Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.07.30


〈マクラーレン〉600LT

ブランド名からして世界のモーターレースの最高峰“フォーミュラ・ワン”にイメージが直結。孤高のスポーツカー&スーパーカーメーカーといえば“マクラーレン・オートモーティブ”だ。

モータースポーツ由来のスーパーテクノロジーを駆使。手作業でプロダクトを組み立てるという魅力的なこのメーカーは、ハイパフォーマンスなロードカーを数多く輩出してきた。
だけど、クルマはあまりにもスパルタンだし、どこで買えるのかよくわからないし、憧れはあるけれど見たことないしで、距離を感じていた読者諸兄も多いのではないだろうか。

しかし、今後はちょくちょく“マクラーレン・オートモーティブ”の名前を耳にする&手に入るチャンスが多くなりそう。その可能性を感じさせるニュースが先日、イギリスで発表されたのでいち早くチェックしておこう。


 

NEXT 気になるニュースの内容は?

2/5PAGE

〈マクラーレン〉の快進撃はじまる!

先日、同社の本拠地イギリスで発表された“トラック25”という戦略がソレ。
なんと12億ポンド(日本円にして約1800億円!)を投資し、2025年までに18のニューモデルを市場に導入することをアナウンス。しかも同社のスポーツカー及びスーパーカーシリーズすべてをハイブリッド化。ミッドエンジンのスポーツカーおよびスーパーカーの生産台数を年間6000台に拡大するという。自動車販売において6000というのは、決して大きな数字ではないのだけど、少なくとも同社にとっては、画期的な数字であることは間違いない。

さて、この“トラック25”を成功に導くため、“マクラーレン・オートモーティブ”は昨年からすでにコンスタントにニューモデルを日本にも導入してきている。
2017年は第二世代のスーパーシリーズである“570S スパイダー”、そしてかのF1 ドライバーの名を冠し、すでに全車ソールドアウトという“マクラーレン セナ”と立て続けに新車を発表した。そして今年2018年7月30日、いよいよ日本でもお披露目となったのが“600LT”!







LTというのは“ロングテール”の意味。かつて限定発売され、レースでのパフォーマンスを想定していなかったにも関わらず、数々の優勝や好成績を勝ち取った伝説のロードカー、〈マクラーレン〉F1 GTR“ロングテール”に由来し、真のハイパフォーマンスモデルに与えられる称号だ。
 

NEXT 気になる動力性能は?

3/5PAGE

怒涛のスペックに超軽量ボディ!

3.8ℓV8ツインターボエンジンで最高出力は600PS、最大トルクは620Nmとまさにレーシングスペック。注目はその車両重量で、なんとわずか1247kgしかない。そのため、パワーウエイトレシオが2.08Kg/PSと、異次元の加速やクルーズを体感できる仕上がりになっている。






 

NEXT 内装だってスパルタン!

4/5PAGE

カーボンとアルカンターラ使いにシビレる!

そんなにもスパルタンなのにもかかわらず、内装はカーボンファイバーとアルカンターラに覆われ、エレガンスさえも醸し出す演出。しかし、この材質にももちろん、軽量化が図られているあたりはさすがのひと言だ。









生産はすべて英国・サリー州ウォーキングの“マクラーレン・プロダクション・センター”にて手作業で制作され、完全なる限定生産(2018年10月から約12カ月間の製造)にて台数を限定するそうだ。

現在、“マクラーレン・オートモーティブ”は日本にも正規法人を置き、ショールームも展開している。発表されるモデルのほとんどが2週間くらいで完売してしまう同社プロダクト。「一生一度は〈マクラーレン〉!」なアナタは、是非2025年までに検討を!
 

NEXT 気になるスペックは?

5/5PAGE

 

★DATA
●全長×全幅×全高:4604×1930×1194mm
●車両重量:1247kg
●エンジン:3.8ℓV8 M838TEツインターボ
●トランスミッション:7速SSG
●最高出力:441kW(600PS)/7500rpm
●最大トルク:620Nm/5500~6500rpm
●駆動方式:RWD
●最高速度:328km/h

Information

●マクラーレン・オートモーティブ 
URL:jp.cars.mclaren.com/

 

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
SPONSORED
2019.04.19

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
SPONSORED
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
SPONSORED
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
SPONSORED
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
SPONSORED
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
SPONSORED
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
SPONSORED
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
SPONSORED
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
SPONSORED
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
SPONSORED
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ