Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.08.13

話題のクルマを品定め!
〈レクサス〉LC500/LC500h

最近、ようやく街で見かけることが増えてきたと思いませんか? なんの話かといえば、〈レクサス〉のフラッグシップ・クーペ、LC500のこと。

一度見たら忘れられない、どこか見るものの心に余韻を残すような独自のデザインは各国で賞を獲得。ノミネート回数も多数だ。そして発売から1年半経った今でも、その印象は色褪せることない。むしろ改めてその高い完成度にホレボレしてしまうほど!

まだ続く納車待ちの長い列⁉

1300万円オーバーという価格には当初、批判も集まった。しかしそんな下馬評をアッサリ押しのけて、受注が開始されるや否や、あっという間に納車待ちの長〜いウェイティング・リストができあがったのは有名な話。一時は3年ともいわれたその待ち時間。今やどれくらいなのだろうか? おっと、そんなことを考える前に、我先にと紳士淑女が列をなした、LC500ってどんなクルマ⁉ 改めておさらいしてみよう。








 

NEXT 外観もいいけど室内もステキ!

2/4PAGE

 

これぞエレガントなクーペの代表格!

2017年3月に発売開始されたLC500は、全長4770mm×全幅1920mm×全高1345mmのたっぷりしたボディサイズが魅力の、流麗なクーペだ。乗車定員は4名となっているものの、後部座席はあくまでエマージェンシー用と考えておいてほしい。いざ座ってみれば成人女性くらいなら意外にも居住性は悪くない。しかしやはり2ドア。開口部をくぐるようにして後席にアプローチする姿は、さすがにエレガントというわけにはいかない。



LC500の魅力は、ほかのどの国のクルマにも真似できないエクステリアデザインがなんといっても目を引く。だけど、このクルマの魅力はそんな外観だけじゃない。乗る人をどこか鼓舞するような、精緻に作りこまれたインテリアもまた、アメイジングだ。









ステアリング・ホイール、シフトノブ、ドアパネル、センターコンソールなどなど、手の触れるところすべてがくまなくレザーやアルカンターラに丁寧に包まれているのだが、その風合いが実に優しげな表情を見せている点に注目してほしい。これこそ輸入車には見つけられない独自のニュアンスだから。また、シートの作りこみにも注目。スポーツドライビングを叶えるために着座位置から新設計され、まさに〈レクサス〉の走りの新境地を切り開いたモデルなのだ。
 

NEXT エンジンは2タイプ。どちらがいい⁉

3/4PAGE

 

5.0ℓV8か、3.5ℓV6ハイブリッドか?

パワートレーンは2種類あり、5.0ℓV8エンジンに新開発10速ATを組み合わせ、最高出力477psを発生させるLC500と、3.5ℓV6の新型エンジンにマルチステージハイブリッドを組み合わせ、システム最高出力359psを発生させるLC500hを選択できる。

「じゃあ、どちらを選ぶのが正解なの?」という質問には、こう答えておきたい。いわゆる、〈レクサス〉らしいエレガントな走りを求めるならハイブリッドのLC500hを。若々しく、クーペらしい走りをアグレッシブに楽しみたいならV8のLC500を。パワートレーンで異なる性格を宿しているから、是非お好きな方をチョイスしてほしい。



で、今ならどれくらいの待ち時間で買えるの?
LC500開発責任者の佐藤恒治氏に直撃!
「グレードによっても異なりますが、納車までは2.5カ月見ていただければ!」
職人の手によって作り上げられた芸術作品のLC、今なら予想より早い蜜月が叶う!
 

NEXT 気になるスペックは?

4/4PAGE

 
★DATA(LC500)
●全長×全幅×全高:4770×1920×1345mm
●ホイールベース:2870mm
●エンジン:V型8気筒5.0ℓ
●トランスミッション:10速AT
●最高出力:351kW(477PS)/7100rpm
●最大トルク:540Nm(55.1kgf-m)/4800rpm
●駆動方式:後輪駆動
●税込み価格:1300万円~

★DATA(LC500h)
●全長×全幅×全高:4770×1920×1345mm
●ホイールベース:2870mm
●エンジン:V型6気筒3.5ℓ+マルチステージハイブリッドシステム
●トランスミッション:電気式無段変速機
●エンジン最高出力:220kW(299PS)/6600rpm
●エンジン最大トルク:356Nm(36.3kgf-m)/5100rpm
●モーター最高出力:132kW(180PS)
●モーター最大トルク:300Nm(30.6kgf-m)
●駆動方式:後輪駆動
●税込み価格:1350万円~



Information

●レクサス インフォメーションデスク 
TEL:0800-500-5577

文=今井優杏 text:Yuki Imai
新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
PR
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アヴァントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!使えるセットアップで変幻自在な男になる!
PR
2019.02.25

〈ポール・スミス〉の1着があれば、休日姿もワンランク上に!
使えるセットアップで変幻自在な男になる!

ちょっときちんと感や特別感を出したい。そんな週末の時間にぴったりなのが、脱・マジメなセットアップ。デート映えするテイラードタイプから、単品使いもOKなカジュアルなものまで、〈ポール・スミス〉らしいヒネリの効いたセットアップを変幻自在に使い…

TAGS:   Fashion
西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!
PR
2019.02.25

西海岸テイストの演出は〈ヴァンズ〉のアイコンで!
春の大人カジュアルにはチェッカー柄が効く!

昼間の日差しが暑く、朝晩が冷えこむこのシーズンの陽気は、まるで西海岸のよう。だったら、着こなしにも西海岸の気分を取り入れたいところ。それを叶えてくれるのが、〈ヴァンズ〉の新作トップだ。さりげなくチェッカー柄が効いたアイテムを着こなせば、憧…

TAGS:   Fashion
〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!大人に必要なのはデイリーな使える1着!
PR
2019.02.27

〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作は洗えるから毎日でもOK!
大人に必要なのはデイリーな使える1着!

いい年の大人になると、休日でもジャケットを着る機会がなにかと増える。そういうときに〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作があると、きっと重宝するはず。羽織りもの感覚で気楽に着られるうえに、デートやバカンスでの品格もちゃんと出る。それ…

TAGS:   Fashion
レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!
PR
2019.02.25

レトロ感と武骨さを兼ね備えた〈ファーブル・ルーバ〉の1本!
ジャケ姿の男度を上げるひと味違う黒時計!

休日でもジャケットを羽織る。品格が求められる大人にはそんな着こなしが必要なときもある。そして、そんな場面でジャケ姿をいっそう格上げするには、腕時計選びが肝心。精悍さがありながらレトロな佇まいを感じさせる〈ファーブル・ルーバ〉“レイダー”シ…

TAGS:   Watches
〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!
PR
2019.02.01

〈ディーゼル〉の新作で春の新鮮カジュアルを!
差がつくデニム姿はどこかに“違い”アリ!

ワードローブの基本は、いつだってデニム。春を意識するなら、身に纏うと気分まで上がるようなデニムをワードローブに加えてみるといい。そこで外せないのが 〈ディーゼル〉の新作。評価の高いパンツやシャツはもちろん、“ワザあり”なものまでしっかり…

TAGS:   Fashion Denim

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ