Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2020.06.11


今年が最後のチャンス! 〈アバルト〉124スパイダー

出合えるのは、これが最後かもしれない。そう思うと、全力でアタックしてみたくなるのは男の性。次はもうないかもしれないチャンスならば、それを逃して人生を後悔したくないですよね? というのも、希少なFRライトウエイトオープンカーが、またひとつ消えていくから。今年(2020年)に生産終了を発表しているのは、1972年に初代が発表され、2016年に再び蘇った〈アバルト〉124スパイダーだ。

改めてルックスを見直してほしい。実はかなり優れたカーデザインがなされているということを再認識していただけるかと思う。薄いボンネットの先に大きく口を開いたエアインテーク。左右に彫りの深いヘッドランプが配置されるも、瞳の中の丸い意匠がどこかチャーミングさを感じさせ、見る者を笑顔にしてしまう。キャビンはぐっと後ろに配置され、サイドビューのバランスもきれいだ。 

 
筆者も124スパイダーには高速道路や街などで何度か遭遇したことがあるのだが、そのたびにハートをギュッと掴まれ、つい見送ってしまう。まるでそう、たとえるならばサソリの毒にチクッと刺されるような感じなのだ。まさに華と毒を同時に併せ持ったモデルなのだということを、見るたびに思い出す。 

 

日本で組付けられるイタリア車!


実はこのクルマ、〈マツダ〉ロードスターとシャシーや内装を共用している。しかし、ロードスターの実に日本的なワビサビを感じさせる“醤油顔”に対して、驚くほどにきっちりとイタリアンフェイスに仕上げ、キャラを完全に分けたことにはイタリアンデザインの妙を感じて唸ってしまった。いやはや、イタリア人のこのセンスときたら!

さらに実はこの124スパイダー、生い立ちも面白い。実は広島の〈マツダ〉の工場で生産されているのだ。といっても〈アバルト〉のチューンが施された1.4ℓマルチエアターボエンジンなど、パワートレイン系など専用部品はイタリアからの直輸入。つまり組付けを広島で行っているということ。そう聞くと、個人的にはネガティブよりも、こういっちゃなんだが製品としての信頼度は高い気がしてしまう。信頼の日本組付けなんて、機械としては高ポイントじゃないですか。

この124スパイダー、エンジンがイタリア直輸入という以外にも萌えポイント多数。ブレーキは〈ブレンボ〉製、ショックアブソーバーは〈ビルシュタイン〉と、クルマ好きをワクワクさせる部品たちのオンパレード。なにかとメカ好き小僧の心を上手に煽ってくる存在なのだ。そして事実、走りはその高揚感を全く裏切らない! 

 
特に1.4ℓマルチエアターボエンジンの、ぐわっと最初から盛り上がるトルクはさすがラテンのチューニング。この124スパイダーには嬉しいことにMTも用意されているのだが、アクセル操作の最初からきっちり大きなトルクが生まれるので、クラッチミートがとてもイージーなのだ。中間〜高速にかけてもターボの伸びも、息切れのないエキサイティングさ。1.4ℓという数字以上の“踏み感”に、ヤミツキになること間違いなしだ。

新車で買えるのもあとわずか。キャラ立ちオープンが欲しい方は急いで! 

 

気になるスペックは?


★DATA 〈アバルト〉124スパイダー
●全長×全幅×全高:4060×1740×1240mm
●車両重量:1130kg(MT)/1150kg(AT)
●ホイールベース:2310mm
●エンジン:1.4ℓ直列4気筒マルチエア16バルブ インタークーラー付きターボ
●最高出力:125kW(170PS)/5500rpm
●最大トルク:250Nm(25.5kgm)/2500rpm
●トランスミッション:6速MT/AT
●駆動方式:後輪駆動
●税込み価格:406万円(MT)/416万9000円(AT)

Information

●アバルト 
TEL:0120-130-595

文=今井優杏 text:Yuki Imai
町田啓太が体感した〈Audi〉A3の魅力とは!?
SPONSORED
2024.02.29

町田啓太が体感した
〈Audi〉A3の魅力とは!?

エモーショナルな佇まいと先進の装備で人気を博す〈Audi〉A3を、今をときめく町田啓太さんがインプレッション! 意外にも免許取得以来一度も自分のクルマを所有したことがないそうだが、〈Audi〉が誇るプレミアムコンパクトは、彼の琴線に大いに…

TAGS:   Cars
品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!大人の余裕は春アウターで決まる!
SPONSORED
2024.02.24

品があって洒落感が出る〈ヘルノ〉の新作!
大人の余裕は春アウターで決まる!

分厚い冬アウターを脱ぎ捨てて、身も心も軽やかになるこの季節。でもだからこそ気を抜かずに、しっかり大人の品格を意識して春アウターを選びたい。そこで注目したいのが〈ヘルノ〉の新作。品があって洒落ているうえ、ほどよくトレンドを加えた格上の1着が…

TAGS:   Fashion
槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!
SPONSORED
2024.02.24

槙野智章が着る〈ディーゼル〉の春スタイル!
ラフなデニム姿こそアクティブ派の正装!

サッカー日本代表選手として活躍し、引退後も精悍なルックスと軽快なキャラクターでメディアを賑わす槙野智章。アクティブ派としての印象も強いだけに、ラフなスタイルがよく似合う。カジュアルなお洒落の定番、デニムアイテムに〈ディーゼル〉らしい現代的…

TAGS:   Fashion Denim
大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!海で差がつく映えるアウター
SPONSORED
2024.02.24

大人に似合う1着は〈タトラス〉にあり!
海で差がつく映えるアウター

少しずつ暖かくなってきて、週末のビーチ通いが待ち遠しくなる季節。海に映えるデザインで、サッと羽織れる春アウターがあれば、これほど心強いことはないのでは? であれば、チェックすべきは〈タトラス〉の新作。素材、デザイン、機能性のすべてを満たす…

TAGS:   Fashion
〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!
SPONSORED
2024.02.06

〈ルイ・ヴィトン〉のファッションショーに初参加!
【密着】金メダリスト堀米雄斗が体験したこと!

さる1月16日(木) 、パリにて開催された〈ルイ・ヴィトン〉2024 メンズ・ファッションショー。メンズ クリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスが手掛けるショーとしては、2023年6月のパリ、11月30日の香港に続き3回め。…

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ