Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2021.11.29 PR


“毎日が楽しくなる”新型〈アウディ〉RS 3!

“RS”の名がついた〈アウディ〉といえば、ハイスペックな性能と切れ味するどい走りでクルマ好きを虜にする最高峰モデル。ところが今度の新型RS 3は、さらに進化した性能に加え、日常ユースにもぴったりというのだから面白い。それはすなわち、パートナーと楽しむデートはもちろん、ちょっとしたショッピングやお出迎えにも身構えることなく使えるということ。今回は、そんな日常使いにも適した新型RS 3の魅力がどこにあるのか、探ってみよう。

01:
都会にも似合う洗練されたモダンさがある!


日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?住居や身のまわりのアイテムに洗練とスタイリッシュさを求めるのが都会派の感覚。それはクルマとて例外ではない。ガレージや庭先に佇むクルマが“ホレボレする”デザインであれば、毎日乗りたくなるのは当然のこと。たとえばそれが、新型RS 3ならどうだろう? たとえばご近所へのお出かけでも「ちょっと楽しんでみようかな」という気にもなるというものだろう。

それもそのはず。最新のデザインコードをあしらいつつワイド化されたボディは、まるで鍛えられたアスリートの躯体のよう。先代モデルよりもさらにダイナミックで、パワフルさが増している。それはフロントを見るとすぐにわかる。ワイドなRSバンパーが装着され、デザインが変更されたシングルフレームは、印象的なハニカムグリルとの組み合わせ。さらに大型エアインテークがアグレッシブな印象をアップ。停車していても“動き出しそう”に見えるのは、豊かな表情を持った新型RS 3の美点といっていいだろう。

 日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?もちろんそんな高いデザイン性は、街でも十二分に映えるもの。高級ブティック前やホテルのバレーパーキングでは、いくら最もコンパクトな“RS”といっても見劣りすることはない。むしろ、その洗練されたデザインがその場の風景を作るといっても言い過ぎではない。駐車している新型RS 3を真っ直ぐ見ながら近づくたびに、ここでもホレボレ。それに、新型RS 3のようなプレミアムスポーツカーとなると、身に纏った上質なお洒落アイテムもそれなりに見えるというもの。これは、オーナーとしては気分がいい。

 

02
高速はもちろん低速域でもニヤリとする!

そしていざ走り出すと、ちょっとどころじゃない楽しみが待っている。街中では、わずか2250rpmから最大トルク500Nmを発揮する2.5ℓ5気筒ターボエンジンが、低速域でもキビキビした加速と余裕のある走りを提供してくれる。その実力は0~100km/hをわずか3.8秒で駆け抜けるほど。これはストップ&ゴーが多い都会ではなんとも使い勝手がいい。普通に走っているだけなのに、いいクルマに乗っていることをひしひしと実感することができるはずだ。

日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?そしてそれは、週末の遠出でも同じこと。高速道路では294kW(400PS)のパワーを後ろ盾に、矢のように進むのはいわずもがな。山間の湖畔や温泉地に向うワインディングロードでも、熟成を重ねた四輪駆動システム=クワトロと理想的なトルク配分を可能にしたトルクスプリッターが思いどおりのコーナリングを高次元でアシストしてくれる。

ちなみにエンジンサウンドも特徴的なのが新型RS 3。たとえば、ダイナミックモードおよびRSパフォーマンスモードでは、エキゾーストシステムの可変フラップがより早い段階で開き、エモーショナルなサウンドを奏でてくれる。木立に反響するエンジンサウンドがいかに心地いいかを知っている人はご想像どおり。つまり新型RS 3に乗ると、低速域でゆっくり走っても、ちょっとアクセルを強めに踏んでも心が躍るドラマが待っているということ。そんなクルマを手にしたら、毎日出かけたくなるのも無理はない。

 

03
インテリアの機能美にもホレボレ!

また、長い時間を過ごすインテリアも気になる人が多いはず。普通に乗り降りしやすいのはさすがにA3譲り。シート位置は低すぎることがないから、街でのお買い物シーンでも機動力あり。日常使いの強い味方になってくれる。とはいえ、このクルマはRS。インテリアにも数多くのRS専用コンポーネントを装着して、スポーツ性を強調している。

日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?まずはコックピットまわり。ドライバー正面に佇む、“アウディ バーチャルコクピット プラス”が標準装備された12.3インチディスプレイは、エンジン回転数をバーグラフで表示するだけでなく、出力とトルクをパーセンテージで表示することも可能。9年連続でインターナショナル エンジンオブザイヤーの部門賞を受賞するほどの名エンジンと向き合う高揚感は推して知るべし。さらに新しいオプションとなる“RSランウェイ”デザインのタコメーターは滑走路を思わせる独特のスタイルで、通常とは反対方向に(最高値が手前、最低値が奥に)エンジン回転数が表示される。

そして走り出すとさらなる演出が待っている。RS専用のシフトインジケーター(マニュアルモードで作動)は、グリーン、イエロー、レッドと色を変えながら、まさにレーシングカーのように点滅。理想的なシフトアップタイミングをドライバーに知らせてくれるから、まさに気分はレーサーといったところだろうか。また、RS 3としては今回はじめて、シフトライトインジケーターのほか、ヘッドアップディスプレイも設定。クルマの情報を至れり尽くせりの演出で教えてくれるというわけだ。

日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?そんな気分をさらに盛り上げてくれるのが、カーボンファイバー製インストルメントパネルやRSエンボス加工が施されたRSスポーツシートなど。アンスラサイトのコントラストステッチも、レーシングカー的な雰囲気作りに貢献。クルマに乗りこむたびに「さあ、いくぞ」とスイッチが入るような気にさせてくれるだろう。

 

04:
もちろん、その気になれば!

日常使いでもなかなか楽しめそうな新型RS 3だが、1人の時間ともなると、やはり“RS”ならではの走りを堪能したくなる。その点でいうと、A3サイズのコンパクトなボディだからこそのスリリングな走りはなにものにも代えがたい。

なにしろ新型RS 3は、加速性能、最高速度においてはクラス最高の数値を誇るクルマ。先代に比べると、最大トルクは20Nm増し。400PSの最高出力も発生回転域が広がり、さらにパフォーマンスを上げてきた。

日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?そんな中、新型RS 3で大いに目を見張る進化が、俊敏性がより向上したこと。それを可能にしたのが、アウディモデルとしてはじめて標準装備されたトルクスプリッターとRSドライブモード。トルクスプリッターは簡単にいうと、車輪にかかるトルクを場面により賢く配分するもの。コーナリング時には外側の車輪にかかるトルクを増すことでアンダーステアを軽減するなど、より俊敏な走りに貢献してくれる。そしてそれに伴い、ドリフト専用の“RSトルクリヤ“と呼ばれるモードも搭載。このモードにすると、トルクスプリッターのトルク配分が専用のセットアップに切り替わり、これによりサーキットではドリフト走行も可能になるというのだから、腕に自信がある人にはたまらないのでは?

日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?

セダンとスポーツバックで選べるRS 3

4年ぶりのフルモデルチェンジを果たした、第3世代の〈アウディ〉RS 3 スポーツバックと第2世代の〈アウディ〉RS 3 セダンは、日常ユースに適したプレミアムスポーツカーとして、スリリングなドライビングを提供してくれるのは間違いない。都会的なライフスタイルのシーンに寄り添うのはもちろん、その気になれば比類なきスポーツ性能が味わえる。「センスのよさが窺える」というのはまさにこんなクルマではないだろうか? 発売は2022年4月下旬予定。

日常使いできる新型〈アウディ〉RS 3で、ライフスタイルはどう変わる?

【主要諸元】〈アウディ〉RS 3 Sportback
●全長×全幅×全高:4390×1850×1435mm
●ホイールベース:2630mm
●最高出力:294kW(400PS)/5600~7000rpm
●最大トルク:500Nm(51kgm)/2250~5600rpm
●駆動方式:クワトロ(四輪駆動)
●車両本体価格:799万円

【主要諸元】〈アウディ〉RS 3 Sedan
●全長×全幅×全高:4540×1850×1410mm
●ホイールベース:2630mm
●最高出力:294kW(400PS)/5600~7000rpm
●最大トルク:500Nm(51kgm)/2250~5600rpm
●駆動方式:quattro(四輪駆動)
●税込み価格:818万円
 

 

Information

●アウディ コミュニケーションセンター
TEL:0120-598-106

【試乗】やっぱり出来が違う!新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?
SPONSORED
2022.01.14

【試乗】やっぱり出来が違う!
新型レガシィ アウトバックは、一体なにがスゴイのか?

7年ぶりにニューモデルとして登場した7代目レガシィ アウトバック。ご存知のとおり北米でも圧倒的な人気を誇る〈スバル〉ブランドの1台だが、“New Luxury”を掲げるこの新型は、果たしてどんなキャラクターを持つモデルなのか? 今回は、長…

TAGS:   Cars Lifestyle
信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!
SPONSORED
2022.01.07

信頼の〈シチズン〉シリーズエイトは、
自分らしさを後押しする本格機械式ウォッチ!

TAGS:   Watches
大人の週末にふさわしい〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作!カジュアルさを格上げする色バッグ!
SPONSORED
2021.12.24

大人の週末にふさわしい〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作!
カジュアルさを格上げする色バッグ!

デニムを中心にしたベーシックな着こなしも、バッグのチョイスひとつで格上げできる。せっかくなら主役級の存在感を放つバッグで、一気に周囲と差をつけてみては? そこで注目したいのが、〈ボッテガ・ヴェネタ〉の新作バッグ。洗練されたカラーリングと個…

TAGS:   Fashion
都会派もアクティブ派も、名門〈オーデマ ピゲ〉に注目!大人の男に似合うのはどっちのクロノ!?
SPONSORED
2021.12.24

都会派もアクティブ派も、名門〈オーデマ ピゲ〉に注目!
大人の男に似合うのはどっちのクロノ!?

〈オーデマ ピゲ〉は、名門マニュファクチュールでありながら、その称号に安穏とせず、アバンギャルドに攻め続ける。代表格となるのがこの2モデル。全く違う2つの個性も、格式高い伝統と革新が息づくところは同じ。移ろいゆく時代だからこそ、圧倒的な存…

TAGS:   Watches
アクティブな大人にこそ〈ジラール・ペルゴ〉の“ロレアート アブソルート”を!タフでエレガントな1本が心地いい毎日の相棒!
SPONSORED
2021.12.24

アクティブな大人にこそ〈ジラール・ペルゴ〉の“ロレアート アブソルート”を!
タフでエレガントな1本が心地いい毎日の相棒!

たとえ街にいようとも、いつも海を身近に感じていたい。“ロレアート アブソルートTi 230”は、そんな海を愛する男の腕に似合う。ブルーのグラデーション文字盤に、渋銀チタンがタフネスを漂わせる。まるで愛着あるデニムのようにアクティブな日常を…

TAGS:   Watches
〈ロイヤル フラッシュ〉の別注セットアップで都会顔に!週末のスウェット姿は個性で違い出し!
SPONSORED
2021.12.24

〈ロイヤル フラッシュ〉の別注セットアップで都会顔に!
週末のスウェット姿は個性で違い出し!

季節を問わずに活躍するのが、スウェット素材のセットアップ。とはいえ、誰もが持っている定番だけに、どこかで差をつけたい。理想的なのは快適なリラックス感がありつつも、ワザありで個性出しが叶う都会派のデザイン。たとえば、〈ロイヤル フラッシュ〉…

TAGS:   Fashion
〈ズーム〉のデザインマンションで充実したライフスタイルに!オンとオフが共存する心地よい空間!
SPONSORED
2021.12.24

〈ズーム〉のデザインマンションで充実したライフスタイルに!
オンとオフが共存する心地よい空間!

在宅ワークがデフォルトになりつつある今、充実したオンと上質なオフのために必要なのは優れた住空間。Jリーグの浦和レッズでプロサッカー選手生活を貫き、現在実業家として活躍する鈴木啓太さん。そんな多忙な日々を過ごす鈴木さんと、高いデザイン性と心…

TAGS:   Lifestyle
週末は〈ホーンガーメント〉で気分もスコアもアップ⁉ゴルフだけじゃもったいないポップな柄の快適ニット!
SPONSORED
2021.12.24

週末は〈ホーンガーメント〉で気分もスコアもアップ⁉
ゴルフだけじゃもったいないポップな柄の快適ニット!

〈ホーンガーメント〉といえばゴルフというイメージが強いけれど、もともとサーフ、リラックス、エンジョイをテーマにした、大人の休日スタイルのためのブランド。数あるアイテムの中でも特にニットは動きやすさを重視して作られているので、機能的で実に快…

TAGS:   Fashion
仕事も遊びも頼りになる〈トヨタ〉カローラクロス。充実のワーケーションに楽しいSUVを選ぶ理由。
SPONSORED
2021.12.23

仕事も遊びも頼りになる〈トヨタ〉カローラクロス。
充実のワーケーションに楽しいSUVを選ぶ理由。

TAGS:   Safari me time Cars
女性の目も輝き出すダイヤとマザーオブパールをまとった〈ハミルトン〉。特別な日のクライマックスは眩いタイムピースの出番です。
SPONSORED
2021.12.23

女性の目も輝き出すダイヤとマザーオブパールをまとった〈ハミルトン〉。
特別な日のクライマックスは眩いタイムピースの出番です。

ホリデーシーズンには大切な人と特別な1日を。そんな計画をしている人もいるでしょう。そこで大事なのがギフト。当然ながら、その日のクライマックスを託すわけですから、なんでもいいというわけにはいきません。1年を締めくくる時期に感謝の意味も含めて…

TAGS:   Safari me time
見るほどに心が躍る〈ハミルトン〉の軍用クロノグラフ。本物だけが持つ存在感を毎日つけこなす楽しみ。
SPONSORED
2021.12.23

見るほどに心が躍る〈ハミルトン〉の軍用クロノグラフ。
本物だけが持つ存在感を毎日つけこなす楽しみ。

時計をアクセサリーのひとつと考えると、ファッション性の高さは気になるところ。普段のカジュアルに馴染むベーシックさがありつつも、普遍的な魅力があるもの。特に男性の場合は、そこにどっしりとした存在感があると長く愛せるはずです。

TAGS:   Safari me time
おウチ時間を大切にする北欧生まれの〈フィスカース〉。楽ちん・美味しい・お洒落なクックウエアで食卓が豊かに。
SPONSORED
2021.12.23

おウチ時間を大切にする北欧生まれの〈フィスカース〉。
楽ちん・美味しい・お洒落なクックウエアで食卓が豊かに。

究極のリラックスが〈ズーム〉にはある。どこよりも心地いい 「家が一番」といえる贅沢!
SPONSORED
2021.12.23

究極のリラックスが〈ズーム〉にはある。
どこよりも心地いい 「家が一番」といえる贅沢!

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ