Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2021.07.01


コレがアメリカンラグジュアリー! 〈キャデラック〉CT5

シックな欧州車はもちろん大好物。だからこそ、時折アメリカンラグジュアリーに触れる機会を得たときには、自分でも驚くほどにトキメいてしまう筆者だ。この手があったか、な〜んて思い出す感じといいますか。特にセダンなんてその最たるもの。ヨーロピアンなラグジュアリーさと違って、アメリカのそれはまさに“リッチ”を思わせるようなつくりなのだから。というわけで、今回はコチラをご紹介したい。〈キャデラック〉のミドルセダン、CT5だ。

話題のクルマを品定め!コレがアメリカンラグジュアリー! 〈キャデラック〉CT5かつてのCTSの後継として、日本にも導入済みのCT6の下に入るのがCT5。ボディサイズでいえば、さすがミドルクラスでもアメリカンサイズ。〈アウディ〉A6や〈メルセデス・ベンツ〉Eクラスとガチで競合するディメンションを持つ。 

 
話題のクルマを品定め!コレがアメリカンラグジュアリー! 〈キャデラック〉CT5話題のクルマを品定め!コレがアメリカンラグジュアリー! 〈キャデラック〉CT5しかし、まるで地面に突き刺さるかのようなデザインの、その名も“バーチカル・ヘッドライト”やグリルのクローム装飾など、押し出し感の強いデザインはやはり〈キャデラック〉。ブランドらしいキャラ立ち感をムンムンと漂わせてかっこいい。

最近では〈キャデラック〉も顧客の若返りを意図的に狙っていて、このCT5もヤングエグゼクティブをコアターゲットとしている。セダンかSUVしか売れないといわれる、クルマには驚くほどコンサバな北米市場において、ほどよく若い顧客を刺激するように、ルーフがファストバックのように傾斜した、スタイリッシュなサイドビューも心憎い。 

 
ドアを開けても然り。ゆったりとした、シングルサイズのソファのように大柄なシートに身を預けると、フルデジタルのメータークラスターやメインディスプレイがドライバーを迎えてくれるだろう。 

 
話題のクルマを品定め!コレがアメリカンラグジュアリー! 〈キャデラック〉CT5話題のクルマを品定め!コレがアメリカンラグジュアリー! 〈キャデラック〉CT5話題のクルマを品定め!コレがアメリカンラグジュアリー! 〈キャデラック〉CT5
 


さて、CT5には“スポーツ”と“プラチナム”という、2つの選択肢がある。グリルまわりの表情など、エクステリアの違いもさることながら、スポーツはAWD、プラチナムはFRという、性能すらも違うというものなので、是非お間違えのないように選んでいただきたい。

エンジンはどちらも2ℓ直4のツインスクロールターボ。同じエンジンが、以前当コラムでも紹介したSUV、XT4にも搭載されているが、CT5のトランスミッションはなんと10速AT。よりラグジュアリーな性格を求めた結果と考えると納得だ。事実、同クラスの競合で10速AT搭載はほかにない。

話題のクルマを品定め!コレがアメリカンラグジュアリー! 〈キャデラック〉CT5話題のクルマを品定め!コレがアメリカンラグジュアリー! 〈キャデラック〉CT5乗り出すと、2ℓターボの豊かなトルクがスルリと車体を前に押し出す。ツインスクロールターボはきめ細やかに加給するため、ドカンとパワーを爆発させるというタイプではなく、低速ではゆるやかにヌルヌルと、高速ではフラットにボディを運んでいくというもの。2ℓを疑うほどにトルクの底が深い。静粛性は驚くほど高く、これは“BOSE”のノイズキャンセリング機構が功を奏している部分もあるけれど、やっぱり10速のATこそがその理由ではないかと感じた。

AWDモデルを選んでも、FRアーキテクチャベースであることは変わらない。交差点でも鼻先をどんどんカーブの先に突っこんで行くような、魅惑の旋回性能を是非味わってほしい。 

 

気になるスペックは?

★DATA 〈キャデラック〉CT5 スポーツ
●全長×全幅×全高:4925×1895×1445mm
●車両重量:1760kg
●ホイールベース:2935mm
●エンジン:2ℓ直列4気筒ツインスクロールターボ
●最高出力:177kW(240PS)/5000rpm
●最大トルク:350Nm(35.6kgm)/1500~4000rpm
●トランスミッション:10速AT
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:620万円 

 

Information

●GMジャパン・カスタマーセンター
TEL:0120-711-276

文=今井優杏 text:Yuki Imai
大人が頼れるのはやっぱり〈ディーゼル〉!夏のTシャツに似合う主役級デニム!
SPONSORED
2021.07.21

大人が頼れるのはやっぱり〈ディーゼル〉!
夏のTシャツに似合う主役級デニム!

リラックスして過ごしたい週末は、Tシャツにデニムなんていうラフな着こなしが心地いい。でも、どうほかと違いを出すか? ここがお洒落の見せドコロ。で、やっぱり頼りになるのが〈ディーゼル〉の新作デニム。1本1本デザインに個性がちゃんとあるから、…

男心をくすぐるのは〈ティソ〉の骨太海時計!本格派ダイバーズでアクティブな夏を満喫する!
SPONSORED
2021.07.21

男心をくすぐるのは〈ティソ〉の骨太海時計!
本格派ダイバーズでアクティブな夏を満喫する!

本格的な夏に突入し、ダイバーズウォッチがひときわ活躍するシーズン。しかも本格機能を備えたものなら、鬼に金棒。“ティソ シースター コレクション”はまさにうってつけ。ダイバーズの伝統を受け継ぐ骨太な仕様に美しい文字盤を備えた才色兼備は、スポ…

TAGS:   Fashion Watches
新型Audi A3とともに郊外の美術館へ。建築とアートに魅せられる“静かで美しい”休日を。
SPONSORED
2021.06.30

新型Audi A3とともに郊外の美術館へ。
建築とアートに魅せられる“静かで美しい”休日を。

初夏の爽やかな気候に誘われて、気晴らしに出かけたい気分。さて、どこへ行こう? 自粛のライフスタイルも1年間の経験を積めば、注意すべきポイントもわかってくるものです。屋外で(できれば自然の中)、大声をあげる必要のない静かな環境などの条件を考…

〈ストレスレス〉のチェアは五郎丸 歩さんの特等席。“座る”で変わる、日常の風景。
SPONSORED
2021.06.30

〈ストレスレス〉のチェアは五郎丸 歩さんの特等席。
“座る”で変わる、日常の風景。

新しい生活様式の中、リモートワークはもちろん家で映画鑑賞やスポーツ観戦の機会が増え、“座る”という時間はこれまで以上に増えています。そんな時代だからこそ、極上の座り心地で心身を解放してくれるチェアがあれば、生活がより上質なものになるはずで…

オーダーシャツブランド〈ソルブ〉だからこそ作れた。“仕事Tシャツ”という新たな1枚。
SPONSORED
2021.06.30

オーダーシャツブランド〈ソルブ〉だからこそ作れた。
“仕事Tシャツ”という新たな1枚。

「出社の回数が減り、家で過ごす時間が長い生活が続いているせいで、どうも近頃時間の使い方にメリハリがなくなった」。“ニューノーマル”という言葉が叫ばれるようになってから、働く世代のこんな声をよく耳にします。確かに職場と家の境界はあいまいにな…

プロ仕様を手掛ける〈クレイジー〉で感動のゴルフ体験を。職人技のシャフトは飛距離が違う。
SPONSORED
2021.06.30

プロ仕様を手掛ける〈クレイジー〉で感動のゴルフ体験を。
職人技のシャフトは飛距離が違う。

密にならないスポーツとして、近頃ゴルフが人気です。いやいや前からやってるよという人も、案の定最近はじめてみたという人もいるでしょう。そんな玄人、素人問わずオススメなのが〈クレイジー〉。圧倒的飛距離を生むフルレングスカーボンシャフトで、高い…

TAGS:   Safari me time
〈バルザーリ〉が巷で“バズった”のにはワケがある。夏も快適、爽やかマスク。
SPONSORED
2021.06.30

〈バルザーリ〉が巷で“バズった”のにはワケがある。
夏も快適、爽やかマスク。

当たり前となったマスク生活。けれど、暑い夏のうっとうしさはなかなか慣れるものではありません。そんなとき、〈バルザーリ〉のマスクは強い味方。これまでに270万枚以上を売り上げた“バズった”マスクとしても有名な“バルマゼロ”はもともとアスリー…

速水もこみちさんの贅沢なオフ時間とは?気持ちを切り替えるスイッチはちょっと高級なビール“ザ・プレミアム・モルツ”です。
SPONSORED
2021.06.30

速水もこみちさんの贅沢なオフ時間とは?
気持ちを切り替えるスイッチはちょっと高級なビール“ザ・プレミアム・モルツ”です。

お家に帰って、よく冷えたビールをプシュッと開栓する瞬間、それまで張り詰めていた気持ちがほぐれ、寛ぎのオフタイムがスタートする。美味しいビールは、ときにそんな気持ちのスイッチのような役割も果たしてくれる。俳優の速水もこみちさんはそんなとき、…

〈ルシアン ペラフィネ〉と〈モラビト〉がコラボした存在感のあるレザー小物!スカルを相棒にして 大人の遊び心を刺激する!
SPONSORED
2021.06.28

〈ルシアン ペラフィネ〉と〈モラビト〉がコラボした存在感のあるレザー小物!
スカルを相棒にして 大人の遊び心を刺激する!

シンプルになりがちな夏カジュアルは、小物使いで違い出しするのが王道。なかでも品格ある存在感を出してくれるのが、ラグジュアリーなレザー小物。とくれば、スカルのアイコンでお馴染みの〈ルシアン ペラフィネ〉が、フランスの老舗高級レザーブランド〈…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ