Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2022.11.15


【まとめ】オーランド・ブルームのお洒落コーデ27

『Safari Online』で紹介してきたオーランド・ブルームのお洒落な着こなしをまとめてご紹介!

 

 
Orlando Bloom 
[オーランド・ブルーム]

【オーランド・ブルーム】シンプルだけど小技が効いた大人カジュアル!

真っ白なTシャツにオリーブのベイカーパンツがたくましい印象のオーリー。ダブルストラップのサンダルとカラーサンドイッチしたテクは、真似しやすいので是非 ご参考に。アクセントになっているタスキ掛けのスマホケースなど、トレンドを活かした小技を上手に効かせている。これならナチュラルに若見えするはず!
 

 


ネイビーデニムのカバーオールにオリーブの楽チンパンツの組み合わせ。もっというと、ブルーのキャップもお決まりのように合わせている。もともとアメカジ系の着こなしが得意のオーリー。この着こなしもアメカジテイストたっぷりで、彼の好みが窺えるというもの。ただ、その中でも今どきなのがパンツだ。ドローコード付きのリブパンツなのだが、シルエットはほどよくゆったり。トップもそんな雰囲気に合わせて、Gジャンではなくゆったりとしたカバーオールを選択。上下ともに余裕のある着こなしにご執心のようだ。
 

 

見てのとおり、犬の散歩ついでにカフェでテイクアウト……というシーンで、いうなれば完全にワンマイルのご近所スタイル。スウェットの上下も、あえてパープルを選んでいるからこその外着感がある。これが黒やグレーだったら、あまりに普通すぎて手抜きっぽく見えるかも。しかもオーリー、スウェットパーカの下にちゃんとイエローのシャツを着ていて、彼らしいあざやかな色合わせをチラ見せしている。このあたりのサジ加減もさすが!

 


淡いグレーの楽チンパンツを穿いたオーリー。トップはネイビーのスウェットで、裾から白Tを覗かせた着こなしだ。このパンツ、ウエストのコードと裾のリブがなければ、イージー仕様とはわからないシルエットのよさ。こちらもワンマイルスタイルと思われるが、このパンツのおかげで普段着のカジュアルとして違和感なくまとまっている。浅く被ったニット帽も、リラックス感の出る絶妙なアクセント。
 

 



白の楽チンパンツにボーダーTシャツを合わせたアクティブな着こなし。パンツは太めの腿から裾へのテイパードが特徴的で、足元を軽く見せる9分丈。その足元にオレンジやブルーをもってきて、アイキャッチにしているのがうまい。全体的に白っぽい爽やかスタイルだけに、遊びの要素を入れて彼らしさを表現しているというわけ。春から夏の着こなしとして、多いに参考になるコーデといえそう。
 

 


黒のTシャツに、黒の“腿ゆる”テイパードパンツを合わせたコーデ。全身黒のコーデというと、都会的ではあるが、ハードな印象にもなりがち。だけど、ご覧のとおり、オーリーにはリラックス感が漂っている。やはりそれは、このパンツのシルエットのおかげ。全身黒でも、“腿ゆる”にすることで、ぐっとラフな印象に。とはいえ、足元にワークブーツを合わせることで、ただ“ゆるい”だけではない男らしくて精悍な印象を醸しているのはさすがオーリー。さらに、裾からチラり見える赤ソックスにも注目。こうしたワントーンコーデだとのっぺりしがちだけど、赤ソックスがアクセントとなって、メリハリ効果と洒落感出しにも成功。
 

 



空港で目撃されたオーリー。飛行機に乗るときの格好といえば、やはりリラックス感は大切。であれば、この“腿ゆる”テイパードがうってつけ。ほら、着心地はもちろん、見た目にもちゃんとリラックスしていますよね? しかも、”ゆるい”だけでなく、大人の品もちゃ~んとある。その理由のひとつが、ぐっとテイパードされたフォルム。ダボダボした太いパンツだと、だらしがない印象にもなってしまうが、ここまでテイパードが効いていればご覧のとおり、洗練された見え方に。そしてもうひとつが、色使い。オフ白やベージュ、グレーといった淡いニュアンスの色を合わせることで、品よくまとめている。もちろん、足元まで馴染みがいいグレーのスニーカーを合わせているあたり、さすがお洒落オーリー。
 

 


アメカジ好きな男であれば、きっと誰もが1本は持っているだろうオリーブ色のパンツ。そして、トップは黒Tを合わせているから、着こなし自体はお馴染みの定番コーデといえる。ただ、やっぱりどこか洒落た印象があるのは、このゆったりとした‟腿ゆる”のシルエットのパンツのおかげ。もしこれが、ピタッとしたパンツだとしたら、普通すぎて引っ掛かりのないコーデなもかも? 足元は前出と同じものと思われるワークブーツで男らしさを加味。ここではチラ見えするソックスは白だから、清潔感のある印象だ。
 

 

袖リブにロゴがプリントされたロンTに、ボトムは褪せ黒デニムを合わせた着こなし。ロンTはTシャツに比べて袖があるぶん、のっぺりとした印象にもなりかねない。だが、これにベストを羽織るだけで、たちまちメリハリのある印象に早変わり。さらに、ロンTのロゴと相まってスポーティな印象が強まりつつ、明るい水色ゆえに爽やかさもある。
 

 



コーデュロイとスウェード調の異素材合わせをした中綿ダウンと思われるベスト。こういった手のベストはカジュアルなシーンに着ていくことが多いかもしれないが、落ち着いた色合いと上品な素材を使用したものだと、ご覧のとおり洗練された印象に。ラフなロンTと黒デニムに合わせているのに、グッと都会的。個性的なハットなどの効果もあるが、やはりその上品なベストが印象を決定づけている。

 


トップに着ているエスニック調のダウンベストは、〈モンクレール〉“モンクレールジーニアス”のもの。それにお揃いの柄ニットを合わせて、インパクトある重ね着を披露した。で、ここで見習いたいのは、トップの柄の効かせ方。「着こなしの主役はマルチカラーのトップだけ」と言わんばかりに、ボトムはリジッドデニムと黒ワークブーツでダークに。さらにニットキャップもグレーを選択。色柄ものをトップに集約することで、魅せどころをはっきりとさせたのはさすがに上手い。
 

 


イエローベースのチェックは格子柄がブルー。さりげなく濃紺のリジッドデニムとリンクさせているのが見て取れる。こちらは派手柄を着こなし全体に馴染ませる心憎いテクニック。さすがはオーリー、全体のまとまり感にも抜かりナシ!
 

 


チェックシャツに白T、そしてデニムパンツというアメカジの王道アイテム。それを、奇をてらわずに堂々と着こなしたあたりは、みなさんも好感が持てるのでは? チェックが渋色なのは、年齢にふさわしい落ちついた選択。赤茶のワークブーツを選んだのは、ワークテイスト高いチェックシャツとの相性のよさを意識したのかもしれない。それに、白Tによる爽やかなヌケ感作りも見事。やっぱり彼は、色褪せない王道アメカジの魅力を熟知している!?
 

 


ノーカラーのミリジャケと濃紺デニム姿で空港から出てきたオーリー。個性的なデザインのミリジャケだけど、彼はボトムとトーンを合わせることで、逆に赤茶のワークブーツをアクセントにしている。なにげない着こなしの中に彼の意図が見え隠れ? シンプルだけど、このお洒落感覚はほかにも応用できそう!
 



トップがベーシックな青ニットで、ボトムはダメージ加工ナシのデニム。うっかりすると“ただ着ただけ”な印象になる危険性がある。でも、この白いアクセントのおかげでこなれ感がグ~ンとアップ。ブーツの白ソールとも呼応して印象は軽快だ。ブーツにデニムの裾をくしゅくしゅっと乗っけたあたりもこなれた演出。
 

 

トップは黒の切り替えデザインが入ったモダンなシャツ。カーキとはいえ武骨さがないからか、グレーデニムを合わせてすっきりと着こなしたのはさすがのセンスだ。足元もそんなテイストに合わせて、武骨なワークブーツではなく、黒×白ソールのスニーカーを選択。今どきのスポーツミックス感覚を取り入れているのがよくわかる。
 

 



〈モンクレール〉の艶ダウンベストに、エスニック柄ニットを効かせた着こなしがコチラ。もうお気づきですよね? そう、ダウンベストは袖がないぶん、その下に着るアイテムの魅力をさらに生かせるのが特徴。特にオーリーが選んだようなエスニック柄やカウチンセーター、あるいは迷彩柄のニットなどを効かせるには好都合。もちろんセーターが厚手であれば、ダウンのふっくら感とも相まって全体のバランスもよし。
 

 

リジットデニム&黒スニのボトムとトーンを揃えて、ダウンベストもマットな風合いのものをチョイス。これにより青ニットと赤い差し色が強調され、アクティブな印象に。もちろんそんな印象作りには、ダウンベストの軽快なデザインも貢献しているのはいうまでもない。
 

 


この着こなしの見どころは、まずオーセンティックなLAアメカジの中に今季らしい要素を加えていること。それがベージュのジャケット。実はコレ、素材がフリース。チェックシャツとも相まって、なんともふっくらと温かみのあるテイストを醸し出しているでしょ? フリースジャケットはチェックシャツとの合わせ技でインナー使いに。これだけで旬な重ね着が完成するから、覚えておくといい。
 

 


明るめのピンクに淡青デニムを合わせて、軽快なアメカジに。シンプルなアイテム合わせなのにどこか男らしく見えるのは、やはりヴィンテージ感のあるブルーデニムのおかげ。さらにワイルド感を加えるなら、淡青のダメージデニムにするといい。ちなみに、スニーカー好きのオーリーは旬のボリューム系でバランスを取っている。こうやって小物でキャラ出しをするテクも是非お手本に。
 

 


デニム・オン・デニム姿をよく見かけるオーリーも、今季はボトムをブラックに変更。相性のいい淡青とベージュを基本トーンにしつつ、黒のスキニーデニムとスニーカーでピリッと辛口にまとめてみせた。その狙いは足元にも見てとれて、わずかにベージュを差しているのがなによりの証拠。普通の街カジュアルに見えるけど、しっかり計算されているというワケ。本当にファッションが好きなのだろうな~と、思わず感心してしまう着こなしだ。
 

 


コチラのオーリーは、’80~90年代を思わせるビビッドカラーのナイロンジャケット。味デニムと白Tでシンプルにこなして、颯爽と見せているのが彼らしい。これだけだと普通のカジュアルになるところだけど、首元にバンダナを巻いたところが洒落者たるゆえん。これで一気に大人っぽさがアップして、狙いどおりのスポーツミックスに仕上がっている。で、ジャケットが派手なぶん、足元は落ち着いたグレースニーカー。インパクトのあるスニーカーが大好きな彼も、この着こなしではしっかりバランスを考慮している。
 

 


Gジャンの肩ヨークとスニーカーの切り替えといった小面積で差し色を取り入れるだけなので、決してガチャガチャとした印象にはならない。ボトムがシックな濃紺というのも、子供っぽい印象を吹き飛ばすのにひと役買っているようだ。キャップも濃紺デニムと同じような配色なので、その引き締め効果により着こなし全体にまとまり感が生まれている。
 

 


濃紺デニムでコントラストをつけること自体は珍しいテクではないが、Gジャンがドロップショルダーのビッグシルエットなので、そのメリハリ感がなおのこと際立って見える。そんなゆったり系トップのリラックス感をさらに盛り立てているのが、インにサンドイッチしたピンクシャツ。Tシャツで色を取り入れるとトゥマッチだけど、チラッとしか見えないシャツに使うのがミソ。スニーカーがピンクと相性のいいグレーというのもさすが!
 

 

上下を濃紺の生デニムで統一したコーデ。しかも、足元は赤茶のワークブーツ。とここまでは、いかにも硬派なアメカジにありがちなパターンだけど、真っ赤なキャップの華やぎ効果でたちまちアカ抜けた印象に。しかも、よく見ると、濃紺Gジャンの下に淡青のGジャンを重ね着している。もちろんデニム・オン・デニムが古臭~いアメカジに見えないのは、こういう工夫があってのこと。仕上げに、モータースポーツの香りが漂うチェッカー柄のTシャツを加え、ちょっぴりヤンチャな雰囲気も出すのが最近のオーリーの気分?
 

 


コチラのオーリーは、白Tの上に細かい柄入りのブルーシャツを羽織った着こなしを披露。トップに軽さがあるぶん、ボトムは味黒デニムと茶ブーツで力強くまとめている。特にブーツのボリュームが絶妙。このバランス感覚は、オーリーのお洒落に不可欠な要素。見事なコーデで、アクティブな大人の着こなしに仕上げている。
 

 

見事なサイズ選びで、大人っぽいショーツ姿を作っているのがオーリー。ボーダーTって、あまりピチピチだとかっこよく見えないアイテム。だから、胸まわりはフィットしつつ、裾やネックがルーズな1枚を選ぶことで、適度なヌケ感を出している。そこへピリッとした細身の濃紺ショーツを合わせて、足元には大好きなナイキのハイカット。ゆるめるところはゆるめ、キメるところはキメる。オーリー流のお洒落テクといえそうだ。
 

 

photo by AFLO
デキる男の手元はいつでも格上げ“ラグスポ”時計!アルミニウムの〈ウブロ〉で唯一無二のレザー姿に!
SPONSORED
2022.11.25

デキる男の手元はいつでも格上げ“ラグスポ”時計!
アルミニウムの〈ウブロ〉で唯一無二のレザー姿に!

革新的な素材使いが巧みな〈ウブロ〉。今回紹介する新作は、なんとアルミニウムを採用。独特なカラーリングでの軽やかなアルミニウムケースで、素材のパイオニアの本領を存分に発揮。ジェンダーレスなカラーは肌にも馴染み、ハードなライダースとのコントラ…

TAGS:   Fashion Watches
着こなしが見違える〈サンローラン〉の1着!大人だったら冬こそコートで風格出し!
SPONSORED
2022.11.25

着こなしが見違える〈サンローラン〉の1着!
大人だったら冬こそコートで風格出し!

冬のお洒落を左右するアウターは、当然着る人の個性にも影響する。ゆえに選び方も慎重になるが、大人なら上品さや貫禄といった〝風格〟をまとえる1着は、是非とも手に入れておきたいところ。なかでも〈サンローラン〉から登場したトレンチコートは、シャー…

TAGS:   Fashion
手元のオーラが断然違う〈ハリー・ウィンストン〉!華やかなシーンこそ頼りになる品格時計!
SPONSORED
2022.11.25

手元のオーラが断然違う〈ハリー・ウィンストン〉!
華やかなシーンこそ頼りになる品格時計!

いつもより着飾ってお出かけしたいシーンが増えるホリデイシーズン。時計もそれにふさわしいオーラをたたえたモデルを選びたい。となれば、間違いないのが〈ハリー・ウィンストン〉。世界屈指のハイジュエラーの感性が光る、スタイリッシュにしてアバンギャ…

TAGS:   Fashion Watches
カジュアルな見た目でも〈ブリオーニ〉なら段違い!大人の格上黒アウターは仕立ても素材も贅沢仕様!
SPONSORED
2022.11.25

カジュアルな見た目でも〈ブリオーニ〉なら段違い!
大人の格上黒アウターは仕立ても素材も贅沢仕様!

黒アウターは都会的な印象を与えたいときの強い味方だが、油断は禁物。なぜなら期待値が高い色ゆえに、素材感やデザインに手を抜くと残念な印象を与えかねないから。そんなごまかしがきかない服だからこそ、上質素材を惜しげもなく使い、スタイルを研ぎ澄ま…

TAGS:   Fashion
手元から個性がにじみ出る〈タグ・ホイヤー〉の新作!スピード感漂う品格時計で大人の遊び心を演出する!
SPONSORED
2022.11.25

手元から個性がにじみ出る〈タグ・ホイヤー〉の新作!
スピード感漂う品格時計で大人の遊び心を演出する!

ラグジュアリーな趣ながらモータースポーツと密接で、アクティブな顔も持つ〈タグ・ホイヤー〉の腕時計。ラフでありつつも、品格を大切にする大人にとって欠かせないもののひとつだろう。新作も有名ゲームコラボを筆頭に、期待に違わぬラインナップ。高級感…

手元で遊ぶなら、〈エンポリオ アルマーニ〉の新作で!冬カジュアルに映えるカラーダイヤルの新鮮時計!
SPONSORED
2022.11.25

手元で遊ぶなら、〈エンポリオ アルマーニ〉の新作で!
冬カジュアルに映えるカラーダイヤルの新鮮時計!

大人の冬コーデはどうしてもダークで地味なものになりがち。それはアウターに黒やグレーなどが多いから。とはいえ、さすがにカラフルなアウターを着るのは、悪目立ちの危険もあるのでなかなか踏み切れない!? では、冬は腕時計を差し色に使ってみてはどう…

TAGS:   Fashion Watches
ヘルシーでアクティブな毎日は〈ガーミン〉で叶う!ソーラー充電の時計が爽快な大人の相棒!
SPONSORED
2022.11.25

ヘルシーでアクティブな毎日は〈ガーミン〉で叶う!
ソーラー充電の時計が爽快な大人の相棒!

よく働きよく遊ぶためには、バテずに動ける“スタミナ”が資本になる。それをスマートウォッチで叶えてくれるのが、進化したソーラー充電機能で驚きの長時間稼働を可能にした〈ガーミン〉の“フェニックス 7X サファイア デュアルパワー”。スポーツで…

TAGS:   Fashion Watches
上品さと利便性を併せ持つ〈モリニ〉のウォレット!手ぶら派の大人が選ぶ使える上質レザー小物!
SPONSORED
2022.11.25

上品さと利便性を併せ持つ〈モリニ〉のウォレット!
手ぶら派の大人が選ぶ使える上質レザー小物!

オフの買い物やカフェでの支払い時に、意外とまわりの目を引くタイミングが多いウォレット。それだけに、中途半端なものは持ちたくないというのが本音のところ。そこで注目したいのが〈モリニ〉のレザー小物だ。イタリアンレザーを使った上質さと手ぶらで過…

TAGS:   Fashion
サボテン原料の‶軽い″革小物を浅草橋で発見!今どきの大人バッグは都会的でエコ! 
SPONSORED
2022.11.22

サボテン原料の‶軽い″革小物を浅草橋で発見!
今どきの大人バッグは都会的でエコ! 

公式YouTubeチャンネルでは、『今どきの大人バッグは都会的でエコ!サボテン原料の‶軽い″革小物を浅草橋で発見!』を紹介しています。ここでは、その一部をチラッとお見せします!

TAGS:   Fashion
【最上級】もっと自由を望む人が、ラグジュアリーカードで叶うこと!
SPONSORED
2022.11.18

【最上級】もっと自由を望む人が、ラグジュアリーカードで叶うこと!

豊かな生活を通し、自分らしく自由を謳歌しているアメリカンセレブたち。彼らに憧れを抱くのは、本当の意味での豊かさ=自由を大切にするマインドと生き方に共感するからだろう。そんなライフスタイルを実現するうえで心強い相棒になってくれるのが、マスタ…

TAGS:   Lifestyle
〈ティファニー〉の特別なギフトで2人の仲も急接近!?彼女との絆がさらに深まるとっておきのジュエリー
SPONSORED
2022.11.10

〈ティファニー〉の特別なギフトで2人の仲も急接近!?
彼女との絆がさらに深まるとっておきのジュエリー

心華やぐホリデーシーズン。特別な思いをこめた大切な彼女へのギフトは、やっぱり〈ティファニー〉のジュエリーで! モダンでスタイリッシュ、そしてユニセックスなデザインは、男の手元や首元にも自然にマッチするからさりげなくペア感を楽しむことができ…

TAGS:   Fashion
1番売れてる”革ジャン”には、人気の理由があった!
SPONSORED
2022.11.09

1番売れてる”革ジャン”には、人気の理由があった!

公式YouTubeチャンネルでは、『1番売れてる”革ジャン”には、人気の理由があった!』を紹介しています。ここでは、その一部をチラッとお見せします!

〈ブランパン〉フィフティ ファゾムスの新作は、上質さと本格仕様が大人にふさわしいノーブルダイバーズ!
SPONSORED
2022.11.05

〈ブランパン〉フィフティ ファゾムスの新作は、
上質さと本格仕様が大人にふさわしいノーブルダイバーズ!

TAGS:   Watches
カジュアル姿の格が上がる!〈カナダグース〉の新作ダウンは、都会の男にふさわしい上質さ!
SPONSORED
2022.11.04

カジュアル姿の格が上がる!
〈カナダグース〉の新作ダウンは、都会の男にふさわしい上質さ!

街に映える高品質ダウンジャケットで人気の〈カナダグース〉。都会で過ごす大人にふさわしいスタイリッシュなデザイン性のみならず、極地探検にも適応できる機能性も大きな魅力になっている。ただ、日本にいる限りそこまでの機能は必要ないのでは? と思う…

TAGS:   Fashion ダウンJK
〈ビーセカンド〉の1着でさりげない存在感を!自由な週末をコラボアイテムでもっと遊ぶ!
SPONSORED
2022.11.02

〈ビーセカンド〉の1着でさりげない存在感を!
自由な週末をコラボアイテムでもっと遊ぶ!

冬のアウトドアを快適に楽しむには、ギアはもちろん、ウエアも大事。とはいえ、暖かさや動きやすさなど、機能性だけにこだわると野暮ったくなりがち。そこで、活躍するのが〈ビーセカンド〉のコラボアイテム。実力派ブランドによる信頼の機能を備えながら、…

TAGS:   Fashion
100%イタリア製の〈ムーレー〉はひと味違う。大人の風格があふれ出るラグジュアリーダウン4選。
SPONSORED
2022.10.31

100%イタリア製の〈ムーレー〉はひと味違う。
大人の風格があふれ出るラグジュアリーダウン4選。

冬本番、まず手に入れたい主役アウターといえばダウンジャケットだろう。本命は、上質さはもちろん、"着膨れ"しないシティ派デザインのもの。イタリア・ヴェローナ生まれの〈ムーレー〉が放つ新作は、そんな理想を体現する見た目と上品さを兼備する。高品…

TAGS:   Urban Safari Fashion
最高峰を知る大人が選ぶ〈ジョンロブ〉。名作が“黒スウェード”になると貫禄もお洒落度もますます圧倒的。
SPONSORED
2022.10.31

最高峰を知る大人が選ぶ〈ジョンロブ〉。
名作が“黒スウェード”になると貫禄もお洒落度もますます圧倒的。

表革にはない優しい風合いで、足元に柔らかなニュアンスを与えてくれるスウェードシューズ。特に黒革の場合は、ベルベット顔負けの上品さを印象づけられる。しかもそれが最高峰と名高い〈ジョンロブ〉が手掛けた1足ともなれば、醸し出される貫禄も雲上級と…

TAGS:   Urban Safari Fashion
品のよさとモダンさを併せ持つ〈アウール〉。快適ニットが“モックネック”ならジャケット姿も見映えがいい。
SPONSORED
2022.10.31

品のよさとモダンさを併せ持つ〈アウール〉。
快適ニットが“モックネック”ならジャケット姿も見映えがいい。

ジャケット姿の名脇役がニット。今期は〈アウール〉のモックネックはどうだろう。上品でほどよく立体感のある襟元には、丸首のようなもの足りなさがなく、タートルネックの窮屈感もない。クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務…

TAGS:   Urban Safari Fashion
快適すぎると評判の〈ジェラート ピケ オム〉。癒しもお洒落も満足度が神レベル。
SPONSORED
2022.10.31

快適すぎると評判の〈ジェラート ピケ オム〉。
癒しもお洒落も満足度が神レベル。

休日のおウチ時間は、疲れをリカバリーし、心とカラダを癒すためにも大切なひととき。それができてこそまた、仕事にも本気で向き合える。そんな時間のよき相棒が、〈ジェラート ピケ オム〉のルームウエア。いずれもとろけるように柔らかな着心地で、心と…

TAGS:   Urban Safari Fashion
ひとつでも重ねても、サマになるのは〈ジェントルマン〉。上品さと色気が香り立つ大人好みのファインジュエリー。
SPONSORED
2022.11.07

ひとつでも重ねても、サマになるのは〈ジェントルマン〉。
上品さと色気が香り立つ大人好みのファインジュエリー。

年齢を重ね、お洒落の場数もそれなりに踏んできた今だからこそ、もっと積極的に楽しみたいのが男のジュエリー。あくまでもさりげなくまとうためには、そのセレクトとつけこなしが肝心。そこで注目したいのが、“紳士”にふさわしい品格と色香を併せ持つ〈ジ…

TAGS:   Urban Safari Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ