Safari Online

SEARCH

CULTURE カルチャー

2024.03.03

アノ映画のファッションに憧れて。Vol.38
『セルピコ』のM-65フィールドジャケット。



希望と使命感に燃えて警察学校を卒業したフランク・セルピコは、ニューヨーク市警察内に蔓延る賄賂の受け取りを拒否たことで孤立を深めて行く。そして、彼は腐敗の実態をニューヨーク・タイムズに告発し、注目を浴びることになる。シドニー・ルメット監督による映画『セルピコ』(1973年)は事実を基にしている。1人の正義漢が悪を取り締まるべき警察組織に立ち向かっていく話はよくあるが、完成度ではこれがピカイチ。セルピコを演じるアル・パチーノは『ゴッドファーザー』(1972年)に続いて2度目のアカデミー賞候補になるが、残念なから受賞はならなかった。

その代わり、彼が身につけるアメカジ・ファッションは時の洗礼を受けることなく、今もオスカー級の輝きを放っている。

セルピコは私服警官でその任務は麻薬組織への潜入捜査だ。当初は比較的清潔感があった彼が次第にヒッピー風に変化して行くのは、敵を欺くためのコスプレ。纏う服は自由奔放で見ていて楽しいことと言ったらない。
 

  

 


彼がトライするアイテムをざっと紹介しよう。鉄道員の仕事着だった〈リー〉のカバーオール91-J、薄汚れたブッチャーコート、U.S.NAVYのPコート、そして帽子は、同じく鉄道員が被っていたレイルロードキャップ、また同じくU.S.NAVYのディキシーハット。ここでパチーノの裏技が。本来ディキシーハットは水兵帽なのでひさしは上に曲げて被り、額を出すのが鉄則だが、パチーノはひさしを曲げずに若干頭部が丸いバケットハットのように目深に被っている。この何気ないアレンジが素敵だ。
 

  

 


アウターも米軍関連が多い。セルピコがM-65フィールドジャケットを好んで羽織っているのは、モデルになっているセルピコ自身がアメリカ陸軍の退役軍人だからだろうが、その板についた感じが半端ない。M-65は第二次大戦時に兵士たちが着用したM-1943とその前進であるM-1941を進化させたM-1951の後継として、1965年に米軍での使用が承認された。特徴はコットンサテン生地とショルダーストラップ、それに4つのアウターポケットだ。このM-65、『セルピコ』が製作された当時はまだ使用されていたが、米軍の戦闘服が迷彩柄に移行したため、1980年にクラシックなオリジナル版は役目を終える。

『セルピコ』にはアメカジの定番とも言えるヴィンテージのワークウェア、アーミー、ネイビー系のアウトフィットが満載だ。アル・パチーノの髭面と服の着崩し方にも着目して、マニアは再度チェックしてみる価値はある。

『セルピコ』
製作年/1973年 原作/ピーター・マーズ 監督/シドニー・ルメット 脚本/ウォルド・ソルト、ノーマン・ウェクスラー 出演/アル・パチーノ、ジョン・ランドルフ、ジャック・キーホー、ビフ・マクガイア

●こちらの記事もオススメ!
映画『哀れなるものたち』を考察する(1)人間の愚かさを描く天才、ランティモスの新境地。
 

  

 

文=清藤秀人 text:Kiyoto Hideto
photo by AFLO
男のかっこよさはデニムで決まる! 着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 
SPONSORED
2024.04.19

男のかっこよさはデニムで決まる! 
着心地とシルエットの揃った、〈リプレイ〉のデニムにクギづけ! 

男のファッションは“シンプル”が基本。だからこそ飾らないデニムの風合いは、いつの時代も魅力的に映るのだろう。シルエットや色落ちに多少のトレンドはあるけれど、ベーシックなデニムを長く愛用するのも、芯がとおっていてかっこいい。で、そんな王道デ…

TAGS:   Fashion
Always, My Dear Ocean海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。
SPONSORED
2024.03.29

Always, My Dear Ocean
海の近くで暮らす夢は〈UMITO〉が叶えてくれる。

いつか、海の近くに住んでみたい。そんな夢を思い描いている人は多いよう。というのも、仕事のリモート化が進んでからというもの、実際に海沿いの家の人気はうなぎのぼりだからです。ただ、都会の暮らしを手放したくないのも事実ですよね。だからといって、…

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック
SPONSORED
2024.03.29

プロサーファー・市東重明が体感した、新型“トライトン”の魅力!
いつでも自由に!自分らしさを貫く男に似合う武骨なピックアップトラック

本格ピックアップトラックとして世界中で愛されてきた〈三菱自動車〉の“トライトン”が、12年ぶりに国内投入。三菱がラリーの世界で磨き抜いた4WDシステムで高い走破性を実現する一方、唯一無二の個性を主張する精悍なデザインは、「“冒険”の定義を…

TAGS:   Cars
俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る! 惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!
SPONSORED
2024.03.25

俳優・山﨑賢人が〈サンローラン〉の新作レザーブルゾンを語る!
惹かれるのは大人の 色気と武骨さが漂う1着!

〈サンローラン〉のシグネチャーアイテムといえるレザーアウターが、今シーズンもバラエティ豊かに出揃った。羽織るだけでさりげなく漂う、大人の色気と武骨な男らしさ。しなやかにカラダを包み込むラムスキンの風合い。そして緻密に計算された美しいシルエ…

TAGS:   Fashion
100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!
SPONSORED
2024.03.25

100周年を迎える〈カルティエ〉“トリニティ”の新作!
タイムレスな魅力で日灼け肌を彩り続ける!

〈カルティエ〉のアイコンジュエリーである“トリニティ”が、今年で100周年を迎える。3本のリングが描く独特なフォルムは、友人やパートナー、親子や家族など様々な愛のカタチを彩ってきた。そんなタイムレスな魅力をもつ“トリニティ”に、100周年…

TAGS:   Fashion
〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!品があって爽やかなマリンカジュアル!
SPONSORED
2024.03.25

〈ヘルノ〉なら大人に似合う新作が揃っている!
品があって爽やかなマリンカジュアル!

春から初夏のビーチには、上品で爽やかなマリンカジュアルがよく映える。上質素材のカットソーに薄軽なアウターを羽織って、ボトムにはすっきりした大人ショーツなんて着こなしがソレっぽい。そこで注目すべきが〈ヘルノ〉の新作。マリンカジュアル気分もた…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!
SPONSORED
2024.03.25

〈ベル&ロス〉の新作で男の手元にグッと個性出し!
優しげコーデの引き締めに深緑ブロンズ時計!

優しげな淡いトーンの着こなしは、春らしさ感じる人気色のひとつ。でもワントーンでこなすほどに、少しだけ“物足りない”って感じる人も多いはず。そんなときは、深みのあるグリーンブロンズ時計のアクセント使いが頼りになる。ニットのアイボリーと、時計…

TAGS:   Fashion Watches
シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!
SPONSORED
2024.03.25

シーンレスで着まわしたい〈Gステージ〉の新作!
無重力の着心地が叶う快適素材のセットアップ!

リモートワークや旅先のレストラン、ゴルフ場のクラブハウスなど、大人のいろんなシーンにはセットアップが必要だ。さらにこれからの暑い時期は、より快適に着られる1着が理想的。であれば、〈Gステージ〉の“G-ゼロ”が狙いめ。着ていることを忘れてし…

TAGS:   Fashion
町田啓太が体感した〈Audi〉A3の魅力とは!?
SPONSORED
2024.02.29

町田啓太が体感した
〈Audi〉A3の魅力とは!?

エモーショナルな佇まいと先進の装備で人気を博す〈Audi〉A3を、今をときめく町田啓太さんがインプレッション! 意外にも免許取得以来一度も自分のクルマを所有したことがないそうだが、〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトは、彼の琴線に大いに…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ