Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2023.01.12


デートに最適! ニンニク控えめ、カラダの中から美しくなる新感覚の韓国料理!

寒さが厳しい季節、彼女とディナーするなら、東京・下北沢に登場した大人の隠れ家で、ゆっくりと新感覚の韓国料理を楽しむのはいかが? フレンチのフルコースを味わうように、ひと皿ずつ供され、ワインとの相性を探る楽しみもある。

東京・下北沢駅からすぐという下北沢南口商店街に、2022年11月にオープンしたのが、〈コリアン ダイニング ハンシェフ(韓国料理 KOREAN DINING HAN-CHEF)下北沢店〉。気軽に取り分けて楽しむカジュアルなイメージのある韓国料理だが、この店では伝統の味をモダンにアレンジしたメニューを少量ずつ、コースで味わう。さらに、ワインと一緒にゆっくりと味わう提案もされている。

コースは3種(5500円、7150円、8800円)。今回は、いずれのコースにも含まれる定番の3品を、それぞれにマッチするお酒の提案とともに紹介しよう。

デートに最適! ニンニク控えめ、カラダの中から美しくなる新感覚の韓国料理!コースより、“厳選食材のジョン”

ズッキーニや肉詰めの椎茸にとき卵と薄い衣をつけて揚げ焼きに。オリジナルの甘辛いたれ、あるいは、天然塩をつけて食べる。サクサクっとした揚げ衣の食感と野菜の旨味を同時に感じ、シンプルながら、ビールが進むスターター。

合わせるのは、韓国発のプレミアムビール、“サランヘ ホワイトエール”(1000円/ボトル)。ドイツで造られたヴァイツェンで、フルーティで甘い香り、クリーミーな泡が特徴。口当たりはなめらかで、後味はスッキリ。サクッとした衣にも野菜にも合う。そして、ハートとキューピッドのラベルも可愛らしく、デートの1杯めにぴったり。

デートに最適! ニンニク控えめ、カラダの中から美しくなる新感覚の韓国料理!コースより、“シェフ特選ポッサム&生キムチ”

伝統的な料理を同店ならではのモダンな味わいに進化させたひと品が、“シェフ特選ポッサム&生キムチ”。じっくり蒸しあげた豚肉を、シェフ特製の生キムチとともにえごまの葉やサンチュで包んで味わう。秋冬の季節限定で、生牡蠣を使った自家製のキムチが添えられている。訪れた日は、岩手県産の大ぶりの牡蠣が使われていた。濃厚な牡蠣の旨味とそれを引き立てる甘口のキムチの絶妙なコンビネーション!

提案してくれた白ワインは、カリフォルニアの名門ワイナリー〈E.&J.ガロ ワイナリー〉が手がける“ダークホース シャルドネ”(900円/グラス)。まずは牡蠣のキムチだけ、キムチと豚肉を合わせて、さらには葉で巻いてという順で食べ進め、ワインとの相性を探るのも楽しい。

デートに最適! ニンニク控えめ、カラダの中から美しくなる新感覚の韓国料理!コースより、“HAN-CHEFオリジナルビビンバ”

さらに、従来のビビンバのイメージを覆し、映え要素も満点なのが“HAN-CHEFオリジナルビビンバ”だ。野菜のナムル、肉や卵といった具材をミルフィーユ状に高く重ねたビビンバ。

こちらには、白ワインと同じブランドの“ダークホース ビッグ レッド ブレンド”(900円/グラス)を。世界各国の濃厚な赤ワイン品種を複数ブレンドし、これまでの赤ワインのイメージを覆す1本。凝縮感と豊かなコク、ほんのりスパイシーな味わいは、様々な味や香りの要素を含んだビビンバと好相性。

赤い自家製ビビンバソースと緑のえごまのソースが添えられ、全体を混ぜて味わうのが基本だが、ワインと一緒に味わうなら、少し崩して具材とソースを絡めて味わうのもいい。

コースを通して伝統の味を守りながらも、ニンニクの使用はかなり控えているという。さらに、それぞれのメニューに野菜が盛り込まれ、しっかり食べても重すぎることがない。最後は美容茶で締めるなどヘルシー要素も多いから、彼女もきっと気に入ってくれるはず!

デートに最適! ニンニク控えめ、カラダの中から美しくなる新感覚の韓国料理!賑やかな下北沢駅前の商店街の一角にあるとは思えない大人な雰囲気

ワインは季節によってラインナップが異なるというから、食材や料理に合わせ、相談しながら決めるのが得策。

カラダの中から美しくなる新感覚の韓国料理、16席のみの隠れ家は予約必須。彼女とのデートが決まったら、早めに予約を!

Information

●コリアン ダイニング ハンシェフ(韓国料理 KOREAN DINING HAN-CHEF)下北沢店
住所:東京都世田谷区北沢2-14-2 第2東洋興業ビル3F
営業時間:17:00~23:00(料理21:00LO)
無休
TEL:03-4363-6267
URL:https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13277959/
※サービス料なし

はまだふくこの発見! 料理とお酒のベストマッチング!の記事をもっと読みたい人はコチラ!

取材&文=はまだふくこ text : Fukuko Hamada
ライフスタイルジャーナリスト
美酒と美食はもちろん、ホテル、ビューティー、インテリアなどライフスタイル全般を得意とする。現在はラグジュアリーメディア、ビジネス誌、ホテル専門誌など幅広い媒体に寄稿。美味しいもの探求家でもあり、日々のシャンパーニュは欠かせない。

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ