Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.05.07


〈メルセデス・ベンツ〉A クラス

みんな大好き〈メルセデス・ベンツ〉。近年では持ち前の高級感&重厚感に加え、アグレッシブな若々しさをも兼ね備えている。このグッドルッキングのおかげで、コア顧客層の若返りにも成功している。もちろん若い『Safari』読者にもファンが多いのでは?

スポーティになって大躍進したAクラス!

歴史ある自動車メーカーをここまでフレッシュに仕立てた、立役者的モデルのうちのひとつが、コンパクト・ハッチバックモデルのAクラスだ。特に現行モデルである3代目Aクラスは、それまでの丸っこいファミリーカー的位置づけからガラっとキャラチェン。スポーティで威張りの効くマニッシュな姿に生まれ変わったことで、支持が急激に拡大している。
ブランド最小ボディサイズながら、 “〈メルセデス・ベンツ〉らしさ”が十二分に味わえる!とあって、コンパクトカー市場のイメージが薄いアメリカでも激売れしたっていうんだから、人気はまさにグローバルレベル!

そんなAクラスが間もなくフルモデルチェンジとの情報が! 国内販売は「年内に間に合うかどうか」というぼんやりしたアナウンスで、明確な導入時期は未定。でも、どんなクルマかは、イチ早く知りたいでしょ!?












写真は海外仕様。A 200 18インチモデル
 

NEXT →新型Aクラスはなにが変わった?2/2PAGE

 

走りの質が大きく向上!

先日、世界中のメディア関係者に向け、お披露目試乗会が行われた。
ここで乗った新型Aクラスには、ぶっちゃけビックリの連続! 正直、その仕上がりは期待以上。それどころか、はるか上方を行っているって断言してもいいくらい。まずは走りの質感が最高なのだ。
日本導入が予想されるパワートレーンは、ガソリンエンジン2種類(本国にはディーゼルエンジンもラインナップする)。それが新開発の1.4ℓターボエンジンに、新開発の7速デュアルクラッチの組み合わせ(導入モデル名は未定)と、そして2ℓターボエンジン×7速デュアルクラッチの組み合わせ(A250)。
コレが、現行型よりも少し大きくなりホイールベースの伸びた新開発プラットフォームに乗っかるのだが、どちらのエンジンを選んでもCクラスレベルの走りの質感を手に入れている。
新開発の1.4ℓターボエンジンは、現行型の1.6ℓターボエンジンよりもさらにダウンサイジングされているが、非力感は微塵もナシ! もうコレで十分かもしれない……と思ったのも束の間。2ℓターボに乗り換えれば、悶絶級に静粛性とトルクを兼ね備えたしっとり・ドライブフィールが展開されるのだから困っちゃう!






写真は海外仕様。A 200 AMGライン付き

エンジンを問わず、18インチ(タイヤサイズ)以上はリアサスペンションがマルチリンクになるから、コレもクラスを超えた走りの質感に大きく貢献しているのだ。

賢くて使い勝手のよい相棒も同乗!?

さらにこのAクラスから、“MBUX(=Mercedes Benz User Experience)”という新しいマルチメディア・インフォテイメントが採用される。これも超弩級の先進性で、このAクラスを皮切りに、全モデルに展開されていくものだ。
具体的には、従来のメーターとナビ画面にあたる部分に、横長のディスプレイが備えられる。どれもユーザーの好みに合わせてカスタマイズ可能で、使いやすさはもちろん、まるでSF映画の宇宙船みたいに未来的!
さらにこのMBUX、かの“Siri”のように人工知能を備えている。“Hey,Mercedes!”と話しかけ、コマンドを与え続ければ成長していくというもの。
日本導入の際には日本語にも対応するというから楽しみだ。




写真は海外仕様。A 250 エディション1

ただし、これらの機能の超充実度から鑑みるに、値上げは必至。欲しい人は予算に余裕を見ておいたほうが吉! う〜ん、それでも待ちきれない!










写真は海外仕様。A 250 エディション1

Information

●メルセデス・コール
TEL:0120-190-610

文=今井優杏 text:Yuki Imai

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!スポーティな装いも柄を足せば都会的!
SPONSORED
2019.08.28

〈ブラックレーベル・クレストリッジ〉で大人っぽくモダンに!
スポーティな装いも柄を足せば都会的!

アクティブ派にとっては、動きやすくてとても便利なスポカジ。でも、本気な運動着との差が微妙すぎる場合、大の男が街で着るにはちょっとキツイのも事実。ということで、ひと味違う柄を足した〈ブラックレーベル・クレストブリッジ〉の新作を。柄自体がさり…

TAGS:   Fashion
賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉
SPONSORED
2019.08.24

賢すぎるアイロボットの最上位機種“ルンバi7+”!
上質なライフスタイルを叶える、気になる新機能とは⁉

多忙な毎日でも、くつろげる自分だけの空間は、いつでも清潔にしていたい。そんな理想の部屋を実現してくれるのが、人間の代わりに部屋の隅々までキレイにしてくれるロボット掃除機“ルンバ”。その最上位機種の“ルンバi7+”は、自動ゴミ収集機能などの…

TAGS:   Lifestyle
〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!
SPONSORED
2019.08.24

〈トッズ〉の新作なら、いつもの着こなしも見違える!
秋カジュアルの主役は新鮮シューズ&バッグ!

大人の男が格上のお洒落を目指すなら、服以上に大切なのがバッグと靴の選び方。無難なものばかり選んではつまらないし、当然ヤンチャすぎてもいただけない。で、注目したいのが、この辺のバランスを上手に表現している〈トッズ〉の新作。大人らしい品格を備…

TAGS:   Fashion
“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!
SPONSORED
2019.08.24

“通”な男を虜にする〈ヴァシュロン・コンスタンタン〉
毎日の相棒はスポーティエレガントな名作時計!

ファッションがそうであるように、いまや時計もインフォーマルなスポラグがトレンドだ。だがそれもブランドの品格や高いクオリティが伴ってこそ。“オーヴァーシーズ”が男たちの熱い注目を集める理由もそこにある。仕事や遊びを知り尽くす“通”が憧れる風…

TAGS:   Watches
プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!
SPONSORED
2019.08.24

プロサッカー選手・槙野智章が着る今季の〈ベルルッティ〉!
大人のお洒落心をソソるシンプルさと上質感!

クリス・ヴァン・アッシュによるはじめてのコレクションとなる今シーズンの〈ベルルッティ〉。これまでのシックで男らしい意匠に、あざやかさや柔らかさが加わったアイテムが揃う。そんなブランドの新たな魅力を伝えるべく登場するのは、浦和レッズの槙野智…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!
SPONSORED
2019.08.24

〈ヴァンズ〉の新作で西海岸気分たっぷりに!
“ワザありロゴ”があれば 海カジュアルはもっと新鮮!

まだまだ残暑は厳しいけど、少しずつ着こなしに秋気分を取り入れていきたい時季。そんなときに頼りになるのが、ロンTやパーカなどの長袖トップ。そう、海好き男の大好きなアイテムだけど、個性出しを狙うならやっぱりロゴに頼りたいところ。しかもそれがワ…

TAGS:   Fashion
〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!
SPONSORED
2019.08.24

〈ポール・スミス〉のアウターでセンスのいい大人を演出!
カジュアルにこなせる 格上の1着を手に入れる!

大人がカジュアルな服装のときに気をつけないといけないのが“品格”。いい年してあまりにラフすぎるとみっともなかったり、身だしなみがなっていないと思われてしまうことも。でも〈ポール・スミス〉ならその点は安心。カジュアルなアイテムであっても、ど…

TAGS:   Fashion
ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!
SPONSORED
2019.08.24

ライフスタイルに“プラチナ“な価値を!Volume 04
プラチナ・カードがあれば旅のエンディングまで楽しい!

〈アメリカン・エキスプレス〉プラチナ・カードとともに過ごした、自分らしい最高の旅も帰国のとき。あとは急いでチェックアウトをして、空港のロビーで何時間も搭乗を待って……。いえいえ、プラチナ・カード会員向けプログラム“ファイン・ホテル・アンド…

TAGS:   Lifestyle
〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!
SPONSORED
2019.08.24

〈ジープ〉コンパスがあれば、オフは自由自在!?
どんなシーンでも頼りになる行動派のコンパクトSUV!

海と街を行き来するデュアルライフの本場・アメリカで生まれたコンパクトSUV。憧れのクルマではあるが、日本の道路事情的に厳しいかも……なんて諦めないでほしい。〈ジープ〉の“コンパス”なら、力強い走りのおかげで海までのクルーズも快適。それでい…

TAGS:   Cars

NEWS ニュース

More

loading

ページトップへ