Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2021.11.27

【まとめ】これ見逃してない?
今月の新作映画4選!

『Safari Online』で今月紹介した新作映画4本を振り返り。「見逃していた!」という人は、この週末に是非いかが?

 

 
マーベル作品の新たなヒーロー像を描く!『エターナルズ』

『エターナルズ』11月5日公開
監督・脚本/クロエ・ジャオ 出演/リチャード・マッデン、アンジェリーナ・ジョリー、ジェンマ・チャン、サルマ・ハエック、キット・ハリントン、マ・ドンソク 配給/ディズニー
2021年/アメリカ/上映時間156分

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で一区切りしたマーベル映画だが、その後もドラマシリーズ、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』といった新たなヒーローの登場で、ファンの気持ちをキープ。そして、さらに新鮮な興奮を期待させるのが、この『エターナルズ』だ。

エターナル=永遠の命をもったヒーローの集団。その設定だけで、“アベンジャーズ”を彷彿とさせる。エターナルズとは、なんと7000年もの長きにわたり、人類を守り続けた者たちなのだ。現在は地球上でバラバラになり、人間社会でひっそりと生活する彼らが、最大の脅威の前に再集結することになる。地球滅亡まで7日間というタイムリミットで、エターナルズに課された試練とは……? 

物質の構造を変化させるセルシや、飛行能力をもつ戦術家のイカリスなど、それぞれのパワーを駆使し、彼らは歴史の節目で、恐るべき敵から人類を守ってきた。今回の危機とともに、各時代での戦いも描かれるので、さながら壮大な歴史絵巻スペクタクルのようでもある。そこが、めちゃくちゃ新鮮!

注目なのは、今年、『ノマドランド』でアカデミー賞の作品賞や監督賞を受賞した、クロエ・ジャオがメガホンをとった点。アクションヒーロー映画を撮るイメージではなかった彼女が、マーベルにどんな息吹を届けたのか。絶景を駆使した独特の映像美とバトルの融合も『エターナルズ』の新しさだ。

さらにヒーローたちの“多様性”が半端じゃない。人種だけでなく、あらゆる個性が突出しているので、キャラと関係性のわかりやすさがハイレベル。“アベンジャーズ”などの作品とのつながりも描かれるが、そこはサブ的で、マーベル初心者にもやさしい作りでもある。日本が意外なシーンで登場するし、ヒーローたちの切実なドラマも描かれたりと、要所でサプライズを味わえるので、これまでのマーベル映画と明らかに別種の余韻が残るはず!
 

 


『レッド・ノーティス』 ネットフリックス配信中
製作・出演/ドウェイン・ジョンソン 監督/ローソン・マーシャル・サーバー 出演/ガル・ギャドット、ライアン・レイノルズ、リトゥ・アリヤ 配信/ネットフリックス
2021年/アメリカ/視聴時間117分

『デッドプール』のライアン・レイノルズ、『ワイルド・スピード』シリーズなど大ヒット作が続くドウェイン・ジョンソン、そしてワンダーウーマン役でおなじみのガル・ガドット。3大スターが世界を駆け巡るアクション大作で集結。それだけで面白さは保証されたようなもの! レッド・ノーティスとは、インターポール(国際刑事警察機構)から最重要の指名手配犯に出された国際手配書のこと。高級美術品を狙う詐欺師のノーランが、レッド・ノーティスのターゲットだ。ローマでクレオパトラが残した秘宝を狙う彼の前に、FBIのスゴ腕捜査官が立ちふさがるが、インターポール、謎の大泥棒も入り混じり、壮大なスペクタクル犯罪劇へと突入する。

イタリアにはじまり、バリ島、ロシア、イギリス、スペイン、さらに南米にアフリカと、『007』をも超えるワールドワイドな攻防に、秘宝探しのアドベンチャー、犯罪のプロのテクニック合戦、騙し合いに肉体バトルと、アクション映画のありとあらゆる要素を詰めこんだサービス精神が、本作の魅力。しかもハイテンポで進むので、配信作品ながら倍速で流すのは、ほぼ不可能だろう。ツッコミどころもあるものの、一気の勢いにかき消される感じ。そして何より、R・レイノルズの、おちゃめ&おとぼけな活躍、ロック様の豪快さとコミカルな演技、男2人を手玉に取って余裕のガルと、これ以上ないほどのハマリ役を託されたスターたちに、最後の最後まで魅了されるのは間違いない。
 

 【実話】戦闘の最前線にいるかのような臨場感!『モスル〜あるSWAT部隊の戦い〜』

『モスル あるSWAT部隊の戦い』 11月19日公開
製作/ジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ 監督/マシュー・マイケル・カーナハン 出演/ヘール・ダッバーシ、アダム・ベッサ、イスハーク・エリヤス、クタイバ・アブデル=ハック
2019年/アメリカ/上映時間102分

ここ数年、リアルな戦争アクション映画といえば、イラクやアフガニスタンなどが背景となることが多い。現実のニュースとも重なって切迫感を高めるためだが、量産されると飽きられてしまうのも事実。しかし本作のように、アクション大作の名手が関われば、新たな次元も見えてくる!

紛争が長引き、荒廃した状態が続いている、イラク第2の都市モスル。ISIS(イスラム過激派組織)が住民たちに脅威を与えるなか、ISISと敵対するSWAT部隊、現地の警官たちが、絶望的な闘いを強いられていた。そんな実話をベースに、21歳の新人警察官がSWAT部隊に引き入れられ、壮絶を極める戦闘を描いていく。

冒頭からいきなり、銃撃戦が展開。モスルの街のカオスが生々しく伝わってくる。誰が味方か、誰が敵か。そもそも正義はどこにあるのか。観ているこちらも混乱するほどだが、この混乱が、新人警察官カーワの気持ちと一体感をもたらすのだ。

本作のプロデューサーを務めたのは、ジョー&アンソニーのルッソ兄弟。アクション映画ファンにはおなじみの名前。『アベンジャーズ/エンドゲーム』などマーベルの中心作品を監督したコンビが、「絶対にこの事実を世界に知らしめたい」と映画化権を取得し、初監督となるマシュー・マイケル・カーナハンやキャストたちをサポートした。

その結果、完成したのが、SWAT部隊の“目”となって再現していく驚異の映像。部隊とともにカメラが自在に動き回り、われわれ観客は、その場、つまり戦闘の最前線に居合わせたような錯覚をおぼえる。突発的な爆撃や銃撃、そして戦闘員たちの衝撃の決断を間近で体感した果てに、待ち受けるのはエモーショナルな結末。スター俳優が出演していないので、誰が犠牲になるかわからないスリルも、本作の持ち味だ。
 

 


『アーミー・オブ・シーブズ』 ネットフリックス配信中
原案・製作/ザック・スナイダー 監督・出演/マティアス・シュバイクホファー 出演/ナタリー・エマニュエル、ルビー・O・フィー、スチュアート・マーティン 配信/ネットフリックス
2021年/アメリカ/視聴時間129分

マーベルやDCのヒーロー映画のように、それぞれの作品がクロスオーバーする世界観は、ハリウッドですっかり主流になった。しかしあまりに作品が広がりすぎると、追いつけなくなったりするのも事実。そこでオススメしたいのが、この作品だ。

『300<スリー・ハンドレッド>』や『ジャスティス・リーグ』などでアクション映画ファンに根強い人気を誇る、ザック・スナイダー監督。当たり障りのない痛快アクションというより、かなり過激だったり、マニアックな欲求を刺激したり、アクの強い表現も得意な彼の持ち味が最大限に発揮され、絶賛されたのが『アーミー・オブ・ザ・デッド』。ゾンビが解き放たれたラスベガスで、金庫からの大金強奪を描いたが、そこで天才的な金庫破りのテクニックを披露したキャラが、今回の主人公。ラスベガスの事件から時間を戻し、ヨーロッパを舞台にド派手な強盗アクションが展開していく。世界の強盗たちにとっても“伝説”とされる4つの金庫がターゲットとなるのだ。

『アーミー・オブ・ザ・デッド』でも、ちょっぴり浮いた存在だった、金庫破りの天才マティアスは、今回も超難関な犯罪計画に巻きこまれながら、自慢のテクを使いたい野心と、もともとの軽めの性格が絡み合って、さらに味わい深く、共感しやすいキャラへと進化。金庫に触れながら、複雑な内部に“感応”する鍵開けのシーンは、じつにユニークだ。マティアスを犯罪に誘うスリの名人のほか、計画の仲間たちも強烈に怪しい面々で、そのチームプレーが思わぬ方向へなだれこむあたりもスリリング。アメリカでゾンビが発生する事態や、意外なキーパーソンなど、『アーミー・オブ・ザ・デッド』とのシンクロを見つけられるし、この2作、どっちから先に観ても楽しめる。2022年には『アーミー・オブ・ザ・デッド』のアニメシリーズも完成するので、この“アーミー・オブ”ワールドの動向から、しばらく目が離せなくなりそう!
 

 

文/斉藤博昭 text:Hiroaki Saito
大人のカジュアルに映える〈トッズ〉の新作!レトロなスニーカーでキャッチーな足元を作る!
SPONSORED
2022.01.25

大人のカジュアルに映える〈トッズ〉の新作!
レトロなスニーカーでキャッチーな足元を作る!

早くも春の訪れを告げる(!?)ような新作スニーカーをキャッチ! 〈トッズ〉からリリースされたこの春の新作は、スマートなレトロランシューをモチーフにしながら、ポップなカラーリングで楽しげな印象に仕上げた1足。それにどうやら特別なカラーの用意…

【編集長試乗】やっぱり出来が違う!新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?
SPONSORED
2022.01.14

【編集長試乗】やっぱり出来が違う!
新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?

7年ぶりにニューモデルとして登場した7代目レガシィ アウトバック。ご存知のとおり北米でも圧倒的な人気を誇る〈スバル〉ブランドの1台だが、“New Luxury”を掲げるこの新型は、果たしてどんなキャラクターを持つモデルなのか? 今回は、長…

TAGS:   Cars Lifestyle
オンでもオフでも使える〈ガーミン〉の新作!アクティブ派が選ぶ大人のスマートウォッチ!
SPONSORED
2022.01.25

オンでもオフでも使える〈ガーミン〉の新作!
アクティブ派が選ぶ大人のスマートウォッチ!

よく遊び、よく働くためにも大切なセルフマネジメント。それをアシストしてくれるよき相棒が、マルチスポーツ GPS ウォッチの最先端を走る〈ガーミン〉の“フェニックス7”と“エピックス”だ。毎日のスケジュール管理はもとより、GPS測位機能搭載…

TAGS:   Fashion Watches
街着としても侮れない、〈プーマ〉のお洒落アイテムとは?
SPONSORED
2022.01.18

街着としても侮れない、〈プーマ〉のお洒落アイテムとは?

今、ファッションブランドに負けないデザイン性の高さで注目されているのが、スポーツブランド。日常のスタイルにスポーティなウエアを取り入れることがトレンドの昨今、その存在感はよりいっそう増している。なかでも機能性はもちろん、大人が都会で着られ…

TAGS:   Fashion
信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!
SPONSORED
2022.01.07

信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、
自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ