Safari Online

SEARCH

URBAN SAFARI アーバン サファリ

2020.12.11

in Your CLOSET
冬ゴルフが身も心もリラックスさせてくれる。

冬の訪れを日増しに感じるこの季節、グリーンに立てば凛とした空気に深呼吸したくなる。そんな開放感を味わい、ゴルフを楽しむには最適な季節だからこそ、お洒落や身のまわりの道具にも気を使いたい。

 

 

GOLF WEAR
マーク & ロナの“ハイパー ブロックパフィー ベスト”


男:ベスト5万8000円、ニット5万5000円、カットソー1万4000円、パンツ3万9000円、ニット帽1万円、グローブ7000円(以上マーク & ロナ/MARK & LONA表参道ヒルズ店)、サングラス2万7100円(オークリー/ルックスオティカジャパン オークリー) 女:ブルゾン5万3000円、カットソー1万9000円、スカート3万3000円、サンバイザー1万2000円、グローブ5500円、ソックス3800円( 以上マーク & ロナ/ MARK &LONA表参道ヒルズ店)

〈マーク&ロナ〉の新作は1880年代のハリウッドをテーマに、ラグジュアリーでノスタルジックなコレクションを提案。ベストは軽量ながら防風性、撥水性、通気性など機能性に優れ、人工ダウンともいわれる中綿でSDGsにも配慮する。 

 

GOLFGEAR
テーラーメイド ゴルフの“SIM グローレ”シリーズ


アイアンセット13万円、ドライバー8万4000円、フェアウェイウッド各4万9000円、レスキュー各3万9000円、パター3万6000円、帽子4000円、キャディバッグ実勢価格4万5000円(以上テーラーメイド/テーラーメイド ゴルフ)※実勢価格は編集部調べ

一昨年発表され、大きな注目を集めた“M グローレ”に、今年大ヒットした“SIM”シリーズのテクノロジーを融合。クラブの理想型を目指すとともに、ルール最大限の反発による飛びや、優しさを実現した。レベルを問うことなく、日本人ゴルファーの平均的なクラブスピードに最適なシリーズとなっている。 

 

HEATED TOBACCO PRODUCT
JTの“プルーム・エス 2.0”


プルーム・エス2.0 税込み価格3980円(JT /プルーム 専用カスタマーサービス)

プレイ後に一服。〈JT〉の加熱式たばこ用デバイス“プルーム・エス”が、メンソールに特化した〝プルーム・エス 2.0"としてリニューアル。メンソールならではの爽快感と満足のいく吸い応え、クリアなフレーバーを高次元で実現。充電時間の短縮や使用可能本数の増加など基本機能も向上し、より使いやすくなった。 

 

オークリーのゴルフ用レンズ搭載
“RADAR EV PITCH”SUNGLASSES


サングラス2万7100円(オークリー/ルックスオティカジャパン オークリー)

このサングラスはフレームに軽量性と快適な着用感を両立した特許素材オーマターを採用。レンズ上部には曇りを軽減するベンチレーションを設けた。PRIZMレンズは光の波長を個々に調整しコントロールすることで芝目のコントラストもよりシャープに見える。この〈オークリー〉独自の技術はありがたい。 

 

Information

●MARK & LONA表参道ヒルズ店
TEL:03-5771-0967

●テーラーメイド ゴルフ
TEL:0570-019-079

●プルーム 専用カスタマーサービス
TEL:0120-108-513

●ルックスオティカジャパン オークリー
TEL:0120-009-146


『Urban Safari』Vol.19 P15掲載

写真=野口貴司 スタイリング=中川原 寛 ヘア& メイク=星 隆士 文=柴田 充 構成=大嶋慧子
photo : Takashi Noguchi styling : Kan Nakagawara(CaNN)  hair&make-up : Takashi Hoshi(Signo) text : Mitsuru Shibata composition : Keiko Oshima

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉
SPONSORED
2021.02.25

〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!
今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉

クルマ社会にも“サステイナブル”の動きが目立ち、各メーカーが競って電動化技術を開発中の昨今。そんな中、2013年に〈三菱自動車〉がいち早く投入したのが、プラグインハイブリッドシステム“PHEV”だ。しかもこの“PHEV”を採用した、アクテ…

TAGS:   Cars Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ