Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.01.10


〈マツダ〉CX-8

国産のモノづくりが見直されている。ファッション界でも純国産ダウンジャケットやデニム、レザーシューズなど、枚挙に暇がない。あるいは、みなさん大好きなサードウェーブ系コーヒーだって然り。焙煎はおろかコーヒービーンズを栽培する、な〜んていうレベルにまで進化しちゃっているんだから。日本人の勤勉さって、今あえて「スゴイ!」っていってもいいのかも。



で、実はこれ、クルマにもいえること。特に〈マツダ〉は、『Safari』世代にも注目してほしいメーカー。なかでもCX-8はとってもデキがいい。パッケージ的にも仕上がり的にも、若年世代のみならず家族を持つ世代にも絶賛&おすすめできる1台なのだ。

CX-8は2017年12月に発表されたモデル。だが、昨年の秋には早くも商品改良を受けて、さらに魅力的に生まれ変わっている。ご存知のとおり、近年〈マツダ〉の代名詞が“美デザイン”。もちろんこのCX-8もそんな魅力がたっぷりだが、実はひと皮剥いたその中身、クルマとしての“スキモノ感”こそが実は面白いって知ってました? とはいえ、やはり進化し続ける美デザインには触れないわけにはいかない。先に内外装をチェックしてみよう。





CX-8は〈マツダ〉の最上級SUV。ボディサイズも、全長4900mm✕全幅1840mm✕全高1730mmとたっぷりしていて、自社初の3列シートを備えている(7〜8人乗り)。

たっぷりとしたグラマラスボディながら、間延び感のないスッキリしたエクステリアデザインがまず秀逸。フロントマスクが表現するシャープな“マツダ顔”から、サイドビューにかけての収束のさせ方、ラインの処理が見事だ。スッと描いた美しい線の上にただ車輪を載せました、みたいなシンプルな手法は、ゴテゴテとキャラクターラインをあしらいがちな国産カーデザインの中でも異色のもの。デザイン力に自信がなければできない方法ともいえる。
 

NEXT 価格を超えた内装もいい!

2/3PAGE

価格を超えた内装もいい!

〈マツダ〉のエクステリアデザインが優れているのは、なにも今にはじまったことじゃないんだけど、ここ近年で急激に伸びを見せたのが、内装デザインの質感だ。





オーナーは圧倒的に室内で過ごす時間が多いもの。いくら外観が優れていたって、内装がイマイチじゃ興醒めだもの。CX-8の内装は正直、価格を超えている。特にホワイト内装の美しさたるや、まるで某北欧メーカーの、1000万円クラスのそれに迫る勢い!



さらに秋の商品改良時には、もともと2.2ℓ直4ディーゼルのみだったCX-8に、2.5ℓのガソリンターボと、なんと2.5ℓのノンターボ(自然吸気エンジン)が追加。3種類のエンジンが選べるようになったことがユニークだ。デザインばかりが話題に登りがちな同社。だけど、実は“走り”にその真価があることこそ、コアな〈マツダ〉ファンのみならず、輸入車からの乗り換え層に訴求している理由でもある。また、この商品改良から、“Gベクタリングコントロール”と呼ばれる電子制御も搭載。ますますクリアなハンドリングを実現している点も、走り重視派には嬉しいニュースになるだろう。

じゃ、この3つのエンジンのうち、どれがベストなの?な〜んて質問には、こう答えておこう。やっぱりご自慢のディーゼルエンジンは最高! しかしご近所ユースが多いなら、2.5ℓNAエンジンで十二分。さらに、中〜高速の伸びを満喫したいならガソリンターボといった具合。迷うのもまた楽し!
 

NEXT 気になるスペックは?

3/3PAGE


★DATA〈マツダ〉CX-8  25T Lパッケージ(4WD)
●全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm
●車両重量:1890㎏
●ホイールベース:2930mm
●エンジン:2.5ℓ直列4気筒DOHC 16バルブ直噴ターボ
●最高出力:169kW(230PS)/4250rpm
●最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:424万4400円

Information

●マツダコールセンター  
TEL:0120-386-919

文=今井優杏 text:Yuki Imai
Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!
SPONSORED
2019.07.11

Tarzan × Safari BEAUTY & BODY WEEK
『Tarzan』と『Safari』の夢のコラボ企画が〈阪急メンズ東京〉で遂に実現!

今春に大規模リニューアルした、有楽町の〈阪急メンズ東京〉でのスペシャルウィークが決定! 洗練されたファッションと、磨き上げたボディの融合。さまざまなプロダクトを実際に体験できる貴重なチャンスを見逃すな!

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!
SPONSORED
2019.06.26

こだわる男は〈ロイヤル フラッシュ〉の別注ショーツ&バッグで!
さりげない“柄”使いが大人っぽさの秘密!

夏の海が大好きでたまらないアクティブ派ともなれば、そのウキウキ感を都会にもビーチにも持ちこみたくなるかと。かといって、小僧っぽい派手さはご法度。そこでおすすめは、〈ロイヤル フラッシュ〉が別注でオーダーしたショーツとバッグ。軽快なカモフラ…

TAGS:   Fashion
冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!
SPONSORED
2019.06.25

冒険野郎が選ぶ 新・ラグジュアリー時計! Vol.3
贅沢クルージングの手元は“ハイテク”で“エレガント”!

かつては波乗りでもがむしゃらになって海に挑んだものだが、今はゆったりと海と向き合うことが多くなった。そんな気持ちの余裕とリラックスした時を楽しむことが、新しいラグジュアリーのスタイルなのかもしれない。

TAGS:   Watches
実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”
SPONSORED
2019.06.25

実はつけるシーンを選ばない〈エドックス〉の名作時計!
海を愛する大人なら 街でもあえての“ダイバーズ”

ハイスペックな機能を備え、海を愛する大人を魅了しつづける“クロノオフショア1”。ダイバーズといえば、計器のような武骨なデザインが多いが、この名シリーズには、見た目にも華がある。だから海に限らず、陸をフィールドに独自の世界観が自由に楽しめる…

TAGS:   Watches
西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!
SPONSORED
2019.06.25

西海岸スタイルの1枚は〈カリフォルニアデプト〉で!
ヒネリの効いたプリントでワザありのTシャツ姿に!

いよいよ、待ちに待った夏本番。この短い季節を存分に楽しむためにも、今一度、買い足すべきアイテムを再確認しておきたいところ。とりわけ、夏カジュアルの主役となるTシャツは、何枚持っていてもいい。だったら、〈カリフォルニアデプト〉に足を運んでみ…

TAGS:   Fashion
〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!
SPONSORED
2019.06.25

〈オリス〉の腕時計はかっこいいだけで終わらない!
海への愛を表現するなら“環境に優しい”ダイバーズ!

サーフィンなどのマリンスポーツがライフスタイルの中心にある大人にとって、海はかけがえのない存在。だから、男の“名刺代わり”でもある腕時計には、高い性能に加え、海との繋がりを感じられる“物語”も求めたい。海洋保全活動に長年取り組んできた〈オ…

TAGS:   Watches
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!
SPONSORED
2019.06.25

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 02
夢の詰まった理想の旅はプラチナ・カードで!

本誌で紹介している西海岸的ライフスタイルの根っこにあるのは、人生を自分らしいスタンスで楽しみたいと願う自由な価値観。そのマインドに共感するみなさんなら、きっと旅にだって自分らしさを求めたくなるはず。そこで〈アメリカン・エキスプレス〉の会員…

TAGS:   Lifestyle
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.06.20

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ