で悲劇にも喜劇にも変わっていくし、正義の意味も変わってくるところに心をつかまれました。

――こういったミステリー映画はよくご覧になりますか?

正直に言うと、YouTubeで昭和プロレスばかり見ていて……。ディズニープラスで昔の映画を見たりはしますが、普段から映画に触れるというよりは、見たいものを好きなときに見るスタンスです。部屋で酒をちょっと飲んで、犬を抱っこしてなめてもらって、昭和プロレスを見て、それで満足。明日のために何かをすることもなく、これでいいんだろうかという漠然とした不安をよぎらせながらも、好きなことだけやっています(笑)。

――お仕事とリラックスタイムは分けるタイプですか?

結果的に分かれてきますね。夢中になっているときは、そのことしか考えないので。“面白い脚本だな”“素敵な作品になりそうだな”“どんな役だろう?”なんてことを考えはじめたら、ずっと考え続けてしまいます。撮影中もそう。撮り終わったシーンなのに、帰って着替えているときもそのことを考えて、お風呂に入るときも考えて、寝るときも考えて、朝起きても考えて。なので、作品が何もないときは犬になめられる時間が大事なんです(笑)。

『朽ちないサクラ』6月21日公開
原作/柚月裕子 監督/原廣利 脚本/我人祥太、山田能龍 出演/杉咲花、萩原利久、森田想、駿河太郎、豊原功補、安田顕 配給/カルチュア・パブリッシャーズ
2024年/日本/上映時間119分

●こちらの記事もオススメ!
萩原利久「準備をして初めて、物作りのスタートラインに立てる」
 

  

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

雑誌『Safari』公式アカウント(@safarimagazine_official)がシェアした投稿

 

  

 

 
取材・文/渡邉ひかる text:Hikaru Watanabe
©2024 映画「朽ちないサクラ」製作委員会
【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF
間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。

パフォーマーから退いてはや9年が経つにもかかわらず、いまだ現役さながらの肉体を保ち、キレのいい動きで第一線で活躍する松本利夫さん。歳を重ねたことで円熟味が出てきたものの、まだまだ若々しく精悍で、エネルギーに満ちあふれた印象。彼のスタイルは…

TAGS:   Health&Beauty
【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLFなりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLF
なりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。

寡黙で優しく、それでいて芯が強い。最近出演する映画やドラマでは、そんな役どころを演じることが多い俳優の大谷亮平さん。実際にお会いすると、若々しくフレッシュな印象だ。きっと、いまだ鍛えているという身体と艶やかな黒髪が、そう感じさせるのだろう…

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。
SPONSORED
2024.06.30

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。
ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。

クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務める〈アウール〉から新しくバッグブランド〈MCFC〉がデビュー。ウエアと同じく、“ビジネスをより快適に”をテーマに使い勝手がよく、かつスタイリッシュなデザインが最先端で働くビ…

TAGS:   Urban Safari Fashion
ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。
SPONSORED
2024.06.30

ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。
ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。

余裕を忘れがちな仕事中、手元にさりげなくラグジュアリーな腕時計があれば、忙しさの中にも優美さを保てる。1988年の創業から16年で自社製ムーブメントを製造する“マニュファクチュール”となった〈フレデリック・コンスタント〉。その真摯なウォッ…

TAGS:   Urban Safari Watches
〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!男らしさと品格がある都会で映える腕時計!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!
男らしさと品格がある都会で映える腕時計!

都市で暮らす男に必要なのは、荒々しい男らしさではなく、凛とした気品と力強さ。腕時計でいえば、〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションがそれにあたる。長い歴史に裏打ちされた自信と存在感、そして“サヴォアフェール(匠の技)”による精緻な作…

TAGS:   Fashion Watches
〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!
存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!

生命の源であり、高揚感やエナジーの象徴である太陽光。その輝き“香り”として具体化したメンズフレグランス“LVERS”が〈ルイ・ヴィトン〉から登場した。メンズ クリエイティブ・ディレクターであるファレル・ウィリアムスのアイデアを形にした新し…

TAGS:   Fashion
〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!
SPONSORED
2024.06.25

〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!
くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!

ホテルのエントランスを抜けると、目線に東シナ海の水平線。間にあるテラスは、日常と非日常の境目といった趣だ。チェックインからドラマチックな旅を予感させる〈ザ・ブセナテラス〉は、極上のくつろぎを備え、かつ海に面した立地ならではのアクティビティ…

TAGS:   Stay&Travel
沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?
SPONSORED
2024.06.25

沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!
海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?

人生のスパイスとなる体験を求めるラグジュアリー・トラベラーが、沖縄での滞在先に選んで間違いないのが、国際的ブランド“インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ”だ。豊かな自然が織りなす絶景に囲まれた立地、ハイエンドな空間やサービスが、成熟…

TAGS:   Stay&Travel
さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!
SPONSORED
2024.06.25

さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!

派手な色柄アイテムを着こなすのも夏の醍醐味だが、あえてシンプルに装いつつ洗練度高めのロゴを効かせるのも大人っぽいワザ。さらに、バックシャンでさりげなく違い出しできればもっと差がつくはず。そんなわがままを叶えてくれるアイテムといえば……、〈…

TAGS:   Fashion
武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!
男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!

THE RAMPAGEのパフォーマーとして活躍する一方、ボディメイクなど他ジャンルへの挑戦でも注目を集めている武知海青。アクティブ派アーティストは、鍛え上げた身体を手元から格上げしてくれる〈ベル&ロス〉の新作ダイバーズを、この夏の相棒に選…

TAGS:   Fashion Watches
夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!
海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!

着こなしがシンプルになる夏こそ、個性的なタイムピースが本領を発揮するシーズン。そこで注目したいのが、スイスの老舗ブランド〈エドックス〉からリリースされた日本限定モデル。海のF1とも称されるパワーボートレースの世界観を投影したコレクションに…

TAGS:   Fashion Watches
上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!
SPONSORED
2024.06.25

上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!
カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!

普段使いのレザーアイテムを、上質なものに変えるとその見た目や感触の快適さで幸せな気持ちになる。その小さな幸せが積み重なるといつもご機嫌でいられてさらに幸福を呼び込む。そんな"幸せループ"を作るラグジュアリーレザーグッズのブランドが〈ボナベ…

TAGS:   Fashion
〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!
SPONSORED
2024.06.25

〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!
憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!

'50年代のアメリカカルチャーに影響を受けた大人も多いだろう。住宅デザインも、オールドアメリカンというキーワードが今、話題を集めている。そこに、新しい価値観を与えるのが〈アンスタンダード〉の“ニューオールドアメリカン”スタイル。憧れの時代…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ