Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2021.11.09

やはり一番使いやすい!?
“パックリ”デイパックが今また人気の理由とは?

パソコンを持ち運ぶのが普通となった今、手ぶらになれるうえに重さを感じにくいバックパックがとにかく人気。少し前までは大人がバックパック? という風潮があったけど、今はどこ吹く風。で、今人気のタイプは? 使いやすさを重視して選んだ結果、シンプル顔で間口がパックリと大きく開くデイパックがいいってことに!

やはり一番使いやすい!?“パックリ”デイパックが今また人気の理由とは?デイパックといっても千差万別。大まかにわけると本格アウトドア、PCやモバイルを収納できるシティ向け、そして自転車やバイクで移動することに重きを置いたモデルといったあたり。そんな中でも口がパックリと開くタイプには、中味がよく見えて、抜きん出た使い勝手のよさがある。今は1990年代リバイバルの流れもあって、大人でもデイパックが違和感なく取り入れられるから、小僧っぽい……なんて思わずに、是非ともお試しあれ!

[エル・エル・ビーン]
L.L.BEAN


 

1万3200円(エル・エル・ビーン/エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター)

1万3200円(エル・エル・ビーン/エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター)

アウトドアデザインを
街でも使えるように改良!


“コンフォート・キャリー・ポータブル・ロッカー・パック”は、アウトドア用をベースに、デイリーユースからアウトドアアクティビティまで対応している。42ℓとほどよい大きさなので、1泊2日くらいの荷物なら難なく入る。本体は頑丈なリップストップナイロンをベースにしていて、15インチまで対応するパット入りのPCスリーブも装備。

[ザ・ノース・フェイス パープルレーベル]
THE NORTH FACE PURPLE LABEL


 

1万2100円(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル/ナナミカ 代官山)

1万2100円(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル/ナナミカ 代官山)

‘70年代のクラシックなパックが
現代的な機能を備えて復活!


‘70年代のクラシックなバックパックをリファインした“ブックラックパック”。素材を陰影のあるナイロンオックスに置き換え、メインコンパートメントにはPCなどが収納できる仕切りポケットを装備。そのモデル名のとおり、フロントには雑誌などを入れることができるDカン・ストラップ付きの大きなポケットがある。

[ニューライフプロジェクト]
NEW LIFE PROJECT


3万9600円(ニューライフプロジェクト/にしのや)

3万9600円(ニューライフプロジェクト/にしのや)

日常使いから旅行まで
対応するエコなバッグ!


サスティナブルなものづくりで注目を集めているライフスタイルギアブランド。代表作の“エコキャンバスオーバルパック”は、コーデュラと再生ペット糸をメイン素材に使ったサスティナブルシリーズ。ミニマルなデザインだが、16インチまでのPCが収納可能。文庫本やウォレット、パスポート、タンブラーなどを効率よく収納できるように計算されたレイアウトは、まさに実用的。これは使ってみないと!

[タイガリオナ]
TAIGALIONA


3万800円(タイガリオナ)

3万800円(タイガリオナ)

 

180度開閉して折りたためる
機能的な設計がお見事!


日本の伝統技術である左官のリーティングカンパニーが展開するプラスターワークテックウエアブランド。光沢のあるナイロンを使った“パッカブルパック”は、180度開閉が可能なジップ設計がポイント。ボディ本体を折りたたむとフロントポケットに収納ができるため、旅行のサブバッグとしても使えるのも嬉しい。

[ブルックリン マシンワークス]
BROOKLYN MACHINWORKS


 

2万1780円(ブルックリン マシンワークス/ハンドイントゥリー ショールーム)

2万1780円(ブルックリン マシンワークス/ハンドイントゥリー ショールーム)

自転車に乗るための
機能満載バッグ!

 

ニューヨークのブルックリンで1996年にスタートし、世界中にコレクターが存在するという自転車メーカーが〈ブルックリン マシンワークス〉。この“バックパック21”は、ベーシックなデザインながらも、自転車に乗るライフスタイルには欠かせない機能性を落としこんでいる。太陽光で変色しにくく、耐久性の高いPET樹脂リサイクル加工のナイロンで、随所に止水ジッパーを採用。メインポケットはパソコンやA4書類にも対応する。

 

Information

●エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター
TEL:0422-79-9131

●タイガリオナ
TEL:03-5413-5855

●ナナミカ 代官山
TEL:03-5728-6550

●にしのや
TEL:03-6434-0983

●ハンドイントゥリー ショールーム
TEL:03-3796-0996

写真=丸益功紀 スタイリング=浅井秀規 文=佐藤周平
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Hidenori Asai  text : Syuhei Sato
〈ロイヤル フラッシュ〉と〈ムータ〉のワザありコラボ!海上がりに映える変化球アイテム!
SPONSORED
2022.12.29

〈ロイヤル フラッシュ〉と〈ムータ〉のワザありコラボ!
海上がりに映える変化球アイテム!

海男たるもの、いつも開放的な“潮っぽさ”を漂わせたい。とはいえ冬となると、どうも装いが平凡になりがち!? そこで〈ロイヤル フラッシュ〉で見つけた〈ムータ〉とのコラボアイテム。異素材使いやマリンカラーの新作で、楽しげな海っぽさを醸しながら…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ