Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2024.04.09


40代メンズファッションの基本! 脱オジさんのポイントとは?

男性も40代になるとファッションの面で注意する点が増えてくる。たとえば昔と変わらず同じような着こなしをしていたり、逆に若者の流行を真似してばかりいると、オジさんっぽさが強調されてしまうことに。今回は、40代メンズがおさえておくべきファッションの基本と合わせを徹底解説。大人にふさわしい洗練されたコーデを目指したい40代男性はチェックしてみて。

40代メンズのおすすめファッション20選

40代メンズが真似したいコーディネート例を、セレブのファッションから厳選してご紹介。上品で清潔感のある着こなしを季節別にピックアップしているので、是非参考にしてみてほしい。

春の40代メンズファッション

Ryan Reynolds[ライアン・レイノルズ]

ネイビーカラーでまとめた、40代の大人らしいカジュアルコーデ。一見シンプルな着こなしだが、レースアップブーツでさりげなく武骨なテイストをプラスしているのがオシャレなポイント。白Tシャツを2枚重ねてレイヤードしていて、これがコーデに奥行きを生み出している秘訣。

【関連記事】ライアン・レイノルズのお洒落コーデ44

 

 David Beckham[デヴィッド・ベッカム]

ブラウン系の柔らかなジャケットに、テーパードのスラックスを合わせたきれい目スタイル。〈ロロピアーナ〉の靴で、足元から洗練された雰囲気を演出。インナーの白シャツの魅せ方はいくつもあるが、ベッカムはコンサバコーデに、インナーのTシャツを半だししている。このテクによって、品を漂わせつつも、見た目の鮮度が違ってくるというわけ。ちなみにジャケットをカーディガンに代えるのもアリ。

【関連記事】デヴィッド・ベッカムのお洒落コーデ35

 

 Justin Bieber[ジャスティン・ビーバー]

ブルーとベージュの爽やかコーデが春らしいスタイル。シルエットはIラインを意識して、ややオーバーサイズのGジャンもすっきり着こなしている。ニットキャップも色をリンクさせ、統一感を演出しているのがポイント。エレガントなパールネックレスを取り入れ、コーデの物足りなさを回避しているのがジャスティンのこだわり。

【関連記事】ジャスティン・ビーバーのお洒落コーデ30

【関連記事】ジージャンのメンズコーデ17選! 春夏秋冬損しない着回し術とは!?

 

 Brad Pitt[ブラッド・ピット]

オフホワイトのWポケシャツを羽織ったブラピのスプリングコーデ。シャツの羽織りコーデの深みを見せる秘訣は、ブルーのTシャツ合わせ。さらに白Tをインしたレイヤードテクによって、首元と裾に立体的を演出している。ジャラ付けしたネックレスはTシャツの中に入れて、レイヤードの邪魔をさせないのも大人っぽく見せる要素のひとつ。

【関連記事】ブラッド・ピットのお洒落コーデ25

 

 Justin Timberlake[ジャスティン・ティンバーレイク]

コーチジャケットにチノパンという、スケーターファッションを連想させるスタイルに注目。ストリート感があってもどこか大人っぽい印象なのは、ジャストサイズで羽織ったジャケットがシャツのようにも見えるから。ブラックのチノパンは都会的なイメージを与えてくれる優秀なボトム。ストリートファッションでも色味やシルエットを工夫するだけで、グッと大人っぽく仕上げることができる。

【関連記事】ジャスティン・ティンバーレイクのお洒落コーデ12

 

 

夏の40代メンズファッション

Hugh Jackma[ヒュー・ジャックマン]

クルーネックのロンTとショーツの組み合わせは晩夏にぴったり! ライトブルーのロンTにショートパンツスタイルという、40代男性が上品に見える着こなし。パンツの膝丈という長さ、やや太めのシルエットは大人に最適で、是非真似してほしいポイント。足元は迷彩柄シューズをチョイスしながらも、全体のバランスを考えてカラーはモノトーンを選んでいるのも◎。冷房が効いている室内なら、この上にシャツを羽織るのも手。その際には、ロンTと同系色で無地のカラーシャツがおすすめ。

【関連記事】ヒュー・ジャックマンのお洒落コーデ14

 

 James Marsden[ジェームズ・マースデン]

夏の大人スタイルは、ネイビーを効かせるとリッチな雰囲気が演出できる。柔らかな素材のネイビーシャツをさらりと羽織って、インナーは白のタンクトップという爽快なコーデ。上品な印象を受けるのは、パンツもネイビーで合わせてセットアップのように見せているから。足元の〈ニューバランス〉でこなれ感を出しているのも見逃せない。

 

 Ryan Reynolds[ライアン・レイノルズ]

夏を感じさせる開襟シャツコーデ。開襟シャツは、派手な色柄が多いイメージで、普段使いというよりリゾートやビーチで着るアイテムと思いがち。だけど、ライアンのような小さめのチェック柄で渋い色味であれば、たちまち大人っぽい印象に。カラーのトーンを抑えるだけで、街ファッションにもしっくり馴染むというわけ。

【関連記事】ライアン・レイノルズのお洒落コーデ44

 

 Cooke Maroney[クック・マロニー]

白Tの相棒といえばベージュパンツ。生地が肉厚な無地Tにストレートパンツの合わせは、清潔感があってスマート。足元のスニーカーは、カラーをボトムと同じベージュにして一体感を出せば、脚長効果が狙える。アクセサリーはサングラスと腕時計のみのチョイスで、シンプルコーデが好きな人にとってはいいお手本だろう。一枚上に羽織りたいときは、ベージュのカーディガンを選ぶとトーンの邪魔にならない。

 

 Leonardo Dicaprio[レオナルド・ディカプリオ]

ブラックの半袖Tシャツに濃紺ジーンズの組み合わせは、簡単にソリッドなカジュアルスタイルを構築できるのでおすすめ。全身ダークトーンのコーデは都会的だけど、暑い時期にはやや重たさが残る印象。そこでポイントになってくるのが、ワンポイントカラーの投入。ただ、派手色の小物で一気に見た目を変えるのは、悪目立ちに繋がることも。レオ様のようなライトグレーのキャップであれば、軽やかに見えて大人にふさわしい抜け感を演出することができる。

 

 

秋の40代メンズファッション

Scott Eastwood[スコット・イーストウッド]

白・黒・グレーの無彩色でまとめると簡単にスタイリッシュなコーデが完成! 落ち着いた配色は大人度を底上げしてくれて、オジさんっぽくならずバランスのいい印象に。スリムなパンツにドレッシーなブーツを合わせることで、シルエットが綺麗に決まり、だらしなくならない。スコットはスウェードのジャケットでタフさを強調しているが、グレーのカーディガンにすると優しげな印象に仕上がる。

【関連記事】スコット・イーストウッドのお洒落コーデ6

 

 David Beckham[デヴィッド・ベッカム]

ワイルド感を抑えた、きれいめな大人コーデのコツは、清潔感のあるアイテムを選ぶこと。こちらのベッカムの着こなしはシンプルだからこそ、自身から出るたくましさを存分に発揮している。スキニーパンツのような密着感はないストレートパンツはシルエットが綺麗に決まるうえ、きちんと感がまとえるので大人らしさも完璧。

【関連記事】デヴィッド・ベッカムのお洒落コーデ35

 

 Ryan Reynolds[ライアン・レイノルズ]

定番アメカジをイマドキに見せるテクは、ダボダボ過ぎず全体をほどよくスマートなシルエットでまとめること。今日のライアンはアウトドアシーンにも活躍するマウンテンパーカーを羽織り、旬のアスレジャースタイルに仕上げている。インナーと足元の白で色サンドすることで、軽やかさと清潔感がアップして好印象に。

【関連記事】ライアン・レイノルズのお洒落コーデ44

 

 JAKE GYLLENHAAL[ジェイク・ギレンホール]

黒のハイゲージニット×グレーのリラックスパンツという上品な大人カジュアルコーデ。カラーバランスが絶妙で、どんなシーンにおいても悪目立ちしない王道スタイル。このようなシンプルな着こなしの場合、ラグジュアリーアイテムで格上げして、品格ある着こなしに仕上げることも重要。ジェイクは手元に〈カルティエ〉のサントスを着用することでクラス感をプラス。グレーのジャケットを羽織り、セットアップっぽくするのもおすすめ。スーツだとかっちりしすぎる場面などに生かしたい。

【関連記事】ジェイク・ギレンホールのお洒落コーデ8

 

 Liev Schreiber[リーヴ・シュレイバー]

ネイビージャケットにグレーのウールパンツを合わせて、かっちりコーデを上手にカジュアル仕上げ! スーツよりはくだけているけど、大人感はキープしているのがお見事。そこにNYヤンキースのキャップを投入して、遊び心を利かせている。地味な着こなしでも、小物を生かすことによって、お洒落レベルを格上げできる好例といえる。ちなみに、ダークカラーのトップは引き締め効果が期待できるので、アラフォーの体型隠しにもおすすめ。

【関連記事】リーヴ・シュレイバーのお洒落コーデ14

 

 

冬の40代メンズファッション

David Beckham[デヴィッド・ベッカム]

全体を落ち着いた色味で統一すれば、40代ならではの大人の余裕と精悍さを演出できる。レザージャケットはトップまでボタンを閉めてピシッと着ると、たくましさだけでなくきちんと感も加わって、品のあるスタイルに。デニムパンツは、ヴィンテージ感のあるものより、きれいめなアイテムをチョイスすると、好印象を持たれやすくなる。

【関連記事】デヴィッド・ベッカムのお洒落コーデ35

 

 Ryan Reynolds[ライアン・レイノルズ]

寒暖差が激しい時期に頼りになるアウターがダウンベスト。袖がないぶん温度調節が簡単で、インに着たアイテムをバランスよく露出できることもメリットとなるアイテム。ダウンベストは装飾のないタイプをチョイスすると、子供っぽくならず大人らしさをキープできる。ライアンの着こなしは、ネイビーでまとめたスタイルに白を差しこんで、爽やかなヌケ感を出している。

【関連記事】ライアン・レイノルズのお洒落コーデ44

 

 Hugh Jackman[ヒュー・ジャックマン]

ファーがゴージャスな印象のダウンジャケットに、リラクシーなスウェットパンツを合わせたヒュー。大人らしさを意識するのであれば、ただスウェットパンツを合わせるのでなく、少し差別化を図りたいところ。細身のシルエットでまとめて、足元のスニーカーを同色で合わせると、だらしなさがなくなり、都会的で今ドキな着こなしに。

【関連記事】ヒュー・ジャックマンのお洒落コーデ14

 

 Bradley Cooper[ブラッドリー・クーパー]

ダウンジャケット×楽ちんパンツという組み合わせがセレブの間でトレンド。40代メンズらしい落ち着きを出すには、ナイロンと風合いのある素材をミックスした、深みのあるスタイリングがおすすめ。ベイカーパンツは快適に穿けるトレンドのボトムで、大人の休日コーデとして取り入れてみたい。

【関連記事】ブラッドリー・クーパーのお洒落コーデ27

 

 Brad Pitt[ブラッド・ピット]

シックに羽織れるブラックのハーフコートは、40代の男性なら手に入れておきたいアイテムのひとつ。上下のシルエットをやや細身に統一することで、大人の色気を表現できる。首元を開けたシャツでさり気なく肌見せしており、ラフに着こなしているのが魅力。

【関連記事】ブラッド・ピットのお洒落コーデ25

 

 

40代メンズがオジさんぽく見えるNGファッション3選

40代がおしゃれなメンズで居続けるために、極力避けておきたいファッションもある。ここからは、オジさんぽく見えるNGファッションをご紹介! 大人の男性がしてはいけないポイントをチェックして、世代にあったアイテムを身に着けているかどうか見直してみよう。

上下柄コーデで主張が激しい

上下柄コーデは、全体の見た目がうるさくなって子供っぽい印象になりがち。無理矢理若作りをしているように思われてしまうことも。具体的には、プリントのあるトップに、柄物パンツなどの組み合わせは回避したい。また、子供っぽさをイメージさせる柄にも注意が必要。柄アイテムをファッションに取り入れる場合は、トップまたはボトムのみとして、もう一方は無地にする組み合わせが大事。 

 

コーデのシルエットがダボっとしている

オーバーサイズのストリートファッションはまだまだ人気継続中。ただし、40代メンズがゆったりシルエットを取り入れる際は注意が必要。その理由は、大人世代がビッグサイズのアイテムをそのまま着用すると、野暮ったくて、だらしない印象を与えてしまうから。オーバーサイズのカットソーにワイドパンツなど、ゆとりのあるアイテム同士を合わせることはおすすめできない。ゆったりアイテムを40代メンズが着こなす際には、トップかボトムかのどちらか一方だけに留めておこう。片方は細身シルエットにすることでコーデにメリハリが出て、清潔感のある洗練された雰囲気にアップデートできる。 

 

ダメージが効きすぎだらしなく見える

エッジの効いたワイルドな味が特徴のダメージ加工アイテム。男性からの支持は高いが、あまりに激しいダメージが入っていると、だらしない雰囲気が漂うことも。そのため、ダメージ加工はほどほどのものを選ぶ方がベター。 

 

40代メンズファッションでおさえるべきポイントとは?

ここからは、40代メンズが知っておきたい、ファッションでおさえるべきポイントをご紹介。

柄やマークはワンポイントで使う

Arnaud Valois[アルノー・ヴァロワ]

40代メンズが柄やマークをコーデに取り入れる場合は、ワンポイントに絞っておく方が大人らしさが出しやすい。柄やロゴが小さくシンプルなデザイン、もしくは無地がおすすめ。また、柄物の定番であるチェック柄は、格子の大きさに気を付けると◎。チェックが小さいものであれば、子供っぽさが回避できて、大人らしいスタイリングが可能になる。 

 

サイズと組み合わせに気をつける

Jacob Elordi[ジェイコブ・エロルディ]

40代の男性をオシャレに見せるコツは、サイズ感の合ったアイテムを着るということ。まずは自分の適性サイズを知って、ジャストサイズのアイテムからトライしてみよう。もしオーバーサイズのアイテムを着るのなら、細身のアイテムと組み合わせればとバランスの取れたお洒落な着こなしに。たとえば、オーバーサイズのTシャツと、テーパードの効いたボトムのコーデは、トレンド感もあり見た目のバランスもいい。40代メンズでも、洋服のサイズや組み合わせをマスターすれば、オジさんっぽさを回避できるのだ。 

 

キレイめファッションを意識する

Ryan Reynolds[ライアン・レイノルズ]

40代にもなると、ただ好きなファッションを身につけていればいいというわけにもいかないだろう。シーンによっては大人らしさを意識して、清潔感のあるキレイめスタイルを追求することが大切。キレイめを代表する定番アイテムとしては、テーラードジャケット・ポロシャツ・ローファーなどが挙げられる。このようなアイテムを1点投入するだけで、カジュアルコーデにも大人感を漂わせることができるため、存分に頼ってみよう。 

 

◆合わせて読みたい!◆
【Fashion】真似したい「大人のお洒落コーデ集」はコチラ!
【Celebrity】着こなしなど海外セレブの最新情報はコチラ!
大人なら絶対避けたい、NGファッションを解説!

 
コーデ解説=榎本匡寛 
Commentary:Masahiro Enomoto(remix) 
photo by AFLO
【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari】TOSHIO MATSUMOTO Meets BLACK WOLF
間が空いてもいい。とにかく続けることで、前向きになれる。

パフォーマーから退いてはや9年が経つにもかかわらず、いまだ現役さながらの肉体を保ち、キレのいい動きで第一線で活躍する松本利夫さん。歳を重ねたことで円熟味が出てきたものの、まだまだ若々しく精悍で、エネルギーに満ちあふれた印象。彼のスタイルは…

TAGS:   Health&Beauty
【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLFなりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。
SPONSORED
2024.06.30

【Safari me time】RYOHEI OHTANI Meets BLACK WOLF
なりたい自分自身をイメージして、努力することが楽しい。

寡黙で優しく、それでいて芯が強い。最近出演する映画やドラマでは、そんな役どころを演じることが多い俳優の大谷亮平さん。実際にお会いすると、若々しくフレッシュな印象だ。きっと、いまだ鍛えているという身体と艶やかな黒髪が、そう感じさせるのだろう…

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。
SPONSORED
2024.06.30

仕事も週末も両立する新ブランド〈MCFC〉。
ビジネスマンのための時代を創造するバッグ。

クリエイティブディレクターを戸賀敬城、デザイン監修を橋本 淳が務める〈アウール〉から新しくバッグブランド〈MCFC〉がデビュー。ウエアと同じく、“ビジネスをより快適に”をテーマに使い勝手がよく、かつスタイリッシュなデザインが最先端で働くビ…

TAGS:   Urban Safari Fashion
ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。
SPONSORED
2024.06.30

ラグジュアリーを身近に感じさせてくれる〈フレデリック・コンスタント〉の新作。
ビジネスシーンに映えるシンプルで優美な腕時計。

余裕を忘れがちな仕事中、手元にさりげなくラグジュアリーな腕時計があれば、忙しさの中にも優美さを保てる。1988年の創業から16年で自社製ムーブメントを製造する“マニュファクチュール”となった〈フレデリック・コンスタント〉。その真摯なウォッ…

TAGS:   Urban Safari Watches
〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!男らしさと品格がある都会で映える腕時計!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションに注目!
男らしさと品格がある都会で映える腕時計!

都市で暮らす男に必要なのは、荒々しい男らしさではなく、凛とした気品と力強さ。腕時計でいえば、〈ルイ・ヴィトン〉の“エスカル”コレクションがそれにあたる。長い歴史に裏打ちされた自信と存在感、そして“サヴォアフェール(匠の技)”による精緻な作…

TAGS:   Fashion Watches
〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!
SPONSORED
2024.06.26

〈ルイ・ヴィトン〉のメンズのフレグランスが登場!
存在感がひと際違う太陽の光と香りをまとう!

生命の源であり、高揚感やエナジーの象徴である太陽光。その輝き“香り”として具体化したメンズフレグランス“LVERS”が〈ルイ・ヴィトン〉から登場した。メンズ クリエイティブ・ディレクターであるファレル・ウィリアムスのアイデアを形にした新し…

TAGS:   Fashion
〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!
SPONSORED
2024.06.25

〈ザ・ブセナテラス〉で過ごす、パートナーや家族との贅沢な時間!
くつろぎと冒険が同居する特別な沖縄バカンス!

ホテルのエントランスを抜けると、目線に東シナ海の水平線。間にあるテラスは、日常と非日常の境目といった趣だ。チェックインからドラマチックな旅を予感させる〈ザ・ブセナテラス〉は、極上のくつろぎを備え、かつ海に面した立地ならではのアクティビティ…

TAGS:   Stay&Travel
沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?
SPONSORED
2024.06.25

沖縄の名門〈インターコンチネンタル〉で非日常的な体験を!
海が輝くリゾートで味わう極上のホテルステイとは!?

人生のスパイスとなる体験を求めるラグジュアリー・トラベラーが、沖縄での滞在先に選んで間違いないのが、国際的ブランド“インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ”だ。豊かな自然が織りなす絶景に囲まれた立地、ハイエンドな空間やサービスが、成熟…

TAGS:   Stay&Travel
さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!
SPONSORED
2024.06.25

さりげなバックシャンも叶う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の新作!
ワザありのロゴアイテムでひと味違う夏カジュアルに!

派手な色柄アイテムを着こなすのも夏の醍醐味だが、あえてシンプルに装いつつ洗練度高めのロゴを効かせるのも大人っぽいワザ。さらに、バックシャンでさりげなく違い出しできればもっと差がつくはず。そんなわがままを叶えてくれるアイテムといえば……、〈…

TAGS:   Fashion
武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

武知海青がこの夏、選んだ〈ベル&ロス〉の1本!
男らしくも海の香りがする新星ダイバーズ!

THE RAMPAGEのパフォーマーとして活躍する一方、ボディメイクなど他ジャンルへの挑戦でも注目を集めている武知海青。アクティブ派アーティストは、鍛え上げた身体を手元から格上げしてくれる〈ベル&ロス〉の新作ダイバーズを、この夏の相棒に選…

TAGS:   Fashion Watches
夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!
SPONSORED
2024.06.25

夏カジュアルのインパクト出しは〈エドックス〉で!
海男の手元に映えるマットな黒ダイバーズ!

着こなしがシンプルになる夏こそ、個性的なタイムピースが本領を発揮するシーズン。そこで注目したいのが、スイスの老舗ブランド〈エドックス〉からリリースされた日本限定モデル。海のF1とも称されるパワーボートレースの世界観を投影したコレクションに…

TAGS:   Fashion Watches
上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!
SPONSORED
2024.06.25

上質でタイムレスなアイテムが揃う〈ボナベンチュラ〉!
カラフルな個性派バッグで大人の休日を満喫!

普段使いのレザーアイテムを、上質なものに変えるとその見た目や感触の快適さで幸せな気持ちになる。その小さな幸せが積み重なるといつもご機嫌でいられてさらに幸福を呼び込む。そんな"幸せループ"を作るラグジュアリーレザーグッズのブランドが〈ボナベ…

TAGS:   Fashion
〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!
SPONSORED
2024.06.25

〈アンスタンダード〉が造る“ニューオールドアメリカン”な家!
憧れのライフスタイルはレイドバックした空間で!

'50年代のアメリカカルチャーに影響を受けた大人も多いだろう。住宅デザインも、オールドアメリカンというキーワードが今、話題を集めている。そこに、新しい価値観を与えるのが〈アンスタンダード〉の“ニューオールドアメリカン”スタイル。憧れの時代…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ