Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2019.07.08

“ダメージデニム”は顔が命!
白T姿が見違える1本はどれがいい?

夏はデニムにTシャツなんて装いがハマる季節。ただ、シンプルなスタイリングゆえに、どうしてもまわりと差をつけにくいっていうのが難点。「人と違うモノを!」と気負って、プリントTシャツや足元、小物使いで個性を出すのも手なんだけど、あまりに派手だと大人らしくないし、かえってチグハグになってしまう恐れもある。な〜んて、ちょっとネガティブな要素を並べてみたけど、実は解決策はカンタンだったりする。たとえば、いっそのことデニムそのもので個性を出してみるのはどうだろう。

9500円(ジェームス パース/ジェームス パース 二子玉川店)

デニムで個性出しといえば、そう、ダメージデニム。男らしい雰囲気を存分に出せるうえ、ダメージの量や具合、種類によってワイルド感のさじ加減も調整可能。それこそシンプルな白Tに合わせるだけで、十分な存在感を発揮してくれる! ただ、ひとつ注意すべきは、大人にふさわしい雰囲気を醸せるブランドを選んでほしいということ。やんちゃな若造とは一線を画すデニム、この5ブランドなら間違いなし。

NEXT リアルなヒゲと縦落ちを加工で見事に表現!

2/6PAGE

 

01

[リプレイ]
REPLAY

4万8000円(リプレイ/ファッションボックスジャパン)

バンダナでリペアしているのも特徴的!

リアルなヒゲと縦落ちを加工で見事に表現した、マエストロシリーズの1本。膝のブロークン具合は激しいと思われがちだけど、バンダナできっちりリペアしてあるから、やりすぎ感はなく洒落た演出に。腰まわりはゆとりがあって、裾にかけてしっかりテイパードさせたシルエット。だから、ダメデニにありがちなルーズな印象はいっさいなし。

NEXT ジェイソン・デンハムのシグニチャーコレクション!

3/6PAGE

 

02

[デンハム]
DENHAM

5万3000円(デンハム/デンハム・ジャパン)

スラックスのような穿き心地を実現

ブランド10周年を迎えた2018年、新たにスタートさせたのがジェイソン・デンハムのシグニチャーコレクション。そのひとつがコチラ。ゆるやかにテイパードさせたシルエットにスラントポケットを組み合わせ、スラックスのような穿き心地を実現した“オオサカ”。膝の大き目のリペアでアクセントをつけつつ、全体は見事なまでのグラデーションな色落ちで、他にはない味を醸す1本。

NEXT 広い面積を強烈な加工によって色落ち!

4/6PAGE

 

03

[ピーエムディーエス]
P.M.D.S.

3万3000円(P.M.D.S./WAKO&CO)

男らしさがありつつすっきりシルエット

レングスの8割ほどを強烈な加工によって色落ちさせた、ユニークデザイン。腿まわりはゆとりがあり膝下あたりからグッとテイパードさせたシルエット。これなら美脚効果も狙える。また、リペアによるワイルドな加工は、タフで男らしい雰囲気を存分に演出できる。

NEXT 味たっぷりな表情が魅力の1本!

5/6PAGE

 

04

[エージー]
AG

4万8000円(エージー/エージー ジャパン)

リアルヴィンテージと見紛うほどの加工!

骨太ストレートの“アイヴィス”に、〈エージー〉のリペア技術をこれでもかとふんだんに盛りこんだ、味が魅力の1本。ヒゲのつき方やサイドシームのアタリの具合など、リアルヴィンテージと見紛うほどに超リアル! シンプルな無地の白Tと合わせれば、往年の名俳優のようなたくましく渋〜い雰囲気を醸し出せる!

NEXT ダメージでも街中で馴染む品のよさがある!

6/6PAGE

05 

[ディーゼル]
DIESEL

4万9000円(ディーゼル/ディーゼル ジャパン)

個性的な細かな引っ掻き穴が特徴!

〈ディーゼル〉のスリムフィットモデル “トマー”は、これまで大胆なクラッシュダメージものが多かった。しかし今回の新作は細かな引っ掻き穴でワイルドさを表現。淡青トーンとスリムなシルエットとがあいまって、イマドキのストリートな印象たっぷりなのに、不思議とだらしがない印象になっていないのがお見事。ちなみに、ボリューミーなスニーカーと合わせると、今っぽいスタイルが簡単に作れる!

Information

●エージー ジャパン
TEL:03-5946-8990

●ジェームス パース 二子玉川店
TEL:03-3700-1590

●ディーゼル ジャパン
TEL:0120-55-1978

●デンハム・ジャパン
TEL:03-3496-1086

●ファッションボックスジャパン
TEL:03-6452-6382

●WAKO&CO
TEL:06-6263-8188

写真=仲山宏樹 スタイリング=田川 匠 ヘア&メイク=松本恵 文=八木悠太
photo : Hiroki Nakayama(BOIL) styling : Takumi Tagawa(remix) hair&make-up : Megumi Matsumoto(es*QUISSE) text :Yuta Yagi
※価格は例外を除きすべて税抜き価格です

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

『Safari』『Urban Safari』×〈ジープ〉写真家・田中丸善治さんが試乗した“コンパス”と“グランドチェロキー”の特別動画を公開!
SPONSORED
2019.10.18 NEW

『Safari』『Urban Safari』×〈ジープ〉
写真家・田中丸善治さんが試乗した“コンパス”と“グランドチェロキー”の特別動画を公開!

以前『Safari』本誌で〈ジープ〉“コンパス”と、『Urban Safari』で“グランドチェロキー”を紹介させてもらった。今回は、その2台に本誌でも活躍するフォトグラファー、田中丸善治さんに試乗してもらい、語ってもらった。性格の違う2…

TAGS:   Cars
〈リアップエナジー〉は海好き男の強い味方!アフターサーフは頭皮ケアにも手を抜かない!
SPONSORED
2019.09.30

〈リアップエナジー〉は海好き男の強い味方!
アフターサーフは頭皮ケアにも手を抜かない!

アクティブな週末を過ごしている人って、なんだか若々しく見えません!? とりわけ波乗りがライフスタイルの一部になっている海好き男は、1年中日焼けしているせいか精悍さもひとしお。でも、実はその日焼けや海水が頭皮にダメージを与えているのはご存知…

〈Gステージ〉で秋のカジュアルは見違える!使えるスリーピースがあれば週末スタイルはカンペキ!
SPONSORED
2019.09.30

〈Gステージ〉で秋のカジュアルは見違える!
使えるスリーピースがあれば週末スタイルはカンペキ!

サーフィン、ジム、ショッピング、デート……、大人の週末はなにかと忙しい。それに合わせて着こなしも考えなきゃいけないから大変だ。そんな悩みを解消してくれるのが、〈Gステージ〉のセットアップ。ジャケット、ブルゾン、パンツが同素材で揃うから、着…

TAGS:   Fashion
都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion
ひと味違う海スタイルは〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉で!さりげなお目立ちアイテムで海上がりにも差をつける!
SPONSORED
2019.09.26

ひと味違う海スタイルは〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉で!
さりげなお目立ちアイテムで海上がりにも差をつける!

自分がかっこいいと思えるスタイルを追い求めながら波に乗ることは、サーフィンの醍醐味のひとつ。海上がりのファッションだって、それは同じ。ひと味違うスタイルで、まわりとさりげなく差をつけたい。〈ムータ〉と〈ロイヤル フラッシュ〉がコラボしたス…

TAGS:   Fashion
ひと味違う着こなしが狙える〈ディーゼル〉の新作!都会派のミリタリーなら黒デニムも“ワザあり”で!
SPONSORED
2019.09.25

ひと味違う着こなしが狙える〈ディーゼル〉の新作!
都会派のミリタリーなら黒デニムも“ワザあり”で!

男らしいコーデを楽しむのに一番確実な方法は、ミリタリーの要素を取り入れること。そのとき、タフな印象を格上げすべくデニムを合わせる、なんてのも常套手段。それも黒デニムなら、ミリタリー要素の野暮ったさのみを打ち消し、すっきりしたコーデに。特に…

TAGS:   Fashion Denim
〈ボス〉の1着は機能的なのにラグジュアリーさりげない大人の色気は“艶あり”のダウンで狙う!
SPONSORED
2019.09.25

〈ボス〉の1着は機能的なのにラグジュアリー
さりげない大人の色気は“艶あり”のダウンで狙う!

最近のダウンJKは、選択肢が多彩。だからといって、クセのある柄やデザインを選ぶと、大人の品格に欠けるってことも。であれば、色はいさぎよくシンプルな無地にし、質感で勝負してみるのはどう!? 〈ボス〉の“艶あり”ダウンJKなら、さりげなく男の…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉のエキシビションが開催!“時計以上”の価値を求めたブランドの神髄を探る!
SPONSORED
2019.09.25

〈オーデマ ピゲ〉のエキシビションが開催!
“時計以上”の価値を求めたブランドの神髄を探る!

〈オーデマ ピゲ〉といえば誰もが知っている高級時計の代名詞。とはいえ、そんな〈オーデマ ピゲ〉の存在は知っていても、その“本当の価値”を知っている人は案外少ないのでは? 10月19日から11月4日の間、六本木は東京ミッドタウンにて〈オーデ…

TAGS:   Watches
あえての脱・定番狙いは〈タトラス〉の1着で!2着めのダウンなら渋色の柄モノを選ぶ!
SPONSORED
2019.09.25

あえての脱・定番狙いは〈タトラス〉の1着で!
2着めのダウンなら渋色の柄モノを選ぶ!

街でも海でも頼りになるのがダウンジャケット。着まわしの効く定番色はすでに持っている人も多いと思うけれど、大人の洒落感で差をつけたいなら、渋いトーンの柄モノを選ぶのも手。良質かつスタイリッシュなダウンで人気の〈タトラス〉なら、2着めにぴった…

TAGS:   Fashion
着こなしのアップデイトは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!お洒落上手な大人ならデニム選びで差をつける!
SPONSORED
2019.09.25

着こなしのアップデイトは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
お洒落上手な大人ならデニム選びで差をつける!

デニム遍歴の長い大人ともなれば、その好みは大抵決まっているもの。でも、同じようなものばかり穿いているせいで、ワンパターンな男に見られているかも!? そうならないためにも、〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉の個性派デニムで、いつものスタイ…

TAGS:   Fashion Denim
寒いシーズンにも着たいのは〈ラコステ〉のあの1枚!定番のポロシャツも秋冬なら“長袖”が正解!
SPONSORED
2019.09.25

寒いシーズンにも着たいのは〈ラコステ〉のあの1枚!
定番のポロシャツも秋冬なら“長袖”が正解!

夏場には、不動の定番として活躍したフランスのプレミアム カジュアルブランド〈ラコステ〉のポロシャツ。秋を迎えたら、それを長袖に選手交代してみては!? ちょっとした外出もラフになりすぎずに品格が出るし、旅先では旅慣れた大人にふさわしいさりげ…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 05“ゴルフ・デスク”を使って憧れのコースで優雅にプレイ!
SPONSORED
2019.09.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 05
“ゴルフ・デスク”を使って憧れのコースで優雅にプレイ!

ゴルフというスポーツは、ビジネスパートナーとの仕事を超えた関係作りに役立つことも多い。単なる仕事上の付き合いから、本当に信頼できるパートナーとして、その関係性を深められるようコースの手配をすることもあるだろう。そんなときに頼りになるのが、…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ