Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2024.02.08


超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S

自動車評論を生業としている筆者から見ても、目下SUVの流行は衰えることを知らず。世間はもはや、クルマに“マルチのみ”を求めているのでは……、と考えなくもない今日このごろだ。もしかして「“クルマニア”たるもの、一生一度はスーパーカーを所有してみたい」なんていう願望は過去のものになりつつある? な~んて邪推してしまうくらい。しかし、先日サーキットで試乗してきたコイツによって、やっぱり消費マインドの高い富裕層やクルマニアこそ「こういうクルマでエンパワーメントされることは超大切!」と実感したので試乗レポートをお届けしたい。〈マクラーレン〉750Sだ。

超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S現在〈マクラーレン〉のモデルラインナップは大きく3つにカテゴライズされる。タウンユースのGT、サーキット走行までを見越したスーパーカー、そしてサーキット走行用のアルティメイト。今回ご紹介する750Sはラインナップの中核を担うスーパーカーにカテゴライズされる。つまり、街乗りもこなせる欲張りなスーパースポーツというわけ。

超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S全長4569㎜×全幅1930㎜×全高1196㎜、隣に立つと圧倒的な“低さ”を実感する、ロー&ワイドのスーパーカーシルエットにおのずとテンションが上がる。さらにボディデザインは有機的なラインとスリットだらけで、空力を感じさせるパーツでしか構成されていないのもスパルタンだ。

たとえばフロントのライト。これは同社お馴染みのデザイン、通称“アイソケット”と呼ばれるものだが、まるでスカルのように瞳の中に空洞が組み込まれている。もちろんこれは空力のためなのだが、独特の世界観にハッとさせられること間違いなし。サイドビューのウインドウエリアの狭さ、そしてリアウイング(可変式になっている)のシンプルな迫力も、イメージに思い描く“憧れのスーパーカー”そのもの。跳ね上げ式のドアも素敵だ。

ゴン太のサイドシルを跨いで室内に入ると、コックピットは最新世代の〈マクラーレン〉とトーンを合わせられている。縦長の小さなディスプレイはじめ、ボタン類はごく少量に抑えられ、まさに“走るための操縦席”としての硬派さが潔い。

さて、そのモデル名が示すとおりのスペックは、750psの800Nmとモンスター級。組み合わされるのは7速のATだが、モードチェンジが可能で一般道からサーキットまでを網羅する。……とはいうものの、ノーマルモードですら乗り出しから印象は超絶カゲキ! 4ℓV8エンジンのサウンドはさほど派手ではないものの、超軽量の空力ボディがドカンと加速し、コーナーを舐めるようにビタッと攻めていく。

超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S超軽量ボディがドカンと加速! 〈マクラーレン〉750S今回の試乗ではプロドライバーの先導がついたのだが、彼らに誘われるままにコースインすれば、一瞬で速度は250mk/hをオーバー。その安定感と俊敏な加速の、なんと気持ちいいことか! もちろんハードなブレーキングでも車体はピタッと路面に吸い付き、安定してペダルを踏み抜ける。そう、750Sはそのバランスのよさ。誰でも乗れるが、乗りこなすにはさらなる精進が必要という、懐の深さにある。

この日正直、あまりメンタルのコンディションがよくなかった筆者だが、750Sから降りた後はまるでランニングの後のように……、いや、もっと別次元でアタマすっきり、気分爽快。エナジードリンクを飲んだ後のように、異様にテンションが上ってしまっていた。いやはや、スーパーカーの持つ魔力の源はここにあったのか!

気になるスペックは?


★DATA 〈マクラーレン〉750S
●全長×全幅×全高:4569×1930×1196㎜
●車両重量:1277㎏
●ホイールベース:2670mm
●エンジン:4.0ℓV型8気筒ツインターボ
●最高出力:552kW(750PS)/7500rpm
●最大トルク:800N・m/5500rpm
●トランスミッション:7速オートマティック
●駆動方式:後輪駆動
●税込み価格:3930万円

Information

●マクラーレン・オートモーティブ
URL:https://cars.mclaren.com/jp-ja

話題のクルマを品定め!の記事をもっと読みたい人はコチラ!

●『Safari Online』のTikTokがスタート!
こちらからアクセスしてみて!

文=今井優杏 text:Yuki Imai
品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!大人の余裕は春アウターで決まる!
SPONSORED
2024.02.24 NEW

品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!
大人の余裕は春アウターで決まる!

分厚い冬アウターを脱ぎ捨てて、身も心も軽やかになるこの季節。でもだからこそ気を抜かずに、しっかり大人の品格を意識して春アウターを選びたい。そこで注目したいのが〈ヘルノ〉の新作。品があって洒落ているうえ、ほどよくトレンドを加えた格上の1着が…

TAGS:   Fashion
槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!
SPONSORED
2024.02.24 NEW

槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!
ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!

サッカー日本代表選手として活躍し、引退後も精悍なルックスと軽快なキャラクターでメディアを賑わす槙野智章。アクティブ派としての印象も強いだけに、ラフなスタイルがよく似合う。カジュアルなお洒落の定番、デニムアイテムに〈ディーゼル〉らしい現代的…

TAGS:   Fashion Denim
大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!海で差がつく映えるアウター
SPONSORED
2024.02.24 NEW

大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!
海で差がつく映えるアウター

少しずつ暖かくなってきて、週末のビーチ通いが待ち遠しくなる季節。海に映えるデザインで、サッと羽織れる春アウターがあれば、これほど心強いことはないのでは? であれば、チェックすべきは〈タトラス〉の新作。素材、デザイン、機能性のすべてを満たす…

TAGS:   Fashion
〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!
SPONSORED
2024.02.06

〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!
【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!

さる1月16日(木) 、パリにて開催された〈ルイ・ヴィトン〉2024 メンズ・ファッションショー。メンズ クリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスが手掛けるショーとしては、2023年6月のパリ、11月30日の香港に続き3回め。…

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!
SPONSORED
2024.01.25

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY
武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!

ウィンターシーズンの都会派コーデはモノトーンが主役。落ち着いた雰囲気は大人らしさを引き立てるから、愛用している人も多いだろう。けれども、それだけではまわりと差がつかないのでひと工夫ほしいところ。そこで頼りにしたいのが時計。存在感のある1本…

TAGS:   Watches
〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!
SPONSORED
2024.01.25

〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!
シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!

オタク傾向の強かった複雑時計も、いまやスタイリッシュに進化を遂げつつある。その代表格が〈グルーベル・フォルセイ〉。なかでも新作の“YOSHIDA スペシャルモデル”はブラックをまとい、ファッションとの相性もいい。時計愛好家はもちろん、男た…

TAGS:   Fashion Watches
〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!
SPONSORED
2024.01.25

〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!
大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!

アクティブなスタイルも身につける腕時計でイメージは激変。そこで押さえたいのが〈ベル&ロス〉の新作スケルトン時計だ。黒に映えるメタリックなムーブメントに、プリズムのように輝く風防で、近未来感あるデザインが目を引く1本。ジュエリー的な贅沢さと…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ