Safari Online

SEARCH

URBAN SAFARI アーバン サファリ

2024.04.25 PR

玉木一史ジャパン ジェネラルマネージャーに聞く
イタリアの至宝〈マセラティ〉の真の魅力とは?

SUV“グレカーレ”が日本カー・オブ・ザ・イヤーの“10ベストカー”に選出されるなど、日本の高級車市場においてますます存在感を増しているイタリアの名門〈マセラティ〉。日本市場を統括する玉木一史に、このブランドが好調である理由を分析してもらった。

マセラティ ジャパン ジェネラルマネージャー
玉木一史

“レヴァンテ”に続く〈マセラティ〉のSUV第2弾としてデビューした“グレカーレ”。日本の道路事情にフィットしたサイズにして、機能や実用的な装備が充実したモデルとして早くも高い人気を博している

イタリアンラグジュアリーを体現したクルマ作りが、五感に響く。

高級スポーツカーブランドの中でも今年110周年を迎えた〈マセラティ〉ほど、“イタリアンラグジュアリー”を濃密に感じさせるクルマはないだろう。時代を超えて美しさを放つタイムレスなデザイン。決して派手すぎず、どんな景色にも馴染むのが〈マセラティ〉。なかでも新型“グラントゥーリズモ”は〈マセラティ〉の象徴的なモデルであり、2023年満を持して日本市場に展開された。

玉木一史は、〈マセラティ〉こそが“グランドツーリング”という概念をクルマにもたらした存在であり、今なおすべてのクルマがそのコンセプトを受け継いでいると語る。

「1914年にレース工房として出発した〈マセラティ〉がはじめてロードカーを出したのは1947年。この“A6 1500”はレースにそのまま出場できる性能を備えながら、長距離移動も快適にこなせたことで、当時の自動車業界に大きな衝撃を与えました。この成功を受け、その後もレーシングエンジンを搭載した“3500GT”や“5000GT”といった傑作を世に送り出したのです。以来、レース譲りのパフォーマンスと、長旅を快適に過ごせる性能との両立は、我々の根底に流れる大切なDNAです」

この春、東京で開催されたフォーミュラEで優勝を飾った〈マセラティ〉。常にレースと密接な関係にある。

「ルネッサンスの時代から多数の天才を輩出するなど、イタリアは芸術分野に関しては豊穣な歴史を持ちます。〈マセラティ〉のデザインには、そうしたイタリアらしい美へのこだわりが濃厚に息づいています。しかもその美しさは一過性ではなく、50年以上経っても色褪せない。そのあたりは世界中のクラシックカーレースで走る〈マセラティ〉を見れば納得いただけるのではないでしょうか」

“グラントゥーリズモ”の室内は極上のレザーシート、イタリア製最高級スピーカー〈ソナス・ファベール〉、最新のインフォテインメントシステムなど、快適で優雅なドライブが楽しめる仕様に。官能的かつ流麗でありながら力強いデザイン、伝統のクラフトマンシップ、最新テクノロジーの融合、V6ツインターボのパワフルなエンジンと快適性といった二律背反の性格を持つ〈マセラティ〉のアイコニックなラグジュアリークーペだ。

「ミッドサイズのSUV“グレカーレ”が、日本カー・オブ・ザ・イヤー2023-2024の“10ベストカー”に選出されました。選出はブランドにとって初のことであり、とても誇りに感じています。ちなみにこの“グレカーレ”は、1000万円を切る価格から展開しており、〈マセラティ〉の新たなファンを開拓する役割を担い、早くも人気を博しています。我々のモデルを通して真のイタリアンラグジュアリーを体感していただき、人生を豊かに彩っていただけたら幸いです」

新型“グラントゥーリズモ”はパワーとラグジュアリー、伝統と革新など、相反する要素を見事に両立した1台に仕上がっている

天然レザーやウッドなど厳選されたマテリアルを惜しげもなく使用したインテリアはクラフトマンシップの賜物。後席も大人2人が乗車できる十分な室内スペースが確保されている

レース譲りのハイパフォーマンスなV6ツインターボエンジンを搭載するにふさわしく、レースカーのデザインを巧みに取り入れている。力強さだけでない、グラマラスかつ流麗なボディラインが目を奪う

グレカーレ GT
●エンジン型式:直列4気筒 eBooster + 48V BSGマイルドハイブリッド
●総排気量:1995cc
●最大出力:221kW(300ps)/5750rpm
●最大トルク:450Nm/2000rpm
●最高速度:240km/h
●トランスミッション:8速オートマチック
●全長×全幅×全高:4845×1950×1670㎜
●価格:997万円

グラントゥーリズモ モデナ
●エンジン型式:ネットゥーノV6 ツインターボ
●総排気量:2992cc
●最大出力:361kW(490ps)/6500rpm
●最大トルク:600Nm/2500-4500rpm
●最高速度:302km/h
●トランスミッション:8速オートマチック
●全長×全幅×全高:4960×1955×1410㎜
●価格:2444万円



マセラティグッズが当たる! アンケート実施中!

下記リンクにて簡単なアンケートを実施中。スペシャル特典として、答えてくれた方の中から抽選で10名にトライデントロゴ入りTシャツ(写真上)をプレゼント。さらに、先着順で特製のステッカー(写真下)がもらえる(なくなり次第終了)。この機会にマセラティの魅力をアパレル&グッズで体感してみて!
※アンケートの締め切りは2024年5月21日(火)23:59まで 

応募はこちら!

 
Information

●マセラティ 紀尾井町
TEL:03-6261-2801

●マセラティ ジャパン
TEL:0120-965-120(マセラティ コールセンター)
URL:https://www.maserati.com/jp

『Urban Safari』Vol.39 P22-23掲載

写真=正重智生 文=吉田 巌 構成=堀川博之
photo:Tomoo Syoju(BOIL) text:Iwao Yoshida(Jumanbariki) composition:Hiroyuki Horikawa
〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!
所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!

大人カジュアルの定番といえば、シンプルで上品なスニーカー。絶大な人気を誇る〈サンローラン〉のスニーカー“バンプ”の新作は、王道のクラシックなデザインに、さりげない遊び心が効いている。まさに大人の週末にぴったり。そんな注目の1足を、自らスニ…

TAGS:   Fashion
〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!
高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!

プラグインハイブリッドの“アルトゥーラ”でスーパースポーツカーの新たな世界を創造した〈マクラーレン〉。今度はコンバーチブルバージョンの“アルトゥーラ スパイダー”が誕生した。爽快感のあるオープンエアで、どんな魅力が加わったのか。その答えを…

TAGS:   Cars
ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!夏コーデが華やぐさりげないアクセント!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!
夏コーデが華やぐさりげないアクセント!

シンプルになりがちな夏姿の格上げには、小物使いがものをいう。そこで、サングラスの出番だ。〈トム フォード アイウエア〉の新作はフレームの柄がきらりと光り、コーデのアクセントに欠かせない!

TAGS:   Fashion
生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!
週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!

カラフルなTシャツもいいけれど、なんだかんだで頼りになるのは紺×白のTシャツ。そこで、今期こだわりたいのが“こなれ感”。たとえば軽く甘く編んで起毛させたスラブ素材、袖や裾、ネックまわりを味出ししたヴィンテージ仕様、そしてカレッジ調やミリタ…

TAGS:   Fashion
ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!
SPONSORED
2024.05.10

ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!
週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!

着こなすアイテムが少なくなる夏カジュアルは、ロゴ使いで差をつけたい。そんなときに頼りになるのが、遊び心あふれるユニークなロゴがアイコンの〈ムータ)。なかでも〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムは、インラインとは一線を画すアレンジが絶妙。…

TAGS:   Fashion
〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。
SPONSORED
2024.04.30

〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?
移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。

歴史あるブランドの時計ならではの魅力のひとつが、背景にある“物語”を楽しめること。〈IWC〉の新作では、そんな物語を、移り変わる空を表現したダイヤルで視覚的に楽しめる。清々しい朝から夕暮れに至り、また新しい1日へ。そんなロマンを感じるスト…

TAGS:   Urban Safari Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ