Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2020.03.03

【映像あり】第8回“アスリート ドレッサー アワード”でのライブ!
2020年大注目バンド、WONKインタビュー!

1月19日に東京・丸の内で開催された第8回”アスリート ドレッサー アワード”。このアワードでライブを披露してくれたのが、ジャズやソウル、ヒップホップをミックスしたその唯一無二のオリジナル性が魅力の4人組バンド、WONK(ウォンク)だ。このライブは2020年初のライブだったという。そんな彼らに、2019年を振り返り、そして2020年の展望、さらにはアスリートやスポーツ、ファッションについて聞いてみた。

 

 

左から、荒田洸(Dr)、井上 幹(Ba)、長塚健斗(Vo)、江﨑 文武(Key)

――まずはじめに、WONK結成の流れを教えてください。
江﨑: 大学のブラックミュージックのサークルで出会った4人です。2013年に結成しました。
――2019年を振り返って、どんな1年間でしたか?
荒田: 久しぶりにEPを出して、久しぶりにツアーもしました。なので、久しぶりに活動を再開した感じです。もちろん活動はしていたのですが、全員で表に出る活動が久々でした。自分たちのタイトルとツアーができたのがデカかったですね。
――2020年はどんな活動を予定していますか?
江﨑: 夏前にアルバムを出します!


井上: 去年出したのはちっちゃめのEPだったので、今年はフルサイズのものを。
江崎: 3cmくらいのね……(笑)。
井上: もうちょっと厚みのある……(笑)。
――それでは、そのアルバムリリースに伴って忙しくなってくる感じですかね?
江﨑: 夏前から全国規模のツアーをします!
 

 
――話題が変わりますが、2020年元旦にリリースされた、香取慎吾さんのソロアルバム内の1曲に参加していましたが、反応や手応えはありましたか?
一同: めちゃめちゃありましたね。びっくりしましたね。
――ということは、今まで全く違う畑の音楽を聴いていた方からも反応があったということですか?
井上: そうですね。基本的に僕らの音楽って、なにかしら音楽にちょっとでも興味がないと、聞いていただけないような場所に露出してきたので、国民的な大スターと一緒にやると、そういう音楽を聴いていなかったけど、それを介して「いい」って言ってくれる人がいたっていうのは、いいことでしたね。
 

 
 

 
――今回は、アスリートのイベントということで、アスリートやスポーツに関した質問をさせてください。メンバーの中でスポーツをしている方はいらっしゃいますか?
井上
: 荒田はアスリートだもんね。高校まで甲子園目指して、野球をやっていたんだよね。
荒田: そうですね。でも今日はプロの方たちがいらっしゃるので……。
江﨑: いつもは音楽媒体だから言い切れるけどね(笑)。

――では、アスリートの方からインスピレーション受けたり、感動したりといったことはありますか?
井上: ちょうど、『シグナル』のMV撮影の際に、ラグビーワールドカップが盛り上がっていました。MVの撮影中、僕らは待機時間がすごく長くて。そこでたまたまテレビつけたらやっていて……。
江﨑: ベタですが、みんなでめちゃくちゃ盛り上がってました。表現というか、やっているものは違いますが、なにか突き詰めている人の凄さというのは、毎回感じるものがあります。
荒田: イチロー選手のインタビューとかはよく見るんですが、考え方とかすごいと思っていて。スポーツ的な考え方ですけど、音楽にも取り入れられる部分はあるなぁ、っていうのは感じます。アスリートの方々って、歩いているだけでもひとつひとつの所作や筋肉を意識しているじゃないですか。そういうのが、ドラムの叩き方や腕の使い方を意識するというところに通じるものがあるなと思います。なので、そこから勉強になったり参考になることはあります。



――それでは最後にファッション関連のお話を伺いたいです。いつもライブの衣装が素敵なみなさんですが、好きなブランドや好きなファッションのテイストを教えてください。
長塚: 僕はいつもセットアップです。今日のは〈ニードルズ〉です。後はよく〈ベドウィン&ザ・ハートブレイーカーズ〉も着ています。
江﨑: 僕はもう〈イッセイミヤケ〉の服を買う人ですね。
荒田: 井上と僕は“ドーバー ストリート マーケット”で会いますね。正月とかたまたま会いました。特に2Fがいいですね。
井上: 僕は〈ワイプロジェクト〉というブランドが好きです。今日も着ているんですけど、ちょっとSF感のあるデザインが好きです。

インタビュー中は飾らない、気さくなトークをしてくれた彼らだが、ライブとなるとその雰囲気は一変。天井の高い会場を包みこむようなソウルフルな歌声、そして心地いいグルーヴ感あふれるメロディ。様々なジャンルを取り入れるという不思議なバランス感覚を持った音楽を披露してくれた。というわけで、気になったみなさんのために、この日のライブの模様を、ここだけで特別に公開!

Information

●WONK公式サイト
www.wonk.tokyo/

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ