Safari Online

SEARCH

FASHION ファッション

2020.12.12

買ったその後も楽しみに!
“デニム使い”で差がつく新鮮冬アウター!

『Safari Online』読者にとって、いくつになっても心惹かれるのがデニム。とはいえ、クローゼットの中にあるのはデニムパンツかGジャンあたり? でも、今季は面白いことに、これ以外にも気の利いたデニムアイテムが豊富にラインナップ! 独特の味感や男らしさを漂わせたアウターをはじめ、「えっ、これもデニムでできているの?」と、ちょっと新鮮な気分になるものも。きっとコレ、まわりと差をつけるチャンスかも!

 [コロニー クロージング]
COLONY CLOTHING


4万7000円(コロニー クロージング/バインド ピーアール)

すっきりとした風合いで魅せる
品格たっぷりなデニムジャケット!


シンガポールを拠点とするセレクトショップのオリジナルブランドから、デニム生地で仕立てたテイラードジャケットがお目見え。ビジネスとオフビジネスの距離感が近い街からの提案だけあって、デニム生地にも凛とした格上感を漂わせている。でも決して堅すぎない印象なのがいい。ドロップがきつすぎないから、楽ちんに着られる点も魅力! 

 

[ヘリル]
HERILL


13万円(ヘリル/にしのや)

「これってデニム?」と思わず唸る
しなやかカシミヤデニム製コート!


日本国内の豊富な経験を持つ工場とともに、新しいコンセプトの素材開発を行い、“真面目に面白い”と思えるプロダクトを生み出している新鋭ブランド。ブランド設立時から定番として用意するこちらのオーバーコートは、縦糸はインディゴコットン、横糸にはなんとカシミヤを使ったカシミヤデニム製! ゴワツキが少なくて柔らかい、でもデニムらしい表情をちゃんと残すユニークデザインの1着。 

 

[ホワイトマウンテニアリング × リーバイス メイド アンド クラフテッド]
WHITE MOUNTAINEERING× LEVI’S MADE & CRAFTED


7万2000円(ホワイトマウンテニアリング × リーバイス メイド アンド クラフテッド/ホワイトマウンテニアリング)

いろんなデニムの表情が楽しい
タフでユニークなジャケット!


アメリカン・ヘリテージのデニムと、東京をベースとしたアウトドア・ユーティリティブランドがコラボ。コチラの“ユーティリティ ジャケット ヤケ”は、9〜10.5ozとオンス違いのデニムを4種類も使用した、M-65タイプのジャケット。リベットや身頃のタックなど、〈リーバイス〉ディテールをミックスした袖の切り替えが面白い。ちなみに製品名の“ヤケ”とは、日本の名山・焼岳から名をとっている。 

 

[トミー ジーンズ]
TOMMY JEANS


2万8000円(トミー ジーンズ/トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)

ゆったりデザインとフード使いで
Gジャンよりもスポーティ!


アメリカンカジュアルの代表格からも、デニムを使った変わり種アイテムが登場。ジップアップタイプのパーカに、味のあるデニムを採用。胸元やフロントのポケットは、まるでカバーオールのようなデザインになっているのもポイント。ところどころ見られる色落ちも、こなれ感出しに効く。あるようでなかなかない珍しいアイテム! 

 

[ヤヌーク]
YANUK


6万8000円(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)

デニム本来の豊かな味わいが
ダウンで味わえる!


古着をイメージしたユーズド加工のデニムで、ダウンジャケットを作るあたりはさすがといった印象。縦糸のムラ感は、ロープ染色によるインディゴ染めの結晶。よくあるダウンジャケットでは見られないラフな表情を生み出している。裾をラウンド状にしているので、腰までしっかりカバーして、ちゃんと暖かさをキープしてくれる。 

 

[リサウンドクロージング]
RESOUND CLOTHING



5万4000円(リサウンド クロージング)

岡山発のデニムファクトリーが作る
爽やかバイカラーパーカ!


世界500以上のブランドのデニムを手掛けてきた、デニムファクトリーのオリジナルブランド。経験豊富ゆえに、加工技術も超優秀。このパーカは、上はナイロン、下と袖先はデニムを使った切り替えデザインで、爽快な印象たっぷり。その加工感も極めて自然で、どこか潮っぽい雰囲気も。まわりと差がつくアイテムが欲しいなら、こちらの1着を! 

 

Information

●カイタックインターナショナル
TEL:03-5722-3684

●トミー ヒルフィガー カスタマーサービス
TEL:0120-266-484

●にしのや
TEL:03-6434-0983

●バインド ピーアール
TEL:03-6416-0441

●ホワイトマウンテニアリング
TEL:03-6416-5381

●リサウンド クロージング
TEL:06-6441-6061

写真=丸益功紀 スタイリング=浅井秀規 文=八木悠太
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Hidenori Asai  text : Yuta Yagi
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ