Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2022.09.11


【まとめ】ニック・ジョナスのお洒落コーデ31

これまで『Safari Online』で紹介してきたニック・ジョナスのお洒落な着こなしをまとめてお届け。コーデの参考にしてみて!

 

 
Nick Jonas 
[ニック・ジョナス]

【ニック・ジョナス】柄物ブルゾンを着るときに気をつけることとは?

柄物のブルゾンを着たときに、気をつけたいのは色を合わせること。ニックのような陽気な柄のブルゾンは一見、着こなすのが難しく思えるはず。けれどもショーツをイエローにして全体のカラーバランスを意識すれば、まとまって見えるので怖くないはず。ほどよく肌が見えているのも嫌味にならず好印象。ニックは足元に〈ヴァンズ〉のチェックスニーカーを合わせて、ラテンのノリが伝わるコーデにしているけど、日本なら白スニを投入する方が無難だろう。
 

 


高級車〈メルセデス・マイバッハ〉でウエストハリウッドのレストラン、クレイグズを訪れたのはニック・ジョナス。クルマの車体カラーと同系色のグリーンで全身をコーデ。襟がコンパクトで上めにデザインされているレザージャケットや、胸元の開いたインナーがたくましさを強調。足元はスッキリと見えるブラックのサイドゴアをセレクト。大人らしい上品さもしっかりと演出しているのがニクい。首元のゆとりや足元にたるみがあるのは、90年代のゆったりシルエットを意識したものだろう。さすがはニック、トレンドを取り入れるのが実にお上手。

 


パートナーで女優のプリヤンカーと歩く洒落者ニック。渋イエローの柄シャツには、陽気なヤシの葉などが描かれていて、夏気分満載。色の主張が強いシャツを主役に選んだ場合、ボトムの主張は控えめに。しかも都会的なグレーデニムを合わせるのがバランスいい。コーデでアクセントがあるので、足元は冒険せずに白スニーカーで爽やかにするのが正解。こんなふうに着こなせば、ちょっと派手めなシャツだとしても、ホラ、陽気すぎることない! 
 

 


彼の合わせが上手なのは、グレーの色合いに差を出しているのももちろんそうだが、アイテムにも変化をつけているところ。アウターでワーク調の雰囲気を出し、Tシャツはあえて長めに出してレイヤード感を強調。そして、ボトムにはサイドライン決め手の〈アディダス〉のパンツでスポーティさも味つけ。こんなにいろんな要素を入れているのにブレてないのは、やはりワントーンにまとめているおかげかと!
 

 


白の上下では爽やかどころか逆にイカツク見えてしまうところを、うっすら色っぽいピンクをスウェットに選び、上手に白デニムを生かした。そして、コーデをピリッとさせるために使用したのは、黒のボディバッグ。これをいつものように斜めがけすれば、いいアクセントになるはずだ。
 

 


この日はデニム・オン・デニム。特徴は、ワントーンにしないデニムの色使いでメリハリを出している点。トップは軽快な淡ブルーに白T。そしてボトムは、色落ちのない真っ黒デニム。しかも脚にピタッとフィットしたものを選べば、全体のスタイリッシュさが増して都会的に見えてくる。このバランス感も、洒落者ニックは計算済みなんでしょうね。
 

 


色使いの上手なニックのこの日のコーデは、淡ピンク×黒の2トーンカラー。コントラストがつきすぎるのでは? と思われがちだけど、ピンクと黒は好相性なので心配ご無用。ピンクも肌馴染みのいい淡色にし、黒でぐっと引き締めたことで都会的な雰囲気に仕上げた。これでラフな格好も街仕様。あとは、足元まで真っ黒にせず、白ソールの効いたスニーカーをセレクト。淡ピンクの軽さとリンクさせているところなど、普通に見えるけど、この計算済み!? の合わせはさすが。
 

 


表情豊かなメランジ調の織りで爽やかさを出し、個性的なデザインでアクセントを作ったニットが主役。このニットのインには白Tを重ね、ニュアンス出しにお約束で裾からチラ見せ。ボトムは淡青デニム。もちろん普通のデニムではなく、サイドにラインが入った旬のデザインだ。グリーンと淡青って好相性なんだということもここからわかるように、やはり彼の色の組み合わせは参考になる! 色使いを見せるなら、足元は邪魔をしない白スニがやはり一番のようだ。
 

 



ご覧のとおり〈グッチ〉のプルオーバーパーカで人目を引くスタイルを披露。細身の黒デニムを合わせることで、パーカの大きめシルエットをうまく生かしている。しかも、ラグジュアリーブランドの1着で華やかさを演出するのは、大人にしかできない着こなし。わかりやすく周囲と差をつけるなら、この手も当然アリ。ちょっとレトロなピンクサングラスも、彼のキャラによく似合っている。
 

 


ジャストサイズシルエットのパーカを着たニック。〈パレススケートボーズ〉のものだが、フードだけオレンジになっているため、レイヤードスタイルのように見えるのが面白い。これ1着で着こなしに個性が出て、まわりと差別化できそうだ。こちらもジャストな黒スウェットパンツと白スニーカーのスポーティなボトムに、あえて定番のヤンキースキャップを合わせるセンスもお見事!
 

 



発色のいいオレンジのパーカ。注目したいのはぶらりとさせたフードのドローコード。ビーズが付いていて、ネイティブな雰囲気だ。このくらいのさりげないひと癖であっても、こだわりは十分伝わるし存在感だって抜群。ちなみにこのパーカは〈JWアンダーソン〉のもので、長い袖とゆったりした雰囲気が魅力。ボトムはいつもと同じ細身の黒デニム&白スニ。こだわりのこだわりの基本スタイルはそのまま、遊ぶところは遊ぶという、絶妙なバランス感覚を保った服選びがニックのお洒落の秘訣といえそう。
 

 


愛犬の散歩中とはいえ、大人らしく都会的なネイビーでまとめた上品スタイルを見せたニック。このコーデのポイントと言えば、ワントーンであるが、これをのっぺりしないように上手にこなしているところが彼のすごいところ。ジャケットは艶だし素材で、インは薄手のダウンジャケットで立体感増し。ボトムは、ダメージ&リペア加工でエッジを効かせ、足元は白。かなり考えられている、お手本のような完璧ワントーンコーデだ。 
 

 



細かいモノトーンチェックのドリズラーに、黒の細身パンツを合わせたニック。足元から時計やカバンまで、すべて黒でまとめた都会派スタイルだ。ドリズラーの柄が効いていて、モノトーンでも落ち着きすぎず、非常に洗練された雰囲気になっている。腕時計の見せ方ひとつ取っても、わかってる感あり!
 

 



淡いトーンの茶ドリズラーを羽織ったニック。パンツは濃いめの茶にして引き締まった印象に。インナーにも茶系のボーダーカットソーを合わせて、全体のトーンを揃えているのがわかる。茶の柔らかい雰囲気と、ボーダーの陽気なノリがミックスされて、どこか楽しげな着こなしになっている。
 

 



個性的な柄が入った薄カーキのドリズラーに、やや濃いめのカーキパンツを合わせている。インナーにはざっくりとした茶系のニットパーカを合わせ、リラックス感たっぷり。白スニーカーを素足履きしているのも、このスタイルなら非常に効果的だ。全体的にゆるっとしていながらも、襟付きのドリズラーのおかげで大人っぽさも十分!
 

 


シックなチェスターコートを羽織った黒スタイル。そして、イン使いしたパーカで上手にメリハリをつけている。上品なコートとカジュアルなパーカのテイスト違いの組み合わせがなんとも今どき感たっぷりでしょ? で、この黒パーカ、ニックの所属している”ジョナス・ブラザーズ”のTシャツを着ている俳優のジョン・ステイモスがプリントされているというなんともユニークな1着。いかつい黒づくめの中で、遊びのあるフォトプリントが非常に効果的だ。
 

 



ネイビーのスウェードでできた薄手のシャツJKを着用。黒ボトム&黒シューズでストイックにこなしつつ、インの白Tでヌケを作ったコーデがスタイリッシュな印象だ。この1着、本格的な冬もイン使いで活躍しそうだし、なかなか使い勝手がよさそう。スウェードだから大人っぽさも満点!
 

 


明るい茶に近いレンガ色のMA-1を着ているのは、シンガーのニック。なかなか珍しい色のMA-1だけど、お洒落度はバツグン。インに白Tを合わせた爽やかな着こなしで、ジャケットの存在感をうまく生かしている。さりげなくサングラスを色合わせしているのもニクい。
 

 



ゆるっとしたオーバーサイズの茶スウェットを着たニック。ボトムは太くも細くもない適度なテイパードシルエットで、上下をバランスよく見せているのがわかる。また、肩にニットをかけることでオフショルダーを隠しているのも印象的。これによってオーバーサイズ感を緩和して、大人っぽくすっきり見せることに成功している。スウェットの袖を片方だけ捲って、アシンメトリーなシルエットにしているのもうまい。もちろん全体を茶とネイビーでまとめているのも、大人っぽさの要因だ。
 

 



淡い色落ちとダメージ加工が効いたビッグシルエットのデニムシャツ。ボトムは細身の黒スウェットバンツにして、足元にはヌケ感たっぷりな白スニという着こなしだ。ビッグシルエットとはいえ、シャツの肩はジャストだし、ウエストも適度にシェイプされたタイプ。ダボっとした上半身だけが目立ってしまうこともなく、バランスのとれたシルエットになっている。両方の袖をアシメントリーかつラフに捲って、絶妙なニュアンスをつけている点にも注目!
 

 


ボリュームたっぷりなチェック柄シャツジャケットを羽織ったニック。あえてインにも同色同柄のシャツを合わせて、全体が一体化したような印象に仕上げている。アウターがチェック柄の場合、インに合わせるアイテム次第でガチャガチャしてしまいがち。ならばいっそのこと同じ柄、というのが彼の潔いところ。上半身が柄×柄なぶん、ボトムはシンプルな細身の黒。シューズも黒スウェードで一体化させ、非常にすっきり都会的に見せている。 

 


少しオーバーサイズのスタジャンで、白とグリーンの爽やかな色合い。黒ベースの着こなしに合わせて、スポーティな雰囲気を出している。こんな感じのスタジャン使いが最近のトレンド。スタイリッシュさとアクティブさのバランスが絶妙でしょ?
 

 


ピンクのコーチジャケットに、黒の細身パンツを合わせたニック。彼らしいモダンで都会的な雰囲気がよく出ている。インナーも淡いピンクにして、微妙なグラデーションをつけているのがさすが。
 

 


シンガーのニックは、アウターにイエローを取り入れるのが得意。どちらのコーデもボトムは相性のいいブラウン。だが、インナーが白ならスニーカーも明るい色、インが黒なら足元もダークな色にして、全体の統一感をしっかりと考えているのがニクイ。さらに彼が着ているイエローのジャケットは、ともにトレンド感あふれるゆったりシルエット。イエローはアクティブで明るい気分にさせてくれるけど、シルエットで今どき感を出しているのはファッション感度が高い証拠。さすがニック、見せどころを知っている!?
 

 


ブルーとグリーンの切り替えデザインになったウインドブレーカーを着用。かなり個性の強いアイテムだけに、ほかのアイテムはシンプルに。細身の黒パンツと白スニーカーでスッキリとまとめている。このくらいしっかりとメリハリをつけたほうが、小僧っぽくならずに”ブルー”の魅力を引き出せそう。逆三角形のシルエットになっているのも、個性派アウターをお洒落にこなすコツ!
 

 


ピンクのスウェットシャツにグレーパンツと白スニーカーというシンプルな着こなし。全体に淡めのトーンでまとめて、優しげな雰囲気を強調。ただ、それだけではボンヤリとした印象になるところ。ニックがうまいのは、トップがゆるく、ボトムがタイトなシルエットを作り、シャープ&モダンに魅せている点!
 

 


この日は切り替えデザインのナイロンブルゾンでボルドーを取り入れて、スポーティな雰囲気の都会派コーデに仕上げている。全身ダークトーンでは重〜い印象になっていたけど、これなら春でもいけるってもの。インナーがTシャツではなくポロシャツなのも、大人っぽく見えるポイントだ。
 

 


〈ベルスタッフ〉のオイルドコットンJKに、濃紺デニムを合わせて上品さを兼ね備えたワイルドスタイルを完成。インナーなどはすべて黒でまとめ落ち着きを出したのも大人らしさを後押し。〈バレンシアガ〉のボディバッグや、ブーツもレザーで揃えれば、男らしさが増して見える。
 

 


ライダース姿でNYの街を歩くニック。ライダースといえば、バイカーのイメージが強いので、無骨に見えすぎてしまう恐れも。けど、こちらのニックは男らしさはあるものの、都会に馴染む洗練された印象だ。というのも、黒で全身統一しているのだが、インにはあえて開襟シャツを合わせて、ほどよい“ヌケ感”を出しているから。ライダースの男らしさに、肩肘張らない雰囲気をプラスすることで、洒落感を生み出してるのはさすが。
 

 


こちらはM-65タイプのジャケットを着たニック。インナー、パンツを黒で統一。都会的な洗練さが出るので、男らしいミリタリーJKだって問題なし。さらに、ブーツではなく、スニーカーを合わせているところも、軽快さが生まれて好印象だ。

 



カラーパネルとライン使いが個性的なナイロンジャケットを着ているのは、シンガーのニック。どこか’80s風のデザインで、彼が最近のトレンドをしっかり押さえているのがわかる。で、味青デニムあたりで普通にコーデせず、黒のスキニーボトムを合わせているのがニック流。インのTシャツや足元も黒でまとめて、ぐっと引き締まった印象を演出している。派手カラーのジャケットを主役にした、見事な都会派コーデといえそう。
 

 

photo by AFLO
上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作はいつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!
SPONSORED
2022.09.25 NEW

上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作は
いつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!心地よい色と素材で大人の休日を!
SPONSORED
2022.09.24

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!
心地よい色と素材で大人の休日を!

センスのいいカラーアイテムを取り入れて、着こなしに磨きをかけたい秋。ならば、〈ゼニア〉が得意とする“オアジ カシミヤ”に注目を。〈ゼニア〉の拠点がある北イタリアの自然公園“オアジ ゼニア”にちなみ、その豊かな自然をイメージしたナチュラルな…

TAGS:   Fashion
玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!大人の男に似合う存在感のある名作時計!
SPONSORED
2022.09.24

玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!
大人の男に似合う存在感のある名作時計!

2002年に誕生するや瞬く間に時計業界に一大センセーションを巻き起こした“タンブール”。20周年を迎えた〈ルイ・ヴィトン〉のウォッチコレクションのシンボルともいえる名作を、俳優・玉木 宏が身にまとった。挑戦し続ける精悍な男の腕には、今なお…

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!定番の着こなしが見違える格上アウター!
SPONSORED
2022.09.24

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!
定番の着こなしが見違える格上アウター!

秋冬のお洒落を左右するのは、なんといってもアウターの存在感。シンプルなデニムとTシャツの着こなしでも、アウターひとつで格上に見せることができる。そこで注目したいのが、イタリアらしい洒落心と機能性が融合した〈ヘルノ〉の新作アウター。バリエー…

TAGS:   Fashion
身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!
SPONSORED
2022.09.24

身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!
遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!

身近な存在のデニムだからこそ、ちょとした遊び心ひとつで印象が変わるもの。そこで注目したいのが、魅力的なアイテムが揃う〈ディーゼル〉の新作。得意とするデニムアイテムに、やりすぎにならない程度の絶妙なヒネリを効かせて個性的にアレンジ。いつもの…

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー
SPONSORED
2022.09.24

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!
ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー

ラウンド中のスタイルは、どうしたってスポーティにりがち。でも、もう少し大人の色気や貫禄のあるゴルフコーデを楽しみたいって人も多いはず。そんな人なら、1929年から続くイタリアの老舗ジュエラー〈フォッぺ〉に注目。最新技術と熟練した職人技が生…

TAGS:   Fashion
エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!
SPONSORED
2022.09.24

エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!
秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!

夏ゴルフと違って、コンディションのいい秋のゴルフは落ち着いた見た目でスマートにこなしたい。加えて、アクティブな印象と実際の動きやすさも欲しいところ。となると、ちょうどいいのが"アスレジャー"風のスタイル。カラーで大人っぽさを、スポーティな…

TAGS:   Fashion
ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!
SPONSORED
2022.09.24

ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!
週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!

あなたのゴルフの楽しみ方は、仲間とわいわい楽しむエンジョイ型? それともスコアを追求するアスリート型? でも、意外にその日の気分やメンツで変わる“どっちも”型が多いんじゃない!? だったら、それに合わせてウエアだって着替えるのが正解。〈テ…

TAGS:   Fashion
センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!
SPONSORED
2022.09.24

センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!
ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!

ゴルフウエアってなんだか派手すぎ!? 日頃からそう感じている人も多いかも。そんな中、高品質でベーシックなアイテム作りに定評のある〈アー・ペー・セー〉が、ついにゴルフウエアを発表。ターフ上に馴染むうえに、街使いもしやすそうなアイテムが豊富だ…

TAGS:   Fashion
過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!
SPONSORED
2022.09.24

過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!
伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!

派手なコーデ提案が多いゴルフファッション。でもこの秋、〈マンシングウェア〉が一石を投じるかも!? 今シーズンは“トーン・オン・トーン”をベースに、クラシカルなデザインと快適機能素材を上手に融合させたアイテムが豊富。ほのかにレトロでいい雰囲…

TAGS:   Fashion
今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?
SPONSORED
2022.09.24

今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!
ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?

これまでチャレンジングなデザインや柄で、ゴルフファッションの未知なるトレンドを切り拓いてきた〈パーリーゲイツ〉。そんなこのブランドが、今シーズン提案するのはなんと意外にも“黒”! ひょっとしてコレ、華やかさ全盛の近頃のゴルフファッションに…

TAGS:   Fashion
〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!
SPONSORED
2022.09.24

〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!
アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!

アリゾナ生まれの〈ピン アパレル〉。その“ネイティブライン”のテーマは、“色で遊ぶ”。星条旗やネイティブ柄などアメリカンモチーフをゴルフウエアに投入して、アクティブでポップなスタイルを提案。アメカジ好きにササるデザインは、今シーズン注目を…

TAGS:   Fashion
〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!
SPONSORED
2022.09.24

〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!
楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!

ゴルフ場のクラブハウスはドレスコードが厳しめ。行き帰りはジャケット姿が望ましいが、堅苦しい1着だと運転で疲れる。そこで頼りになるのが、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”。重力を感じさせないニット素材のセットアップなら楽ちんで上品。アクティブ派に…

TAGS:   Fashion
ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!大人のフリースはちょっと差がつく1着で!
SPONSORED
2022.09.24

ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!
大人のフリースはちょっと差がつく1着で!

たとえ何着持っていても、シーズンごとについ買い足してしまうのがフリース。ところが、ワードローブを見返してみると、無地の定番色ばかりで新鮮さを感じられない。ならば、今期は〈タトラス〉が狙いめ。差のつく色柄や素材、ディテールを備えた1着を選べ…

TAGS:   Fashion
〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!
SPONSORED
2022.09.24

〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!
大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!

生地感や味わいが好みのデニムに出会ったら、いつでもどこでも穿きたくなのがデニム好きの性分。ただ、いい年の大人がそれをやるのはいただけない。そこで頼りになるのが、映える場面が異なる3つのシルエットが揃った〈エドウイン〉の“503”。これを穿…

TAGS:   Fashion Denim
快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。
SPONSORED
2022.09.21

快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。
見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。

今期のアウターはどんなものがいいのか? 見た目のよさはもちろんだが、やはり快適で機能的というキーワードは大事にしたい。〈アルファタウリ〉はファッションとテクノロジーの融合を掲げ、あのレッドブル社が設立したブランド。いずれのアウターも快適で…

TAGS:   Urban Safari Fashion
モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。ビジネス映えする王道デニムを知る。
SPONSORED
2022.09.21

モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。
ビジネス映えする王道デニムを知る。

生活スタイルの変化に寄り添い、その時代に合ったベーシックデニムであり続けてきた〈エドウイン〉の“503”。なかでも注目したいのは、現代的な着こなしや体型を分析し、より洗練されたストレートに生まれ変わったレギュラーフィット。変にカジュアル見…

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!
SPONSORED
2022.09.08

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!

日々競争社会で頑張っている人こそ息抜きが大事。となると、週末はのんびりと過ごす!? いやいや。実は、本当に求めているのは“心の解放”のはず。“なにもしない”もいいけれど、爽快でスリリングな体験を味わってこそ「英気を養える」ってこともある。…

映画『ブレット・トレイン』とパートナーシップを実現!知的でタフな大人の決め手は〈ポリス〉の黒縁メガネ!
SPONSORED
2022.09.05

映画『ブレット・トレイン』とパートナーシップを実現!
知的でタフな大人の決め手は〈ポリス〉の黒縁メガネ!

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ