Safari Online

SEARCH

SAFARI ME TIME サファリ ミータイム

2021.06.30 PR

新型Audi A3とともに郊外の美術館へ。
建築とアートに魅せられる“静かで美しい”休日を。

初夏の爽やかな気候に誘われて、気晴らしに出かけたい気分。さて、どこへ行こう? 自粛のライフスタイルも1年間の経験を積めば、注意すべきポイントもわかってくるものです。屋外で(できれば自然の中)、大声をあげる必要のない静かな環境などの条件を考えると、郊外にある美術館がおすすめです。

今回ここでご紹介する美術館は、どれも有名建築家が手掛けたところです。特別展や常設展も楽しみですが、ピクニック気分で建築美を鑑賞するだけでも行く価値があるといえるでしょう。もちろん移動は、多数の人が乗る公共交通機関を避けて、クルマ移動がベター。そして感性を刺激する場所には、フルモデルチェンジした新型〈アウディ〉A3がぴったり。ダイナミックに洗練度を増したボディデザインには、鑑賞できる美しさが宿り、美術館に向かう気分をより盛り上げてくれそうです。この週末は車窓を流れる緑を楽しみつつ、美術館ドライブへと繰り出しませんか?

01
ホキ美術館
巧みなレイアウトと自然光で写実絵画を生き生きと。

日本初、世界的にも貴重な写実絵画専門美術館。巨匠から若手まで約60名の作家による500点を収蔵。最長80mの四角い回廊を重ねたような建物は、隣の“昭和の森”と一体化したよう。自然光を巧みに取り入れ、森の中を散策する気分で鑑賞できる。

日建設計の山梨知彦によるデザイン。日本建築大賞を受賞。

人気作家の人物画を中心としたギャラリー1。丁寧に描かれた作品は今にも動き出しそう。

大作が展示されている地下2階。

住所:千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
TEL:043-205-1500
https://www.hoki-museum.jp/
※事前予約制

02
MIHOミュージアム
ルーブルのピラミッドの建築家による桃源郷。

滋賀県信楽の山中に、緑に埋もれるように佇む。ルーブル美術館のガラスのピラミッドで知られる建築家I.M.ペイがデザインを担当。三角形を幾何学的に組み合わせた建物は、天井のガラスから光が降り注ぐ。日本から古代オリエントにわたる3000件を収蔵。

全体の8割が地中にあり、山と一体化。

古代オリエントなどの古代美術を常設展示。開館ごとに特別展も開催。

トンネルの先の橋を渡り美術館棟へ。桃源郷へ向かうイメージを具現化。

住所:滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL:0748-82-3411
https://www.miho.jp/
※事前予約制。春・夏・秋の季節開館

03
MOA美術館
新旧の素材、技術が融合した今までにない鑑賞空間。

相模灘を望む、見晴らしのいい丘の上。国宝3点、重要文化財67点を含む、日本の至宝と出合える。2017年の改修時は現代美術作家の杉本博司と建築家の榊田倫之が主宰する“新素材研究所”が手掛けた。無垢の素材や伝統工法を用い、現代的なディテールに。

ヘンリー・ムア「王と王妃」が出迎えるファサード。敷地内には茶室やパティシエ鎧塚俊彦プロデュースのスイーツ店も。

海抜240mから海が望める。

大パノラマのメインロビー。

住所:静岡県熱海市桃山町26-2
TEL:0557-84-2511
http://www.moaart.or.jp/

04
地中美術館
地中にありながら四季を感じる安藤建築。

瀬戸内の景観を損なわないようにと、建物の大半が地中にある、その名のとおりの美術館。天井からの光で、1日や四季の移ろいが作品に表情を与える。手掛けたのは安藤忠雄。クロード・モネやジェームズ・タレルなどの作品が恒久的に設置されている。

瀬戸内の直島の自然と一体に。©藤塚光政

瀬戸内の海を望む地中カフェ。©清水健夫

ウォルター・デ・マリア「タイム/タイムレス/ノー・タイム」©Michael Kellough

住所:香川県香川郡直島町3449-1
TEL:087-892-3755
https://benesse-artsite.jp/art/chichu.html

05
金沢21世紀美術館
体験型の作品も多い公園気分のガラスの美術館。

金沢市の中心部にありながら、開放感たっぷり。“まちに開かれた公園のような美術館”をコンセプトに、建物はどこからでも入りやすいよう表裏のない円形のガラス張りのデザイン。レアンドロ・エルリッヒ作“スイミング・プール”など体験型の作品にわくわく。

デザインを担当したのは数々の有名美術館を手掛ける、妹島和世と西沢立衛(SANAA)。

SANAAが手掛けた雲のようなパビリオン。中に入れる。

ガラスを多用し、自然光が館内に。

住所:石川県金沢市広坂1-2-1
TEL:076-220-2800
https://www.kanazawa21.jp/

06
長野県立美術館
新築本館で近現代美術と信州ゆかりの作品を堪能。

“ランドスケープ・ミュージアム”がコンセプト。郷土ゆかりの美術家の作品や美しい信州の自然を描いた作品を中心に、約4600点を所蔵。東山魁夷館と本館からなり、2021年春に本館が新築オープン。これを機に、国内外の近現代美術作品も展示していく。

善光寺から城山公園へ続く景色を生かした“ランドスケープ・ミュージアム”。建築は宮崎浩。

善光寺を望む屋上の“風テラス”。

メインエントランス。チケットレス展示も多い。

住所:長野県長野市箱清水1-4-4
TEL:026-232-0052
https://nagano.art.museum/

07
佐川美術館
比叡山琵琶湖を借景に3人の巨匠の作品が一堂に。

遠くに比叡山・比良山を仰ぎ、目前には琵琶湖。風光明媚な景色に恵まれつつ、3棟が水庭に浮かんだような建築美も秀逸。日本画家・平山郁夫、彫刻家・佐藤忠良、陶芸家・十五代樂吉左衞門、日本が誇る3人の巨匠の作品を一度に見られるのは貴重。茶室も必見。

四季の移ろいに溶けこんだ3棟からなる美術館。

茶室の設計創案は十五代樂吉左衞門。

千利休が理想とした樂焼を16代にわたり受け継ぐ樂家。樂吉左衞門館は作家自らが設計創案。

住所:滋賀県守山市水保町北川2891
TEL:077-585-7800
https://www.sagawa-artmuseum.or.jp/

Information

●アウディ コミュニケーションセンター
TEL:0120-598-106

『Safari me time』Vol.4 P34-35 掲載

写真=仲山宏樹 文=古関千恵子
上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作はいつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!
SPONSORED
2022.09.25

上品さがまるで違う〈オーデマ ピゲ〉の新作は
いつものアメカジに効くエレガントな日本限定ウォッチ!

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!心地よい色と素材で大人の休日を!
SPONSORED
2022.09.24

リラックスタイムに着たい〈ゼニア〉のカシミヤ!
心地よい色と素材で大人の休日を!

センスのいいカラーアイテムを取り入れて、着こなしに磨きをかけたい秋。ならば、〈ゼニア〉が得意とする“オアジ カシミヤ”に注目を。〈ゼニア〉の拠点がある北イタリアの自然公園“オアジ ゼニア”にちなみ、その豊かな自然をイメージしたナチュラルな…

TAGS:   Fashion
玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!大人の男に似合う存在感のある名作時計!
SPONSORED
2022.09.24

玉木 宏が相棒に選ぶのは 〈ルイ・ヴィトン〉の1本!
大人の男に似合う存在感のある名作時計!

2002年に誕生するや瞬く間に時計業界に一大センセーションを巻き起こした“タンブール”。20周年を迎えた〈ルイ・ヴィトン〉のウォッチコレクションのシンボルともいえる名作を、俳優・玉木 宏が身にまとった。挑戦し続ける精悍な男の腕には、今なお…

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!定番の着こなしが見違える格上アウター!
SPONSORED
2022.09.24

大人の週末にぴったりな〈ヘルノ〉の1着!
定番の着こなしが見違える格上アウター!

秋冬のお洒落を左右するのは、なんといってもアウターの存在感。シンプルなデニムとTシャツの着こなしでも、アウターひとつで格上に見せることができる。そこで注目したいのが、イタリアらしい洒落心と機能性が融合した〈ヘルノ〉の新作アウター。バリエー…

TAGS:   Fashion
身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!
SPONSORED
2022.09.24

身にまとうとハッピーな気分になれる〈ディーゼル〉の新作!
遊び心ありのデニムで普段をもっと楽しく!

身近な存在のデニムだからこそ、ちょとした遊び心ひとつで印象が変わるもの。そこで注目したいのが、魅力的なアイテムが揃う〈ディーゼル〉の新作。得意とするデニムアイテムに、やりすぎにならない程度の絶妙なヒネリを効かせて個性的にアレンジ。いつもの…

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー
SPONSORED
2022.09.24

〈フォッペ〉はリッチな見た目で装着感もいい!
ラウンド中も手放せないフレキシブルなジュエリー

ラウンド中のスタイルは、どうしたってスポーティにりがち。でも、もう少し大人の色気や貫禄のあるゴルフコーデを楽しみたいって人も多いはず。そんな人なら、1929年から続くイタリアの老舗ジュエラー〈フォッぺ〉に注目。最新技術と熟練した職人技が生…

TAGS:   Fashion
エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!
SPONSORED
2022.09.24

エンジョイするときも本気のときも〈ラルフ ローレン〉で!
秋のアメカジゴルファーはアスレジャー風でいく!

夏ゴルフと違って、コンディションのいい秋のゴルフは落ち着いた見た目でスマートにこなしたい。加えて、アクティブな印象と実際の動きやすさも欲しいところ。となると、ちょうどいいのが"アスレジャー"風のスタイル。カラーで大人っぽさを、スポーティな…

TAGS:   Fashion
ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!
SPONSORED
2022.09.24

ふたつの顔を持つ〈テーラーメイドアパレル〉!
週末ゴルフは気分で着替えてお洒落にプレイ!

あなたのゴルフの楽しみ方は、仲間とわいわい楽しむエンジョイ型? それともスコアを追求するアスリート型? でも、意外にその日の気分やメンツで変わる“どっちも”型が多いんじゃない!? だったら、それに合わせてウエアだって着替えるのが正解。〈テ…

TAGS:   Fashion
センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!
SPONSORED
2022.09.24

センスの違いを見せつけるなら〈アー・ペー・セー ゴルフ〉!
ひと味違う大人が選ぶのはゴルフの枠を超えたウエア!

ゴルフウエアってなんだか派手すぎ!? 日頃からそう感じている人も多いかも。そんな中、高品質でベーシックなアイテム作りに定評のある〈アー・ペー・セー〉が、ついにゴルフウエアを発表。ターフ上に馴染むうえに、街使いもしやすそうなアイテムが豊富だ…

TAGS:   Fashion
過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!
SPONSORED
2022.09.24

過去と未来を融合した〈マンシングウェア〉!
伝統と歴史を感じさせる進化したゴルフウエア!

派手なコーデ提案が多いゴルフファッション。でもこの秋、〈マンシングウェア〉が一石を投じるかも!? 今シーズンは“トーン・オン・トーン”をベースに、クラシカルなデザインと快適機能素材を上手に融合させたアイテムが豊富。ほのかにレトロでいい雰囲…

TAGS:   Fashion
今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?
SPONSORED
2022.09.24

今シーズンの〈パーリーゲイツ〉は意外な色使いが新鮮!
ゴルフの明るい未来を切り拓くのはもしかして“黒”!?

これまでチャレンジングなデザインや柄で、ゴルフファッションの未知なるトレンドを切り拓いてきた〈パーリーゲイツ〉。そんなこのブランドが、今シーズン提案するのはなんと意外にも“黒”! ひょっとしてコレ、華やかさ全盛の近頃のゴルフファッションに…

TAGS:   Fashion
〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!
SPONSORED
2022.09.24

〈ピン アパレル〉のネイティブラインに注目!
アクティブなゴルファーならアメリカンなスタイルで!

アリゾナ生まれの〈ピン アパレル〉。その“ネイティブライン”のテーマは、“色で遊ぶ”。星条旗やネイティブ柄などアメリカンモチーフをゴルフウエアに投入して、アクティブでポップなスタイルを提案。アメカジ好きにササるデザインは、今シーズン注目を…

TAGS:   Fashion
〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!
SPONSORED
2022.09.24

〈Gステージ〉ならゴルフにもドライブにもうってつけ!
楽ちんなのに上品なニットのセットアップ!

ゴルフ場のクラブハウスはドレスコードが厳しめ。行き帰りはジャケット姿が望ましいが、堅苦しい1着だと運転で疲れる。そこで頼りになるのが、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”。重力を感じさせないニット素材のセットアップなら楽ちんで上品。アクティブ派に…

TAGS:   Fashion
ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!大人のフリースはちょっと差がつく1着で!
SPONSORED
2022.09.24

ここぞのアウターは〈タトラス〉で選べば間違いなし!
大人のフリースはちょっと差がつく1着で!

たとえ何着持っていても、シーズンごとについ買い足してしまうのがフリース。ところが、ワードローブを見返してみると、無地の定番色ばかりで新鮮さを感じられない。ならば、今期は〈タトラス〉が狙いめ。差のつく色柄や素材、ディテールを備えた1着を選べ…

TAGS:   Fashion
〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!
SPONSORED
2022.09.24

〈エドウイン〉の新作“503”で休日をアップデイト!
大人の週末デニムはシーンで穿き分ける!

生地感や味わいが好みのデニムに出会ったら、いつでもどこでも穿きたくなのがデニム好きの性分。ただ、いい年の大人がそれをやるのはいただけない。そこで頼りになるのが、映える場面が異なる3つのシルエットが揃った〈エドウイン〉の“503”。これを穿…

TAGS:   Fashion Denim
快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。
SPONSORED
2022.09.21

快適アウターをモダンに魅せる〈アルファタウリ〉。
見映えする“機能服”なら 街歩きも気分がいい。

今期のアウターはどんなものがいいのか? 見た目のよさはもちろんだが、やはり快適で機能的というキーワードは大事にしたい。〈アルファタウリ〉はファッションとテクノロジーの融合を掲げ、あのレッドブル社が設立したブランド。いずれのアウターも快適で…

TAGS:   Urban Safari Fashion
モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。ビジネス映えする王道デニムを知る。
SPONSORED
2022.09.21

モダンに最適化された〈エドウイン〉“503”。
ビジネス映えする王道デニムを知る。

生活スタイルの変化に寄り添い、その時代に合ったベーシックデニムであり続けてきた〈エドウイン〉の“503”。なかでも注目したいのは、現代的な着こなしや体型を分析し、より洗練されたストレートに生まれ変わったレギュラーフィット。変にカジュアル見…

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!
SPONSORED
2022.09.08

【試乗】〈MINI〉JCW×スポーツトレーナー中野崇:スリルを求める人にぴったりなクルマがある!

日々競争社会で頑張っている人こそ息抜きが大事。となると、週末はのんびりと過ごす!? いやいや。実は、本当に求めているのは“心の解放”のはず。“なにもしない”もいいけれど、爽快でスリリングな体験を味わってこそ「英気を養える」ってこともある。…

映画『ブレット・トレイン』とパートナーシップを実現!知的でタフな大人の決め手は〈ポリス〉の黒縁メガネ!
SPONSORED
2022.09.05

映画『ブレット・トレイン』とパートナーシップを実現!
知的でタフな大人の決め手は〈ポリス〉の黒縁メガネ!

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ