Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2024.03.31

Adventurous Getaway!
〈ジープ〉ラングラーがあれば、大自然が遊び場! 冒険心をかきたてる本格オフローダー!

〈ジープ〉が誕生してから80年以上。本格オフローダーの代名詞的な存在であるこのクルマの魅力は、見ているだけで出かけたくなるところにあるのではないだろうか。悪路をも走破する圧倒的な機能性を持ちながら、スタイリッシュに進化した〈ジープ〉ラングラー。いつの時代にもアクティブ派を魅了するこのクルマの魅力に迫る。

〈ジープ〉ラングラーがあれば、大自然が遊び場!よくスポーツカーを“エモーショナル”という言葉で表現する。流麗でセクシーなそのスタイリングが感性に訴えるからだ。が、個人的には〈ジープ〉ラングラーこそ最も“エモーショナル”なクルマと位置づけたい。理由は簡単。見ているだけで、「海に行きたい」、「山に行きたい」、「スノボに行きたい」、「キャンプに行きたい」、といろんな発想が浮かぶからだ。キャップを被り、ソールの厚いスニーカーを履き、お気に入りのダウンジャケットをカーゴに投げ込んだら、「さぁ、出発!」となる。

ご存知のようにこのクルマの起源は軍用車である。つまり、機能性重視。ボンネットを外からすぐに開けられるのも、ドアヒンジが外側に付いているのも、そんな理由だ。すぐに修理ができたり、パーツの取り外しを容易にする。ルーフがフラットなのもそう。そこに立って双眼鏡で遠くが見えるような役目をする。

もちろん、誕生から80余年が経ち、それらは今、デザイン的アイコンになっていて、当時の使い方には即していない。昨今の交通法規ではドアを外して公道を走ることは許されないからね。当然といえば当然。

とはいえ、そうした当時の機能的パーツがエモーショナルなのは確かだし、それをまとったボディが自然の中で映えるのは見逃せない。これほど大自然をバックに溶け込むクルマはほかにない。

となれば、アウトドア志向が高かったり、そうした趣味を生活の中に取り入れたりしている人は、ガレージに“ラングラー サハラ”を置かない理由はないだろう。積載性、そしてオフロードの走破性の面で期待を裏切らない。

“ラングラー サハラ”の価格は870万円〜。カラーは4色用意されるが、どれもよく似合う。これはかなり難しい選択になることは間違いない。

期待を裏切らない走破性で
魅了し続ける元祖SUV


〈ジープ〉ラングラーがあれば、大自然が遊び場!見栄えも大切だが、“ラングラー サハラ”のキモは走りにある。カタチだけのオフロード車は増えているが、本当にそれなりの悪路を走れるモデルは少ない。その視点でこのクルマを見てもらうとわかるが、前後のアングルとクルマのお腹を擦らないランプブレークオーバーアングルがかなり深い。つまり、障害物がボディに当たる前にタイヤが接地し、進む力が出せるということだ。

それってどういうこと? 具体的にいうと、キャンプ場付近の舗装されていない道を思い浮かべてほしい。台風一過の晴天の日、そこへ行くと大きな石が転がっていたり、道に穴ボコが掘れていたりすることがある。そんな不意なトラップをさほど慎重にならず基本性能だけで通れるのが深いアングルの恩恵だ。トランスファーを4WDローレンジに入れればさらにスムースに走れる。

でもって、よりディープな場所に行く方は“ラングラー ルビコン”が導いてくれる。4WDローレンジの4:1のギア比と前後のデフロックシステム、電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステムが余裕の四駆パワーを発揮してくれる。このシステムとは、クルマの前足が伸びてタイヤの接地性をさらに高めるもの。こんな仕組みを持つのは“ラングラー ルビコン”だけである。

“サハラ”も“ルビコン”もエンジンは2リッター直4ターボで、最高出力は272馬力。V6並のパワーで直4の低燃費を実現している。よりパワフルさを求める人にはこのエンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド“4Xe”がある。モーターのアシストが力強い。いずれにせよ、オフロードもオンロードもファンな走りが魅力になる。

〈ジープ〉ラングラーがあれば、大自然が遊び場!高さのある広々したカーゴルーム。リヤシートを倒せば約2000ℓのスペースが広がる

〈ジープ〉ラングラーがあれば、大自然が遊び場!丸型ヘッドライトと7スロットグリルはジープブランドの証。1941年型MA型からそれは綿々と継承されている

〈ジープ〉ラングラーがあれば、大自然が遊び場!日本仕様のサハラは右ハンドル仕様となるので使い勝手がいい。コインパーキングなどでも便利だ。屋根を外せるフリーダムトップの開放感は最高

〈ジープ〉ラングラーがあれば、大自然が遊び場!“ラングラー サハラ”の基本骨格を構成するのは、強固な高張力スチールと軽量アルミニウムパーツを多用したボディワーク。堅牢さが衝突時にキャビンを守り、アルミボディパーツが燃費向上に貢献する

〈ジープ〉ラングラーがあれば、大自然が遊び場!JEEP WRANGLER
ジープ ラングラー アンリミテッド サハラ 2.0L
●全長×全幅×全高:4870×1895×1845㎜
●ホイールベース:3010㎜
●車両重量:1960㎏
●エンジン:直列4気筒DOHCターボ
●総排気量:1995cc
●最高出力:200kW(272PS)/5250 rpm
●最大トルク:400Nm(40.8kgm)/3000rpm
●駆動方式:後2輪・4輪駆動・オンデマンド方式4輪駆動(選択式)
●トランスミッション:電子制御式8速AT
●乗車定員:5名
●価格:870万円~
※掲載モデルは一部仕様が異なる場合があります。日本仕様車は右ハンドルになります。

Information

●ジープフリーコール
TEL:0120-712-812
Instagram:@jeep_japan_official

雑誌『Safari』5月号 P216〜219掲載

●『Safari Online』のTikTokがスタート!
こちらからアクセスしてみて!

 文=九島事務所 text : Kushima Office
男のかっこよさはデニムで決まる! 着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 
SPONSORED
2024.04.19

男のかっこよさはデニムで決まる! 
着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 

男のファッションは“シンプル”が基本。だからこそ飾らないデニムの風合いは、いつの時代も魅力的に映るのだろう。シルエットや色落ちに多少のトレンドはあるけれど、ベーシックなデニムを長く愛用するのも、芯がとおっていてかっこいい。で、そんな王道デ…

TAGS:   Fashion
Always, My Dear Ocean海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。
SPONSORED
2024.03.29

Always, My Dear Ocean
海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。

いつか、海の近くに住んでみたい。そんな夢を思い描いている人は多いよう。というのも、仕事のリモート化が進んでからというもの、実際に海沿いの家の人気はうなぎのぼりだからです。ただ、都会の暮らしを手放したくないのも事実ですよね。だからといって、…

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック
SPONSORED
2024.03.29

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!
いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック

本格ピックアップトラックとして世界中で愛されてきた〈三菱自動車〉の“トライトン”が、12年ぶりに国内投入。三菱がラリーの世界で磨き抜いた4WDシステムで高い走破性を実現する一方、唯一無二の個性を主張する精悍なデザインは、「“冒険”の定義を…

TAGS:   Cars
俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る! 惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!
SPONSORED
2024.03.25

俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る!
惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!

〈サンローラン〉のシグネチャーアイテムといえるレザーアウターが、今シーズンもバラエティ豊かに出揃った。羽織るだけでさりげなく漂う、大人の色気と武骨な男らしさ。しなやかにカラダを包み込むラムスキンの風合い。そして緻密に計算された美しいシルエ…

TAGS:   Fashion
100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!
SPONSORED
2024.03.25

100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!
タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!

〈カルティエ〉のアイコンジュエリーである“トリニティ”が、今年で100周年を迎える。3本のリングが描く独特なフォルムは、友人やパートナー、親子や家族など様々な愛のカタチを彩ってきた。そんなタイムレスな魅力をもつ“トリニティ”に、100周年…

TAGS:   Fashion
〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!品があって爽やかなマリンカジュアル!
SPONSORED
2024.03.25

〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!
品があって爽やかなマリンカジュアル!

春から初夏のビーチには、上品で爽やかなマリンカジュアルがよく映える。上質素材のカットソーに薄軽なアウターを羽織って、ボトムにはすっきりした大人ショーツなんて着こなしがソレっぽい。そこで注目すべきが〈ヘルノ〉の新作。マリンカジュアル気分もた…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!
SPONSORED
2024.03.25

〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!
優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!

優しげな淡いトーンの着こなしは、春らしさ感じる人気色のひとつ。でもワントーンでこなすほどに、少しだけ“物足りない”って感じる人も多いはず。そんなときは、深みのあるグリーンブロンズ時計のアクセント使いが頼りになる。ニットのアイボリーと、時計…

TAGS:   Fashion Watches
シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!
SPONSORED
2024.03.25

シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!
無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!

リモートワークや旅先のレストラン、ゴルフ場のクラブハウスなど、大人のいろんなシーンにはセットアップが必要だ。さらにこれからの暑い時期は、より快適に着られる1着が理想的。であれば、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”が狙いめ。着ていることを忘れてし…

TAGS:   Fashion
町田啓太が体感した〈Audi〉A3の魅力とは!?
SPONSORED
2024.02.29

町田啓太が体感した
〈Audi〉A3の魅力とは!?

エモーショナルな佇まいと先進の装備で人気を博す〈Audi〉A3を、今をときめく町田啓太さんがインプレッション! 意外にも免許取得以来一度も自分のクルマを所有したことがないそうだが、〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトは、彼の琴線に大いに…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ