Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.01.10


〈マツダ〉CX-8

国産のモノづくりが見直されている。ファッション界でも純国産ダウンジャケットやデニム、レザーシューズなど、枚挙に暇がない。あるいは、みなさん大好きなサードウェーブ系コーヒーだって然り。焙煎はおろかコーヒービーンズを栽培する、な〜んていうレベルにまで進化しちゃっているんだから。日本人の勤勉さって、今あえて「スゴイ!」っていってもいいのかも。



で、実はこれ、クルマにもいえること。特に〈マツダ〉は、『Safari』世代にも注目してほしいメーカー。なかでもCX-8はとってもデキがいい。パッケージ的にも仕上がり的にも、若年世代のみならず家族を持つ世代にも絶賛&おすすめできる1台なのだ。

CX-8は2017年12月に発表されたモデル。だが、昨年の秋には早くも商品改良を受けて、さらに魅力的に生まれ変わっている。ご存知のとおり、近年〈マツダ〉の代名詞が“美デザイン”。もちろんこのCX-8もそんな魅力がたっぷりだが、実はひと皮剥いたその中身、クルマとしての“スキモノ感”こそが実は面白いって知ってました? とはいえ、やはり進化し続ける美デザインには触れないわけにはいかない。先に内外装をチェックしてみよう。





CX-8は〈マツダ〉の最上級SUV。ボディサイズも、全長4900mm✕全幅1840mm✕全高1730mmとたっぷりしていて、自社初の3列シートを備えている(7〜8人乗り)。

たっぷりとしたグラマラスボディながら、間延び感のないスッキリしたエクステリアデザインがまず秀逸。フロントマスクが表現するシャープな“マツダ顔”から、サイドビューにかけての収束のさせ方、ラインの処理が見事だ。スッと描いた美しい線の上にただ車輪を載せました、みたいなシンプルな手法は、ゴテゴテとキャラクターラインをあしらいがちな国産カーデザインの中でも異色のもの。デザイン力に自信がなければできない方法ともいえる。
 

NEXT 価格を超えた内装もいい!

2/3PAGE

価格を超えた内装もいい!

〈マツダ〉のエクステリアデザインが優れているのは、なにも今にはじまったことじゃないんだけど、ここ近年で急激に伸びを見せたのが、内装デザインの質感だ。





オーナーは圧倒的に室内で過ごす時間が多いもの。いくら外観が優れていたって、内装がイマイチじゃ興醒めだもの。CX-8の内装は正直、価格を超えている。特にホワイト内装の美しさたるや、まるで某北欧メーカーの、1000万円クラスのそれに迫る勢い!



さらに秋の商品改良時には、もともと2.2ℓ直4ディーゼルのみだったCX-8に、2.5ℓのガソリンターボと、なんと2.5ℓのノンターボ(自然吸気エンジン)が追加。3種類のエンジンが選べるようになったことがユニークだ。デザインばかりが話題に登りがちな同社。だけど、実は“走り”にその真価があることこそ、コアな〈マツダ〉ファンのみならず、輸入車からの乗り換え層に訴求している理由でもある。また、この商品改良から、“Gベクタリングコントロール”と呼ばれる電子制御も搭載。ますますクリアなハンドリングを実現している点も、走り重視派には嬉しいニュースになるだろう。

じゃ、この3つのエンジンのうち、どれがベストなの?な〜んて質問には、こう答えておこう。やっぱりご自慢のディーゼルエンジンは最高! しかしご近所ユースが多いなら、2.5ℓNAエンジンで十二分。さらに、中〜高速の伸びを満喫したいならガソリンターボといった具合。迷うのもまた楽し!
 

NEXT 気になるスペックは?

3/3PAGE


★DATA〈マツダ〉CX-8  25T Lパッケージ(4WD)
●全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm
●車両重量:1890㎏
●ホイールベース:2930mm
●エンジン:2.5ℓ直列4気筒DOHC 16バルブ直噴ターボ
●最高出力:169kW(230PS)/4250rpm
●最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2000rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:424万4400円

Information

●マツダコールセンター  
TEL:0120-386-919

文=今井優杏 text:Yuki Imai
ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!
SPONSORED
2019.04.25

ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!
夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!

夏といえば灼熱の太陽に青い海、輝く白い砂浜。そして、いつもより大胆になれる、陽気な“柄モノ”を着て出かけたい季節では? たとえばマドラスチェックだったり、トロピカル柄だったり……。そんな海に似合う夏気分な柄アイテムを〈ブルックス ブラザー…

TAGS:   Fashion
大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!
SPONSORED
2019.04.25

大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!
ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!

初夏の日差しが気持ちいいビーチには、やっぱりリントTが似合う。そして、そこらへんの小僧サーファーと同じにならないプリTを選びたいなら、〈シーグリーン〉のロゴTがいい。海好きにササるモチーフを西海岸っぽくアレンジした1枚は、ビーチでひと際目…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!
SPONSORED
2019.04.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!
バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!

年齢を重ねると、旅先での格好も「大人としてだらしなくないか」などいちいち人目が気になったりする。でもリゾートの一番の目的は、のんびりすること。服だって“いかに心地よく過ごせるか”が大事なはず。だから、ちょっと意外かもだけど上質なルームウエ…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!
SPONSORED
2019.04.25

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!
夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!

きちんと感の演出のために、暑い夏でも重そうなジャケットをヤセ我慢して着るなんて考え方はもはや時代遅れ。涼しげな素材をジャケットやインナーに投入して、爽やかな季節にふさわしいお洒落を楽しむのが、今どきのスタイル。で、注目したいのが〈ブラック…

TAGS:   Fashion
〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!
SPONSORED
2019.04.25

〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!
遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!

ユーモアや遊び心がわかるということは、心に余裕があるってこと。いい年の大人なら、それを見た目でも感じさせたい。そこでマークしたいのが、〈ビーセカンド〉がセレクトしたアメリカ生まれの〈チャイナタウン マーケット〉の新作。おやっ!?とお洒落心…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!
SPONSORED
2019.04.25

夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!
西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!

“たかがTシャツ、されどTシャツ”とはよく言ったもので、夏カジュアルはTシャツ選びが最大のヤマ場。ついプリントだけで選びがちだが、実は色も大事だって知ってた? そう、シーンに応じて色を使い分ければ、いつものTイチ姿も見違えるはず。おまけに…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!海好き男の週末はマリンなパーカが主役!
SPONSORED
2019.04.25

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!
海好き男の週末はマリンなパーカが主役!

モチーフや色使いから、潮風を感じられる服。夏が近づくと一段と、マリンテイストのアイテムが恋しくなってくる。そんな人にこそ是非袖を通してほしいのが、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけた新作パーカ。都会的センスのボーダー柄やキャ…

TAGS:   Fashion
〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!
SPONSORED
2019.04.25

〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!
大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!

〈BMW〉の走りの遺伝子を受け継ぐロードスター。クルマ好きなら知らない人はいないあの“Z”の系譜に、新型モデルがお目見えした。と、ここまではご存知の人も多いかと。しかしこの新型“Z4 M40i”の登場に合わせて、30台限定の特別限定車も存…

TAGS:   Cars
コレで毎日がもっと刺激的になる!週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】
SPONSORED
2019.04.25

コレで毎日がもっと刺激的になる!
週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】

昼間はすでに夏を感じる陽気でも、朝晩が冷えこむこの時季の気候は、憧れの西海岸とそっくり。ということは、まだまだお洒落を楽しめるってこと。そんな季節だからこそ、改めて身のまわりを確認して、脱・マンネリを狙える個性派アイテムを揃えておくべき。…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ