Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.08.13


上級フレンチSUVの味わいとは? 〈DSオートモービル〉DS3 クロスバック

トレンドは押さえておきたいし、新しいモノが大〜好き♡ そんな人は、選ぶクルマのブランド自体をニューフェイス系にしちゃう、ってのもイイ。〈DSオートモービル〉は2015年に〈シトロエン〉から独立したブランド。〈シトロエン〉、〈プジョー〉などを擁するフランスの企業“グループPSA”の中でも最高級車の位置づけになる、新進気鋭の新顔だ。独立以前は〈シトロエン〉の最上級グレードとして存在していたのが“DS”。だから、高級路線には納得のシナリオが、独立前から描かれていたというワケ。



さて、独立当時こそ〈シトロエン〉のバッヂを付け替えただけ(?)的なラインアップだった〈DSオートモービル〉。だけど、4年の時を経た今、世界的に見てもユニークなモデルがラインアップしはじめているのを、知っていました? その事実上のスタートは現在〈DSオートモービル〉ブランドのフラッグシップモデルとなるDS7 クロスバックの発売。日本では2018年に導入された若いモデルだけど、“パリ、都会派、クラフトマンシップ、ラグジュアリー”など、キラキラワードを散りばめて登場したのだ。


写真はDS7クロスバック

プロダクトもまさに“キラキラ”というのがピッタリなパッケージ。インテリア・エクステリアとも、デザインの各所にはダイヤ型(ひし形)が散りばめられているのだけど、これはルーブル美術館のガラスのピラミッドからインスパイアされているのだとか。それ以外にも個性的なデザインが盛りだくさん!

さらに世界を驚かせたのは、さすが〈シトロエン〉由来のもっちりフワッフワのサスペンションと、飛び出し感ある元気なエンジンの組み合わせ。これ、「このミスマッチこそフランス車の妙味なんだよな〜」な〜んて悦に入る仕上がりなのだ。

で、そんな〈DSオートモービル〉ファミリーにニューモデルが追加された。それが今回ご紹介する、コンパクトSUVであるDS3 クロスバック。



直接的なライバルは〈アウディ〉Q2、そして当コラムでも以前紹介し、この秋に日本導入がウワサされている〈フォルクスワーゲン〉Tクロスあたり。つまり、かなり小さいサイズのクロスオーバーモデルと考えてほしい。
 

NEXT 今どきのフレンチフィールが味わえる!

2/3PAGE

今どきのフレンチフィールが味わえる!


エンジンは1.2ℓの3気筒ガソリンターボ。それにグループPSAとしてははじめて8速ATを組み合わせ、走りを洗練させている。ちなみにこのDS3 クロスバックは、DS7 クロスバックのDNAを継ぐだけあって、内外装ともにかなり個性的なデザインがてんこ盛り。それが目立つだけに気づきにくいのだけど、走りは超絶なる正統派フレンチフィールなのだ。







それを叶える秘密のひとつが、グループPSA初導入となる新小型プラットフォーム“CMP”。将来的にはバッテリーEV(ピュアEV)までもカバーすることを見越した骨格だけに、ガソリンターボには十二分すぎる剛性が、サスペンションをよりフレキシブルに動かす手助けをしている。



さらにアダプティブクルーズコントロール、ハイウェイインテグレーテッドアシスト、レーンポジショニングアシストなど、先進運転支援システムは兄貴分であるDS7 クロスバックよりも上級。というわけで、ここらでちょっと趣向を変えて、“フレンチ薫るコンパクトSUV”はどう? もちろん試す価値アリ!

 

NEXT 気になるスペックは?

3/3PAGE

 
★DATA〈DSオートモービル〉DS3 クロスバック
●全長×全幅×全高:4120×1790×1550mm
●車両重量:1270kg
●ホイールベース:2560mm
●エンジン:1.2ℓ直列3気筒ターボ
●最高出力:96kW(130PS)/5500rpm
●最大トルク:230Nm/1750rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:前輪駆動
●税込み価格:299~404万円









Information

●DSコール 
TEL:0120-92-6813

文=今井優杏 text:Yuki Imai

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ