Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2018.11.08

FOCUS ON 今月注目したいモノ・コト
シューズとソックスが合体!? まわりを出し抜く厚底スニーカー

スニーカーブームの中で青春時代を過ごした『Safari』世代。すでにかなりの数を持ってる、なんていう人も多いかと。でも、靴とソックスが合体したようなデザインのこの1足なら、今までにない興奮をもたらしてくれるはず!?

[ブランドブラック]
BRANDBLACK


スニーカーを履かざれば、人にあらず!? 街を歩けば、男性も女性も足元はスニーカー。若かりし頃を’80~’90年代のスニーカーブームの中で過ごした読者のみなさんは、懐かしさを覚えているかも。近年のブームで、新たな気持ちで、1足、2足……とコレクションを増やした人も多いだろう。しかしながら、ブームが成熟してきた今、ちょっとマンネリを感じていませんか!?

スニーカーは好きだけど、目の覚めるような新アイテムはパッと見当たらないし、膨大な数のアイテムを漁る時間はないし……。

そこで、〈ビーセカンド〉が注目する〈ブランドブラック〉のスニーカー。コチラは2013年にLAで誕生し、スポーツとファッション性を融合したデザインで知られるブランド。この新作が、今までになく独創的でユニークなのだ。まずは、履き口をよく見てほしい。靴下を合わせている!?

そう見えるけど、実は違うんです。これは、スニーカーとソックスが一体化したような斬新なデザイン。シュータンから履き口にかけて、足首をぐるっと包む形でリブ編みを付けた構造となっているのだ。これなら、履くだけで、いつもベストバランスの靴下を合わせたようなコーデに。足元に自然なボリューム感と温かみが生まれて、冬スタイルのアクセントにぴったりってわけ。

もうひとつ注目したいのが、異素材を組み合わせたレトロフューチャーなデザイン。レザー、起毛皮革、メッシュ、ファブリックをモダンなセンスで配し、どこか懐かしい近未来感を演出。オリジナリティあふれる1足に仕上げている。さらには、どっしり存在感のある肉厚ソール、あざやかなネオンカラーなど、再燃中の’90年代テイストを効かせ、うまく今どき顔にまとめているのもポイント。物欲を呼び覚ますスニーカーを、是非この冬のワードローブに加えてみて!

ソールは耐久性や防滑性に優れたビブラム社、シューレースはアウトドアテイストのトラ紐で、アクティブな魅力をプラス。右は蛍光イエローやオレンジを配してポップな印象で、左は異素材の黒ベースのシックな1足。どちらもビビッドな色を効かせた厚底がポイント。各2万8000円(以上ブランドブラック/ビーセカンド 神南店)

Information

●ビーセカンド 神南店
TEL:03-3770-2921

雑誌Safari12月号 P313掲載

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25 NEW

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25 NEW

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25 NEW

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25 NEW

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25 NEW

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25 NEW

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion
脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!
PR
2019.03.25 NEW

脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!

いつまでもカジュアルな男でいたいからこそ、覚えておきたいのがマンネリ打破のテクニック。なかでも効果テキメンなのが、1点プラスするだけで品格アップを狙える〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉のチェック柄アイテムだ。見た目が新鮮なだけでなく…

TAGS:   Fashion
色オトコの頼れる毎日の相棒は〈フィリップス〉!爽やかな男の肌を演出する肌に優しい深剃りシェーバー
PR
2019.03.25 NEW

色オトコの頼れる毎日の相棒は〈フィリップス〉!
爽やかな男の肌を演出する肌に優しい深剃りシェーバー

ヒゲ剃りは毎朝の日課だけど、デート当日の朝ともなれば、いつも以上に気合が入るもの。剃り残しなしの深剃りで清潔感を印象づけるのが理想とはいえ、やりすぎて肌を傷めてしまっては元も子もない。そこで〈フィリップス〉の新型シェーバーの出番。あらゆる…

TAGS:   Health&Beauty
〈リカルド・ビバリーヒルズ〉で充実したバカンスを!大人だったら旅に合わせてラゲッジも使い分ける!
PR
2019.03.25 NEW

〈リカルド・ビバリーヒルズ〉で充実したバカンスを!
大人だったら旅に合わせてラゲッジも使い分ける!

大人になると旅のスタイルも幅広くなってくる。ちょっと贅沢なバカンス旅へも行くし、アクティブなサーフトリップにだって出かけたい。そんな旅の目的に合ったラゲッジを持つのが、大人の旅には必要不可欠。そこで注目したいのが、1978年にビバリーヒル…

TAGS:   Fashion Lifestyle

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ