Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2024.02.18

ツメアト映画~エポックメイキングとなった名作たち~ Vol.24
『テルマ&ルイーズ』が映画界に残したものとは?



「たとえどうなろうと、この旅は最高よ!」――。

砂ぼこりを上げながら米アリゾナ州の荒野を爆走していく1966年型フォード・サンダーバードの助手席で、テルマ(ジーナ・デイヴィス、当時35歳)が高揚してそう叫ぶ。彼女はほんの少し前まで、横暴な夫のもとで退屈な日常を送る平凡な主婦だった。しかしウェイトレスとして働く親友のルイーズ(スーザン・サランドン、当時44歳)から週末のバカンスに誘われ、アーカンソー州の自宅をクルマで飛び出し、いつしか指名手配犯に。やがて警官隊に取り囲まれつつ、圧倒的な大自然が広がるグランドキャニオンにたどり着いたふたりは、絆を確かめ合うようにキスを交わし、映画史上に残る鮮烈な名ラストシーンへと豪快に踏み出していく――。
 

  
『エイリアン』(1979年)や『ブレードランナー』(1982年)など数多の傑作で知られ、最近も『最後の決闘裁判』(2021年)や『ナポレオン』(2023年)など旺盛な創作活動を続ける、御年86歳の巨匠リドリー・スコット監督(1937年生まれ)。彼が当時CMやMVの製作会社に勤務していた女性、カーリー・クーリの執筆による画期的なオリジナル脚本を得て、1991年に発表した『テルマ&ルイーズ』は、「いま観るべき映画」として時代と共にどんどん人気株価が高騰しているロードムービーだ。
 
 
リアルタイムでは第64回アカデミー賞脚本賞を獲得し、スコットも自身初のアカデミー賞監督賞ノミネートを果たしつつも、世間やジャーナリズムの評価は男性キャラクターの戯画的な描写などに対して賛否が割れていた。だが次第に“シスターフッド”(女性たちの連帯)を力強く打ち出した先駆性=ツメアトへの支持が高まり、2016年にはアメリカ国立フィルム登録簿に追加。#MeToo以降ではフェミニズム・ムーヴメントにおけるランドマーク的な名作との揺るがぬ評価が定着した。そんな本作の4Kレストア版が、2023年5月の第76回カンヌ国際映画祭でお披露目され、日本でも今年(2024年)2月16日(金)から劇場公開されている。
 
 
さて、この『テルマ&ルイーズ』の作風を紹介する際に定番として使われているのが、1990年代における“女性版アメリカン・ニューシネマ”という評言だ。アメリカン・ニューシネマとは、1960年代後半から70年代にかけて登場した、独立系の若い映画人たちによる反体制的な趣向を備えたハリウッド映画の一群を指す(米国本国では“New Hollywood”や“The Hollywood Renaissance”といった名称が良く使用される)。その中でも『テルマ&ルイーズ』の原型となったのは、犯罪逃避行型のロードムービーの系譜である。
 
  

 

だがこの路線のニューシネマは、伝説の銀行強盗ボニー&クライドを描いた『俺たちに明日はない』(1967年/監督:アーサー・ペン)をはじめ、『ボウイ&キーチ』(1974年/ロバート・アルトマン)や『地獄の逃避行(バッドランズ)』(1973年/監督:テレンス・マリック)、『ゲッタウェイ』(1972年/監督:サム・ペキンパー)等といった男女のカップルを主人公にしたものが多い。あるいはそれに準じる内容でも『イージーライダー』(1969年/監督:デニス・ホッパー)のような男性同士のバディ物、もしくは『バニシング・ポイント』(1971年/監督:リチャード・C・サラフィアン)という命知らずの男一匹がダッジ・チャレンジャーに乗り込む異色作があるだけだった。旧来のジェンダーやセクシュアリティの認識を色々と解体したニューシネマであっても、やはり西部劇の伝統を引きずって、荒野を駆け巡るのはまず男であり、女はその従属的な存在であるという図式を完全には崩し切れなかったと言える。
 

 
そのフォーマットを約20年後、女性同士のバディムービーへと華麗にアップデートしたのが、まさに『テルマ&ルイーズ』だったわけだ。荒野に解き放たれたテルマ役のジーナ・デイヴィス(1956年生まれ)とルイーズ役のスーザン・サランドン(1946年生まれ)は、米中西部~南部のアーカンソー州からオクラホマ州、さらにニューメキシコ州からアリゾナ州へと“自由への疾走”としての旅を繰り広げる。ちなみに実際の撮影場所は、カリフォルニア州ベーカーズフィールドやユタ州モアブ周辺(デッドホースポイント州立公園など)がメインだったという。
 
  

 


成り行きで発砲事件や強盗事件を犯してしまったテルマとルイーズは、メキシコにまで逃げるのが目的なのだが、しかしテキサスを通るのは絶対嫌だ、とルイーズが頑なに主張して迂回のルートを選ぶことになる。それは彼女がかつてテキサスでレイプ被害に遭ったから。DV夫に抑圧されてきたテルマだけでなく、一見ワイルドで自由奔放に映るルイーズもまた性加害による男性恐怖のトラウマがあった。こういった具合に本作では様々なトキシック・マスキュリニティ(有害な男性性)への糾弾が見られ、女性たちの尊厳と解放を謳う視座が、日本で言う令和の目で観てもキリキリに際立っている。その意味でも、テルマとルイーズがクルマを走らせる中盤のシーンで流れる名曲、マリアンヌ・フェイスフルの『ルーシー・ジョーダンのバラード』(1979年のアルバム『ブロークン・イングリッシュ』収録)は、まるで彼女たちのテーマ曲のように印象的だ。
 

  

 


しかし大胆かつ無謀な冒険に繰り出した道中では、彼女たちの隙を狙う危険な輩もちょいちょい登場する。そのひとりが、恋愛に不慣れなテルマが一目惚れしてしまう自称“大学生”のヒッチハイカー、カウボーイスタイルの美青年J.D.である。このやんちゃなイケメン役に当時大抜擢されたのが、まさにブレイク直前、若き日のブラッド・ピット(当時27歳)だ。同役の当初の候補はウィリアム・ボールドウィンだったが、彼が『バックドラフト』(1991年/監督:ロン・ハワード)の主演に決まったため、代わりを探すことに。オーディションにはジョージ・クルーニー、ロバート・ダウニーJr.、マーク・ラファロといったのちの大物俳優たちも集まっていた。彼らを押しのけて当時無名に近かったブラピを熱烈に推したのは、ほかならぬテルマ役のジーナ・デイヴィスだったらしい。ラヴシーンの相手となるジーナ本人のご指名ならと、リドリー・スコット監督も納得したという。本作のブラピのギャラ(出演料)は推定6000ドルだと言われているが、これをきっかけに集まった注目のおかげで生活費の不安から解消され、まもなく『リバー・ランズ・スルー・イット』(1992年/監督:ロバート・レッドフォード)や、トム・クルーズと共演した『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994年/監督:ニール・ジョーダン)、さらに『セブン』(1995年/監督:デヴィッド・フィンチャー)などで巨大なスターダムにのし上がっていくことになる。
 

 
このJ.D.も然りだが、本作に登場する男性キャラクターは、ハーヴェイ・カイテル(当時51歳)演じる良心的な刑事ハル(女性ふたりの抑圧や痛みへの理解を示す台詞を放つ彼は、ファミニストと言えるほどの紳士的な姿勢を見せる)を唯一の例外として、ほとんどがクソ男である。『激突!』(1971年/監督:スティーヴン・スピルバーグ)を彷彿させるタンクローリーを運転しながらセクハラ攻撃をかます、お下劣全開のエロ親父はその判りやすい代表と言えるが、テルマとルイーズは痛快にも「あんたの母親とか姉妹、奥さんが同じ目に遭ったらどうすんの!?」とオッサンに鋭利な説教をかまし、乗り物の急所にバシバシ弾丸を撃ち込んで大爆破させてしまうのである。
 
  

 


日本初公開は米国から約5ヶ月後となる1991年10月19日。当時の劇場用パンフレットに寄稿した評論家の滝本誠は、SF作家アーシュラ・K・ル=グウィンの評論集『世界の果てでダンス』(白水社刊)からのテキストを引いて論じつつ、「スコットは『女』という、多くの男性にとって死火山であることを求められていた火山を爆発させた。ハリウッドの地図は変化するだろうか?」と記した。そう、約25年後から30年後、本当にハリウッドの地図は劇的に変化するのである。『テルマ&ルイーズ』は先駆的という言葉を超えて、予見的とさえ呼べる一本かもしれない。

『テルマ&ルイーズ』
製作年/1991年 製作・監督/リドリー・スコット 脚本/カーリー・クーリ 出演/スーザン・サランドン、ジーナ・デイビス、ハーベイ・カイテル、マイケル・マドセン
 

  

 

文=森直人 text :Naoto Mori
Photo by AFLO
俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!
大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!

大人のお洒落を考えるうえで重要なポイントになるのがバッグ。上質な素材と丁寧な作り、そして“ワザあり”なデザインの三拍子が揃ったバッグが、着こなしをさりげなく格上げしてくれる。そこで注目したいのが〈サンローラン〉。見た目も使い勝手も申し分な…

TAGS:   Fashion
テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!自分に限界を作らないから無限の可能性がある!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!
自分に限界を作らないから無限の可能性がある!

空高く自由に舞うイーグルをあらゆるボーダーを超えていくシンボルとして掲げ、信念をもって挑戦する人々を鼓舞し続けている〈エンポリオ アルマーニ〉。様々な壁を越えて高く舞い上がり、まだ見ぬ理想の世界を求めて進む自由な精神を、今シーズンも体現し…

TAGS:   Fashion
〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!
贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!

平日は都会、週末は海辺という二拠点のライフスタイルが叶うのがUMITO(ウミト)。最大の魅力は、オーシャンフロントの絶景を独占できること。さらにシェアリングサービスと、不動産・別荘やホテルのいいところを併せ持つ“新しい暮らしの形”が実現可…

TAGS:   Lifestyle
色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!初夏のビーチで差がつく格上ウエア!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!
初夏のビーチで差がつく格上ウエア!

大人のビーチスタイルに必要なのは、落ち着いた色使いと上質な素材感。そうすれば、肩肘張らず自然体でいられて、気持ちよく過ごせる。そこで注目したいのが、〈タトラス〉の新作ウエア。優しげなトーンから爽やかな色合いまで幅広く揃う。

TAGS:   Fashion
甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!
どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!

ピンクは甘い雰囲気の中に、心理的に優しさや思いやりを与える効果があるカラー。だからといって、女性的で男性には似合わない……なんて、決めつけないで! 同じピンクでもスモーキーなトーンなら、南国テイストとレトロなムードがうま~くミックス。大人…

TAGS:   Fashion
〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!
夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!

暑~い夏のラウンド。涼しく快適にプレイしたいけれど、それだけに気を取られているようではまだまだ。そこで、ゴルフファッションにもうるさいモデル&タレントの石倉ノアが、この夏にぴったりのゴルフコーデを紹介。〈テーラーメイドアパレル〉のふたつの…

TAGS:   Fashion
〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!
レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!

ここ数年のゴルフファッションは“レトロ”がキーワード。色や柄を駆使して、どこか懐かしいムードが漂うアイテムが大豊作! そんななか、この春夏の新作として注目したいのが、〈ラコステ〉のゴルフウエアだ。マルチボーダーやクラシックな総柄をまとった…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!
リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!

解放感漂うビーチリゾートでは、コーディネートも自然とラフになってしまいがち。では着こなし以外で、大人らしいクラス感を演出できる手立てはないものか?その最適解は〈ベル&ロス〉の“BR 05 ブラック セラミック”モデルにある。ジュエリーのよ…

TAGS:   Fashion Watches
英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!ヘビロテ必至の大人の夏の定番!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!
ヘビロテ必至の大人の夏の定番!

大人の夏の定番アイテムといえば、Tシャツやポロシャツがその代表。そこに異論がある人はいないと思うが、肝心なのは、そんな定番にどんなものをチョイスするかということ。ここがセンスの分かれめというワケ。で、注目したいのが英国の老舗〈バブアー〉の…

TAGS:   Fashion
〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!
モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!

被るだけで、コーデがぐっと見違える帽子。これからの季節、シンプルな着こなしが多くなってくるが、そんなときでも個性出しが簡単に叶う。とはいえ、主張がありすぎるとワル目立ちしたり、浮いて見えたり。で、おすすめは大人っぽくまとまるモノトーン。素…

TAGS:   Fashion
大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!
SPONSORED
2024.04.25 NEW

大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!
夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!

空、海、建物、標識……、地球上には様々なブルーがあるけれど、シャツだって同じ。なにしろブルーシャツは濃度や柄のバリエが多彩。素材感が違うだけでもガラリと印象が変わってくる。そこで着目したいのが、地球上の“アースブルー”をシャツに落とし込ん…

TAGS:   Fashion
男のかっこよさはデニムで決まる! 着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 
SPONSORED
2024.04.19

男のかっこよさはデニムで決まる! 
着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 

男のファッションは“シンプル”が基本。だからこそ飾らないデニムの風合いは、いつの時代も魅力的に映るのだろう。シルエットや色落ちに多少のトレンドはあるけれど、ベーシックなデニムを長く愛用するのも、芯がとおっていてかっこいい。で、そんな王道デ…

TAGS:   Fashion
Always, My Dear Ocean海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。
SPONSORED
2024.03.29

Always, My Dear Ocean
海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。

いつか、海の近くに住んでみたい。そんな夢を思い描いている人は多いよう。というのも、仕事のリモート化が進んでからというもの、実際に海沿いの家の人気はうなぎのぼりだからです。ただ、都会の暮らしを手放したくないのも事実ですよね。だからといって、…

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック
SPONSORED
2024.03.29

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!
いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック

本格ピックアップトラックとして世界中で愛されてきた〈三菱自動車〉の“トライトン”が、12年ぶりに国内投入。三菱がラリーの世界で磨き抜いた4WDシステムで高い走破性を実現する一方、唯一無二の個性を主張する精悍なデザインは、「“冒険”の定義を…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ