Safari Online

SEARCH

SAFARI ME TIME サファリ ミータイム

2023.01.03

The Time Spend Together
【大橋海人・大橋イザ夫妻】強いファミリー愛が幸せな時間を生む。

日本サーフィン界のトッププロとして国内外のコンテストで長年活躍。2019年以降はフリーサーファーとしての活動に軸足を置いている大橋海人さん。現在は自身のブランドを設立。サーフィン映像の撮影や次世代サーファーの発掘を目的するコンテストの運営を行うなど、様々なアクションを起こしています。そんな新しい道を歩みはじめた大橋さんの多忙な毎日をともに過ごし、お互いを支え合っているのが2021年秋に結婚したイザさん。大橋さんの仕事は家でもやらなくてはならないことが多く、様々なものを2人で共有しているようです。

The Time Spend Together 01
2人で過ごす時間も
家族で過ごす時間も
大好きです。

(大橋イザ)
強いファミリー愛が幸せな時間を生む。海人さん:長袖Tシャツ6930円、パンツ1万3200円(以上フォーマー/ナインボール) イザさん:ネックレス1万7600円(フィリップ オーディベール/S.O.S fp 恵比寿本店)、バングル8万8000円(シンパシー・オブ・ソウル スタイル/S.O.S fp 恵比寿本店)、その他はスタイリスト私物

「パソコンのあるデスクまわりは、2人ともよく使うので共有している場所のひとつ。イザは僕のブランドの商品の発送なども手伝ってくれたりもしているので、そのときはデスクでやっています。イザも僕もユーチューブのチャンネルを持っているので編集作業をやったりすることも。そういうときは結構、取り合いになったりしますね(笑)」

大橋さんは、お父さんが他界されてからは長男としてお母さんと一緒に4人の兄弟を支えている。そこでイザさんも一緒に暮らしているので大橋家は大家族。さらに地元・茅ケ崎の友達が気軽に立ち寄る家でもあるので、イザさん曰く、おウチはいつも賑やかなのだとか。

「私はモデルの仕事をしていたときに一度、東京で1人暮らしをしたことがあります。でも、家族で過ごすことが大好きだったので半年で実家に戻ってしまいました(笑)。ファミリーが大好きなので、結婚してからの大家族の暮らしも私としてもとても心地がいいんです」

毎日食べるご飯を作ることも、2人が共通して好きなことのようです。

「自分も料理は好きなので2人で作ることもあるのですが、やっぱりイザが作ってくれたご飯のほうが美味しいですね(笑)。大会に出場するときなどは、疲労回復やパフォーマンスの向上を図るためのリカバリー食を作ってくれます。すごく助かっていますね。この間は、アスリート向けの食事を学ぶ講習に行ったりもしてくれていました」

イザさんが最近よく使い、大橋さんもお気に入りなのが低温調理器なのだとか。

「最近、愛用しているアスリートの方も多いみたいですね。低温調理器を使うとパサパサになりがちなささみ肉が、しっとり美味しく仕上げられるからですね。講習会でレシピを教えてもらったので、家でそれを試しながら作っています。正直海人はアスリート向けの食事は好きじゃなかったようなのですが、今は美味しく食べてくれています。私はまだ教えてもらった料理しか作れないんですけどね(笑)」とイザさん。

ご飯を作っている時間は、2人にとっても嬉しい時間のようです。

「低温調理器は温度と調理時間が決まっていて、一度設定したらその時間はイザもなにもしなくていいんです。だから調理時間が40分だったら、その40分間に2人で話をしたり、一緒にテレビを見たりする時間になります。それがまた楽しいんです」と大橋さん。毎日欠かさず食べるご飯の時間さえ、楽しい時間として過ごすコツを知る2人なのです。

The Time Spend Together 02
海外の海でもどこでも
一緒に行くけど、
おウチでも一緒にいたい。

(大橋 海人)
強いファミリー愛が幸せな時間を生む。大橋 海人
1992年、神奈川県生まれ。17歳でプロサーファーとなり、2015年にWSLジャパンのリージョナルチャンピオンとなる。現在は、サーフギアブランド〈ローディッシュ ビヘイビア〉やサーフィンコンテスト"ノット"を運営。


大橋イザ
1993年、群馬県生まれ。ファッションモデルとして雑誌やショーで活躍後、2021年に大橋海人さんと結婚。料理が趣味で、日々新しいレシピに挑戦中。大橋さんのサーフィン映像の撮影を担当することも。

Column
おウチでも外でも2人を
繋ぐ大切なアイテム。

普段着るカジュアルウエアも、シェアすることが多いという大橋さんとイザさん。2人が好きな海で過ごす時間や買い物に出かけるときでも、共通のものを使う。おウチではお気に入りの調理器具でご飯を作る時間も幸せな時間に。そんな2人に欠かせないモノをご紹介。

強いファミリー愛が幸せな時間を生む。
海で過ごす時間が長い
2人が手放せないもの。

毎日のように海に繰り出す大橋さんはもちろん、一緒に海に行くことが多いイザさんにとってもサングラスは必需品。数え切れないくらいの本数を2人でシェアし、大切な目を守っています。

強いファミリー愛が幸せな時間を生む。
家族が作ってくれた
財布を2人で愛用。

洋服もシェアすることが多い2人は、財布も同じブランドを愛用。これは、大橋さんの弟が職人として作っているレザー製ウォレット。好きなデザインで作ってもらったものなのだとか。

強いファミリー愛が幸せな時間を生む。
アスリート飯を
作る必需品!

2人のお気に入りなのが、〈ボニーク〉の低温調理器。深鍋に設置するだけで調理できるシンプル操作。高タンパクかつ高栄養価で、ヘルシーなレシピを美味しく食べられるのだとか。

“The Time Spend Together”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

【松井千士・坂口佳穗夫妻】 
2人の共通の趣味で家での会話も弾む。
【ザック・バランスキー&愛子 バランスキー夫妻】 
夫婦円満の秘訣は“好き”のシェア。
【大津祐樹・久冨慶子夫妻】 
今までとは全く違う家族の時間になった。
【五十嵐 圭・本田朋子夫妻】  
便利さよりも心地よさを意識するようになった。
【魔裟斗・矢沢 心夫妻】    
もともと家での時間は長く、会話の多い生活スタイル。
【卜部弘嵩・高橋ユウ夫妻】 2人で子育てに向き合う時間を大切に。
【増嶋竜也・潮田玲子夫妻】 家族の過ごし方が変わり、当たり前の大切さを実感。
【井上康生・東原亜希夫妻】 家族で過ごす時間が増えて、新たな発見があった。

Information

●ナインボール
TEL:03-5784-1600

●S.O.S fp 恵比寿本店
TEL:03-3461-4875

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ