Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2021.01.21

黒コーデの大人感出しに、
“墨黒シャツ”が大活躍する理由!

冬コーデの中でも人気が高いのが“黒ワントーン”。組み合わせるアイテムは上から下までいろいろあるけれど、大人っぽく見せるなら“シャツ”という選択肢もハズせない。でも、「黒シャツってなんだかコワモテなイメージが強くて」な~んて思っている人も多いかも。でもそれって、きっと色落ちのないガチ黒のことでは? でも大丈夫。今回紹介するのは、黒は黒でも絶妙な色落ちが魅力の“墨黒”だから!

とにかく黒の中でも使い勝手がいいのが “墨黒”。色自体に落ち着きがあって、さらにこの手のシャツはツイルやコーデュロイなど素材もいろいろ。素材を選べば同じ黒でも、重厚感のある味わいが感じられるなど、大人っぽさも出せる。しかも、重ね着をするときにもこの絶妙な色は役に立つ。黒ワントーンコーデでは、特に立体感出しにひと役買ってくれるのもいいところ。全くウォッシュされてない真っ黒シャツでは出せない絶妙さが魅力ってわけだ。もちろん、真っ黒同様、“墨黒”も黒本来の精悍でスマートな男らしさを打ち出すことはできるからご安心を。では、実際にレイヤードしてみるとどんな感じに仕上がるのか、黒ワントーンのお手本コーデを見ていこう。 

 
レザージャケット13万円(エンメティ/インテレプレ)、シャツ2万4000円(フランク&アイリーン/サザビーリーグ)、Tシャツ7500円(ヌーンデイ/Safari Lounge)、デニムパンツ2万3000円(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)、サングラス3万9000円(ジュリアスタートオプティカル/プライベートアイズ&トラッカーズ)、シューズ3万6000円(レッド・ウィング/レッド・ウィング・ジャパン)

カジュアルアイテムを
渋く大人な印象に引き寄せる!

墨黒シャツを、取り入れてみたコーデがこちら。今回は黒のレザージャケットのレイヤードとして活用。今までなら、「全身黒だと全体が潰れてしまうから……」と、モノトーンのチェック柄シャツなどを挟む工夫をしていたかも。でも、それではちょっとカジュアルダウンしすぎ!? そんなときにこそ、この墨黒シャツが役に立つ。レザーやデニムとは違う素材感があるうえに、墨黒のおかげで重ね着の表情が豊かになるのがわかるはず。これであれば、無理にチェックシャツにする必要もなく上手にレイヤードできるし、むしろ、大人感がアップして貫禄も漂うってもの!

ということで、ここからはいろんなコーデに重宝する、おすすめの“墨黒シャツ”を紹介していこう!

[ビームス プラス]
BEAMS +


1万4000円(ビームス プラス/ビームス プラス 原宿)

手間を惜しまない染色で
奥行きのある黒を表現!

こちらはコーデュロイのボディに揉みこむように染色を施し、天日干しで乾燥させることで独特の味わいを表現した1枚。しかも、一般的な縦長の畝ではなく、横にもカットを入れたキャラメルのような格子状デザインのコーデュロイなので、単色ながら豊かな表情を楽しめる。 

 

[ロンハーマン]
RON HERMAN


3万1000円(ロンハーマン)

男気あふれるミリシャツで
タフな男らしさを強調!

こちらは、地厚でギュッと目が詰まったバックサテンで仕立てたミリシャツ。その武骨な素材感によって黒の男らしさがひときわ際立って見える。両胸に鎮座する大型のフラップポケットからも、力強さがみなぎっている。縫製もしっかり施し、左右の裾にガセットで補強を施すなど、仕立て自体もタフさ満点。 


 

[フランク&アイリーン]
FRANK &EILEEN


2万4000円(フランク&アイリーン/サザビーリーグ)

西海岸生まれの味シャツなら
黒でも肩肘張らずに着られる!

カリフォルニア生まれのシャツブランド〈フランク&アイリーン〉のシャツは、アイロン要らずで洗いざらしで着るのがかっこいい。羽織るだけでサマになる味シャツが十八番だ。で、この黒シャツも柔らかなコットンボディに、なんとも自然で味のあるシワ加工が施されている。だから、真っ黒でも艶っぽい印象に傾かず、肩の力が抜けた印象で着こなせる。 

[ポロ ラルフ ローレン]
POLO RALPH LAUREN


2万2000円(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)

ヴィンテージ感を味方につければ
黒シャツが男前な印象に!

ワイドウェールと呼ばれるラギッド感のあるコーデュロイで仕立てた、“クラシックフィット コーデュロイシャツ”。ブランドの中では最もゆったりとしたクラシックフィット。タックアウトがキマるスクエアカットなので、どっしり男らしい印象を演出できる。コーデュロイをバイアス使いしたポケットや猫目ボタンといった細部の意匠には、〈ポロ ラルフ ローレン〉らしいヴィンテージ愛が満載だ。 

 

Information

●インテレプレ
TEL:03-6804-3861

●カイタックインターナショナル
TEL:03-5722-3685

●サザビーリーグ
TEL:03-5412-1937

●Safari Lounge
URL:https://safarilounge.jp

●バインド ピーアール
TEL:03-6416-0441

●ビームス プラス 原宿
TEL:03-3746-5851

●プライベートアイズ&トラッカーズ
TEL:070-1577-2666

●ラルフ ローレン
TEL:0120-3274-20

●レッド・ウィング・ジャパン
TEL:03-5791-3280

●ロンハーマン
TEL:0120-008-752

写真=丸益功紀 スタイリング=榎本匡寛 文=遠藤 匠

photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) text : Takumi Endo

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉
SPONSORED
2021.02.25

〈三菱自動車〉のエクリプス クロス PHEV&アウトランダーPHEVを徹底比較!
今どきのSUV選びは“PHEV”が常識⁉

クルマ社会にも“サステイナブル”の動きが目立ち、各メーカーが競って電動化技術を開発中の昨今。そんな中、2013年に〈三菱自動車〉がいち早く投入したのが、プラグインハイブリッドシステム“PHEV”だ。しかもこの“PHEV”を採用した、アクテ…

TAGS:   Cars Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ