Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.05.14


〈ジャガー〉Eペイス

「乗った瞬間、五感にビビッとくるようなクルマに出合いたい!」そう思ったことはありませんか? クルマ好きな『Safari』読者にとって、それは永遠の夢かもしれない。そう、よくクルマ選びは恋と似ているなんていわれる。“欲しい!”という強い衝動が生れても、所有するには厳しい条件をクリアすることが必要だったりするでしょ? たとえばこうだ。長く一緒に居られるかどうか=デザインの完成度と耐久性、包容力=ユーティリティ含む使い心地のよさ、経済力=燃費やランニングコスト、といった具合。でも、ご安心を。そんな厳しそうな条件をカンタンにクリアしそうなクルマがある。それが、〈ジャガー〉の送り出したプレミアムコンパクトSUV、E-PACE(Eペイス)だ。

恋愛にありがちなハードルは意外に低い!?

環境意識への高まりなどから、インテリジェントな選択肢としてSUVの流行がどんどんダウンサイジング方向にあることはご存知だと思うけど、Eペイスは中でも最後発の部類に入る。だからこそ、“強豪ひしめく競合”(サイズ的に直接のライバルは〈メルセデス・ベンツ〉GLC、〈ビー・エム・ダブリュー〉X3、〈アウディ〉Q5、〈ポルシェ〉マカンあたり)の中にあって、キラリと光る個性と作りこみ、確かな走行性能でライバルを出し抜く仕掛けが詰まっている!









 

NEXT →Eペイスはどこがいいの?

2/2PAGE

 

スポーティさとエレガントさがたまらない!

特筆すべきは独特にセクシーなインテリア! こればっかりはドイツ勢にマネの出来ない世界観だから、ジャーマン3に飽きた、な〜んて贅沢をいいたい人にはドンピシャな選択かもしれない。
特に「エボニー/ マーズレッドインテリア」と呼ばれる深紅レザーの内装は、“SUV”という健康的な響きが似合わないほどに妖艶なムードを漂わせるから、たまらない!





エンジンは3種類。出力違いのガソリンが2種、そしてSUVと相性のいいディーゼルエンジンも設定される。トランスミッションは〈ジャガー〉初の9速AT。全グレードで四輪駆動の展開だ。

〈ジャガー〉らしい作りこみとしては、スポーツカー並みの高剛性ボディを誇っているということ。これは、いざエンジンをかけ、乗り出した瞬間に感じる“カッチリ”感にも直結している。



走りの質感もかなりスポーティ!

タイヤサイズは17インチから20インチまで設定されているが、見た目にもイカツい19〜20インチを選べば、締まったアシに大径タイヤのインフォメーションも加わって、まるでスポーツカーフィーリング!
しかし、サス・ストローク量は豊富なので、イヤな弾き感はナシ。ま、シンプルにいえば走りの仕上がりもバッチリってこと! パワフルなエンジンの出力を、新搭載の9速ATが細やかにサポートし、加減速の過敏さも抑えられていてコンフォータブルだ。





ちなみにこのEペイス、〈ジャガー〉史上2つめのSUVモデルとなる。フルサイズSUVのFペイスはすでに一昨年に先発していて、コチラの仕上がりも抜群だ。なぜブランド内でも若いモデルが、これほど高評価を得るまでのクオリティで仕上がってきたのか? 答えは同傘下にあるブランドにある。そう、この走行性能は〈ランドローバー〉〈レンジローバー〉譲りなのだ。このEペイスに関しても、基本構造は〈レンジローバー〉イヴォークですでに使用され、熟成されたもの。そりゃイイに決まってる! しかし、ブランドごとのキャラ分けはバッチリなされていて、双方を乗り換えて比較しても、きっちりと違うクルマに仕上がっているあたりはお見事!



ちなみに、“ベイビー・ジャガー”の呼び名を持つこのEペイス、よ〜く見るとクルマのあちこちに親子ジャガーのラブリーな姿が隠れている。コレを見せたら「かわいい〜!」なんて女子ウケも間違いなし!?

Information

●ジャガーコール 
TEL:0120-050-689

文=今井優杏 text:Yuki Imai

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!スポーティな装いも柄を足せば都会的!
SPONSORED
2019.08.28

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!
スポーティな装いも柄を足せば都会的!

アクティブ派にとっては、動きやすくてとても便利なスポカジ。でも、本気な運動着との差が微妙すぎる場合、大の男が街で着るにはちょっとキツイのも事実。ということで、ひと味違う柄を足した〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作を。柄自体がさり…

TAGS:   Fashion
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.08.24

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle
〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!
SPONSORED
2019.08.24

〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!
秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!

大人の男が格上のお洒落を目指すなら、服以上に大切なのがバッグと靴の選び方。無難なものばかり選んではつまらないし、当然ヤンチャすぎてもいただけない。で、注目したいのが、この辺のバランスを上手に表現している〈トッズ〉の新作。大人らしい品格を備…

TAGS:   Fashion
“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!
SPONSORED
2019.08.24

“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉
毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!

ファッションがそうであるように、いまや時計もインフォーマルなスポラグがトレンドだ。だがそれもブランドの品格や高いクオリティが伴ってこそ。“オーヴァーシーズ”が男たちの熱い注目を集める理由もそこにある。仕事や遊びを知り尽くす“通”が憧れる風…

TAGS:   Watches
プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!
SPONSORED
2019.08.24

プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!
大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!

クリス・ヴァン・アッシュによるはじめてのコレクションとなる今シーズンの〈ベルルッティ〉。これまでのシックで男らしい意匠に、あざやかさや柔らかさが加わったアイテムが揃う。そんなブランドの新たな魅力を伝えるべく登場するのは、浦和レッズの槙野智…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!
SPONSORED
2019.08.24

〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!
“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!

まだまだ残暑は厳しいけど、少しずつ着こなしに秋気分を取り入れていきたい時季。そんなときに頼りになるのが、ロンTやパーカなどの長袖トップ。そう、海好き男の大好きなアイテムだけど、個性出しを狙うならやっぱりロゴに頼りたいところ。しかもそれがワ…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!
SPONSORED
2019.08.24

〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!
カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!

大人がカジュアルな服装のときに気をつけないといけないのが“品格”。いい年してあまりにラフすぎるとみっともなかったり、身だしなみがなっていないと思われてしまうことも。でも〈ポール・スミス〉ならその点は安心。カジュアルなアイテムであっても、ど…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!
SPONSORED
2019.08.24

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04
プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!

〈アメリカン・エキスプレス〉プラチナ・カードとともに過ごした、自分らしい最高の旅も帰国のとき。あとは急いでチェックアウトをして、空港のロビーで何時間も搭乗を待って……。いえいえ、プラチナ・カード会員向けプログラム“ファイン・ホテル・アンド…

TAGS:   Lifestyle
〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!
SPONSORED
2019.08.24

〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?
どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!

海と街を行き来するデュアルライフの本場・アメリカで生まれたコンパクトSUV。憧れのクルマではあるが、日本の道路事情的に厳しいかも……なんて諦めないでほしい。〈ジープ〉の“コンパス”なら、力強い走りのおかげで海までのクルーズも快適。それでい…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ