Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2021.01.21

【スニーカー】流行のカットオフデニムも映える!
足元を主役に変える格上“ハイカット白スニ”!

今季トレンドっていわれているデニム、知ってる? それが、『Safari Online』では昨年から目をつけ、たびたび紹介していた “カットオフデニム”。コレ、切りっぱなしでちょっと短くなった裾のほつれがフリンジのように見え、こなれ感がハンパない。デニム自体の味わいのほか、足元にも遊び心がある洒落たデニムだ。じゃあ、そんなデニムには、どんなスニーカーを合わせるのがかっこいい? 

その質問にズバリお答えしよう。大人が遊び心のあるカットオフデニムを穿くなら、今季ますます注目度が高い“ハイカットの白スニ”で決まり。ちょっと短丈のデニムだからハイカットのほうがバランスがいいっていうのも理由だけど、白スニのハイカットなら裾のニュアンスが際立ち、デニムの個性を最大限に生かせるはず。さらに大人であれば、足元の品格だって主張したいところ。ということは? 選ぶべきはやはり、貫禄のある存在感でほかを圧倒してくれる“格上ブランドのハイカット白スニ”になるってワケ!

 

[セリーヌ]
CELINE



スニーカー9万6000円(セリーヌ オム バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン)

差し色を一切使わずに
存在感を印象づける細工が満載!


〈セリーヌ〉のスニーカー群の象徴“CT-01”は、往年のバスケットボールシューズを思わせるデザイン。グラフィカルなライン取りや細かなパンチングによって、足元に軽快な印象を作ってくれているのが特徴だ。フォルムはややシャープでも、ハイカットらしいボリューム感が魅力で、カットオフデニムにドンピシャ合わせたい1足。

 

[サンローラン]
SAINT LAURENT



8万円(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/サンローラン クライアントサービス)

シンプルなデザインでも
存在感十分でリッチな1足!


セレブが集うLAのビーチタウンのネームがついたスニーカー“マリブ”。こちらは極めてシンプルながら、レザーのアッパーにラバーソールを使用したリッチな1足。ボディのフォルムに対してやや太めのシューレースがついており、実はこの絶妙なアクセントのおかげで、白1色でもちょっと個性的。さらに見どころは、側面のシグニチャー。これがまたいい味を出している。

 

[ヴァレンティノ ガラヴァーニ]
VALENTINO GARAVANI



10万5000円(ヴァレンティノ ガラヴァーニ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

大胆なロゴデザインと
ボリューム感で迫力十分!


カーフスキンの多層レイヤー使いで精密かつ美しくデザインした“VL7N”。7本のリボンデザインにラバー製の“VLTN”ロゴをあしらった、主張の強い1足だ。甲部中央に走る黒リボンとロゴのあしらいが大きなポイント。ややボリューミーなソールということもあって、白で清潔感を出しながらも貫禄のある足元に仕上げることができる。

 

Information

●ヴァレンティノ インフォメーションデスク
TEL:03-6384-3512

●サンローラン クライアントサービス
TEL:0120-95-2746

●セリーヌ ジャパン
TEL:03-5414-1401

写真=丸益功紀 スタイリング=浅井秀規 文=八木悠太
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Hidenori Asai  text : Yuta Yagi

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉
SPONSORED
2021.02.25

〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!
今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉

クルマ社会にも“サステイナブル”の動きが目立ち、各メーカーが競って電動化技術を開発中の昨今。そんな中、2013年に〈三菱自動車〉がいち早く投入したのが、プラグインハイブリッドシステム“PHEV”だ。しかもこの“PHEV”を採用した、アクテ…

TAGS:   Cars Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ