Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2021.10.24


モンブラン ジャパン CEO――マーティン・ゴーディアン

●今月のビジネスセレブ
モンブラン ジャパン CEO
マーティン・ゴーディアン[Martin Gordian]【ビジネスセレブの「時を紡いで」】モンブラン ジャパン CEO――マーティン・ゴーディアンProfile
1977年、ドイツ・ハンブルク生まれ。ハンブルク・ビジネススクール卒業後、日用消費財の分野に就業。バンブルク、東京、上海で働く。2010年よりラグジュアリーブランドビジネス界に身を置き、2020年モンブラン ジャパンCEOに就任。現在に至る。

愛用の一本


【ビジネスセレブの「時を紡いで」】モンブラン ジャパン CEO――マーティン・ゴーディアンモンブラン
モンブラン 1858 ジオスフェール
●愛用歴/約1年
●価格/ 73万4800円
●購入場所/モンブラン 銀座本店
自社製のワールドタイム・コンプリケーション・ムーブメントを搭載。ふたつの半球状の地球は、24時間で1回転する。

ココがお気に入り!


【ビジネスセレブの「時を紡いで」】モンブラン ジャパン CEO――マーティン・ゴーディアン「ふたつの回転する半球ディスクを備えた文字盤は本当に興味深く、とてもユニークです! そして、ダイヤルのスモーキーブルーのニュアンスと、スフマートレザーストラップ。毎日、この時計を眺めて楽しむことがやめられません」

【ビジネスセレブの「時を紡いで」】モンブラン ジャパン CEO――マーティン・ゴーディアンMONTBLANC[モンブラン]
モンブラン 1858 ジオスフェール
〈モンブラン〉傘下の名門マニュファクチュール〈ミネルバ〉にオマージュを捧げた“1858”コレクションの中でも、個性際立つコンプリケーションとして高い評価を得ている、ワールドタイマー機能搭載モデル。回転するふたつの半球上に、世界七大陸最高峰、そしてモンブラン山がドットで示されている。これは2018年発表のファーストモデルに次いで、2020年にリリースされたブルーダイヤルバージョン。よりモダンでスタイリッシュな印象を醸し出す。


高級筆記具ブランドとして、絶対的な知名度とステイタスを誇る〈モンブラン〉が、ラグジュアリーウォッチ界に参入したのは1997年。そのインパクトは大きく、知性的なブランドイメージと真摯なウォッチメイキングによって、瞬く間にラグジュアリーウォッチの分野でも成功を収めた。近年では、傘下の名門マニュファクチュール〈ミネルバ〉が受け継いできた伝統と最新テクノロジーを融合させた自社製のコンプリケーションを意欲的に発表し、時計界での存在感は年々高まる一方だ。

昨年、モンブラン ジャパンのCEOに就任したマーティンが、自ら選び、毎日のように愛用しているのも、今日の〈モンブラン〉のウォッチメイキングの非凡な個性を体現する1本だ。

「モンブラン ジャパンのCEOに就任するに当たり、まずは時計を購入しました。物、スタイルからスタートするタイプなので(笑)。でも、それはビジネスに、そして〈モンブラン〉というブランドに気持ちを入れるためにとても重要なことだったと思います」

この、“モンブラン 1858 ジオスフェール”のファーストモデルが発表された2018年当時、マーティンは同業他社に在籍していた。しかしながら、このユニークなデザインのワールドタイマーは、彼の心を捉えていたという。

「今まで世の中になかったデザインと機能もとてもユニークで、ある意味センセーショナルでした。時計業界の中でも大きな話題になり、私も、〈モンブラン〉がとうとう、これほどまでにアイコニックな時計を出したな、と。そして個人的に、いつか欲しいと思いました」

その思いを果たし、入手してから約1年。この時計はマーティンにとって、“仲間”であり“相棒”。つまり、かけがえ
のない存在となった。

地球儀を半分に割ったような、ふたつの半球体。12時側の北半球は反時計回りに、6時側の南半球は時計回りに回転する。このふたつの半球体によるワールドタイム表示は、ユニークなだけではなく、なんと瞬時に異なるタイムゾーンを読み取ることができるという優れた実用性も兼ね備えている。

「この大胆なデザインは確かに目立つけれど、放たれる雰囲気はとてもシック。派手すぎず、ワル目立ちはしません」

そのバランスこそが、〈モンブラン〉のタイムピースの持ち味であり、大きな魅力のひとつだ。そして昨年来、世界を取り巻くこの状況下で、この時計はさらなるパワーを発揮している。

「自由に旅行に行くことができなくなって、まだ先の状況も不透明。そんな今、この時計は旅への憧憬を掻き立て、見るだけでワクワクしてきます。ダイヤルの上の地球を眺めていると、次に行きたい国、場所が、自然と頭に浮かんでくるのです。実は私の子供も、この時計の大ファンで(笑)。地球は回っていて、世界はこんなに広くて……というふうに、子供と一緒に過ごす時間を豊かに彩ってくれています。子供の視野も、これで随分と広がったのではないでしょうか」

そんな唯一無二の個性を宿すワールドタイマーだが、武骨さとは無縁。その佇まいからはスタイリッシュで洗練されたオーラが漂っている。

「この美しいブルーのダイヤルと、同系色のストラップもとても気に入っているポイントです」

ヴィンテージ調のストラップも、フィレンツェにある〈モンブラン〉の工房で製作されているレザー。少しくすんだような、絶妙なカラーニュアンスが瀟洒な雰囲気を醸し出している。

「ブルーは、様々な服装に合わせやすいし、どんな色の靴にもマッチします」

この日の、ダークなチェックのジャケットと、ほどよい抜け感のあるタイドアップスタイルにも、馴染みながらさりげなく存在感を発揮している。

「私にとって時計というのは、もちろん時刻を知るためのものでもあり、ファッションの一部でもあるけれど、それらを超越した、自分自身を託すものです。毎朝起きて時計をつけるとき、今日はどんな自分でいたいか? 自身に問いかけます。そう、とても大きな役割を担ってくれているのです。なので、語弊があるかもしれないけれど、もはや時刻を知るためより、楽しい時間、幸せな人生を過ごすためにつけるもの、欠かせないものですね」

次に欲しい時計も、もう心の中では定まっている。

「週末用に、ブロンズの、“モンブラン 1858 モノプッシャークロノグラフ”。イエローのナイロンナトーストラップ付きが私のウィッシュリストの一番上にあります。もちろんムーブメント含め語りどころは多々ありますが、なによりルックスが大好きなのです!」

Company Information
高級筆記具から時計まで適材適所のもの作り【ビジネスセレブの「時を紡いで」】モンブラン ジャパン CEO――マーティン・ゴーディアン
1906年、ドイツ・ハンブルクの銀行家と、ベルリンのエンジニアらによって創業。1924年、高級万年筆の代名詞となるマイスターシュテュックを発表、1934年には社名に〈モンブラン〉の名が冠された。1993年、リシュモン・グループの傘下に。1997年、スイスの時計産業の聖地、ル・ロックルに自社工房を設立、2007年には名門ミネルバを傘下に収めラグジュアリーウォッチ界に確固たる地位を確立。フィレンツェで製作する高品質なレザーグッズも好評。適材適所なモノ作りで世界のファンを魅了している。

Information

雑誌『Safari』11月号 P252~253掲載

“ビジネスセレブ”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=正重智生 文=岡村佳代
photo : Tomoo Syoju(BOIL) text : Kayo Okamura
きっと彼女も笑顔になる〈コーチ〉の新作!格上バッグでホリデーをもっと楽しく!
SPONSORED
2021.12.03

きっと彼女も笑顔になる〈コーチ〉の新作!
格上バッグでホリデーをもっと楽しく!

パートナーと過ごす時間を大切にしたいホリデーシーズン。装いにも少し気合いを入れたいところだけど、そんなときこそ遊び心を忘れずにいたいもの。そこで今回は雑誌『クラッシィ』と本誌がコラボレーションし、〈コーチ〉の新作を纏った中澤佑二さんと松島…

“毎日が楽しくなる”新型〈アウディ〉RS 3! 日本限定車のオンライン予約受け付けも開始!
SPONSORED
2021.11.29

“毎日が楽しくなる”新型〈アウディ〉RS 3! 日本限定車のオンライン予約受け付けも開始!

“RS”の名がついた〈アウディ〉といえば、ハイスペックな性能と切れ味するどい走りでクルマ好きを虜にする最高峰モデル。ところが今度の新型RS 3は、さらに進化した性能に加え、日常ユースにもぴったりというのだから面白い。それはすなわち、パート…

TAGS:   Cars
装いをキリッと引き締める〈エンポリオ アルマーニ〉の新作。都会派の手元に似合う洗練デザインの時計。
SPONSORED
2021.11.30

装いをキリッと引き締める〈エンポリオ アルマーニ〉の新作。
都会派の手元に似合う洗練デザインの時計。

毎日服を着替えるように、シーンや着こなしに合わせて時計もつけ替える。そんなお洒落感度の高い男に似合う時計といえば、やはり〈エンポリオ アルマーニ〉。今シーズンも都会的で洗練されたデザインが豊富に揃ったが、なかでも週末のカジュアルスタイルを…

〈オンリー〉で実現する贅沢素材の普段使い。定番チェスターがカシミヤならその満足度もケタ違い。
SPONSORED
2021.11.30

〈オンリー〉で実現する贅沢素材の普段使い。
定番チェスターがカシミヤならその満足度もケタ違い。

“クオリティ・オブ・ライフ”という言葉を耳にする機会も増え、なにげない日常を快適に過ごすことが大切に思える時代に。オン・オフを問わずに着られる、贅沢なカシミヤコートが注目されているのもそのため。その中でもスーツ工場で仕立てた〈オンリー〉の…

TAGS:   Urban Safari Fashion
〈ハリー・ウィンストン〉ならお洒落の楽しみも倍増!通じ合う2人こそ時計でさりげに色リンク!
SPONSORED
2021.11.25

〈ハリー・ウィンストン〉ならお洒落の楽しみも倍増!
通じ合う2人こそ時計でさりげに色リンク!

彼女とのなにげない日常がどれほど大切なものか。それを実感した人も多いはず。であれば、毎日が幸せになるよう努めるのみ。時計も心が弾むラグジュアリーなものにするとずいぶん違ってくる。たとえば〈ハリー・ウィンストン〉。このブランドの新作なら彼女…

TAGS:   Fashion Watches Jewelry
〈キャデラック〉XT4&CT5で週末をもっと楽しく優雅に!デキる男が選ぶクルマは余裕があるのに走りは俊敏!
SPONSORED
2021.11.25

〈キャデラック〉XT4&CT5で週末をもっと楽しく優雅に!
デキる男が選ぶクルマは余裕があるのに走りは俊敏!

ゆとりをもって過ごせる週末は貴重なひととき。ただ、じっとしていられない性分だけに、時間があれば海に、山に、街にと、ついつい出かけたくなる。そんなアクティブな男たちには、どこに行くにもゆとりたっぷりでグングン走る〈キャデラック〉のクルマが合…

TAGS:   Cars
装いをキリッと引き締める〈エンポリオ アルマーニ〉の新作!都会派の手元に似合う洗練デザインの時計!
SPONSORED
2021.11.25

装いをキリッと引き締める〈エンポリオ アルマーニ〉の新作!
都会派の手元に似合う洗練デザインの時計!

毎日服を着替えるように、シーンや着こなしに合わせて時計もつけ替える。そんなお洒落感度の高い男たちに似合う時計といえば、やっぱり〈エンポリオ アルマーニ〉。今シーズンも都会的で洗練されたデザインのアイテムが豊富に揃ったが、なかでも週末をとこ…

TAGS:   Fashion Watches
冬カジュアルを格上げする〈ロイヤル フラッシュ〉の新作!海上がりに差をつける異素材アウター
SPONSORED
2021.11.30

冬カジュアルを格上げする〈ロイヤル フラッシュ〉の新作!
海上がりに差をつける異素材アウター

冬の海スタイルに欠かせないアウターのひとつが、中綿ジャケット。とはいえ、表地がナイロン素材だと面白みに欠けるし、ウール素材だとマイルドすぎる!? その点、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注した異素材コンビなら、存在感がたっぷり。し…

TAGS:   Fashion
老舗ジュエラー〈タサキ〉の腕時計に注目!大人の冒険心を刺激する個性あふれるタイムピース!
SPONSORED
2021.11.25

老舗ジュエラー〈タサキ〉の腕時計に注目!
大人の冒険心を刺激する個性あふれるタイムピース!

日本を代表するハイジュエラー〈タサキ〉は、本格的なウォッチコレクションでも世界に名高い。クリエイティビティは時計の既成概念を覆し、技術に裏づけられたチャレンジ精神は大人の冒険心を刺激する。まさに現代アートのように、リラックスした大人のカジ…

TAGS:   Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ