Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2019.09.30

注目のウェイクサーフィン大会は思った以上に面白い!
見て遊んで楽しんだ“ジャパンオープン”!

今、世界が注目をしているマリンスポーツが、ウェイクサーフィン。その世界大会が、なんと日本で行われた。初めて目にする人も多数いたが、その波を起こすモーターボートの迫力には圧倒されたようだ。そんなパワフルな人口波を上手に捉えて大会を制したのは、さて誰だったのか⁉ さっそく紹介しよう。



世界中からプロウェイクサーファーが集結!




世界大会“センチュリオン・ウェイクサーフ・ジャパンオープン2019”が7月28日(日)、琵琶湖にあるマリーナリゾート“ロータリーピア88”で開催された。もちろん、競技をするのは、澄んだ水が美しい琵琶湖。モーターボート“センチュリオンボード”を走らせ、人工的に波を作り出し、その波に乗って派手なトリックを決めるのがこの競技だ。当日は、世界大会だけに、海外からも多くの選手が訪れ、それを一目見ようと、波乗り好きのファンたちでマリーナは賑やかになった。


センチュリオンボートってなに?

 


波を起こすことに特化して作られたセンチュリオンボートが作り出す波は、海でいう腰から腹のサイズ。波の高さや強さ、長さなどもほかでは味わえないパワフルさがあるという。そのうえ、作る波は安定して整っているというところもこのボートの魅力のよう。今では、レギュラーとグーフィーの波の切り替えもタッチパネルひとつでできてしまう。かなりの最先端技術だ。


さて、メインの大会結果はどうなった?

 


大会当日は快晴。選手にとっても観客にとってもこのコンディションは最高だ。多くの観客が見守る中、予選からスタート。そもそも、ウェイクサーフィンは、ボードの種類、性別、レベルに合わせて多くのカテゴリーに分かれている。なかでもこの大会で目を見張ったのは、アウトロー・メン・サーフというハイレベルのクラス。というのも、1位から3位までの表彰台を日本人選手が独占したからだ。世界でもトップクラスの3人のため、この結果は不思議でもなんでもないが、ジャパンオープンでこの雄姿を見せられたのは、今後の日本でのウェイクサーフィンの発展にひと役買ってくれるはずだ。


優勝:中山健太郎選手




2位:梅村圭司選手 




3位:羽原俊介選手




4連覇中の世界王者も波乗りを披露!

 


15歳からウェイクサーフィンをはじめ、ワールドチャンピオンシップを4連覇した実力者。それがアシュリー・キッド。彼女は、日本でウェイクサーフィンを広める活動をしている現役選手。そのトリックを見ることができるなんて、やはり世界大会は違う。彼女の波乗りはアグレッシブで、メンズを凌ぐパワフルなライディング。特に、エアの形と高さにはこだわりを持っていると自身で語るように、エアの高さはハンパない。なかなか見ることのできないパフォーマンスに、観客も沸いた。


大会はもちろん、ほかにも楽しみはたんまり!


選手たちの激闘を見るのはもちろん楽しい。でも、それだけで終わらないのが、今回の大会の面白いところだった。会場になった“ロータリーピア88”は、ウェイクサーフィンを見る以外にも楽めるものがある。たとえば、琵琶湖を眺めながら入れるプール(マリーナ会員限定)。ぐっと喉を潤せるバーカウンター。暑さをしのげる木陰が心地いい湖畔など。大会を見ながら、ときには休んだり自由に遊べるスペースがあるっていうのも魅力。

さて、ウェイクサーフィンの世界大会、いかがでしたか? 話題の競技を知って、体験してみるっていうのも、アクティブ好きな男にはいい刺激になるはず。いち早く、世界的に広がりを見せるこの流行りの波に乗ってみてはいかが?

Information

●ロータリーピア88
住所:滋賀県大津市苗鹿3-12-1
TEL:077-579-5554
URL:rotary-pier88.com

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ