Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2024.04.11


MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4

クルマ業界2024のビッグニュースはいくつかあるけど、間違いなくコレをハズすわけにはいかない。それが、日本でも約10年ぶりとなる〈ミニ〉ラインナップの全刷新。というわけで当連載でもややネタが連続してしまうことをご了承願いたい。

MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4今回ご紹介するのは、同ブランド内でも史上最大クラスとなるSUVタイプ〈ミニ〉カントリーマン。だけど、その後も3ドアのミニクーパー、そして全くの新規モデルとして電動専用のエースマンもやってくる。すでに当連載でもお伝えしているとおり、それぞれに〈ミニ〉のスポーツモデルといえば、の“ジョン・クーパー・ワークス”も導入が発表されているから、是非期待してほしい。期待を裏切らない出来だから!

そんな中で「実はコッチもかなりイイ!」というのが、今後の〈ミニ〉の電動化を先導するBEVである、EとSEという新グレード。今回は国際試乗会でいち早く試乗が叶ったカントリーマンから、最上級のSE All4をご紹介しよう。

MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4まず、カントリーマンという車種名だが、これまで日本では〈ミニ〉クロスオーバーとして設定されていたモノ。これまでいろいろと大人の事情(?)があって使えなかったグローバルネームが、今回からやっと解禁されたというわけだ。〈ミニ〉らしい丸みのあるデザイン要素はたくさん注ぎ込まれているのに、やや凛々しいイメージ。クーパーよりも直線基調を取り入れているのがよく見るとわかる。

さらに驚くのがボディサイズ。先述のとおり同社史上最大で、全長4445㎜×全幅1845㎜×全高1640㎜。ぎゅっと凝縮された〈ミニ〉らしいテーマ感あるルックスのおかげで、近くに立つまで……、いや立ったあとでも、そんなに大きさを感じないのは不思議なところ。しかし、いざ後部座席に乗ってみれば、足元のゆったりさや頭上の余裕に、驚くこと請け合いだ。

MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4MINI史上最大SUVの最上級! 〈ミニ〉カントリーマンSE All4さらなるサプライズはインテリアの大幅刷新。新世代に進化したOSと、量産車ではじめてとなる丸型LEDディスプレイを採用。インターフェースがあっと驚くほどの、独自の世界観を実現している。走行モード切り替えを含む、ディスプレイのテーマの変更は、走りのエキサイティングさと、ゲームライクな〈ミニ〉らしい独自の遊び心がふんだんにちりばめられているから、これはもう絶対に試してほしい。ガソリンエンジンモデルにも同様のインターフェースは用意されるけど、実は電動モデルのほうが音や演出の変化が増している。超近未来感を楽しみたい人は是非、このSEかEを選んでほしい。

ちなみにEとSEの大きな差は、そう、駆動用モーターの違い。Eはシングルモーターをフロントアクスルに搭載するFFモデル。そしてSEは前後にモーターを搭載する四輪駆動モデルだ。Eは最高出力204PS/250Nmで、SEがシステム最高出力306PS/494Nmとスペックも十分。しかし、この出力を“余裕”に費やしているのが新世代〈ミニ〉の最大の魅力。成熟とでもいおうか、最初まったり、あとからしっかりの加速は、ドライバーだけではなく乗せる家族の笑顔が浮かんでくるよう。サスペンションも然りで、ロールをしっかり生かした優しい味になっている。とはいえ、ひとりでハンドルを握るときは是非“JCWモード”を選んで。グイグイと湧き出るトルクを楽しめる、BEVならではの自在の楽しみがしっかり隠されている。

気になるスペックは?


★DATA 〈ミニ〉カントリーマンSE ALL4
●全長×全幅×全高:4445×1845×1640㎜
●ホイールベース:2640㎜
●一充電走行距離:433㎞(欧州参考値)
●フロントモーター最高出力:140kW/8000rpm
●フロントモーター最大トルク:247N・m/0~4900rpm
●リアモーター最高出力:140kW/8000rpm
●リアモーター最大トルク:247N・m/0~4900rpm
●システムトータル最高出力:225kW(306PS)
●システムトータル最大トルク:494N・m(50.4kgf・m)
●駆動方式:四輪駆動
●税込み価格:662万円

 
Information

●MINIカスタマー・インタラクション・センター
TEL:0120-3298-14

話題のクルマを品定め!の記事をもっと読みたい人はコチラ!

●『Safari Online』のTikTokがスタート!
こちらからアクセスしてみて!

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

〈サンローラン〉の新作スニーカーを俳優・山﨑賢人が履きこなす!
所有欲を刺激するクラシックで洒脱な1足!

大人カジュアルの定番といえば、シンプルで上品なスニーカー。絶大な人気を誇る〈サンローラン〉のスニーカー“バンプ”の新作は、王道のクラシックなデザインに、さりげない遊び心が効いている。まさに大人の週末にぴったり。そんな注目の1足を、自らスニ…

TAGS:   Fashion
〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

〈マクラーレン〉アルトゥーラ スパイダーなら叶う!
高揚を誘うドライブで爽快な夏を先取る!

プラグインハイブリッドの“アルトゥーラ”でスーパースポーツカーの新たな世界を創造した〈マクラーレン〉。今度はコンバーチブルバージョンの“アルトゥーラ スパイダー”が誕生した。爽快感のあるオープンエアで、どんな魅力が加わったのか。その答えを…

TAGS:   Cars
ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!夏コーデが華やぐさりげないアクセント!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

ポイントで効かせたい〈トム フォード アイウエア〉の柄フレーム!
夏コーデが華やぐさりげないアクセント!

シンプルになりがちな夏姿の格上げには、小物使いがものをいう。そこで、サングラスの出番だ。〈トム フォード アイウエア〉の新作はフレームの柄がきらりと光り、コーデのアクセントに欠かせない!

TAGS:   Fashion
生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!
SPONSORED
2024.05.24 NEW

生地や仕様にこだわった〈エルケクス〉の新作!
週末に着るTシャツは紺×白が頼りになる!

カラフルなTシャツもいいけれど、なんだかんだで頼りになるのは紺×白のTシャツ。そこで、今期こだわりたいのが“こなれ感”。たとえば軽く甘く編んで起毛させたスラブ素材、袖や裾、ネックまわりを味出ししたヴィンテージ仕様、そしてカレッジ調やミリタ…

TAGS:   Fashion
ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!
SPONSORED
2024.05.10

ひと味違う〈ロイヤル フラッシュ〉×〈ムータ〉の別注アイテム!
週末シーンで映える個性的なロゴアイテム!

着こなすアイテムが少なくなる夏カジュアルは、ロゴ使いで差をつけたい。そんなときに頼りになるのが、遊び心あふれるユニークなロゴがアイコンの〈ムータ)。なかでも〈ロイヤル フラッシュ〉の別注アイテムは、インラインとは一線を画すアレンジが絶妙。…

TAGS:   Fashion
〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。
SPONSORED
2024.04.30

〈IWC〉“ポルトギーゼ”の新作に隠された物語とは!?
移り変わる空を表現したダイヤルで手元に品格を。

歴史あるブランドの時計ならではの魅力のひとつが、背景にある“物語”を楽しめること。〈IWC〉の新作では、そんな物語を、移り変わる空を表現したダイヤルで視覚的に楽しめる。清々しい朝から夕暮れに至り、また新しい1日へ。そんなロマンを感じるスト…

TAGS:   Urban Safari Watches

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ