Safari Online

SEARCH

WATCHES ウォッチ

2020.02.08


〈コルム〉アドミラル “CORUM ADMIRAL”

伝説のヨットレースから生まれた アドミラルは〈コルム〉の中でも最も潮っぽいコレクションだ。 国際信号旗を模したインデックスや12角形ベゼルなど外観もアイコニック。 適度なエレガントさも併せ持ち、 ラグジュアリーなセーリングによく似合う。

アドミラル レジェンド 42


ケース径42mm、自動巻き、SSケース&ブレス。64万円(コルム/ GMインターナショナル)

初代12角形モデルに範を取るオールブルー


ケースもブレスのブルー PVDで染め上げ、同色のダイヤルにカラフルなフラッグモチーフが映える。そのインデックスは立体的に造作され、ダイヤルの表情はいっそう豊かに。


アドミラルってこんな時計!

➊12角形ベゼル
セーリングボートのナットをモチーフに1983年に考案された、コレクションを特徴づけるデザインコードのひとつ。当初はベゼル外周だけが12角形だったが、後にダイヤルまで12角形となり、よりアイコニックな装いとなった。
➋国際信号旗インデックス
カラフルなアワーインデックスは船舶間の通信で使われる国際海洋信号旗をそのまま使用。ヨットレースに由来する、出自を表す。12角形ベゼルと並ぶアイコニックなデザインコードであり、ひと目でアドミラルだとわかる。
➌リュウズガード
2002年以降のモデルで採用され、よりスポーティで屈強な印象とともに、耐衝撃性をより高めた。ベゼルを象る12角形のうちの2辺の延長線上にリュウズガードを形成することで、 全体的なまとまりが巧みに図られている。
 


伝説のヨットレースから生まれた独創的なデザインの1本


コレクション名は、イギリスで開催されていたヨットレースに由来する。1957〜2003年の間、1年おきに行われた“アドミラルズカップ”である。1981年に〈コルム〉は同レースに参戦し、またメインスポンサーも務めていた。そんな関係性から、同レースの名を冠したモデルが誕生することとなる 。そうアドミラルは、かつてアドミラルズカップというコレクション名だったのだ。

12角形ベゼルも国際海洋信号旗インデックスも、ヨットレースにちなみ生まれた。レース自体は休止となり、コレクション名もアドミラルと短縮されても、アイコニックな外観は受け継ぎ、伝説のヨットレースにオマージュを捧げ続ける。

国際海洋信号旗を大胆にアレンジ!


国際海洋信号旗をインデックスとするというアイデアは、1983年に生まれた。1〜9は 単体で、10〜12は2つの旗を組み合わせて表記。各旗は数字とアルファベットに対 応するのに加え、それぞれ進路変更中などの意味も持つ

創業は1955年。ブランドのエンブレムを天空を指す鍵としたのは、新たな扉を開く革新への決意の表れだという。事実〈コルム〉は設立以来、斬新 な時計製作にチャレンジし続けている。そしてすべてのコレクションそれぞれに、 ひと目でそれとわかるアイコニックな外観を与えてきた。アドミラルにも、そうした〈コルム〉の信念がこめられている。

上で述べたように、イギリスで行われていた外洋ヨットレース“アドミラルズカップ”との提携で生まれた、マリンウォッチ・コレクション。レースへの参戦やスポンサード、そして時計の開発を推進したのは、後に2代目CEOとなる創業者の息子ジャン=ルネ・バンヴァルトだった。ヨットセーリングを趣味とし、 レースにも参加していた彼は、〈コルム〉の新たなコレクションのモチーフとして、 ヨットレースに着目。

1991年のアドミラルズカップで、見事に優勝を果たしたコルム・セーリングチーム。喜びを表し振る大旗には、 アドミラル(当時はアドミラルズカップ)のダイヤルのモチーフで彩られている。優勝国は、フランスだった

数あるレースの中からアドミラルズカップを選んだのは、 1960年に最初の提携モデルが〈コルム〉にあったからだ。後述するそのモデルは、クラシカルな角形時計。それを大胆に一新し、ヨットレースの世界観を存分に詰めこみ1983年に生まれたアドミラルズカップこそが、今あるアドミラルの直接のルーツだ。ヨットのナットを模した角形ベゼル、国際海洋信号旗のアワーインデックスも、このとき生まれた。

ダイバーズウォッチとは一味違った エレガントさを併せ持つマリンウォッチは、海を愛するリッチ層の間で大ヒット。 さらに1981年から参戦を続けてきたコルム・セーリングチームは、1991年に完全優勝を飾ったことで、時計自体もヨットマンの憧れの存在になった。ヨットを愛したジャン=ルネ・バンヴァルト氏のもくろみは、見事に成功。2003年を最後にレースは休戦したままだが、〈コルム〉はアドミラルの新作を発表し続け、その世界観を今に伝える。

[ジャン=ルネ・バンヴァルト]
Jean-Rene Bannwart

創業者ルネ・バンヴァルト氏の息子であり、1966年にコルムに入社。自身もヨットマンであり、アドミラルズカップ・プロジェクトの陣頭指揮を執 る。1987年にCEOに就任。2000年に退陣するまで、ブランドの根幹を築きあげた中興の祖でもある。


初代モデルは角形!?

最初のアドミラルズカップ・モデルは、クラシカルな角形として登場。18金とSSとが用意された。いずれも裏蓋にはアドミラルズカップの文字とヨットの姿がエングレービングされている。角形でも防水性が備わり、自動巻きムーブメントを搭載

色褪せない斬新デザインをヒストリカルピースでたどる


前のページで触れたように、〈コルム〉 による最初の“アドミラルズカップ”モデルは、1960年に生まれた。 上の写真がそれ。ご覧のようにスクエア型ケースの2針という、シンプルなドレスウォッチだった。今ある12角形ベゼルと国際海洋信号旗モチーフとの組み合わせが誕生したのは、1983年。そのモデルは、デザインでヨットの世界観を取りこむだけに留まらず、色でも海が表現された。

当時最先端技術だったPVDをいち早く採用し、ケースとブレスレットとをブルーに染めたのだ。青いアドミラルズカップに、時計ファンがつけた愛称は“ガンブルー”。それまでダイバーズしかなかった海時計にエレガントなマリンウォッチというカテゴリーを開き、メゾンの新たなアイコンとなった。

以降アドミラルズカップは、メカニズムと外装素材の両面で、バリエーションを増やしてゆく。1993年には、月齢 や潮位計といったヨットレースに必要な 機構が備わるキャリバーCO277を搭載する特別なモデルが誕生。そのモジュールは、自社製であった。
 

1983年:お馴染みのデザインに
2代目アドミラルズカップは、今ある12角形ベゼルと国際海洋信号旗インデックスとの組み合わせに。ブルーPVDの外装に18 KYGを差し色とすることでエレガントな印象を高め、海を愛するリッチ層に大歓迎された

1993年:エクスクルーシブムーブ搭載
ヨットレースで重宝する月齢、 潮位計、潮流の速さなどがダイヤルでわかるエクスクルーシブムーブメントCal.CO 277を搭載。各表示を見やすくするために、国際海洋信号旗インデックスは、ベゼルへと移されている。ケースは18金製とラグジュアリー


2000年に生みの親であるジャン= ルネ・バンヴァルトCEOの退任に伴い、 アドミラルズカップも一度姿を消すも、 2002年に復活。このときリュウズ ガードが装備された。2006年にはクロノグラフに44mm の大型ケースがバリエーションに加わり、2010年にそのチタンモデルが登場。

さらに〈コルム〉は、 複雑機構でも魅せた。2012年、なんとミニッツリピーターを搭載したのだ。 その2年後には、ダブルトゥールビヨン搭載モデルも発表している。また同年、93年に登場した潮位計などが備わるキャリバーCO277搭載モデルが復活。現行モデルにも、トゥールビヨンが再登場するなどアドミラルは、アイコニックな外観と機構でさらなる魅力を増す。
 

2006年:44mのクロノグラフ登場
コレクション史上最大サイズの44mmケースに、COSC取得のクロノグラフを搭載。左右のインダイヤルを大きくするなど、視認性にも配慮。ケース素材は18 KRGとSSとを展開

2010年:ケースにチタンを採用
12角形ベゼルに逆回転防止機構を与え、ダイビングスケールを刻んだダイバーズクロノ“アドミラルズカップ シーフェンダー 46 クロノダイブ”。46mmの屈強な大型ケースで300m防水を叶え、チタンの採用で軽量なつけ心地を実現していた。ムーブメントは、COSCを取得

2012年:ミニッツリピーター登場!
複雑機構ミニッツリピーター搭載モデルをリリース。両面シースルー仕様とし、精緻なメカニズムの全容を見せている。ゴングとハンマーはダイヤル側にあり、時刻を音で知らせる精巧な動きがつけたまま見える。ケースは46mmの18 KRG製。100時間のロングパワーリザーブも叶えていた

 
2014年:ブルーが爽やか!

潮位計などを装備するCal.CO 277を搭載した“アドミラルズカップ AC-One 45 タイド”。インデックスは通常のバーに置き換えられているものの、12角形ベゼルは健在。レイヤード構造を採用し、ブルー PVDを施したインサートによるステップベゼルで立体感を増した
 

 

個性派揃いの新生アドミラルを知る!


2017年8月、高級時計に精通したジェローム・ビアールを新CEOとして招へい。新体制となったことで2018年以降の新作は、外装は上質さを増し、よ り個性豊かになった。アドミラルも、国際海洋信号旗インデックスを古い海洋コンパス状に仕立てたり、バイカラーのケースに高級ヨットで使われるチーク製ダイヤルを組み合わせるなど、いっそうアイコニックな独創性を高めた新作が、次々とリリースされている。さらにフルオープンダイヤルも新登場。ユニークな革新性を発揮し続けている。

アドミラル レジェンド42 クロノグラフ


ケース径42mm、自動巻き、SSケース &ブレス。83万円(コルム/GMインターナショナル)

丁寧な仕上げ分けでワントーンを表情豊かに


1983年モデルと同じく、外装をPVDでガンブルーに。 ワントーンなのに表情豊かなのは鏡面とサテンとの組み合わせと、立体的なダイヤルによる。インダイヤルの針はコンパスに似る。

アドミラル レジェンド42


ケース径42mm、自動巻き、SS+18 KRGケー ス、カーフストラップ。125万円(コルム/GMインターナショナル)

高級ヨットのデッキをダイヤルのモチーフに


12角形ベゼルがRG製となり、いっそうアイコニックに装った。さらにダイヤルは、チーク製に。フラッグ・モチーフがカラフルにコントラストを成し、浮き立って目立つ。

アドミラル AC-One 45 オープンワーク オートマティック


ケース径45mm、自動巻き、18 KRG +チタンケース、ラバー+ファブリック ストラップ。480万円(コルム/ GM インターナショナル)

デザインコードを崩さずオープンワーク


自社製新ムーブをスケルトナイズ。ダイヤル側のブリッジを、フラッグモチーフと巧みに融和させた。3時位置にパワーリザーブ計を装備する。
 

 

アドミラルはヨットクラブのステイタス⁉︎


スポーツとしてのヨットセーリングは、18世紀のイギリス王室ではじまったという。スタートの合図に大砲の空砲が使われるのは、当時の名残。また上流階級のスポーツとして広まったため、アフターパーティにはドレスコードが あり、クラブに入会するのも会員の紹介制であることが多い。つ まりヨットクラブは、紳士の社交場。初代アドミラルズカップがドレスウォッチであったのも、今に繋がる1983年製モデルがエレガントさを併せ持っていたのも、そうしたヨットクラブの雰囲気にマッチさせるためだ。ドレスアップした手元を華やかに演出するアドミラルは、ヨットクラブのアフターパーティでステイタスとなっている。

Information

●GMインターナショナル
TEL:03-5828-9080

雑誌『Safari』3月号 P208〜211掲載

文=髙木教雄
text : Norio Takagi
〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!
SPONSORED
2024.02.06

〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!
【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!

さる1月16日(木) 、パリにて開催された〈ルイ・ヴィトン〉2024 メンズ・ファッションショー。メンズ クリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスが手掛けるショーとしては、2023年6月のパリ、11月30日の香港に続き3回め。…

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!
SPONSORED
2024.01.25

【時計】大人好みの本格志向に唸る〈シチズン〉プロマスターSKY
武骨で精悍なパイロットウォッチが都会派カジュアルを格上げする!

ウィンターシーズンの都会派コーデはモノトーンが主役。落ち着いた雰囲気は大人らしさを引き立てるから、愛用している人も多いだろう。けれども、それだけではまわりと差がつかないのでひと工夫ほしいところ。そこで頼りにしたいのが時計。存在感のある1本…

TAGS:   Watches
〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!
SPONSORED
2024.01.25

〈グルーベル・フォルセイ〉の新作は唯一無二の存在感!
シンプルな装いに合わせる複雑時計で特別な手元に!

オタク傾向の強かった複雑時計も、いまやスタイリッシュに進化を遂げつつある。その代表格が〈グルーベル・フォルセイ〉。なかでも新作の“YOSHIDA スペシャルモデル”はブラックをまとい、ファッションとの相性もいい。時計愛好家はもちろん、男た…

TAGS:   Fashion Watches
〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!
SPONSORED
2024.01.25

〈ベル&ロス〉の新作はラグジュアリーな近未来デザイン!
大人のスポカジに映える個性派スケルトン時計!

アクティブなスタイルも身につける腕時計でイメージは激変。そこで押さえたいのが〈ベル&ロス〉の新作スケルトン時計だ。黒に映えるメタリックなムーブメントに、プリズムのように輝く風防で、近未来感あるデザインが目を引く1本。ジュエリー的な贅沢さと…

TAGS:   Fashion Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ