Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2019.01.07

冬のダークコーデに差をつけたい?
だったら、首まわりに“モコモコ”がいい!

ダークな色合いが多くなる冬コーデ。でも、大人らしく見せるためには、黒やグレーや茶などはマストといえるから、どうしても黒っぽい見え方になってしまうのは仕方がないのか? とはいえ、どうにかまわりに差をつけてお洒落を演出したいもの。で、セレブを見てみると、上手に個性を発揮している人を発見! それが、世界的なDJ/音楽プロデューサーのマーク・ロンソンだ。基本的にはシンプルな黒コーデながら、襟ボアのアウターを羽織ったり、大判のマフラーを巻いたりして、首まわりにボリュームを作るのが彼のテク。個性はもちろん品や貫禄まで出てるから、これはやらない手はない!

マーク・ロンソンはイギリス出身の43歳で、ブルーノ・マーズと組んだ『アップタウン・ファンク』がグラミーの栄冠に輝いたのは記憶に新しいところ。世界を股にかけるセレブDJとして活躍しつつ、音楽プロデューサーとしても超一流。端正な顔立ちとファッションセンスにも定評があり、まさに才色兼備な男といえる。当然、トレンドの取り入れ方もうまいから、その着こなしはきっと参考になるはず!

NEXT 全身黒でもボリュームのある茶ボアが効く!

2/5PAGE

 

01
黒に茶ボア襟コートでメリハリ出し!

細身の黒アイテムでスタイリッシュにまとめたマーク。そこへ茶のボア襟がついたコートを羽織り、立体感のある着こなしに仕上げている。黒や白ボアではモードに偏ってしまうところ、今季注目の茶を取り入れたところがポイント。さらに立体感のあるモコモコ素材のボアにすることで、より今っぽい雰囲気を出すことに成功。タイトな上下にボリューミーなコートというのも、彼の絶妙なバランス感覚といえそう。 

NEXT ボア襟のチェックアウターで個性出し!

3/5PAGE

 

02
短丈&モコモコなコートで好バランス

ロンドンの街を歩くマーク。チェック柄の裏ボアコートが、ロンドンの街にも馴染んでいる。モノトーンでまとめたコーデのポイントは、やはり、チェック柄のコートだ。カジュアルなシルエットだが、モノトーンでグッと大人っぽく都会的に見える。そしてコートといっても、短丈を選んだことで、もたつかずスッキリと見えているのがわかる。ボアとスニーカーを白で色合わせして軽さを出す余裕も心憎い。襟元に白ボアがあるおかげで、ダークトーン中心でも明るく暖かい印象のコーデに仕上がっている。

NEXT ファーとマフラーで首まわりにボリューム感!

4/5PAGE

 

03
大判マフラーでボリューム感重ね!

こちらのマークも、黒基本。で、ファーつきのダウンジャケットに、大判マフラーを無造作に巻いたスタイル。首元にボリューム感を出すテクを好むマークにとって、恐らくダウンについている細ファーでは足りなかったようで……、でもそれを上手に補ったのが大判マフラーってわけ。さらに、マフラーの片方をダウンの中に入れ、だらしがなく見えない配慮もお見事。モコモコを重ねてほどよくリッチな雰囲気に仕上げる、コレはいいお手本!

NEXT 大人にぴったりなモコモコ襟アウター!

5/5PAGE

 

[クロ]
KURO

ミリタリーボアコート9万円(クロ/クロ ギンザ)

M-51モッズコートをイメージした男らしいデザイン

M-51モッズコートをイメージしたという武骨なデザインも裏地のファーのおかげでリッチな印象に格上げ。ややゆったりめのシルエットも大人らしい。表はギャバジンコットン生地を使用したマットな質感でドライな肌触り。カジュアルなトップスをインしても大人っぽく決まる。

[フィルソン]
FILSON


ウールパッカーコート9万8000円(フィルソン/アウターリミッツ)

ボリューム満点のボアがまさにリッチ!

最近よく聞くトレンドで、“ビッグシルエット”ってのがある。で、フィルソンから登場したコイツはまさにソレを体現した1着。重厚感のあるシルエットとボリューム満点のボア、段々にして動きが出るようにデザインした後ろ身頃など、洒落たディテールがたっぷりあしらわれている。ウール100%素材で暖かく着られるのもポイント。

[ムースナックルズ]
MOOSE KNUCKLES

ジャケット1万7900円(ムースナックルズ/グルッポタナカ)

ファーつきならワイルドさも都会的!

ワイルドな見た目ながら、まるでシルバーのようなふんわりファーが首元にボリュームを作り、ラグジュアリーに。実はサイドにはファスナーがついていて開閉可能。スリットを作れば、よりリラックス感のあるシルエットに仕上がる。スポーティな素材感はアクティブな大人向けだ。

Information

●アウターリミッツ
TEL:03-5413-6957

●グルッポタナカ
TEL:0120-135-015

●クロ ギンザ
TEL:03-6274-6257

文=野中邦彦 text: Kunihiko Nonaka(OUTSIDERS Inc.)
photo by AFLO
新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25 NEW

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25 NEW

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25 NEW

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25 NEW

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25 NEW

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25 NEW

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion
脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!
PR
2019.03.25 NEW

脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!

いつまでもカジュアルな男でいたいからこそ、覚えておきたいのがマンネリ打破のテクニック。なかでも効果テキメンなのが、1点プラスするだけで品格アップを狙える〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉のチェック柄アイテムだ。見た目が新鮮なだけでなく…

TAGS:   Fashion
色オトコの頼れる毎日の相棒は〈フィリップス〉!爽やかな男の肌を演出する肌に優しい深剃りシェーバー
PR
2019.03.25 NEW

色オトコの頼れる毎日の相棒は〈フィリップス〉!
爽やかな男の肌を演出する肌に優しい深剃りシェーバー

ヒゲ剃りは毎朝の日課だけど、デート当日の朝ともなれば、いつも以上に気合が入るもの。剃り残しなしの深剃りで清潔感を印象づけるのが理想とはいえ、やりすぎて肌を傷めてしまっては元も子もない。そこで〈フィリップス〉の新型シェーバーの出番。あらゆる…

TAGS:   Health&Beauty
〈リカルド・ビバリーヒルズ〉で充実したバカンスを!大人だったら旅に合わせてラゲッジも使い分ける!
PR
2019.03.25 NEW

〈リカルド・ビバリーヒルズ〉で充実したバカンスを!
大人だったら旅に合わせてラゲッジも使い分ける!

大人になると旅のスタイルも幅広くなってくる。ちょっと贅沢なバカンス旅へも行くし、アクティブなサーフトリップにだって出かけたい。そんな旅の目的に合ったラゲッジを持つのが、大人の旅には必要不可欠。そこで注目したいのが、1978年にビバリーヒル…

TAGS:   Fashion Lifestyle

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ