Safari Online

SEARCH

DENIM デニム

2020.09.19

【デニム】今季“なにが主流か”がよくわかる
〈RHC〉の最旬フルラインナップ!

今季のデニムの傾向は? それがよくわかるのが〈RHC〉のデニムだ。今回そのフルラインアップをご紹介するのだが、展開されるデニムを見てわかるのが、より“本物”にこだわった点と、秋冬にしては淡青に近いウォッシュ感たっぷりのデニムが多いってこと!

 

 
長く穿きたい定番デニムこそクオリティにこだわるのが大人。その点〈RHC〉のデニムは、ハイクオリティの代名詞ともいえるメイド・イン・岡山。こなれた着こなしには欠かせないヴィンテージ加工も職人が丁寧に仕上げたもので、このへんはトレンドに関わらず、満足度を高めるには必須ということだろう。

そして、注目したいのが色だ。新作には、秋冬らしいリジッドデニムも登場しているけど、いってみればノン加工の濃紺デニムはこれ1本。そのほかはブラックデニムを除き、すべてヴィンテージ感のあるクリーンで明るいブルーがほとんど。つまり、これが今季の傾向。秋冬モデルとなると、これまでは濃い色のものが多数なんて印象があったけど、どうやら今季はライトカラーのヴィンテージデニムが幅を利かせそうな予感!? まあ、とにかく論より証拠。さっそく〈RHC〉のデニムをフルラインナップで見てみよう。 

[RHC]
RHC
新作がコチラ!


デニムジャケット4万6000円(RHC/RHC ロンハーマン)

ほどよいトーンのデニムJKを
今どきサイズにアップデイト!


ベーシックなデニムジャケットの代名詞ともいえる、いわゆる“サードモデル”をベースに、袖幅や丈感にややゆとりをもたせ、今季らしいサイジングに仕上げた1着。全体にほどよい色落ちを施し、さらに襟や袖にはリアルなユーズド加工を入れることで、経年変化によるリアルなダメージを再現。これを羽織るだけで、定番カジュアルがぐっとこなれた印象になること請け合いだ。 

 
デニムシャツ3万5000円(RHC/RHC ロンハーマン)

爽やかな褪せブルーで
ヴィンテージテイストを再現!


男らしさが持ち味のワークシャツ風デザインと、ハードなウォッシュ加工で骨太な表情を演出。淡ブルーまで色落ちした爽やかなトーンとくたっとした素材感が、'70年代風のヴィンテージデニムシャツを思わせる風合いに。気軽に羽織れる1枚となっているので、白Tの上に重ねたり、少し寒くなってきたらカーディガン感覚でコーデに取り入れるのもあり。ちなみにコチラは、今まであったデニムシャツの中から、新色としての登場もの。 

 
“J”ダメージストレートデニムパンツ4万1000円(RHC/RHC ロンハーマン)

大胆な色落ちやアタリで
存分に男らしさをアピール!


セルビッチデニムにヴィンテージ加工を施し、タフな表情を加速させた1本。メリハリのある色落ちに、さりげないアタリやダメージ加工でワイルドな雰囲気に。また太めのムラ糸を使用しているため、立体感のある色落ちが楽しめるとあって、穿きこむほどに表情豊かな、自分ならではのデニムに育てていける。 

 
“ARNOLD”ブラックスリムデニム3万6000円(RHC/RHC ロンハーマン)

〈RHC〉初のブラックデニムは
深みのある色が自慢!


秋冬に人気の高いブラックデニムが、すっきりとしたスリムストレートで新登場。なんといっても最大の特徴はぐっと深みのあるこのブラックカラー。これは縦糸と横糸の染め方の異なる糸を使うことで、ニュアンスのある表情を出したもの。さらに、自然なアタリや裾のほつれなどの加工を加え、大人のカジュアルに馴染みやすい1本になっている。 

 
“EARL”リジットストレートデニムパンツ2万9000円(RHC/RHC ロンハーマン)

自分だけの経年変化を楽しめる
上品セルビッチデニム!


〈RHC〉初となるセルビッチデニムを使用したストレートタイプ。リジッドデニムの持ち味であるハリのあるしっかりとした素材感は、脚のラインをすっきりと補整してくれる効果も。フィット感や穿き心地、さらに自然な色落ちなどの経年変化を通し、自分だけのオリジナルなデニムが完成するのがなによりの魅力。存在感のあるデニムなので、トップスは白や淡色など軽めのものにすると好バランス。 

 

定番ラインナップはコチラ!


“JERRY” 3万6000円(RHC/RHC ロンハーマン)

褪せ色やリペア加工で
'60年代のヴィンテージ感を演出!


使い勝手のいいスリムストレートをベースに、裾をカットオフにしてさらにその両脇にチャッカーブーツ穴のリペアを施し、タフな印象にアレンジ。白く擦れた雰囲気を出すような色落ちや、こすれたような風合いを再現したようなウエスト部分など、'60年代ヴィンテージを思わせる色合いやダメージ加工がこなれ感たっぷり。 

 
“JOHN” ストレートデニムパンツ4万円(RHC/RHC ロンハーマン)

潮っぽさが漂う強めの色落ちと
膝のクラッシュがワイルド!


ベースカラーを白に近い淡青にまでしっかりとウォッシュをかけ、力の抜けた潮っぽさを表現。膝のクラッシュや片足のみにセンタープレスの跡をつけたり、膝の両脇を一度解いてから縫い直すという手間のかかるリペア加工を施したりと、とことんユーズド感にこだわったディテールは、'70年代のヴィンテージデニムをイメージ。ラフな西海岸カジュアルにはもちろん、あえて上品な白シャツやニットと合わせてミックス感を楽しむのもおすすめ。 

 
“TAIZO” ダメージストレートデニム3万7000円(RHC/RHC ロンハーマン)

味のある風合いと快適な
穿き心地を両立させた1本!


こちらも'70年代ヴィンテージを意識したストレートデニムだが、〈RHC〉で唯一ストレッチ入り。古着の経年変化を思わせるヴィンテージ加工を、動きやすく快適な穿き心地と絶妙なフィット感で楽しめる。色落ちやアタリにこだわるだけでなく、ステッチを一部配色にするなど、当時のヴィンテージテイストをより忠実に再現しているのにも注目を。 

 
“GAVIN” 3万5000円(RHC/RHC ロンハーマン)

幅広いスタイリングに
馴染みやすいスリムストレート!


深みのあるブルーをベースに、ユーズドウォッシュ加工でこなれた表情と立体的な素材感を出したデニム。点在しているクラッシュ加工が、さらに男らしい表情を添えている。様々なスタイリングに合わせやすいシルエットのスリムストレートで、ジャストサイズで着るのはもちろん、今季らしくワンサイズ上げたものをゆるめに着てもラフすぎずに穿きこなせる。 

 
“PETER” ストレートデニムパンツ3万3000円(RHC/RHC ロンハーマン)

すっきりと爽やかなデニムコーデには
加工少なめのシンプルストレート!


膝下がすっきりとしたストレートタイプの“ピーター”は、深みのあるブルーが特徴。この独特の色みを生かし、ほどよいユーズド加工に抑えることで、独特のこなれた風合いとシボ感をキープ。シンプルでリラックス感のある仕上がりに。控えめな加工のおかげで、いつもよりカジュアル感控えめなジャケデニスタイルなど、大人の上品コーデにも馴染みやすい! 

 

Information

●RHC ロンハーマン
TEL:045-319-6700

写真=丸益功紀 スタイリング=榎本匡寛 文=前田聡美
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) text : Satomi Maeda

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

冬の装いは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉でアップデイト!余裕のある大人だったら遊びの効いたニットを選ぶ!
SPONSORED
2020.10.27 NEW

冬の装いは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉でアップデイト!
余裕のある大人だったら遊びの効いたニットを選ぶ!

大人の冬に最適なアイテムといえば、やっぱりニット。“きちんと感”が出せるけど堅苦しさはなく、しかも暖かいというスグレモノ。でも、どうせ着るならデザインに遊びがあって、大人の余裕が醸せる1枚を! なかでも今シーズン、注目したいのが〈ブルック…

TAGS:   Fashion Denim
男たちのリアルなJEEPライフ! Volume 03アクティブな週末は大人な〈ジープ〉とともに!
SPONSORED
2020.10.26

男たちのリアルなJEEPライフ! Volume 03
アクティブな週末は大人な〈ジープ〉とともに!

本誌でも活躍するフォトグラファー、土屋崇治さん。職業柄、荷物を多く積める〈ジープ〉の"コンパス"を相棒としているが、選びの理由はそれだけではない。このクルマを所有することで、ゴルフをはじめアクティブな趣味への熱量もいっそう高まったよう。

TAGS:   Cars Lifestyle
俳優・竹内涼真が〈ゼニス〉を選んだ理由!高みを目指す男が認めたこだわりのある時計!
SPONSORED
2020.10.26

俳優・竹内涼真が〈ゼニス〉を選んだ理由!
高みを目指す男が認めたこだわりのある時計!

大人のカジュアルを格上げするなら、こだわりのある腕時計を身につけたいもの。〈ゼニス〉の“デファイ”シリーズは、エッジの効いたデザインと高みに挑み続けるマニュファクチュールが融合し、腕に巻くだけで存在感もたっぷり。その魅力を、先頃〈ゼニス〉…

TAGS:   Fashion Watches
俳優 ・ 新田真剣佑が着こなす 〈カルバン・クライン〉 の黒アウター冬のカジュアルを引き締めるモダンな“ブラック”!
SPONSORED
2020.10.25

俳優 ・ 新田真剣佑が着こなす 〈カルバン・クライン〉 の黒アウター
冬のカジュアルを引き締めるモダンな“ブラック”!

ブラックのアウターは、冬スタイルを格上げし、引き締めるのにもってこい。そこでおすすめしたいのが〈カルバン・クライン〉の新作。ハイテク素材やインパクトのあるデザインが、ただ羽織るだけで今年らしさを演出してくれ、真冬にはインナーとしても重宝し…

TAGS:   Fashion
〈ポロ ラルフ ローレン〉 で選べば定番もひと味違う!王道アメカジに差がつく格上の冬アイテム!
SPONSORED
2020.10.24

〈ポロ ラルフ ローレン〉 で選べば定番もひと味違う!
王道アメカジに差がつく格上の冬アイテム!

時代を超えて愛され続ける定番。大人に似合うのはやっぱりそんなアイテムだ。とはいえ、それらのアイテムがなにも変わっていないというわけでない。シルエット、素材、柄など、トレンドをほどよくまぶしながら、さりげなくアップデイトされている〈ポロ ラ…

TAGS:   Fashion Denim
いつものカジュアルに〈タトラス〉で違い出し!大人のアメカジは“柄使い”で差がつく!
SPONSORED
2020.10.24

いつものカジュアルに〈タトラス〉で違い出し!
大人のアメカジは“柄使い”で差がつく!

いい年の大人になると、つい柄モノを避けて無難な無地を選びがち。でも、それではワンパターンに陥って、いつもまわりと代わり映えのしない着こなしになってしまう。で、そんな悩みに応えてくれるのが〈タトラス〉。アメカジっぽいバンダナ柄や控えめな迷彩…

TAGS:   Fashion
〈スリードッツ〉なら大人が納得する着心地!海好き男が病みつきになるしっとりフリース!
SPONSORED
2020.10.24

〈スリードッツ〉なら大人が納得する着心地!
海好き男が病みつきになるしっとりフリース!

秋冬の波乗りに向けて、軽くて暖かいボアフリースを1着……と考えている人も多いはず。海好きの大人としては、上質で肌触りがいいモノを選ぶのは当然として、地球環境のこともきちんと考えたいところ。その点〈スリードッツ〉の新作ボアフリースは、100…

TAGS:   Fashion
デニムが得意な〈ディーゼル〉で選べば間違いない!秋の大人カジュアルはボトムをアップデイト!
SPONSORED
2020.10.24

デニムが得意な〈ディーゼル〉で選べば間違いない!
秋の大人カジュアルはボトムをアップデイト!

ブルーデニムをベースにしたいつものアメカジもいいけれど、より新鮮な秋スタイルに仕上げたいなら、ボトム選びをアップデイトしてみるのも手。〈ディーゼル〉の新作ボトムには、そんな狙いにぴったりな技アリの1本が豊富。世界的デニムブランドならではの…

TAGS:   Fashion Denim
〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉なら、いつもの着こなしも見違える!新鮮デニムスタイルはひと味違うアイテム選びで!
SPONSORED
2020.10.24

〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉なら、いつもの着こなしも見違える!
新鮮デニムスタイルはひと味違うアイテム選びで!

〈ジョルジオ アルマーニ〉のDNAを受け継いだ、都会的なカジュアルで人気を集める〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉。今シーズンは、最も得意とするデニムスタイルにスポットライトを当てた斬新なコレクションを展開。あくまで“王道”のカジュアル…

TAGS:   Fashion Denim Watches
シーンを選ばず着こなせる〈トラヴィスマシュー〉の新作!ゴルフも海カジュアルも西海岸スタイルがいい!
SPONSORED
2020.10.24

シーンを選ばず着こなせる〈トラヴィスマシュー〉の新作!
ゴルフも海カジュアルも西海岸スタイルがいい!

どちらのシーンでも着まわせるアイテムがあると便利じゃない西海岸ではゴルフとサーフィンはとても密接な関係。だから、その両方を1日で楽しむなんてこともザラ。となると、どちらのシーンでも着まわせるアイテムがあると便利じゃない!? そこで、おすす…

TAGS:   Fashion
胸元・手元・耳に効かせる〈ジェントルマン〉!ラグジュアリー感を増す"複数づけ"で違い出し!
SPONSORED
2020.10.24

胸元・手元・耳に効かせる〈ジェントルマン〉!
ラグジュアリー感を増す"複数づけ"で違い出し!

大人のジュエリー選びは、案外難しい。たとえば、サイズ。小さすぎると効果が出にくいし、かといって大ぶりすぎるとギラついてワル目立ちする。だったら、"複数づけ"に挑戦してみては!? ほどよく控えめで上質な〈ジェントルマン〉のジュエリーを、胸元…

TAGS:   Fashion
〈デシグアル〉なら個性があって存在感抜群!冬の主役にしたいお目立ちアウター
SPONSORED
2020.10.24

〈デシグアル〉なら個性があって存在感抜群!
冬の主役にしたいお目立ちアウター

ダークになりがちな冬の週末姿は、アウターでいかに存在感を出すかがカギ。とはいえ、派手な色柄に頼るのは高リスク。品格を保ちつつ、新鮮に魅せることが肝要だ。ならば、大人にふさわしい個性あふれる〈デシグアル〉の1着はどう?

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ