Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2019.01.24


〈メルセデス・ベンツ〉GLE

趣味として、モテスポーツとして、そしてビジネス仲間とのレジャーとしても。これほどまでに様々な面を持つスポーツってほかにはないかも。そう、それはゴルフのこと。しかも、ゴルフ好きなのは男子だけじゃない。最近ゴルフ女子も急増中ってこと、気づいていますよね? 緊張と弛緩がほどよく味わえるし、都心からでもアクセスしやすいゴルフ場も結構ある。それに、道中はグルメなんかも楽しめちゃうから、女子人気が上がるのも当然。そうなってくると、「じゃあ、ダブルデートで4バックプレーでも?」な〜んてプランも当然頻発するワケで……。



では、そんなときにふさわしいクルマといえば? スタイリッシュで走りも最高なのは当然のこと。4つのゴルフバッグとそれぞれのボストンバッグまで余裕で収納、さらにクラブハウスに横づけしたときに優越感に浸れちゃうクルマなんて、まさに理想! はい、わかりました。そんな欲張りなクルマをお探しのみなさんに、是非オススメしたいクルマがある。それが〈メルセデス・ベンツ〉GLE。なかでも、燃費と走行フィールに優れたGLE 350 d 4MATICはイチオシ!







※画像はすべて海外モデルのGLE 250 d 4MATIC。以下すべて同様
 
 

NEXT 現行型は熟成された味わいが楽しめる!

2/3PAGE

現行型は熟成された味わいが楽しめる!

GLEは昨年10月のパリ・モーターショーにて、新型を発表するとアナウンスされた超熟成モデル。じゃ、ニューモデルを待つのがベストなんじゃないの?なんて思うことなかれ。特に輸入車に関しては、最新モデルが最良のモデルとは限らないことに注目したい。というのも、新モデル導入初期にはなにかと不具合が出やすいもの。その点、熟成の進んだパッケージは、年度改良が重ねられて実に“いい感じ”になっていることが多々ある。現行のGLEもその例に漏れず。エンジンの回転の滑らかさからトルクの出し方、またトランスミッションとのマッチングまで、高級SUVの存在感にふさわしい仕上がりになっている。







なかでも今回オススメする350 d 4MATICは、クリーンディーゼルを搭載しているのだけど、静粛性・制振性ともにガソリンモデルに引けを取らないほど! むろんいくら静かでジェントルなフィールでも、ディーゼルエンジンならではの燃費性能は損なわれていない。つまり、道中で盛り上がりまくっている最中、「ごめん、ちょっと給油していい?」な〜んて無粋な理由で話の腰を折らなくてもいいのだ。

そして肝心の積載性だってバツグン。筆者が実際に試してみたところ、身長180cm超えの体育会系男子が選んだフルセットバック3本にレディスバッグ1つなら余裕で飲みこむフトコロの深さを発揮。しかも、無造作にポンポンと載せてもOKだから、このバッグを奥に入れてさらにコレを上に積んで……なんていうパズルは必要ナシ。これは嬉しい限り。プレーが終わってクラブハウスから出るときも、涼しい顔で女性陣(もしくは友人たち)を迎えることができるってワケ。



さて、それだけ大きければ、日頃の取り回しに苦労するんじゃない?なんて心配も、〈メルセデス・ベンツ〉の車体設計なら心配ご無用。しっかり小回りも考えられているから、競合車と比べたって扱いやすさはピカイチなのだ。しかも四輪駆動の4MATICを選んでおけば、ゴルフ場へと続く山道だけじゃなく雪道でも信頼性を発揮する。これさえあれば、ゴルフの最中「じゃあ今度、スノーボードでもどう?」なんて、次なる楽しい約束だってお手のもの!?
 

NEXT 気になるスペックは?

3/3PAGE


★DATA 〈メルセデス・ベンツ〉GLE 350 d 4MATIC
●全長×全幅×全高:4825×1935×1795mm
●ホイールベース:2915mm
●エンジン:3ℓDOHC V型6気筒ターボチャージャー付き
●トランスミッション:9速AT
●最高出力:190kW(258PS)/3400rpm
●最大トルク:620N・m(63.2kgf・m)/1600~2400rpm
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:896万円~



Information

●メルセデス・コール 
TEL:0120-190-610

文=今井優杏 text:Yuki Imai
ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!
SPONSORED
2019.04.25

ビーチで着るアメカジは〈ブルックス ブラザーズ レッド フリース〉で!
夏気分を盛り上げる海に似合う柄アイテム!

夏といえば灼熱の太陽に青い海、輝く白い砂浜。そして、いつもより大胆になれる、陽気な“柄モノ”を着て出かけたい季節では? たとえばマドラスチェックだったり、トロピカル柄だったり……。そんな海に似合う夏気分な柄アイテムを〈ブルックス ブラザー…

TAGS:   Fashion
大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!
SPONSORED
2019.04.25

大人サーファーに似合う1枚は〈シーグリーン〉で手に入れる!
ビーチで着るならやっぱり海を感じるプリTがいい!

初夏の日差しが気持ちいいビーチには、やっぱりリントTが似合う。そして、そこらへんの小僧サーファーと同じにならないプリTを選びたいなら、〈シーグリーン〉のロゴTがいい。海好きにササるモチーフを西海岸っぽくアレンジした1枚は、ビーチでひと際目…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!
SPONSORED
2019.04.25

〈ポール・スミス アンダーウェア〉があれば夏旅も安心!
バカンス先で重宝するのは心地いい部屋着!

年齢を重ねると、旅先での格好も「大人としてだらしなくないか」などいちいち人目が気になったりする。でもリゾートの一番の目的は、のんびりすること。服だって“いかに心地よく過ごせるか”が大事なはず。だから、ちょっと意外かもだけど上質なルームウエ…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!
SPONSORED
2019.04.25

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉で快適にお洒落する!
夏のJKスタイルは爽やか素材で涼しげに!

きちんと感の演出のために、暑い夏でも重そうなジャケットをヤセ我慢して着るなんて考え方はもはや時代遅れ。涼しげな素材をジャケットやインナーに投入して、爽やかな季節にふさわしいお洒落を楽しむのが、今どきのスタイル。で、注目したいのが〈ブラック…

TAGS:   Fashion
〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!
SPONSORED
2019.04.25

〈ビーセカンド〉がイチオシする〈チャイナタウン マーケット〉に注目!
遊びの効いたロゴ入りなら 休日姿も脱・マンネリ!

ユーモアや遊び心がわかるということは、心に余裕があるってこと。いい年の大人なら、それを見た目でも感じさせたい。そこでマークしたいのが、〈ビーセカンド〉がセレクトしたアメリカ生まれの〈チャイナタウン マーケット〉の新作。おやっ!?とお洒落心…

TAGS:   Fashion
夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!
SPONSORED
2019.04.25

夏カジュアルの主役はやっぱり〈ヴァンズ〉!
西海岸スタイルに差がつく海Tシャツと街Tシャツ!

“たかがTシャツ、されどTシャツ”とはよく言ったもので、夏カジュアルはTシャツ選びが最大のヤマ場。ついプリントだけで選びがちだが、実は色も大事だって知ってた? そう、シーンに応じて色を使い分ければ、いつものTイチ姿も見違えるはず。おまけに…

TAGS:   Fashion
〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!海好き男の週末はマリンなパーカが主役!
SPONSORED
2019.04.25

〈ムータ〉×〈ロイヤル フラッシュ〉の1着で爽やかさを倍増!
海好き男の週末はマリンなパーカが主役!

モチーフや色使いから、潮風を感じられる服。夏が近づくと一段と、マリンテイストのアイテムが恋しくなってくる。そんな人にこそ是非袖を通してほしいのが、〈ロイヤル フラッシュ〉が〈ムータ〉に別注をかけた新作パーカ。都会的センスのボーダー柄やキャ…

TAGS:   Fashion
〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!
SPONSORED
2019.04.25

〈BMW〉の新型“Z4”に特別仕様の限定車が登場!
大人の所有欲を刺激するプレミアムなオープンカー!

〈BMW〉の走りの遺伝子を受け継ぐロードスター。クルマ好きなら知らない人はいないあの“Z”の系譜に、新型モデルがお目見えした。と、ここまではご存知の人も多いかと。しかしこの新型“Z4 M40i”の登場に合わせて、30台限定の特別限定車も存…

TAGS:   Cars
コレで毎日がもっと刺激的になる!週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】
SPONSORED
2019.04.25

コレで毎日がもっと刺激的になる!
週末スタイルが見違えるとっておきのアイテム!【Vol.1】

昼間はすでに夏を感じる陽気でも、朝晩が冷えこむこの時季の気候は、憧れの西海岸とそっくり。ということは、まだまだお洒落を楽しめるってこと。そんな季節だからこそ、改めて身のまわりを確認して、脱・マンネリを狙える個性派アイテムを揃えておくべき。…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ