Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2022.05.19


気になる最高級グレード“X”!〈ランドローバー〉ディフェンダー110 X D300

華麗なる復活を遂げた……、な〜んてクルマは世に多くあるけれど、なかでもコチラはその成功パターンの最たるモデルではないかと思う。〈ランドローバー〉ディフェンダーだ。

本格派クロスカントリーでありながら、日本でも扱いやすそうなサイズ感。加えて、先代までのヘリテージを踏襲しつつ、きっちりと先進的でもあるデザインに。さらにドアを開けた瞬間に現れる、ハッとさせるほどのラグジュアリーさ。正直、一回試乗してしまえば、もう「気に入るしかない」っていうくらいに心を鷲掴みする演出に満ちている。その証拠に、出るなり日本でも大人気になったってこと、クルマニアなら周知の事実だ。

そ~んな人気を受けて、2020年の導入当初はガソリンエンジンの110だけだったディフェンダーも、いまやショートバージョンの90、さらにパワートレイン追加と、バリエーションを増やしている。で、今回ご紹介したいのは、リッチなロングバージョンの110に人気のディーゼルエンジンが搭載された、ディフェンダー110 X D300だ 。

 気になる最高級グレード“X”!〈ランドローバー〉ディフェンダー110 X D300 気になる最高級グレード“X”!〈ランドローバー〉ディフェンダー110 X D300 気になる最高級グレード“X”!〈ランドローバー〉ディフェンダー110 X D300※写真はディフェンダーX トロフィーエディション
最上級グレード“X”だからこそ叶えられたゴージャスな内装や美しいインターフェイスなど、注目点は多々ある。しかし、なによりもハッと息を呑むのは、そのシルキーすぎるエンジンのなめらかな吹け上がり! そう、断然“踏み心地”が最高なのが、このD300の魅力なのだ。

搭載されるのは3ℓの直6ディーゼルターボエンジン。諸元は最高出力300PS、最大トルク650Nm。そして、このなめらかかつ鋭い加速で体験できる豊かなトルク&パワーの立役者として、組み合わされた48Vマイルドハイブリッドシステムの恩恵は大きい。

試乗シーンは低速から中~高速を体感できるクローズドコースだったが、街乗りスピードに達する前の、いわゆるパーキングスピードの頃からその質感の高さは卓越している。とにかく静かで、とにかくフラット。揺れないのだ。それは「え? これってほんとにディーゼル?」なんて具合。むろん、いまやプレミアムブランドのディーゼルエンジンは、どれもかなりフラットだしどれもかなりサイレントではあるけれど、ディフェンダーのコレは、フラットさという意味では抜きん出ているような気がする。

さらに、クルーズ状態になると……、いや、正確にはそのクルーズ状態に入る前、加速が乗りはじめたあたりから、この6気筒ディーゼルは、醍醐味を存分に発揮しはじめる。そう、直6だからこその深~いトルクの泉がこんこんと湧き出てくるのだ。シームレスで繊細な感じ、ちょっと“オフローダー”の域を超えている。都会でこそ乗りたいオフローダー、な~んていうとちょっと語弊があるかもだけど、都会を味わい尽くせる味にもあふれているのは間違いない。 

  気になる最高級グレード“X”!〈ランドローバー〉ディフェンダー110 X D300むろん〈レンジローバー〉らしい悪路走破性も、性能的にはぬかりはない。だけれど、それでもあえてもう一度言おう。一生オフロード性能を試すシーンに行かなくても、それでよいと思えるほどの走りを提供してくれる稀有なオフローダーとは、まさにコレのことかもしれない。

 

気になるスペックは?

★DATA 〈ランドローバー〉ディフェンダー110 X D300
●全長×全幅×全高:4945×1995×1970mm
●車両重量:2420kg
●ホイールベース:3020mm
●エンジン:3.0ℓ直列6気筒DOHCターボ
●最高出力:221kW(300PS)/4000rpm
●最大トルク:650N・m(66.3kgf・m)/1500~2500rpm
●トランスミッション:8速オートマチック
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:1197万円 

 

Information

ランドローバーコール
TEL:0120-18-5568

 

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!
SPONSORED
2022.06.23

〈ルイ・ヴィトン〉の新作を赤楚衛二さんが着る!
色と柄を効かせた爽やかな初夏カジュアル!

爽やかな色や柄を取り入れて、大人の遊び心を表現したい初夏のカジュアル。そんな気分にぴったりなのが、個性的な色柄で魅せる〈ルイ・ヴィトン〉の新作コレクション。ストリートの感性をちりばめつつ、メゾンらしい技巧を凝らして大人っぽくもフレッシュに…

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!
SPONSORED
2022.06.23

アバンギャルドなデザインで魅せる〈ハリー・ウィンストン〉!
唯一無二の極上時計で自分らしさに磨きをかける!

世界屈指のハイジュエラーの感性光る、スタイリッシュにしてアバンギャルドなモデルで時計界を席巻してきた〈ハリー・ウィンストン〉。そろそろコンサバな時計趣味から脱却し、自分らしさをアピールできる1本をモノにしたい人にとっては、まさに絶好の存在…

TAGS:   Fashion
ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!
SPONSORED
2022.06.23

ラグビー日本代表、田村優を魅了した〈ハミルトン〉の新作は、
都会の街並みに映えるタフネスウォッチ!

これからの季節はTシャツや半袖シャツなど軽快な装いが多くなる。となると、自然と手元にある1本に視線が集まりやすくなってくるもの。で、そんな視線をさらに独占しそうなのが、〈ハミルトン〉の新作カーキ ネイビー オープンウォーター。アメリカ生ま…

TAGS:   Watches
いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!
SPONSORED
2022.06.23

いつものジャケットにもTシャツにも〈ブローバ〉なら相性がいい!
夏カジュアルに映える爽快なブルーの腕時計!

いよいよ夏本番。アクティブな大人のテンションを上げてくれるのが海や空を彷彿とさせるブルーだ。そこで、注目してほしいのが〈ブローバ〉の腕時計。シックなサンレイと、深海を思わせるグラデーションダイヤルの2モデルは、紺JK、白T、デニムと相性抜…

TAGS:   Watches
堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!カジュアルが見違える品格ジュエリー!
SPONSORED
2022.06.23

堀米雄斗が纏う〈ティファニー〉の新作コレクション!
カジュアルが見違える品格ジュエリー!

ストリートの感性を取り入れた初夏カジュアルは、大人なジュエリー使いで上品&クールにまとめたい。〈ティファニー〉の新作コレクションなら、そんな着こなしもさりげなく叶うはず。東京五輪スケートボード金メダリストの堀米雄斗が魅せる、軽やかなクロス…

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!海好き男の週末はターフ姿だって段違い!
SPONSORED
2022.06.21

〈ムータ マリン〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムで見た目と着心地を一挙両得!
海好き男の週末はターフ姿だって段違い!

ゴルフ熱が高まる昨今、生粋の波乗り好きの中にもゴルフにハマる人が増えている。そんな“サーフ&ターフ”を実践するアクティブな男には、どんな格好がふさわしいか? それは海でもコース上でも心地よく着られて、さりげない遊び心で目立つ爽やかな1着。…

TAGS:   Fashion
〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2
SPONSORED
2022.05.27

〈オーデマ ピゲ〉が誇るアイコン“ロイヤル オーク”の魅力とは!?
50周年を迎えた名作時計が大人を魅了し続ける理由!Part2

“ロイヤル オーク”が誕生し、50周年を迎えた。ラグジュアリースポーツの始祖と称えられ、基本スタイルは当時から変わることはない。多くのフォロワーが現れても憧憬は薄れるどころか、むしろ高まり、入手困難の状況が続く。ここでは誕生エピソードや革…

TAGS:   Watches Culture

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ