Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2024.03.31

MLBの挑戦者たち〜メジャーリーグに挑んだ全日本人選手の足跡
Vol.14 石井一久/天然キャラで愛された剛腕


【Profile】石井一久(いしい・かずひさ)/1973年9月9日生まれ、千葉県出身。日米通算182勝137敗、奪三振数2550

現在は東北楽天イーグルスの取締役シニアディレクターという肩書をもつ石井一久。現役時代から少しとぼけた天然キャラで知られ、引退直後には吉本興業に高卒採用枠で入社したユニークな経歴の持ち主だ。投手としては高校時代に頭角を現し、意中の球団であったヤクルト・スワローズ(当時)から単独1位で指名された。本人曰く「知らないうちにプロ野球選手になっていた。両親は喜んでいたけど、僕は嬉しくなかった」と話しており、高校卒業時に野球を辞めるつもりだったという。

ヤクルトに入団した石井は、高卒新人ながらシーズンで12登板。勝敗は付かなかったものの、日本シリーズでの先発登板を果たすなど周囲に存在感を示した。翌年に初勝利を挙げると、3年目に7勝、4年目には13勝と着実に成果を残していく。1998年には自己最多の14勝を挙げ、初の最多奪三振王(241)、日本新記録となる三振奪取率11.047を記録。その一方で最多暴投(20)の日本新記録も残した。以降、奪三振と四死球・暴投という石井の剛腕イメージが定着していった。
 

  

 

2002年4月6日、ドジャースタジアムでメジャー初登板を果たす

その前年の’97年、石井は左肩にメスを入れており、アメリカに滞在して半年間のリハビリを行なった。クリーブランド・インディアンス(当時)や傘下のルーキーリーグに帯同し、通訳なしのアメリカ生活を経験しているのだ。「とにかく身振り手振りでもなんでも、自分の意思を伝えるのに必死でした。それでもまあ、人間なんとかなるものですよ」と、石井は当時を述懐している。この体験を経たことで、「とくに野球を好きでもなかった」石井にメジャー挑戦という大きな夢が生まれたのだろう。

2002年1月、ポスティングシステムでのメジャー移籍を希望していた石井に朗報がもたらされる。希望球団だったロサンゼルス・ドジャースが入札し、同球団と3年契約を締結。同年のスプリングトレーニングに参加したものの、オープン戦では打ち込まれることも多く、地元の報道陣に実力を不安視された。だが4月6日に公式戦初先発を果たすと、6回を2安打に抑える見事な投球を披露。監督のジム・トレーシーも「公式戦を見ろといっただろ?」と上機嫌だった。その後も好調を維持した石井は開幕から6連勝を記録し、4月の月間優秀新人賞を受賞している。
 

  

 

2004年、チームメートの野茂英雄とキャッチボールをする石井。ドジャースの17番は現在、大谷翔平の背番号となっている

ところが後半戦は不安定な投球内容が続く。9月8 日には打球を頭部に受け、頭蓋骨を亀裂骨折。医師に「あと1㎜、亀裂が長かったら出血死していたかもしれない」といわれるほどの大怪我となってしまった。それでもこの年は14勝(10敗)を挙げており、首脳陣の期待に一定の結果を示している。ちなみに石井の与四死球106個はメジャー全体で1位。チームメートの野茂英雄も2位(103個)を記録し、なんとも奇妙な日本人ワンツー・フィニッシュとなった。

翌’03年は前半戦だけで8勝を挙げ、日米通算での100 勝も達成。しかし古傷の左膝を痛めたこともあって成績は伸びず、9勝7敗、防御率3.86という結果だった。続く’04年も前半戦で10勝を挙げたものの、後半戦に調子を崩す悪いパターンを繰り返す。13勝7敗と勝ち星は十分ながら、防御率は4.71と悪化してしまった。この年のオフ、ランディ・ジョンソンとともにニューヨーク・ヤンキースへのトレード話が持ち上がったが、ドジャース側の撤退により実現しなかった。
 

  

 

ニューヨーク・メッツ時代では名捕手マイク・ピアッツァとバッテリーを組んだ

‘05年は交換トレードでニューヨーク・メッツへ移籍。しかし左膝痛が再発し、自身初のマイナー落ちを経験した。9月に再昇格するも、わずか3勝でシーズンを終えてしまう。本人は「こういう苦労をしたくなかったらメジャーに来ていない。貴重な経験だと思って今後の野球人生につなげたい」と語っている。このポジティブ思考こそが、石井という人間の真骨頂といえるかもしれない。

翌年からは日本球界に復帰し、古巣ヤクルトで20勝、FA移籍した西武ライオンズで54勝を挙げている。豪速球とスライダーでねじ伏せるスタイルから、投球術を駆使した技巧派スタイルへと生まれ変わり、2013年に40歳で引退。日米通算の奪三振数2550は、日本歴代で稲尾和久に次ぐ9位。そして通算暴投数137も村田兆治に次ぐ堂々の2位である。

●こちらの記事もオススメ!
Vol.13小宮山 悟/熱いハートの精密機械

Vol.12野村貴仁/バレンタインも惚れ込んだ鉄腕

Vol.11新庄剛志/記憶に残るスタープレーヤー

 

  

 

文=野中邦彦  text : Kunihiko Nonaka
photo by AFLO
男のかっこよさはデニムで決まる! 着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 
SPONSORED
2024.04.19

男のかっこよさはデニムで決まる! 
着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 

男のファッションは“シンプル”が基本。だからこそ飾らないデニムの風合いは、いつの時代も魅力的に映るのだろう。シルエットや色落ちに多少のトレンドはあるけれど、ベーシックなデニムを長く愛用するのも、芯がとおっていてかっこいい。で、そんな王道デ…

TAGS:   Fashion
Always, My Dear Ocean海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。
SPONSORED
2024.03.29

Always, My Dear Ocean
海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。

いつか、海の近くに住んでみたい。そんな夢を思い描いている人は多いよう。というのも、仕事のリモート化が進んでからというもの、実際に海沿いの家の人気はうなぎのぼりだからです。ただ、都会の暮らしを手放したくないのも事実ですよね。だからといって、…

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック
SPONSORED
2024.03.29

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!
いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック

本格ピックアップトラックとして世界中で愛されてきた〈三菱自動車〉の“トライトン”が、12年ぶりに国内投入。三菱がラリーの世界で磨き抜いた4WDシステムで高い走破性を実現する一方、唯一無二の個性を主張する精悍なデザインは、「“冒険”の定義を…

TAGS:   Cars
俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る! 惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!
SPONSORED
2024.03.25

俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る!
惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!

〈サンローラン〉のシグネチャーアイテムといえるレザーアウターが、今シーズンもバラエティ豊かに出揃った。羽織るだけでさりげなく漂う、大人の色気と武骨な男らしさ。しなやかにカラダを包み込むラムスキンの風合い。そして緻密に計算された美しいシルエ…

TAGS:   Fashion
100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!
SPONSORED
2024.03.25

100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!
タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!

〈カルティエ〉のアイコンジュエリーである“トリニティ”が、今年で100周年を迎える。3本のリングが描く独特なフォルムは、友人やパートナー、親子や家族など様々な愛のカタチを彩ってきた。そんなタイムレスな魅力をもつ“トリニティ”に、100周年…

TAGS:   Fashion
〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!品があって爽やかなマリンカジュアル!
SPONSORED
2024.03.25

〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!
品があって爽やかなマリンカジュアル!

春から初夏のビーチには、上品で爽やかなマリンカジュアルがよく映える。上質素材のカットソーに薄軽なアウターを羽織って、ボトムにはすっきりした大人ショーツなんて着こなしがソレっぽい。そこで注目すべきが〈ヘルノ〉の新作。マリンカジュアル気分もた…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!
SPONSORED
2024.03.25

〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!
優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!

優しげな淡いトーンの着こなしは、春らしさ感じる人気色のひとつ。でもワントーンでこなすほどに、少しだけ“物足りない”って感じる人も多いはず。そんなときは、深みのあるグリーンブロンズ時計のアクセント使いが頼りになる。ニットのアイボリーと、時計…

TAGS:   Fashion Watches
シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!
SPONSORED
2024.03.25

シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!
無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!

リモートワークや旅先のレストラン、ゴルフ場のクラブハウスなど、大人のいろんなシーンにはセットアップが必要だ。さらにこれからの暑い時期は、より快適に着られる1着が理想的。であれば、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”が狙いめ。着ていることを忘れてし…

TAGS:   Fashion
町田啓太が体感した〈Audi〉A3の魅力とは!?
SPONSORED
2024.02.29

町田啓太が体感した
〈Audi〉A3の魅力とは!?

エモーショナルな佇まいと先進の装備で人気を博す〈Audi〉A3を、今をときめく町田啓太さんがインプレッション! 意外にも免許取得以来一度も自分のクルマを所有したことがないそうだが、〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトは、彼の琴線に大いに…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ