Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.07.18


Gクラスの刷新はG 63でこそ味わいたい! 〈メルセデスAMG G 63〉

器のデカイ男が大好きな(?)Gクラス。クラシカルな雰囲気を漂わせるワイルド&タフな外観はそのままに、フルモデルチェンジを果たしたのは昨年、2018年のこと。1979年のモデル登場以来、頑なに守り続けてきたシャシーを全面改良。新型フレームを武器にして、さらに走りに磨きをかけたってことは、『Safari』世代ならすでにご存知のはず。しかし、フルモデルチェンジから1年が経過した今だからこそ言いたい。実はこの刷新、最上級モデルに君臨する〈メルセデスAMG〉G63にこそドンズバだったってこと!









現在日本でラインナップしているのは、3ℓ直6ディーゼルエンジンにターボチャージャーを搭載した〈メルセデス・ベンツ〉G 350d、4ℓV8ツインターボチャージャーのガソリンエンジンモデルG 550、そしてガソリンエンジンモデルと数字上は同じ4ℓV8ツインターボチャージャーのガソリンエンジン〈メルセデスAMG〉G 63だ。

しかし、同じなのは数字だけ。このG 63のV8エンジンは“AMG”のマイスターがひとつひとつ手組みで仕上げている特別なモノ。そう、〈メルセデスAMG〉が誇る“ワンマン・ワンエンジン”だってこと。よって最大出力は585ps、最大トルクはなんと850Nmを発生させるという、まさに“AMG”の名にふさわしいスペックを誇る。エンジン自体は先代よりもダウンサイジングされたものの、パワー・トルクともに決して見劣りのしない仕上がりだ。そしてこのパワフルな心臓部には、インテリジェントな9速ATが組み合わされている。
 

NEXT G 63専用ダンピングシステムが走りに貢献!

2/3PAGE

G 63専用ダンピングシステムが走りに貢献!


このエンジンが堅牢な新シャシーに組み合わされるとどうなるのか? そう、オンロード性能が劇的に向上したのだ。ステアリングのフワフワしたアソビはスッキリと拭われ、直進安定性の高さはもちろんのこと、コーナリングの鋭さをも実現している。さらに先代以前にはコーナリング時、「よっこいしょ」と大きくロールしていたボディはカッチリとした接地感がアップ。つまり、ドライバーを疲れさせない、名実ともに高級車を思わせるドライブフィールを手に入れたということになる。これにはG 63用に専用開発された電子制御ダンピングシステム“AMG RIDE CONTOROL”の貢献も大きい。即座に走行にアジャストし、スムースに路面からの入力をコントロールするあたりはさすが“AMG”だ。



むろん、Gクラスは道なき道を走る本格的オフローダーモデル。フルモデルチェンジを終えてもその性能に妥協はない。しかし、グローバル市場を見渡しても、多くの顧客がオンロードを中心に使用しているのは疑いようのない事実だからして、この改善は嬉しい限り。さらに、常にオーナーの目を喜ばせ続ける〈メルセデスAMG〉ならではのブリリアントな内装や先進安全機能は、インフォテイメントを含め最新世代に。本格オフローダーにして、最上級のクラス感を併せ持つこのクルマ。男なら是非とも手に入れるべし!






 

NEXT 気になるスペックは?

3/3PAGE

 
★DATA〈メルセデスAMG〉G 63

●全長×全幅×全高:4665×1985×1975mm
●車両重量:2530kg
●ホイールベース:2890mm
●エンジン:4ℓV8ツインターボチャージャー付き
●最高出力:430kW(585PS)/6000rpm
●最大トルク:850Nm(86.7kgm)/2500~3500rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:2076万円

Information

●メルセデス・コール
TEL:0120-190-610

文=今井優杏 text:Yuki Imai

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!
SPONSORED
2019.11.26

ペア使いにもピッタリな〈シンパシー・オブ・ソウル〉!
ハッピーな2人によく似合う 〝幸運を呼ぶ〞モチーフ!

年に一度のスペシャルな日は目前。まだ彼女へのプレゼントに悩んでいる人も多いかと。だったら思い切って ペアアクセを狙うのもアリだけど、なんだか照れくさい……。いえいえ、モチーフをさりげな~く揃えるだけなら、 そんな心配は無用。しかもそれ…

TAGS:   Fashion
大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!
SPONSORED
2019.11.25

大人に似合う定番は〈タトラス〉で選ぶ!
街で着たい黒ダウンと 海で使える黒ダウン!

似たような服を着ていても、なんとな〜くまわりと違うというのがお洒落の極意。たとえば冬に大活躍する定番の黒ダウンも、街には街の、海には海の素材を選ぶことで、ぐっとこなれた印象になるって知っていた? そんな大人選びを実践するなら、頼りになるの…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!
SPONSORED
2019.11.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉を着てステキなホリデーを過ごす!
彼女とゆったりくつろぐ時間は部屋着にもこだわる!

普段はアクティブ派でも、彼女と部屋でまったり過ごす時間がぐっと増えるホリデーシーズン。そんなときセンスが問われるのが、ルームウエアのチョイス。これが安っぽくて部屋着感丸出しだと、ドン引きされるのがオチ。その点、〈ポール・スミス アンダーウ…

TAGS:   Fashion
ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!
SPONSORED
2019.11.25

ひと味違うカジュアルは〈ベルルッティ〉の新作で!
格上のフーディなら 大人っぽくて品がある!

フード付きのアイテムは、"子供っぽく見えそうだから敬遠している"、なんて大人は多いよう。でも、それは大きな間違い。ほら、コチラの写真の〈ベルルッティ〉のフーディをご覧あれ。どちらも大人の風格たっぷりで、小僧な雰囲気なんて微塵もなし! こん…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!
SPONSORED
2019.11.26

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着なら、前も後ろも見た目よし!
海上がりに欲しいのは 後ろ姿で差がつくパーカ!

若造サーファーと同じようなスウェットパーカに物足りなさを感じるようになったら、アップデイトのタイミング。そんなときは、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけたニットフリース仕立ての1着で差をつけてみては!? 後ろ姿でさりげに個性…

TAGS:   Fashion
冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!
SPONSORED
2019.11.25

冬も〈ヴァンズ〉で開放感あふれる着こなしに!
ラフな前開けコーデには センターロゴが映える!

冬の海アメカジは個性出しが難しい。よ~く考えてみて。アウターが必要ない時季ならロゴ入りトップでインパクトが出せるけど、アウターを羽織るとそれも台無し。でも大丈夫。そんなときはラフな前開けコーデでしっかり見える、センターロゴのスウェットやパ…

TAGS:   Fashion
正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!
SPONSORED
2019.11.25

正統派もカジュアル派も納得の〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉!
品格アップを狙うなら ダウンもチェック柄で!

ダウンのイメージをいい意味で裏切る上品なチェック柄が目を引くこの2着は、〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作。しかも、品格あふれるコーデに映えるコートは防水・防風性に優れ、カジュアルに合うブルゾンは色彩豊かなプリントが印象的。どち…

TAGS:   Fashion
タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!
SPONSORED
2019.11.25

タフなのにエレガントな〈セイコー プロスペックス〉“ルクスライン”!
見た目と機能を兼ね備えたハイブリッドなスポーツ時計!

たとえばデニムであっても、ストレッチを効かせることで穿き心地のよさを追求するように、“本物”であっても“快適さ”を犠牲にしないというのが、現代的な考え方になっている。それは時計も同じこと。審美性と機能性を併せ持ったタフウォッチは、最も今ど…

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!
SPONSORED
2019.09.26

都会派のカジュアルはNY発の〈セオリー〉で!
街で穿くパンツは“楽ちん”で“美脚”に限る!

心地よさを重視する大人であれば、パンツはストレッチ入りが一番。ただ、ゆるすぎる“楽パン”では、街で穿くには少し気が引けるわけで……。で、頼りになるのが〈セオリー〉。NY生まれのブランドらしく、どのパンツもよく伸びるのに印象はとっても都会的…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ