Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2018.12.30

黒ベースのこなしは
上手な”赤使い”で見違える!

“平成最後”の年越し、みなさんはいかがお過ごしでしょうか? というわけで(!?)、今回は“平成元年生まれ”の俳優タロン・エガートンの着こなしに注目。タロンといえば、映画『キングスマン』の主役を演じ、アクションもこなす注目の若手俳優。平成元年生まれも彼も、もうすっかり大人なんですよね。それはさておき、そんな彼の着こなしで最近よく見られるのが、黒コーデに”赤差し”テク。真っ黒コーデもいいけれど、こんなひと工夫で着こなしが見違えるのなら、取り入れない手はない!?

歳を重ねるとワル目立ちを嫌うのか、派手な色を避けてどんどん地味な色使いになっていく人が多いかと。そうなると、稼働率が高まるのが”黒”。とりあえず黒を使っておけば大人っぽく見えるし、問題ナシ? とはいえ、いつも黒一辺倒ではあまりに芸がない。やっぱりもう少し工夫しないと、洒落者とは言い難い!?

そこで、今回ピックアップしたタロンの着こなしテクニック。彼の着こなしは”黒ベース”が多いけど、決してジミ~になっていない。その理由は、黒を使うときに必ずといっていいほど”赤”を差しているから。赤はどうしても目立つから、大人には敬遠されがちな色だけど、彼の場合、赤はあくまでも脇役なのがポイント。つまり、そんな使い方ならワル目立ちはしないってワケ。

NEXT チラリと赤があるだけで効果的!

2/4PAGE

 

01
トラッカージャケットで赤差し!


部分使いでも赤なら効果的!

まずはこちら、足元まで黒でまとめたワントーンのこなしだけど、部分的に赤が使われているため決して地味になっていないでしょ? 彼が羽織っているのは、おそらく〈ドルチェ&ガッバーナ〉のトラッカージャケットで(要するにジャージね)、襟や袖口、胸元のプレートロゴが”赤”になっている。使われている面積は少ないものの、効果はご覧のとおり。もしこの”赤”がなかったら、パッと見は地味なまんま。まあ、こうしたアイテムをピンポイントで探すのはなかなか難しいけれど、もし見つけたら是非手にとってみてはいかが?

NEXT サイドや後ろなら大胆な赤も着やすい!?

3/4PAGE

 

02
Gジャンで赤差し!
 
赤パッチワークの個性派Gジャンで!
 
こちらも基本は黒のワントーンで、部分的に赤を取り入れるというパターン。羽織っているのはアメカジの定番Gジャンだけど、パッチワークで”茶”と”赤”の切り替えが入っているユニークなもの。個性的ではあるものの、ワル目立ちすることなくまとまっているのは、やっぱり黒と赤という2色の相性がいいからといえる。ちなみに、足元のスニーカーも黒だけどソールの”白がさりげないアクセントになっている点にも注目。黒ベースのこなしのときにはソールの色ひとつで印象が変わるので、こうした細かい部分にも気を配るのが大事! 

NEXT 足元なら誰でも取り入れやすい!?

4/4PAGE

 

03
ソックスで赤差し!
お手軽なソックスで赤差しはどう?

これまでの2つは、赤を部分的に使ったアイテムを探さないといけないので、すぐに取り入れるのが難しいかも。だけど、”ソックスで赤差し”なら誰でも明日から取り入れられるはず。特に寒い季節は着こなしがジミ~な感じになりがちだけど、そんなときに足元だけでも”赤”を差すと気分も結構違ってくるはず。この着こなしもブルゾンはブラウンだけど基本は黒ベース。スウェットパンツにパーカ、ニット帽と全部真っ黒。ん!?  でも目を凝らしてよ~く見てみるとパーカの胸元のロゴも”赤”!?    この人、黒と赤が思ったよりず~っと好きみたい!

文=早渕智之 text : Tomoyuki Hayabuchi  photo by AFLO
新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
PR
2019.03.25 NEW

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
PR
2019.03.25 NEW

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
PR
2019.03.25 NEW

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
PR
2019.03.25 NEW

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
PR
2019.03.25 NEW

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
PR
2019.03.25 NEW

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion
脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!
PR
2019.03.25 NEW

脱・マンネリを狙うなら〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
いつものカジュアルが見違える品格チェックのマジック!

いつまでもカジュアルな男でいたいからこそ、覚えておきたいのがマンネリ打破のテクニック。なかでも効果テキメンなのが、1点プラスするだけで品格アップを狙える〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉のチェック柄アイテムだ。見た目が新鮮なだけでなく…

TAGS:   Fashion
色オトコの頼れる毎日の相棒は〈フィリップス〉!爽やかな男の肌を演出する肌に優しい深剃りシェーバー
PR
2019.03.25 NEW

色オトコの頼れる毎日の相棒は〈フィリップス〉!
爽やかな男の肌を演出する肌に優しい深剃りシェーバー

ヒゲ剃りは毎朝の日課だけど、デート当日の朝ともなれば、いつも以上に気合が入るもの。剃り残しなしの深剃りで清潔感を印象づけるのが理想とはいえ、やりすぎて肌を傷めてしまっては元も子もない。そこで〈フィリップス〉の新型シェーバーの出番。あらゆる…

TAGS:   Health&Beauty
〈リカルド・ビバリーヒルズ〉で充実したバカンスを!大人だったら旅に合わせてラゲッジも使い分ける!
PR
2019.03.25 NEW

〈リカルド・ビバリーヒルズ〉で充実したバカンスを!
大人だったら旅に合わせてラゲッジも使い分ける!

大人になると旅のスタイルも幅広くなってくる。ちょっと贅沢なバカンス旅へも行くし、アクティブなサーフトリップにだって出かけたい。そんな旅の目的に合ったラゲッジを持つのが、大人の旅には必要不可欠。そこで注目したいのが、1978年にビバリーヒル…

TAGS:   Fashion Lifestyle

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ