Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2022.09.08 PR


【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!

日々競争社会で頑張っている人こそ息抜きが大事。となると、週末はのんびりと過ごす!? いやいや。実は、本当に求めているのは“心の解放”のはず。“なにもしない”もいいけれど、爽快でスリリングな体験を味わってこそ「英気を養える」ってこともある。で、そんな手に汗握る”息抜き”にうってつけなのが、最もスポーティな〈MINI〉として名を馳せる“ジョン・クーパー・ワークス”だ。速さが売りのクルマはいくつもあるが、このモデルは話が別。強靱な“心臓&足回り”が生み出す卓越した運動性能は、「押し寄せるスリルそのもの」といっていい。そして、そんなハイパフォーマンスカーを、プロアスリートのパフォーマンスアップを手掛ける達人がドライブしたら一体どうなるか? リアルで興味深いインプレッションが飛び出した!


今回試乗したのはこの人!


中野 崇さん
JARTA代表。「日本人には日本人に適したトレーニングがある」として、物理学を根底としたトレーニング理論を提唱。ほかにも、バイオメカニクス・理学療法・武道など、多岐にわたる分野から導き出されたストレッチとトレーニングで指導を行う。現在まで、プロ野球、プロサッカー、五輪メダリストなど20種目以上のトップアスリートを指導。 

 

01.ファーストインプレッション
見るからに挑戦的なフォルムがスリルを誘う!


2020年にディテールがブラッシュアップされ、ファッショナブルなルックスと安全性、快適性がさらに向上した〈MINI〉クロスオーバー。なかでもスポーティなエクステリアと充実のパワートレインを搭載する4WDバージョンが、このジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー(以下JCW)だ。走り出した瞬間から感じられる確かなスタビリティ。そしてステアリング直結とも思えるクイックなレスポンス。さらにどこまでも軽やかに伸びるMINI ツインパワー・ターボ・エンジンの力強さは、ドライビングプレジャーをダイレクトに感じさせる特別なもの。さすが、多くの著名アスリートを育ててきた中野さんは、このJCWの力強い佇まいとポテンシャルにすぐに反応した。


前面から感じられる挑戦的なフォルム!

「車体全体から筋肉がギュッと詰まった密度の高さを感じます。無駄がなく必要な部分だけ削ぎ落とした理想の肉体美に近い印象です。といっても肩肘張ったような威圧感はなく、ナチュラルに秘めたパワフルさに、眺めていて好ましいものがありますね」(中野)

大型エアインテークから窺える吸気性能のよさ!
大型のエアインテークは、効果的に走行風を取り込みターボに空気を送り込むだけでなく、ブレーキにもクールエアを導きストッピングに貢献する。「実はアスリートにとって呼吸は“技術”のひとつなんです。効率よい吸気は心肺機能に作用しますし、メンタルへの影響も関係します。呼吸が浅いとアスリートのパフォーマンスはどうしても落ちてしまいますから。この大型エアインテークを見ただけでも、スリリングな走りが期待できそうです」

頼れるのは圧倒的な制動力!
出力を飛躍的に向上させたジョン・クーパー・ワークス クロスオーバーには、306PS/450Nmのパワートレインに合わせ、専用の4ピストン・ブレーキキャリパーが備えられている。「足回りにしっかり感があると、見た目もいいですし安心して走りが楽しめます。レース仕様ともいえる19インチ JCW サーキット・スポーク・ホイールとの相乗効果で、力強いドライビングが想像できますね」

ツインエキゾーストパイプによる骨太サウンド!
2本出しのマフラーからは重厚なエキゾーストノートが奏でられる。明らかにデザインされたエンジンサウンドであり、アクセルを踏み込むことで高揚感も倍増する。「気分をアゲたいときにはアスリートも積極的にお気に入りの曲を聴いたりします。JCWが放つサウンドは、さながらご機嫌な“洋楽”といったところでしょうか」

 

02.スリルあふれる試乗体験へ!
果たしてJCWの走りとは?

個性と迫力にあふれたジョン・クーパー・ワークス クロスオーバーの車体をチェックした中野さん。お次は待望の実走行にトライ。はやる気持ちを抑えて本線に流れ込んだ。

まずはその直線道路でJCWの真骨頂である2.0ℓ直列4気筒MINIツインパワー・ターボ・エンジンを唸らせる。短いストレートでもシートに背中が押し付けられる圧倒的なパワーフィールを体感したようだ。実は5人のキッズを育てているパパの顔を持つ中野さん。普段は家族のためにミニバンを運転しているとか。しかし、非日常とでもいうべきJCWの運動性能に出合って、素直に驚いた表情を見せた。

「凄いですね! ビックリするくらい速いんですが、意外に余裕をもってドライビングできるんですね。普段は居住性に余裕あるワンボックスで移動していますが、その余裕とは意味が違います。こういうスポーツカーで気持ちを解放してやると、いい気分転換になりそうです」

2.0ℓMINIツインパワー・ターボ・エンジンは、最高出力306PS、最大トルク450Nm

タフな“心臓”を持つJCWは、山道をモノともせず、グングン駆け上がっていく

8速ステップトロニックATはパドルシフト付きトランスミッション。なめらかで途切れのないパワフルな加速が堪能できる

「パワフルですが非常に安定しているので、心からドライビングが楽しめます」。握り心地も考慮したナッパ・レザー製の専用ステアリング。確実なホールド機能と快適性を備えたシート。スポーツドライビングを楽しむすべてがこのJCWには揃っている 

“JCW”の試乗予約はコチラから!
  

 一度ドライビングスピリットに火がついてしまったら、その高ぶりは簡単には収まらない。次々とコーナーを駆け抜けワインディングをじっくり堪能する中野さん。そしてJCWの“お楽しみ”であるスポーツモードに切替え、さらに走り込みを続行。

「高回転域まで引っ張ると、独特のエンジン音やエキゾーストノートと相まって、アドレナリンがこぼれ落ちそうになりますね」
また、コーナーの安定したドライビングフィールにも強い感銘を受けたようだ。

「比べようがないでしょうが、ミニバンはコーナーリングでどうしても振られがち。でも、このJCWはしっかり路面を掴んでブレずに曲がっていきます。そう、まるでゴーカートのような感覚で駆け抜けるので、とってもスリリングですよ。足回りのほか、ボディ剛性、つまり体幹もしっかりしているんでしょうね。スプリント競技の選手なども走行時に頭がブレてしまうとスピードが伸びません。クルマと人間の意外な共通点を感じました」

グリップ力、安定性、制御性能などを向上させた熟成の4WD は、実走によりダイレクトに体感できるもの。スポーツサスペンションと相まって、そのハンドリングはまさにスリリングなレース気分!

 集中したスポーツ走行の後は、流すようにゆったりモードにてJCWの上質感や充実した装備に目を向ける中野さん。特に気に入ったのがシート。ダイナミカとレザーのコンビによるシートは、これまでにないホールド感が特に印象に残ったようだ。

「コーナーを攻めるような走りのときは、やっぱりカラダに重力がかかります。ところがこのクルマのシートは腰がぴったり収まる仕様なので、余計に力むことなく運転できました。また、ドライビングに集中すると速度も気になります。このクルマはヘッドアップ・ディスプレイでも速度表示してくれるので、アチコチ目線を動かさずにすむのも秀逸ですね」

さらに、センター・ディスプレイを囲むようにレイアウトされたカラフルなアンビエントライトも楽しい工夫だと評価した。 

“JCW”の試乗予約はコチラから!
  

 視認性に優れたセンター・ディスプレイで状況の判断も的確に。スポーツモードでは赤く光るなど、モードによってカラーが変わるアンビエントライト。エンターテインメント性もJCWの個性のひとつ

「革巻きのステアリングやステンレス製のフットペダルなど、細かい装備にもこだわりがしっかり貫かれていて、いいですね」。こうしたディテールがドライビング気分をいっそう高めてくれる 

“JCW”の試乗予約はコチラから!
  

 

03.トータルインプレッション
いま、JCWを手に入れる意味とは?

ワインディングをひととおり走り尽くし、満足そうな表情を浮かべてパーキングエリアに戻ってきた中野さん。今までにないドライブ体験を経て、ひとつの可能性が浮上してきたと話し出す。

「自分がこれまで日常的に乗ってきたのは、いわゆるファミリーカーです。つまり、こういったスポーツ性能に特化したパワフルなクルマを運転するのは今回がほぼはじめて。今までクルマは移動手段ととらえていたのですが、その考え方はJCWによってガラッと変わりました。スリルあふれるドライビング自体を楽しむことが、クルマを所有する理由になるんですね」

「とにかく加速と足回りが最高です。プライベートな空間のなかで過ごせるクルマは以前から好きで、よく遠出もしてきました。ですが、JCWなら、それに加えて走る楽しみもプラスできます。自分の思いどおりにドライブすることがこれほどスリリングだとは本当に知りませんでした。見た目も非常にスポーティで刺激的。この1台を手に入れたら、ちょっとライフスタイルが変わるかもしれませんね」

ワインディングをスリリングに駆け抜ける爽快感は、予想を数段超えるものがあったという。そういったことを味わうには、クルマ自体のスペックがなにより重要だと痛感したそうだ。

「山道をモノともしないタフな心臓を“エンジン”とするなら、確実に走りきる脚は、そのまま“足回り”といえるでしょう。JCWは確かにそれが過不足なく揃った1台。まさにスポーツトレーナーの僕から見ても、一流のアスリートなクルマだと感じました」

数々のアスリートのパフォーマンスアップを手掛けてきた中野さんを唸らせた〈MINI〉ジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー。ちょっとした時間でも心躍る走りが楽しめるこの1台は、まさにスリルを求める人にぴったりといえそうだ。 

“JCW”の試乗予約はコチラから!
 

 ホールド性抜群のスポーツシート。 ダイナミカとレザーのコンビによるシートは機能性に加え高級感も備え持つ

視認性に優れたマルチ・ディスプレイ・メーター・パネル。ラウンドモチーフを基調にしたモダンなインテリアは〈MINI〉ならでは

ドアの下には“JOHN COOPER WORKS”のエンブレムが配される。こういったJCWならではのディテールが所有欲を満たしてくれる

“JOHN COOPER WORKS”のエンブレムがバックビューをさりげなく引き締める

専用の4ピストン・ブレーキキャリパーもJCWのネーム入り。レーシングな雰囲気を高めている

トランクもかなりの容量が入るので、旅行やショッピングにも有効


★DATA 〈MINI〉ジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー
●全長×全幅×全高:4315×1820×1595mm
●車両重量:1670kg
●ホイールベース:2670mm
●エンジン:2.0ℓ直列4気筒MINIツインパワー・ターボ
●最高出力:225kW(306PS)/5000rpm
●最大トルク:450Nm/1750~4500rpm
●トランスミッション:8速オートマティック
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:606万円~

※掲載の車両は、現在販売中のモデルとは仕様が異なる場合があります。
詳しくはお近くのMINI正規ディーラーまでお問い合わせください。

Information

●MINIカスタマー・インタラクション・センター
TEL:0120-3298-14


●中野さん着用アイテム
ブルゾン1万890円、Tシャツ3300円、パンツ1万5950円、シューズ1万4300円(すべてニューバランス/ニューバランスジャパンお客様相談室)、サングラス4万1800円(ワンスリー コンパウンド フレーム/デュアル)、ネックレス1万7600円(シンパシー・オブ・ソウル/S.O.S fp 恵比寿本店)、腕時計96万8000円(ゼニス)

●中野さん着用アイテム問い合わせ先
ニューバランスジャパンお客様相談室:0120-85-7120
デュアル:03-6455−4690
S.O.S fp恵比寿本店:03-3461-4875
ゼニス:03-3575-5861

写真=田中駿吾 スタイリング=稲田一生 ヘア&メイク=TOYO 文=長谷川 剛 構成=堀川博之 
photo :Shungo Tanaka(MAETTICO) styling:Issei Inada hair & make-up:TOYO text:Tsuyoshi Hasegwa(TRS) composition:Hiroyuki Horikawa
上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作はいつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!
SPONSORED
2022.09.25

上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作は
いつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!心地よい色と素材で大人の休日を!
SPONSORED
2022.09.24

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!
心地よい色と素材で大人の休日を!

センスのいいカラーアイテムを取り入れて、着こなしに磨きをかけたい秋。ならば、〈ゼニア〉が得意とする“オアジ カシミヤ”に注目を。〈ゼニア〉の拠点がある北イタリアの自然公園“オアジ ゼニア”にちなみ、その豊かな自然をイメージしたナチュラルな…

TAGS:   Fashion
玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!大人の男に似合う存在感のある名作時計!
SPONSORED
2022.09.24

玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!
大人の男に似合う存在感のある名作時計!

2002年に誕生するや瞬く間に時計業界に一大センセーションを巻き起こした“タンブール”。20周年を迎えた〈ルイ・ヴィトン〉のウォッチコレクションのシンボルともいえる名作を、俳優・玉木 宏が身にまとった。挑戦し続ける精悍な男の腕には、今なお…

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!定番の着こなしが見違える格上アウター!
SPONSORED
2022.09.24

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!
定番の着こなしが見違える格上アウター!

秋冬のお洒落を左右するのは、なんといってもアウターの存在感。シンプルなデニムとTシャツの着こなしでも、アウターひとつで格上に見せることができる。そこで注目したいのが、イタリアらしい洒落心と機能性が融合した〈ヘルノ〉の新作アウター。バリエー…

TAGS:   Fashion
身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!
SPONSORED
2022.09.24

身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!
遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!

身近な存在のデニムだからこそ、ちょとした遊び心ひとつで印象が変わるもの。そこで注目したいのが、魅力的なアイテムが揃う〈ディーゼル〉の新作。得意とするデニムアイテムに、やりすぎにならない程度の絶妙なヒネリを効かせて個性的にアレンジ。いつもの…

〈ベル&ロス〉から日本限定色のデュアルタイム時計が登場!休日は旅気分が楽しめる心躍るタイムピースで!
SPONSORED
2022.09.24

〈ベル&ロス〉から日本限定色のデュアルタイム時計が登場!
休日は旅気分が楽しめる心躍るタイムピースで!

ラグスポウォッチといえば一番に思いおこすのが〈ベル&ロス〉の名品“BR 05”。航空計器を思わせる機能と洗練されたデザインは、つけるだけで普段の着こなしをワンランクアップしてくれる。その名品時計から、日本限定色のアンバーダイヤルのモデルが…

TAGS:   Fashion Watches
〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー
SPONSORED
2022.09.24

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!
ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー

ラウンド中のスタイルは、どうしたってスポーティにりがち。でも、もう少し大人の色気や貫禄のあるゴルフコーデを楽しみたいって人も多いはず。そんな人なら、1929年から続くイタリアの老舗ジュエラー〈フォッぺ〉に注目。最新技術と熟練した職人技が生…

TAGS:   Fashion
エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!
SPONSORED
2022.09.24

エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!
秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!

夏ゴルフと違って、コンディションのいい秋のゴルフは落ち着いた見た目でスマートにこなしたい。加えて、アクティブな印象と実際の動きやすさも欲しいところ。となると、ちょうどいいのが"アスレジャー"風のスタイル。カラーで大人っぽさを、スポーティな…

TAGS:   Fashion
ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!
SPONSORED
2022.09.24

ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!
週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!

あなたのゴルフの楽しみ方は、仲間とわいわい楽しむエンジョイ型? それともスコアを追求するアスリート型? でも、意外にその日の気分やメンツで変わる“どっちも”型が多いんじゃない!? だったら、それに合わせてウエアだって着替えるのが正解。〈テ…

TAGS:   Fashion
センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!
SPONSORED
2022.09.24

センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!
ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!

ゴルフウエアってなんだか派手すぎ!? 日頃からそう感じている人も多いかも。そんな中、高品質でベーシックなアイテム作りに定評のある〈アー・ペー・セー〉が、ついにゴルフウエアを発表。ターフ上に馴染むうえに、街使いもしやすそうなアイテムが豊富だ…

TAGS:   Fashion
過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!
SPONSORED
2022.09.24

過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!
伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!

派手なコーデ提案が多いゴルフファッション。でもこの秋、〈マンシングウェア〉が一石を投じるかも!? 今シーズンは“トーン・オン・トーン”をベースに、クラシカルなデザインと快適機能素材を上手に融合させたアイテムが豊富。ほのかにレトロでいい雰囲…

TAGS:   Fashion
今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?
SPONSORED
2022.09.24

今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!
ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?

これまでチャレンジングなデザインや柄で、ゴルフファッションの未知なるトレンドを切り拓いてきた〈パーリーゲイツ〉。そんなこのブランドが、今シーズン提案するのはなんと意外にも“黒”! ひょっとしてコレ、華やかさ全盛の近頃のゴルフファッションに…

TAGS:   Fashion
〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!
SPONSORED
2022.09.24

〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!
アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!

アリゾナ生まれの〈ピン アパレル〉。その“ネイティブライン”のテーマは、“色で遊ぶ”。星条旗やネイティブ柄などアメリカンモチーフをゴルフウエアに投入して、アクティブでポップなスタイルを提案。アメカジ好きにササるデザインは、今シーズン注目を…

TAGS:   Fashion
〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!
SPONSORED
2022.09.24

〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!
楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!

ゴルフ場のクラブハウスはドレスコードが厳しめ。行き帰りはジャケット姿が望ましいが、堅苦しい1着だと運転で疲れる。そこで頼りになるのが、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”。重力を感じさせないニット素材のセットアップなら楽ちんで上品。アクティブ派に…

TAGS:   Fashion
ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!大人のフリースはちょっと差がつく1着で!
SPONSORED
2022.09.24

ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!
大人のフリースはちょっと差がつく1着で!

たとえ何着持っていても、シーズンごとについ買い足してしまうのがフリース。ところが、ワードローブを見返してみると、無地の定番色ばかりで新鮮さを感じられない。ならば、今期は〈タトラス〉が狙いめ。差のつく色柄や素材、ディテールを備えた1着を選べ…

TAGS:   Fashion
〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!
SPONSORED
2022.09.24

〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!
大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!

生地感や味わいが好みのデニムに出会ったら、いつでもどこでも穿きたくなのがデニム好きの性分。ただ、いい年の大人がそれをやるのはいただけない。そこで頼りになるのが、映える場面が異なる3つのシルエットが揃った〈エドウイン〉の“503”。これを穿…

TAGS:   Fashion Denim
快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。
SPONSORED
2022.09.21

快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。
見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。

今期のアウターはどんなものがいいのか? 見た目のよさはもちろんだが、やはり快適で機能的というキーワードは大事にしたい。〈アルファタウリ〉はファッションとテクノロジーの融合を掲げ、あのレッドブル社が設立したブランド。いずれのアウターも快適で…

TAGS:   Urban Safari Fashion
モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。ビジネス映えする王道デニムを知る。
SPONSORED
2022.09.21

モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。
ビジネス映えする王道デニムを知る。

生活スタイルの変化に寄り添い、その時代に合ったベーシックデニムであり続けてきた〈エドウイン〉の“503”。なかでも注目したいのは、現代的な着こなしや体型を分析し、より洗練されたストレートに生まれ変わったレギュラーフィット。変にカジュアル見…

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!
SPONSORED
2022.09.08

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!

日々競争社会で頑張っている人こそ息抜きが大事。となると、週末はのんびりと過ごす!? いやいや。実は、本当に求めているのは“心の解放”のはず。“なにもしない”もいいけれど、爽快でスリリングな体験を味わってこそ「英気を養える」ってこともある。…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ