Safari Online

SEARCH

CELEBRITY セレブ

2022.06.11


【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ19

『Safari Online』で紹介してきたベン・アフレックのお洒落な着こなしをまとめてご紹介!

 

 
[ベン・アフレック]
Ben Affleck
 

【ベン・アフレック】ベージュトーンで仕上げる大人デートコーデ

映画スタジオに婚約者であるジェニファー・ロペスと訪れたベン・アフレック。トップはベージュのハイゲージなニット。ボトムはリネンのタック入りの楽ちんパンツという品のあるコーデに仕上げている。お隣のジェニファー・ロペスとはパンツのカラーをグレーで揃えるなど、大人っぽいカップルコーデを狙っているのも心憎い。シンプルなコーデは足元がポイントになるが、ベン・アフレックはブルーのレザースニーカーで個性出し。ニットの袖を捲って、たくましさと軽快さを演出するなど、細かいお洒落テクも見逃せない。
 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

いい年の大人がデニム×Tシャツを上手に着こなすには、色ももちろんだが、そのフィット感に注意するほうが先決かと。それを教えてくれるのがこのベンだ。ラフになりがちな青デニムは必要以上にゆるくしたり細くしないで、ほどよくフィットのシルエットを選ぶ。そして、Tシャツはジャストフィットで丈短め。こんなふうにカラダにあったモノ選びをしてみて。自分の体型を理解すると、もっとお洒落に見えるはず!
 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

黒デニムと黒パーカに、グレーのTシャツをインして、スリムに見えるモノトーンコーデを披露。で、気になるのはやっぱりTシャツの稲妻ロゴですよね。はい、ご存知のとおりコチラは、『Safari』お馴染みのサーフブランド〈ライトニングボルト〉。ベンも愛用しているのだ。モノトーンコーデの中でいいアクセントになっているのは言うまでもない。さらに、彼が洒落ているのは足元。スニーカーには白か黒を選びそうだが、そこをあえてポップな“エアマックス”をチョイス。ダークなコーデにこのカラフルさは、洒落感増しにはかなり効果的だ。やはりベンにお洒落の手抜きはなし。
 

 

【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

見た目は普通な感じがするコーデだが、彼のうまさはその普通さにある。これを見ればお分かりいただけるが、普通といえども清潔感と都会的な雰囲気があり、これ見よがしじゃない洒落感が漂う。ポイントは、色使い。スウェットシャツを中心に少しずつ色も変化させ、そして、なんにでも馴染むグレイッシュな色を上手に使ったこと。沈みがちなグレーもこれなら生きるし、モダンさが光る大人らしいグラデコーデに。
 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

クリーンアメカジのコーデを披露したベン。で、ここに合わせた靴がなかなかのレアもの! ベースモデルは、バスケの神様、マイケル・ジョーダンが学生時代に愛用していた〈コンバース〉プロ・レザー。今では復刻やコラボでしかお目にかかれない1足で、彼が履いたコチラもそのひとつ。〈ポロ ラルフ ローレン〉や〈カルバン クライン〉でキャリアを積んだのち、2000年秋冬シーズンから自身の名を冠したブランドを手がける、ジョン・バルベイトスとのコラボモデルだ。2010年に発表されたモデルと推測される。少し日焼けしたようなヴィンテージ加工を施した、なんとも味わいのある1足。
 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

グレーの濃淡で上手にコーデを組んだベン。まさに、グレーで大人らしさと軽快さの両方を表現しているところがうまい! 全体的に濃いめのグレーは避け、軽めにしているのもポイント。トップは引き締まるグレーを重ね、ボトムはすっきり淡~いグレーでジャストフィット。足元はおそらく〈オールバーズ〉のチャコールグレースニーカー。濃色を上下に使うというサンドイッチ技!
 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

いつもよりワイルドに決めたコーデでお出かけをしたベン。黒のライダースを主役にして、味のある茶デニムを合わせた男気あふれるコーデ。これに黒Tなどをインすると、かなりコワモテの人になるところ、彼はボルドーのトリミングが入った白Tをチョイス。それに合わせるかのようにスニーカーもボルドーにし、全体をぐっとシックにまとめた。ちなみに、スニーカーは恐らく〈オールバーズ〉。サスティナブルなスニーカーでセレブに人気のブランドだ。
 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18


LAの街で見かけたベンは、ベージュのコートがとても印象的。デニムのブルー、靴のこげ茶、インナーのボルドーという大人っぽい配色に、ベージュで優しげ&柔らかい雰囲気を加えている。しかもベージュには春らしい軽快さがあるから、全体が重厚になりすぎるのを防ぐ効果も。ヒゲにミラーサングラスのコワモテ感も、これなら逆にバランスがいい!?
 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

この日は相性のいいカーキとサンドベージュを組み合わせ。お洒落の第一歩としてこういった色の相性を知っておくというのもひとつの手。で、カラダつきのいいトップは濃い色でぐっと引き締め、ボトムは淡色にして上品に。足元は白スニでヌケをつくれば、色のバランスは完璧。あとは、逆三角形のフォルムを作るようにシャツはジャストサイズ、ボトムはテイパードの効いたパンツを選べばまとまりがいいはず。

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

グリーンのライン入りナイロンブルゾンを羽織った俳優のベン。かなりスポーツ度の高いアイテムだけど、ベースのコーデが黒×茶の落ち着いた雰囲気ということもあって、実にバランスのいい着こなしになっている。アメカジ風コーデのアクセントとして、ブルゾンのスポーティさを生かしたスタイルといえそう。 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

こちらはサンタモニカの街を歩く俳優ベン。上品コート、淡青デニム、Tシャツ、パーカと、とアイテムの組み合わせはベッカムと全く同じ。でも淡青デニム以外の色使いが正反対になっていて、なかなか興味深いところ。ベンは淡青デニムでうまくヌケ感を作りつつ、全体を大人っぽく落ち着いた雰囲気にまとめている。 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

洒落たボルドーカラーのパンツを、白のヘンリーネックTに合わせたベンの着こなし。足元には茶のレースアップスニーカーを履いて、大人な雰囲気を漂わせているのがわかる。ボルドー×茶は秋っぽい色使いだけど、ベンのように白トップなら夏らしい軽快さが出て、重くならずにこなせるはず。ロングTの袖をグッと捲って肌見せしているのも効果的。普通の半袖Tシャツよりも、こなれ度がアップして見える。
 

 

【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

サックスブルー(くすんだ淡青)の爽やかなパンツ姿。トップはドレスシャツ&ジャケットでかっちりキメているけど、シャツの裾をアウトにすることでリラックス感を出しているのがうまい。ジャケットのネイビーも少しくすんだトーンを選んで、中間色同士を絶妙な加減で合わせている。足元の白スニも、夏らしいコーデにはベストチョイス。しっかり大人っぽいのに、若々しい雰囲気を演出するのに成功しているのがわかる。
 

 

【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

インディゴよりブルーグレーに近いニュアンスカラーを選択して、きっちり感のあるジャケットスタイルのアクセントにしている。ネイビー系でまとめているだけでなく、実は彼の着ているジャケットとニットのちょうど中間くらいがパンツの色になっていて、そのおかげで全体の色バランスが整って見えているってわけ。何げないようだけど、しっかり考えられた着こなしといえそう。
 

 

【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

カーキの細身パンツに、赤×グレーのチェックシャツというベンの着こなし。カーキは色そのものに力強さや男らしさがあるから、カラーパンツとしては取り入れやすいはず。ベンのようにアメカジ調の着こなしに合わせることで、いつものデニムとは違うお洒落に仕上げることができる。胸元に褪せた黒のTシャツを覗かせて、ボトムとトーンを合わせているのもうまい。これによって全体がより落ち着いた印象になり、大人っぽさもアップしている。

 

【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

数枚持っているのではないかと思うくらい、よく目撃されているのがこの青Tシャツ。これはNBLのチーム、ニューイングランド・ペイトリオッツのデザイン。ベンがペイトリオッツの大ファンだというのは有名な話。ヘルメットが8ビットで表現されたデザインはレトロで懐かしい雰囲気で洒落た遊び心を感じさせる。ベンはそれを上下ブルートーンでコーディネート。色合わせに気を配っているのは、是非参考にしたいポイントだ。
 

 

【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

バカンス先ではサーフィンをしている姿を目撃させているベン。実は“海好き”キャラという一面もある。ホラ、味のあるプリントでこなれ感はたっぷり。ただ、普段着るのであればベンのようにシンプルな渋色のものを選びたい。これみよがしな雰囲気にもならず、街中で着ても馴染むから使い勝手もいいはず。さらに濃紺デニムと合わせているので、グッと落ち着いた印象になっている。
 

 

【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

褪せ赤のTシャツを着たベン。よ~くみると、”USA”というロゴと”聖火ランナー”が描かれている。おそらく’84年のロサンゼルス五輪のときのものと思われるデザイン。う~ん、あふれだした愛国心なのか、このチョイス、かなりタダモノじゃない雰囲気を出していない? ロゴが醸し出すヴィンテージ感がこなれて見える要因のひとつ。そんなところも彼らしい着こなしなのかも。
 

 
【まとめ】ベン・アフレックのお洒落コーデ18

ミリタリー調の骨太デザインに、抜群の暖かさを備えた“ブロムリー ボンバー”。これを愛用しているのが俳優のベン。シックな色味のトップに対して、ボルドーのボトムでお洒落感を演出。なんとも男の色気を感じる組み合わせだ。防寒だけで満足することなく、色味で洒落感を出すテクは是非見習いたい!
 

 

photo by AFLO
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ