Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2019.02.24

大人らしい春色使いってどんな!?
春Tシャツは“薄色スモーキー”をチョイス!

春はもうそこまでやってきている。だから、いつまでも冬を引きずった重た~い格好はふさわしくない。暖かい季節がやってきたら、暗い色の地味な服は脱ぎ捨てて、明るく春らしい色の洋服に身を包んでみない? 食べ物にも“旬”があるのと同じで、洋服にだって季節に合うものがちゃんとある。年中同じような着こなしではなく、移り変わる季節に合わせた着こなしを楽しめる余裕を、大人なら持ちたいもの。

で、まずは春夏の主役になるTシャツで春らしい”色”を取り入れてみましょう、という提案。ただし、基本的にカラーTシャツは小僧っぽく見えやすいということも忘れてはいけない。だからこそ気をつけたいのが色のトーン。当然、あまりにあざやかなものは大人にはちょっと厳しい(場合が多い)。
なるべく淡~い色みで、かつややフェード感やくすみ感があるような“曖昧なトーン”を選ぶのが大人に見せるポイント。ほら、これなら年を重ねた大人にも自然に馴染むでしょ? それにサーファーの日焼けした肌にもよく映えるので、海好きの男たちには特にオススメです。

NEXT さらにさらに、コーデでも大人っぽさを意識!

2/3PAGE

淡グリーンプリントTシャツ6000円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、チェックシャツ2万8000円(ロンハーマン)、スウェードブルゾン8万円(キャリー/スチュワーズ レーン トーキョー)、味グレーデニムパンツ2万3000円(アッパーハイツ/ゲストリスト)、キーチェーン5000円(サンク/ハンクスPR)、サングラス3万5000円(モスコット/モスコット トウキョウ)、キャップ4000円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、シルバーバングル12万370円(ハーマン・スミス/マライカ ミティ 青山店)、ハイカットスニーカー1万5000円(ヴァンズ・ヴォルト/ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR)、その他スタイリスト私物

グレーデニムを合わせるともっと大人に似合う!?

もちろんこうした”薄色”で”スモーキー”なカラーのTシャツなら、それ自体が大人っぽいのでブルーデニムなどを合わせても別に問題はない。ビーチカジュアルとしてもちょうどいい雰囲気だろう。しかし、こと普段の街歩きファッションについていえば、グレーデニムのほうが大人には向いている。このほうがデニムにTシャツのラフな格好でも大人らしいしっとり感が出るから。もちろん黒デニムや白デニムでも大人っぽいという意味では悪くはないが、やや褪せた風合いのあるグレーのほうが、スモーキーなTシャツに自然に馴染むのでこちらのほうがおすすめ!

モデル着用はコレ!

淡グリーンプリントTシャツ6000円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

お馴染み〈デウス エクス マキナ〉にも淡い色合いのTシャツが登場。グリーン系のTシャツも、こうしたトーンだと爽やかな印象で春らしい。さらに、手描き風のロゴプリントで遊び心を感じられる。

NEXT というわけで、ほかのおすすめの春色Tもどうぞ!

3/3PAGE

 

さあ、そろそろ春色のTシャツを着たくてウズウズしてきた? では、この春におすすめの“薄色スモーキー”な新作Tシャツをいくつかピックアップしてみたので、自分に似合う1枚を見つけてみて。春らしい、でも大人に似合う色を取り入れて、身も心もウキウキ気分で出かけてみてほしい。

[ロンハーマン]
RON HERMAN

カリフォルニアプリントTシャツ1万3000円(ロンハーマン)

ブルーとグレーの中間のような色合いで、絶妙な‟渋さ”がある。さらに、ヴィンテージ感の漂う褪せた風合いゆえに、いい年の大人によく似合う。さりげなく同色で描かれたロゴも大人には着やすいポイント。

[ザ クワイエットライフ]
THE QUIET LIFE

パープル Tシャツ5500円(ザ クワイエットライフ/ハンドイントゥリー ショールーム)

普段色を着慣れない人だと、はっきりしたパープルだとなかなか着にくいが、こうした淡い色であれば取り入れやすい。案外、どんなボトムとも合わせやすいので、コーデの幅が広がるはず。

[サーフ イズ デッド]
SURF IS DEAD

 プリントTシャツ7000円(サーフ イズ デッド/ジェットン ショールーム)

LAを拠点とするブランド〈サーフ・イズ・デッド〉。生成りの風合いと胸元のロゴは、どこかノスタルジックなムードを醸し出す。ヴィンテージ感あるデニムと合わせてレトロサーフに着こなしたい。

[ジョン エリオット]
JOHN ELLIOTT

Tシャツ1万4000円(ジョン エリオット/サザビーリーグ)

ナチュラルな雰囲気が漂うグレージュのTシャツ。袖や裾部分の切りっぱなしの加工などはこなれ感たっぷり。品のある絶妙な色なので、モノトーンコーデなどの都会的な着こなしにも合う。

Information

●ゲストリスト
TEL:03-6869-6670

●サザビーリーグ
TEL:03-5412-1937

●ジェットン ショールーム
TEL:03-6804-1970

●ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム
TEL:03-3401-5001

●スチュワーズ レーン トーキョー
TEL:03-6434-1278

●ハンクスPR
TEL:03-6677-7741

●ハンドイントゥリー ショールーム
TEL:03-3796-0996

●ブルーウッド バイ ハンドイントゥリー PR
TEL:03-3796-0996

●マライカ ミティ 青山店
TEL:03-3797-6679

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●ロンハーマン
TEL:03-3402-6839

写真=手塚 優 スタイリング=榎本匡寛 文=早渕智之
photo : Masaru Tezuka(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) text : Tomoyuki Hayabuchi
※価格は例外を除きすべて税抜き価格です

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!アクティブ男は上質“黒”ダウン!
SPONSORED
2019.11.12

今、ダウン界で注目されているのが〈西川ダウン〉!
アクティブ男は上質“黒”ダウン!

その暖かくて保温性に優れるダウンは、アクティブ男が波乗りに行くときに着る、ベストなアウターといってもいい。ただ、機能性ばかりを重視してしまっては、ちょっと物足りなさを感じる。もちろんそれが悪いワケではないが、いい年の大人であれば、やはり見…

TAGS:   Fashion
着こなしが重くなる季節は〈コーチ〉の新作で!大人が使う街バッグは 冬だからこそ〝軽い〞のがいい!
SPONSORED
2019.11.08

着こなしが重くなる季節は〈コーチ〉の新作で!
大人が使う街バッグは 冬だからこそ〝軽い〞のがいい!

1941年にNYで誕生した〈コーチ〉。長らく都市生活者に愛され続けている理由は、街に似合う見た目に、機能性を備えているからだろう。たとえば、こちらの新作〝ペイサー コレクション〞はどれも上質レザー製なのに軽量で、見た目にも軽快。重厚な装い…

TAGS:   Fashion
いろんな着こなしが楽しめる〈デウス エクス マキナ〉の1着!インにもアウトにも使えるフリースが冬を制す!
SPONSORED
2019.11.05

いろんな着こなしが楽しめる〈デウス エクス マキナ〉の1着!
インにもアウトにも使えるフリースが冬を制す!

柔らかな着心地で、保温力の面でも優秀なフリース。アクティブに遊ぶときは寒さから身を守るレイヤリングの軸として活躍し、まったりくつろぐときはそれ1枚で心地よく過ごせる。冬のデュアルライフに1着あると心強い存在だ。男らしさも宿る〈デウス エク…

TAGS:   Fashion
〈ラルフ ローレン〉でプレイも着こなしもワンランク上!ゴルフ上手に魅せるなら 小物選びにもこだわる!
SPONSORED
2019.11.01

〈ラルフ ローレン〉でプレイも着こなしもワンランク上!
ゴルフ上手に魅せるなら 小物選びにもこだわる!

ウエアやギアにはこだわりを持つゴルファーは多いだろうが、意外と見落とされがちなのがバッグやポーチなどの小物類。これらのアイテムをおざなりにしちゃうと、ゴルフの腕だって見くびられちゃうかも!?だったらアメリカントラッドの薫り漂うすっきりデザ…

TAGS:   Fashion
冬のゴルフも〈パーリーゲイツ〉でスタイリッシュに!〝セットアップ〞コーデなら 楽ちんだけどかっこいい!
SPONSORED
2019.11.01

冬のゴルフも〈パーリーゲイツ〉でスタイリッシュに!
〝セットアップ〞コーデなら 楽ちんだけどかっこいい!

ゴルフの着こなしにドレスコードはつきものだけど、それを気にしすぎて没個性なコーデになるのもつまらない。もっと楽しくゴルフをしたいなら、この冬はセットアップで、スコアと同時にスタイルアップも狙って!個性豊かなアイテムが揃う〈パーリーゲイツ〉…

TAGS:   Fashion
冬の着こなしが華やぐ〈ウブロ〉のタイムピース!いつものアメカジに効く“色気”のあるスポラグ時計!
SPONSORED
2019.10.28

冬の着こなしが華やぐ〈ウブロ〉のタイムピース!
いつものアメカジに効く“色気”のあるスポラグ時計!

アウターでトップのボリュームが増えていくにつれ、コーディネートが重く暗く野暮ったい印象になりがちなこれからの季節。それにひとつプラスするだけで洗練を加速させてくれるのが、〈ウブロ〉のラグジュアリースポーツウォッチ。色で、素材で非凡な個性を…

TAGS:   Watches
お洒落にうるさいゴルファーも納得の〈ゾーイ〉の新作!冬は〝ほっこり〞アウターであったかスタイリッシュに!
SPONSORED
2019.10.31

お洒落にうるさいゴルファーも納得の〈ゾーイ〉の新作!
冬は〝ほっこり〞アウターであったかスタイリッシュに!

機能性ばかりを重視した、スポーツテイスト一辺倒なコーディネートにはもう飽き飽き。 そんなゴルファーにイチ押しなのが、個性豊かなデザインと着心地のよさで贅沢なラウンドが 楽しめる〈ゾーイ〉の新作たち。今季は特にほっこり素材を使ったアウタ…

TAGS:   Fashion
オンでもオフでも使える〈P .I . D/ ピーアイディー〉! 都会派が選ぶバッグは リッチなうえに機能的!
SPONSORED
2019.10.31

オンでもオフでも使える〈P .I . D/ ピーアイディー〉!
都会派が選ぶバッグは リッチなうえに機能的!

大人のバッグ選びでは、機能性の高さと同じくらい高級感も大切。そこでおすすめが〈P.I. D/ピーアイディー〉の新作。どちらもなめしの段階で撥水剤を浸透させた革を使っているから、水濡れにすこぶる強いアクティブ派。なのに、高級レザーと丁寧な縫…

TAGS:   Fashion
鉄板の1着は〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で!冬カジュアルの主役はやっぱりダウン!
SPONSORED
2019.11.01 Shopping

鉄板の1着は〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で!
冬カジュアルの主役はやっぱりダウン!

アウトドアウエア色が強いダウンに品格を求めるのは、無理難題だろうか。いえいえ、大丈夫。〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作なら、素材からデザインまで上品さを感じる大人顔ダウンばかりだから。しかも、暖かさに加えて、使い勝手のよさも一…

TAGS:   Fashion
NY生まれの〈セオリー 〉で理想の1着を!お洒落にこだわる男のコートは“ふわ軽”で!
SPONSORED
2019.10.26

NY生まれの〈セオリー 〉で理想の1着を!
お洒落にこだわる男のコートは“ふわ軽”で!

冷たいビル風が吹くこれからの季節。カラダを温めてくれる相棒が欲しいところ……。と思っていたら理想的なコートを〈セオリー〉の新作で発見。さすが寒さ厳しいNY生まれのブランドだけあって、コートは名品ばかり。見た目は大人顔で保温力も抜群なのに、…

TAGS:   Fashion
様々なシーンにフィットする〈エンポリオ アルマーニ〉の時計!都会派の男の手元を飾るオン&オフで使える1本!
SPONSORED
2019.10.25

様々なシーンにフィットする〈エンポリオ アルマーニ〉の時計!
都会派の男の手元を飾るオン&オフで使える1本!

端正な装いを好む都会派の男にとって、意外と重要なのが腕時計選び。華美すぎず、かといって堅すぎず、そのうえオン・オフ問わず服の印象にも馴染む、好バランスな時計を選びたいところ。そんなわがままに応えてくれるのが、〈エンポリオ アルマーニ〉の1…

TAGS:   Fashion Watches
〈トミー ヒルフィガー〉で冬のアメカジを制す!デキる男は海と街でアウターを使い分ける!
SPONSORED
2019.10.25

〈トミー ヒルフィガー〉で冬のアメカジを制す!
デキる男は海と街でアウターを使い分ける!

いつものカジュアル服に羽織るだけで十分暖かく、着こなしの印象もバッチリ決まるのが防寒アウターのいいところ。でもまわりと差別化しにくいというのがちょっと難点。そんな悩みに共感するなら、〈トミー ヒルフィガー〉の新作がおすすめだ。海でも街でも…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ