Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.01.31


〈フォルクスワーゲン〉ティグアンTDI 4モーション

普段お洒落な人ほどクルマ選びは悩ましいもの。だって、自分自身のお洒落やライフスタイル感覚とクルマのマッチングを細か~く気にしちゃうから。あまりに威圧感のあるルックス過ぎてもファッションとのマッチングは難しいし、かといってフォーマルに傾きすぎるセダンじゃ、ギャップがありすぎてしまう。ほどよくエフォートレスなんだけど、ほどよくかっちり感も必要、な〜んていう具合。はぁ~、いい感じの落としどころを探るのって意外に難しいですよね。



だったら、チャラつきすぎない剛健なイメージの〈フォルクスワーゲン〉から、こんなチョイスはどう? 2018年にディーゼルエンジンモデルが追加されたティグアンだ。これまで1.4ℓターボのFF、“TSI”のみの選択肢だったティグアンだけど、このディーゼルエンジン“TDI”から待望の4WDモデル“4モーション”が登場。コレ、アクティブに動きたいこの時期のスノー系レジャーにもピッタンコでしょ?

画像はティグアンTDI  4モーションRライン。スタイリングイメージオプション装着車。写真は一部実際と異なる場合があります。

画像はティグアンTDI 4モーションハイライン。スタイリングイメージオプション装着車。写真は一部実際と異なる場合があります。

画像はティグアンTDI 4モーションコンフォートライン。スタイリングイメージオプション装着車。写真は一部実際と異なる場合があります。

画像はティグアンTDI  4モーションRライン。スタイリングイメージオプション装着車。写真は一部実際と異なる場合があります。

気になるルックスは、同社のSUVラインナップの系譜をしっかりと受け継ぎ、角っぽいボディラインで硬派な印象。特にグリルまわりの水平基調のデザインはクリーンな生真面目さを感じさせるものだ。これに対し、ライト類はLEDユニットを多用し、キラっと今風に刷新。これら2つの合わせワザで、先進感を併せ持ちながらどこかクラシックな風体を備えていて、なんともバランスがいい。
 

NEXT 機能美があふれる無駄のない内装もいい!

2/4PAGE

機能美があふれる無駄のない内装もいい!

インテリアも実に〈フォルクスワーゲン〉らしい、剛健でシンプルなもの。まさに道具としての究極の使いやすさがよく追求されていて、嫌味がない。さらに、ナビやメータークラスター内など、インフォテイメント系の美しさからは先進感を漂わせ、ココにもクラシック×先進の嬉しい演出がなされている。

画像はティグアンTDI  4モーションRライン。

画像はティグアンTDI  4モーションRライン。



ヘッドアップディスプレイはティグアンTDI  4モーションRラインに標準装備。
 

NEXT 注目はそのボディサイズと走り!

3/4PAGE

注目はそのボディサイズと走り!

全長4500mmに対し、競合する〈メルセデス・ベンツ〉GLAや〈ビー・エム・ダブリュー〉X1なんかに比べてちょっと高めの全高1675mm。この“高さ”が実にイイのだ。ドライビングポジションだってアイポイントがしっかり確保されて見通しがいいし、狭い道なんかでも四隅の見切りが抜群。箱型ボディも手伝って、駐車の苦手な奥方や彼女なんかにハンドルを渡しても、きっと「扱いやすい!」なんて評価が得られると思う。とはいえ、無論〈フォルクスワーゲン〉らしさが充分に発揮されるのは、SUVらしからぬ俊敏な走り!

画像はティグアンTDI 4モーションハイライン。スタイリングイメージオプション装着車。写真は一部実際と異なる場合があります。

ティグアンTDIは2.0ℓディーゼルターボを搭載する。このコンパクトなボディに対して余りあるパワーだから、長距離ドライブでも疲れを知らない。ちょっとアクセルペダルに足を乗せただけでも、しっかりと加速Gを感じさせるトルクが生まれてくる。また、コーナリングでの安定性も、高めの全高を感じさせない吸い付き感! ステアフィールはわりと軽めに味付けられているから、どんなにハードなRのカーブでも、すいすいとクリア出来ること請け合いだ。さらにこのティグアンTDI 4モーション、四駆なのになんと17.2km/ℓという燃費性能を誇るのも嬉しい限り。

画像はティグアンTDI  4モーションRライン。スタイリングイメージオプション装着車。写真は一部実際と異なる場合があります。

真面目だけど適度な華があり、さらに意外なほどに走りがいい。加えて燃費も上々。近頃の〈フォルクスワーゲン〉は、伝統と先進の掛け算がとってもお見事なのだ。
 

NEXT 気になるスペックは?

4/4PAGE

 
★DATA〈フォルクスワーゲン〉ティグアンTDI 4モーションRライン
●全長×全幅×全高:4500×1860×1675mm
●ホイールベース:2675mm
●エンジン:直列4気筒DOHCインタークーラー付きターボ(4バルブ)
●最高出力:110kW(150PS)/3500~4000rpm
●最大トルク:340Nm(34.7kgm)/1750~3000rpm
●トランスミッション:7速DSG
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:529万円





Information

●フォルクスワーゲンカスタマーセンター 
TEL:0120-993-199

文=今井優杏 text:Yuki Imai
Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!
SPONSORED
2019.07.11

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK
『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!

今春に大規模リニューアルした、有楽町の〈阪急メンズ東京〉でのスペシャルウィークが決定! 洗練されたファッションと、磨き上げたボディの融合。さまざまなプロダクトを実際に体験できる貴重なチャンスを見逃すな!

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ