Safari Online

SEARCH

GOURMET グルメ

2022.12.05


東京が一望できる展望レストランで、フランス仕込みの小鳩料理を!

東京で一番高い建物は東京スカイツリーだけれど、その天望デッキに非日常を味わえるレストランがあるなんて知ってた? 地上345mに位置し、富士山を望め、東京を見下ろせるのが〈スカイレストラン634(Sky Restaurant Musashi)〉。他にはないロケーションと絶景のパノラマビュー、フランス料理の技法をベースにしながらも江戸東京を意識した料理が人気となっている。

日本一の眺望に会話も弾む! ※ディナー店内イメージ雅

料理長の柴谷邦彦さんはフランスで修行したこともあるという本格派の料理人。そんな柴谷さんのフレンチで食べておきたいのが、スペシャリテの“小鳩の塩パイ包み焼き”。コース料理(ランチ6897円~、ディナー1万6577円~)をアップグレード(追加4235円)して体験できるという特別メニューで、それだけにとても手間暇をかけられている。

スペシャリテの“小鳩の塩パイ包み焼き”

フランス・ブレス産の小鳩をナスのペーストと合わせて、岩塩入りのパイ生地で包んでオーブンで焼き上げた逸品。目の前でスタッフが取り分けて盛り付けてくれるので、臨場感も体験できる。小鳩の繊細な味わいが閉じ込められ、野性味が穏やかになり、パイを開けると豊かな香りが広がっていく。本来であればこの料理は、一羽を丸ごと焼き上げるのだけれども、一人前で提供することも考えて胸肉だけが包まれている。胸肉は非常にやわらかく、バターの脂を吸って香りをまとい、食味に奥行きが生まれているのだ。モモ肉はコンフィにしてパリッとさせ、サラダ仕立てになっている。

雅コースより、“ヴィシソワーズのアイスクリーム キャビア添え、自家製スモークソーセージ、パニプリ春菊、赤ピーマンのムース”

雅コースより、“フォアグラとトリュフ、セロリラブのマーブル仕立て”

雅コースより、“タラバガニのオーモニエール”

雅コースより、“カリカリイチゴのミルフィーユ”

これ以外でも、ディナーの“雅コース”(2万812円)では、柴谷さんのシグネチャーディッシュが味わえるというから見逃せない。赤ピーマンのまろやか~なムースを楽しめるアミューズの“ヴィシソワーズのアイスクリーム キャビア添え、自家製スモークソーセージ、パニプリ春菊、赤ピーマンのムース”、フォアグラとトリュフを用いたコクのある贅沢な“フォアグラとトリュフ、セロリラブのマーブル仕立て”、タラバガニをパリパリのパートで包んだサクサクの“タラバガニのオーモニエール”も登場。“カリカリイチゴのミルフィーユ”は、ふっくらとした焼き立てのパイをその場で組み立てるという、こだわりのデザートだ。

キラキラした東京スカイツリーの天望デッキで、フランス仕込みの小鳩料理を堪能できるなんて、彼女の気分もかなりアガりそう!

Information

●スカイレストラン634(Sky Restaurant Musashi)
住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリー天望デッキ フロア345内
営業時間:ランチ 月~金曜12:00~16:00、土・日・祝日11:30~16:00(ともに14:00最終入店)/ディナー 17:30~21:00(19:00最終入店)
※営業時間は公式サイトをご確認ください
TEL:03-3623-0634
URL:https://restaurant.tokyo-skytree.jp/
※サービス料込み

アレが食べたいからこの店へ!の記事をもっと読みたい人はコチラ!
グルメジャーナリスト東龍のホテルグルメで“口福”体験!の記事をもっと読みたい人はコチラ!

文=東龍 text:Toryu
1976年台湾生まれ。テレビ東京「TVチャンピオン」で2002年と2007年に優勝。ブッフェ、フレンチ、鉄板焼、ホテルグルメ、スイーツをこよなく愛する。炎上事件から美食やトレンド、食のあり方から飲食店の課題まで、独自の切り口でわかりやすい記事を執筆。料理コンクール審査員、講演、プロデュースも多数。
〈ロイヤル フラッシュ〉と〈ムータ〉のワザありコラボ!海上がりに映える変化球アイテム!
SPONSORED
2022.12.29

〈ロイヤル フラッシュ〉と〈ムータ〉のワザありコラボ!
海上がりに映える変化球アイテム!

海男たるもの、いつも開放的な“潮っぽさ”を漂わせたい。とはいえ冬となると、どうも装いが平凡になりがち!? そこで〈ロイヤル フラッシュ〉で見つけた〈ムータ〉とのコラボアイテム。異素材使いやマリンカラーの新作で、楽しげな海っぽさを醸しながら…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ