Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2020.06.20

白熱するプレイと魂のぶつかり合い!
熱狂スポーツ映画5選!

プロ野球が開幕して、JリーグもJ1が7月4日(土)に再開する。いよいよ、2020年のスポーツシーンが盛り上がるところだが、さらに気持ちを高めるために傑作スポーツ映画を観るのはいかが!? いずれも激しいプレイシーンが展開するうえに、ドラマ部分も感動必至。「やっぱり、スポーツって最高!」と再認識するはず!



『インビクタス』
製作年/2009年 製作・監督/クリント・イーストウッド 出演/モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ

弱体チームの快進撃に胸が高鳴る!
【種目/ラグビー】

1994年、南アフリカ初の黒人大統領となったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差をなくし、国をひとつにまとめようと尽力する。そんな中、南アフリカでラグビーのワールドカップが開催されることに。白人が愛好するスポーツとして知られ、黒人からはアパルトヘイトの象徴として忌み嫌われていたラグビーだったが、マンデラは自国チームの勝利に国の希望、愛と平和の願いを託すことに…。

マンデラ大統領就任当時の実話を、名匠クリント・イーストウッドが映画化。アパルトヘイトへの批判から国際試合を追放され、弱体化していた南アフリカ代表チームが、予想外の快進撃を見せるワールドカップの展開には実話ならではの高揚感が。スポーツにおける“折れない心”と国を治める者の“曲げない信念”がリンクしているのもいい。
 

 


『ベッカムに恋して』
製作年/2002年 製作・監督/グリンダ・チャーダ 出演/パーミンダ・ナーグラ、キーラ・ナイトレイ、ジョナサン・リース=マイヤーズ

華麗なプレイと青春のキラメキを凝縮!
【種目/サッカー】

ロンドン郊外のインド人家庭に生まれたジェス(パーミンダ・ナーグラ)は、サッカーとデビッド・ベッカムを愛する18歳。しかし、保守的な両親は、彼女の情熱を理解しようとしない。やがて才能を見込まれ、サッカーのクラブチームに誘われたジェスは、家族に黙ってサッカーを続けるが…。誰よりも理解してほしい相手からの理解を得られない中で、夢に向かって進もうとするティーンエイジャーの奮闘が展開。

自身もイギリスで育ったインド系女性監督グリンダ・チャーダが、ままならない状況にもめげないサッカー少女にエールを送る。きらめきの詰まった青春の物語であると同時に、クライマックスの試合シーンをはじめ、随所にスポーツ映画の熱さが滲む爽快な1作。ジェスと友情を築くチームメイト役で、ブレイク前のキーラ・ナイトレイも出演。

ちなみに本作の監督グリンダ・チャーダの最新作は7月3日(金)公開の『カセットテープ・ダイアリーズ』。こちらも傑作との呼び声が高いので、是非ご注目を。
 

 


『クリード チャンプを継ぐ男』
製作年/2015年 製作・出演/シルベスター・スタローン 監督/ライアン・クーグラー 出演/マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン

激しくエモーショナルなボクシングシーンに胸熱!
【種目/ボクシング】

ロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)のライバルにしてボクシング世界ヘビー級の元王者、アポロ・クリードを父に持つアドニス(マイケル・B・ジョーダン)。亡き父のようにリングで戦うことを望むアドニスは、フィラデルフィアで静かに暮らすロッキーのもとを訪れ、思いをぶつけるが…。

シルベスター・スタローンの代表作『ロッキー』から生まれた、新世代ボクサーの物語。ボクサーを夢見る若者が鍛錬の日々を重ね、運命の試合に臨むシンプルな展開に、どうしようもなくワクワクさせられる。ボクシングのシーンは『ロッキー』の本シリーズ同様に激しく、凄まじく、エモーショナルで、何度見ても胸の奥が熱くなるもの。

愛人の息子として生まれたアドニスが、自らの存在意義と向き合うまでの物語になっているのも涙を誘う。続編の『クリード 炎の宿敵』も製作された。
 

 


『コーチ・カーター』
製作年/2005年 製総・監督/トーマス・カーター 出演/サミュエル・L・ジャクソン、リック・ゴンザレス、ロバート・リチャード

落ちこぼれチームを変貌させる熱血指導にグッとくる!
【種目/バスケットボール】

カリフォルニア州・リッチモンド高校のバスケットボール部に、高校のOBであるケン・カーター(サミュエル・L・ジャクソン)がコーチとして赴任。大学へ進学する者はほんの少数で、卒業生の約半分が逮捕されてしまう母校の現状を案ずるカーターは、部員たちと契約を交わす。学業を疎かにせず既定の成績を残すこと、試合の日は正装すること…。部員や親たちの反発を受ける中、カーターは決して意思を曲げず、過酷な練習で部員たちを導いていくが…。

実在の名コーチによる感動の実話を映画化。目先の勝利にのみ向かって突き進む展開ではなく、バスケットボール部での日々を通し、“自分の人生を生きること”の大切さを教えてくれる。フィクションを超えた高揚感、そして苦みが実話ならでは。
 

 


『プライド 栄光への絆』
製作年/2004年 原作/H・G・ビッシンジャー 監督・脚本/ピーター・バーグ 出演/ビリー・ボブ・ソーントン、ルーカス・ブラック、ギャレット・ヘドラント

町が一丸となって盛り上がる高校アメフトに熱狂!
【種目/アメリカンフットボール】

名門アメリカンフットボール部に所属する高校生の厳しい現実を軸に、彼らを取り巻く大人たちや町の熱狂にも目を向けたスポーツ群像劇。その熱狂にさらされ続けるコーチ(ビリー・ボブ・ソーントン)の下、試合中に怪我を負った花形選手、家庭に問題を抱えながらアメフトを続けるクォーターバック、元名プレイヤーの父からプレッシャーを受け続ける二世選手らの物語が綴られていく。

ノンフィクション小説を原作にしているだけに、描かれるのは明るい希望と楽観的な奮闘だけではなく、解決できない過酷さも。後に『バトルシップ』などを手掛け、アクション映画監督としての評価を築くピーター・バークらしいリアリティと胸躍るダイナミックさ、激しさが、アメフトシーンに表れている。原作者の従兄弟でもあるバーグ監督は、後に同原作を基にした連続ドラマも手掛けた。

文=渡邉ひかる text:Hikaru Watanabe
photo by AFLO

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

夏の海の主役はやっぱり 西海岸ノリのTシャツ!
SPONSORED
2020.06.25

夏の海の主役はやっぱり 西海岸ノリのTシャツ!

お気に入りのTシャツを着るだけで、波乗りのテンションも上がるのがサーファーというもの。そんな1枚を探しているなら、ハンティントンビーチ発の〈トラヴィスマシュー〉に注目してみては?南カリフォルニアの空気をたっぷり含んだ、ビーチ映え間違いなし…

気持ちいいけど効果テキメン!男前への近道は〈ヤーマン〉メディリフト アイで!
SPONSORED
2020.06.25

気持ちいいけど効果テキメン!
男前への近道は〈ヤーマン〉メディリフト アイで!

男性も化粧水などのスキンケアをしているという人は増えた。だが、加齢や今の時代のストレス環境を考えると、もはやスキンケアだけでは十分とはいえないのかも。もう一歩進んだケアをはじめることで、10年後の印象はガラリと変わるはず。そこでおすすめす…

TAGS:   Health&Beauty
〈ラルフ ローレン〉なら、週末スタイルも別格の存在感!夏がもっと楽しくなる大人の柄ショーツ使い!
SPONSORED
2020.06.25

〈ラルフ ローレン〉なら、週末スタイルも別格の存在感!
夏がもっと楽しくなる大人の柄ショーツ使い!

夏になると開放的な気分になるからか、柄モノを着たくなる。でも、なんでもいいと思ったら大間違い。いい年の大人なら、品があるものを選びたい。で、そんな大人たちにおすすめなのが、〈ラルフ ローレン〉の柄ショーツ。トロピカル柄から、大人気のハワイ…

TAGS:   Fashion Lifestyle
〈LGエレクトロニクス〉の大画面テレビはなぜセンスがいいと言われるのか?
SPONSORED
2020.06.26

〈LGエレクトロニクス〉の大画面テレビは
なぜセンスがいいと言われるのか?

映像鑑賞や楽しい“家デート”の演出を考えると、テレビは大画画かつ高画質がマスト。とはいえ、みなさんは「テレビなんてどれを選んでもほぼ一緒」な~んて思っていないだろうか? そんな中で、「ほかとはひと味違う」と評判なのが〈LGエレクトロニクス…

TAGS:   Lifestyle
〈テーラーメイド ゴルフ〉で暑い季節もクールにラウンド!夏ゴルフに必要なのはセンスのよさと快適さ!
SPONSORED
2020.06.25

〈テーラーメイド ゴルフ〉で暑い季節もクールにラウンド!
夏ゴルフに必要なのはセンスのよさと快適さ!

夏のラウンドはとにかく暑い。でもその暑さにかまけて、ラウンド中の着こなしをおろそかにしてしまうのは大人ゴルファーとして失格!?そうならないためにも、この夏こそ〈テーラーメイド ゴルフ〉のウエアで!強い日差しにも負けない機能性素材を採用した…

TAGS:   Fashion Lifestyle
個性的な手元を演出する〈オロビアンコ〉の新作時計!ひと味違う知的な男は〝オクタゴン〞ケースを選ぶ!
SPONSORED
2020.06.25

個性的な手元を演出する〈オロビアンコ〉の新作時計!
ひと味違う知的な男は〝オクタゴン〞ケースを選ぶ!

デートの装いの仕上げとして手を抜けないのが、手元のお洒落。でもそれが普通のドレス時計では無難すぎるし、海用のダイバーズでも場違いな印象に。欲しいのは、八角形ベゼルが目を引く〈オロビアンコ〉の新作のような個性的かつ知的さも感じさせる大人顔時…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ

定期購読特別キャンペーン!

今なら3,000円分のギフト券をプレゼント!