Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2017.03.24 PR

プロBMXライダー・内野洋平さんが〈ミツビシ〉RVRに試乗!
アスリート好みのSUVは精悍顔と走りが自慢!

白ブルゾン2万3000円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、パーカ1万1000円(イーブンフロウ/サンライズ パートナーズ)、デニットパンツ3万9000円( タヴァニティ ソー ジーンズ/カイタックインターナショナル)、スニーカー9800…

白ブルゾン2万3000円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、パーカ1万1000円(イーブンフロウ/サンライズ パートナーズ)、デニットパンツ3万9000円( タヴァニティ ソー ジーンズ/カイタックインターナショナル)、スニーカー9800円( プーマ/プーマ お客様サービス)、腕時計32万円( エドックス/GMインターナショナル)

BMX競技で世界を制した内野洋平さん。最近では講演など世界各国で活躍中。新世代のアスリートは、なにごとに対してもアクティブだ。で、そんな内野さんのキャラにぴったりなのが、フロントデザインを一新した〈ミツビシ〉のRVR。BMXも真っ青な(?)軽快さが味わえるうえ、力強い走りも魅力。精悍さを増した顔つきには、〈ミツビシ〉らしいアクティブ感が漲る。今回はこのクルマで内野さんが海へ。さて、その印象とは⁉

アスリート好みのコンパクトSUVは、BMXがライバル!?

競技やイベントで、世界中はもちろん日本各地へも遠征。そんな内野さんのライフスタイルには、BMX同様クルマも欠かせない存在だという。

「BMXは、自分を表現する“言葉”のようなもの。というのも、競技中は技だけで自分がどんな人間なのかを伝えないといけませんから。そう考えると、BMXは自分にとってまさに相棒。いつも一緒じゃないと気が済まないんです。それはクルマも同じ。自分はクルマの運転も大好きです。だから出かけるときは、必ずクルマにBMXを積んでというパターンになって
しまうんですよ」

そんな内野さんだが、“RVR”にはどんな印象を持ったのだろうか?

「純正っぽくないホイールを含めて、ルックスがかっこいい。しかも乗ってみると、思ったより車内が広く感じます」
 
と、まず気になったのが外観。それもそのはず、この“RVR”は、フロントに新しいデザインコンセプト“ダイナミックシールド”を採用。左右から、真ん中のグリルへ向けてあしらわれたクロームの造形のおかげで、印象はよりシャープに進化。研ぎ澄まされた感覚を持つアスリートらしく、内野さんは多少の悪路でも安定した走行ができるAWC(オールホイールコントロール)についても、さっそく感じ取ったよう。これは〈ミツビシ〉のSUVの特徴のひとつでもある。

「特にコーナーで感じたことなのですが、タイヤと地面がガッチリかみ合っているようで、すごくスムースに走れたんです。それに、小まわりがきいて、街中で乗ってもとっても気持ちいい。“RVR”のキビキビとした乗り味を体験してみて、自在に操れるBMXの楽しさに近いものを感じました」

なるほど、BMXのような楽しさを感じるとは、実に彼らしいコメント。もはや“RVR”は、内野さんの相棒決定!?

街にも海にも似合うルックスはアクティブなシーンにぴったり!

遠征と遠征の合間の休日。内野さんが“RVR”にBMXを載せて向かった先は、海沿いの広大なスペース。競技から離れ、なんの制約もないひととき。青い海を見ながら思う存分BMXを楽しむ姿は、とっても嬉しそう。そして、そんなリラックスしたシーンによく馴染むのも“RVR”のいいところ。とはいえ、そのルックスはあくまでも都会的。 ダイナミックシールドと呼ばれる新デザインコンセプトが宿る力強いフェイスをはじめ、佇まいも、スタイルを重視する内野さん好みだ

右:6:4分割可倒式のリヤシートを前倒しにすると、大容量のラゲッジスペースが出現。BMXも前輪を外すことなく、余裕で収納できる。載せる荷物や乗車する人数による調整も自由自在だ
左:お得意の、ダイナミックなスピンで遊ぶ内野さん。世界トップレベルの実力の持ち主は、遊びももちろん本気モード!


内野洋平さん

1982年神戸生まれ。BMXのフラットランドという競技において、2008年の世界大会で自身初の世界チャンピオンに。その後も通算5度にわたり世界タイトルを獲得。また、ソーシャルイベントTEDのスピーカーに選ばれるなど、ライダー以外の活動にも精力的に挑戦中。愛称はウッチー。


〈ミツビシ〉“RVR” G 4WD

●全長×全高×全幅:4355×1770×1630mm
●車両重量:1430㎏
●駆動方式:4WD
●燃料消費率:14.4km/ℓ
●乗車定員:5名
●税込み価格:248万7240円
※リサイクル料金が別途必要となります
※撮影車のボディカラー:チタニウムグレーメタリック
※ルーフレールはメーカーオプション

●三菱自動車 お客様相談センター
TEL:0120-324-860(月~金曜9:00~17:00、土・日曜9:00~12:00、13:00~17:00)

雑誌『Safari』5月号 P280・281掲載

『Safari』5月号の購入はコチラ!

 
写真=正重智生 スタイリング=榎本匡寛 ヘア&メイク=城生なみ子 文=遠藤 匠
photo:Tomoo Syoju(BOIL) styling:Masahiro Enomoto(remix)
hair&make-up:Namiko Shiroo(+nine) text:Takumi Endo
ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!
SPONSORED
2024.05.10

ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!
週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!

着こなすアイテムが少なくなる夏カジュアルは、ロゴ使いで差をつけたい。そんなときに頼りになるのが、遊び心あふれるユニークなロゴがアイコンの〈ムータ)。なかでも〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムは、インラインとは一線を画すアレンジが絶妙。…

TAGS:   Fashion
〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。
SPONSORED
2024.04.30

〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?
移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。

歴史あるブランドの時計ならではの魅力のひとつが、背景にある“物語”を楽しめること。〈IWC〉の新作では、そんな物語を、移り変わる空を表現したダイヤルで視覚的に楽しめる。清々しい朝から夕暮れに至り、また新しい1日へ。そんなロマンを感じるスト…

TAGS:   Urban Safari Watches
玉木一史ジャパン ジェネラルマネージャーに聞くイタリアの至宝〈マセラティ〉の真の魅力とは?
SPONSORED
2024.04.25

玉木一史ジャパン ジェネラルマネージャーに聞く
イタリアの至宝〈マセラティ〉の真の魅力とは?

SUV“グレカーレ”が日本カー・オブ・ザ・イヤーの“10ベストカー”に選出されるなど、日本の高級車市場においてますます存在感を増しているイタリアの名門〈マセラティ〉。日本市場を統括する玉木一史に、このブランドが好調である理由を分析してもら…

TAGS:   Urban Safari Cars
俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!
SPONSORED
2024.04.25

俳優・山﨑賢人が語る〈サンローラン〉の新作バッグの魅力!
大人のお洒落をキメるのは上質感と遊びのあるデザイン!

大人のお洒落を考えるうえで重要なポイントになるのがバッグ。上質な素材と丁寧な作り、そして“ワザあり”なデザインの三拍子が揃ったバッグが、着こなしをさりげなく格上げしてくれる。そこで注目したいのが〈サンローラン〉。見た目も使い勝手も申し分な…

TAGS:   Fashion
テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!自分に限界を作らないから無限の可能性がある!
SPONSORED
2024.04.25

テーブス海が〈エンポリオ アルマーニ〉を華麗に着こなす!
自分に限界を作らないから無限の可能性がある!

空高く自由に舞うイーグルをあらゆるボーダーを超えていくシンボルとして掲げ、信念をもって挑戦する人々を鼓舞し続けている〈エンポリオ アルマーニ〉。様々な壁を越えて高く舞い上がり、まだ見ぬ理想の世界を求めて進む自由な精神を、今シーズンも体現し…

TAGS:   Fashion
大人の休日に似合う〈ポロ ラルフ ローレン〉の新作!夏のカジュアルはバカンス気分で!
SPONSORED
2024.04.26

大人の休日に似合う〈ポロ ラルフ ローレン〉の新作!
夏のカジュアルはバカンス気分で!

大人の休日ジュアルは、リラックス感と上質さを兼ね備えているのが理想的。〈ポロ ラルフ ローレン〉の新作なら、リゾートライクな心地よさやスポーティな快適さがありつつ、大人に似合う落ち着きや上質さもぬかりなし。バカンス気分で夏のコーディネート…

TAGS:   Fashion
〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!
SPONSORED
2024.04.25

〈UMITO〉で叶う新しい別邸スタイル!
贅沢ステイはいつも“海のアリーナ席”!

平日は都会、週末は海辺という二拠点のライフスタイルが叶うのがUMITO(ウミト)。最大の魅力は、オーシャンフロントの絶景を独占できること。さらにシェアリングサービスと、不動産・別荘やホテルのいいところを併せ持つ“新しい暮らしの形”が実現可…

TAGS:   Lifestyle
色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!初夏のビーチで差がつく格上ウエア!
SPONSORED
2024.04.25

色と素材で差がつく〈タトラス〉の新作!
初夏のビーチで差がつく格上ウエア!

大人のビーチスタイルに必要なのは、落ち着いた色使いと上質な素材感。そうすれば、肩肘張らず自然体でいられて、気持ちよく過ごせる。そこで注目したいのが、〈タトラス〉の新作ウエア。優しげなトーンから爽やかな色合いまで幅広く揃う。

TAGS:   Fashion
甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!
SPONSORED
2024.04.25

甘~いカラーが新鮮な〈ラルフ ローレン〉の新作!
どこかに“ピンク”でレトロな夏スタイル!

ピンクは甘い雰囲気の中に、心理的に優しさや思いやりを与える効果があるカラー。だからといって、女性的で男性には似合わない……なんて、決めつけないで! 同じピンクでもスモーキーなトーンなら、南国テイストとレトロなムードがうま~くミックス。大人…

TAGS:   Fashion
〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!
SPONSORED
2024.04.25

〈テーラーメイドアパレル〉で真夏のラウンドをエンジョイ!
夏のゴルフは快適&スタイリッシュが常識!

暑~い夏のラウンド。涼しく快適にプレイしたいけれど、それだけに気を取られているようではまだまだ。そこで、ゴルフファッションにもうるさいモデル&タレントの石倉ノアが、この夏にぴったりのゴルフコーデを紹介。〈テーラーメイドアパレル〉のふたつの…

TAGS:   Fashion
〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!
SPONSORED
2024.04.25

〈ラコステ〉のゴルフラインでオンもオフも充実!
レトロなウエアで夏ゴルフを満喫する!

ここ数年のゴルフファッションは“レトロ”がキーワード。色や柄を駆使して、どこか懐かしいムードが漂うアイテムが大豊作! そんななか、この春夏の新作として注目したいのが、〈ラコステ〉のゴルフウエアだ。マルチボーダーやクラシックな総柄をまとった…

TAGS:   Fashion
〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!
SPONSORED
2024.04.25

〈ベル&ロス〉の新作はセラミックのラグスポ顔!
リゾート姿を格上げるタフな真っ黒時計!

解放感漂うビーチリゾートでは、コーディネートも自然とラフになってしまいがち。では着こなし以外で、大人らしいクラス感を演出できる手立てはないものか?その最適解は〈ベル&ロス〉の“BR 05 ブラック セラミック”モデルにある。ジュエリーのよ…

TAGS:   Fashion Watches
英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!ヘビロテ必至の大人の夏の定番!
SPONSORED
2024.04.25

英国の老舗〈バブアー〉の新作に注目!
ヘビロテ必至の大人の夏の定番!

大人の夏の定番アイテムといえば、Tシャツやポロシャツがその代表。そこに異論がある人はいないと思うが、肝心なのは、そんな定番にどんなものをチョイスするかということ。ここがセンスの分かれめというワケ。で、注目したいのが英国の老舗〈バブアー〉の…

TAGS:   Fashion
〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!
SPONSORED
2024.04.25

〈カシラ〉の新作は素材と柄で違い出し!
モノトーンの帽子が“街映え”の決め手!

被るだけで、コーデがぐっと見違える帽子。これからの季節、シンプルな着こなしが多くなってくるが、そんなときでも個性出しが簡単に叶う。とはいえ、主張がありすぎるとワル目立ちしたり、浮いて見えたり。で、おすすめは大人っぽくまとまるモノトーン。素…

TAGS:   Fashion
大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!
SPONSORED
2024.04.25

大人の男によく似合う〈エルケクス〉の新作!
夏の休日に着たい“アースブルー”のシャツ!

空、海、建物、標識……、地球上には様々なブルーがあるけれど、シャツだって同じ。なにしろブルーシャツは濃度や柄のバリエが多彩。素材感が違うだけでもガラリと印象が変わってくる。そこで着目したいのが、地球上の“アースブルー”をシャツに落とし込ん…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ