Safari Online

SEARCH

CARS クルマ

2018.04.27


〈フォルクスワーゲン〉アルテオン

ある筋のディーラー関係者からの情報によると、最近、なんと3ボックスのセダンタイプのクルマが、20代の若者にヒタヒタとセールスを伸ばしているんだそうな! SUV大好きな『Safari』世代には意外に思われるかもしれない。だけど、無駄な出費を嫌う、“ゆとり〜さとり世代”の若者にとって、堅実なイメージのあるセダンって、賢い選択肢として“アリ”なのかも。

SUV人気をよそにセダンが売れてる!?

そんなワケで、流行っていると聞けば、押さえておいたほうがいいに決まっている。「確かに、最近セダン系は守備範囲外だったなぁ」というみなさんにこそ、乗り遅れにご用心。若い世代に学んでこそ、真のトレンドセッター(?)といえるんじゃない⁉ というわけで、今リアルに若者に支持を伸ばしている1台をご紹介したい。それが〈フォルクスワーゲン〉アルテオンだ。
昨年末に日本導入されて以来、実に2018年モデルは完売。現在もバックオーダー状態になっているという、隠れたヒットモデルでもある。



写真はすべて、アルテオンR-Line 4MOTION Advance
 

NEXT このクルマがウケてる秘密は!?

2/2PAGE

 

なんたって見た目がスタイリッシュ!

2017年の東京モーターショーでお披露目されたコチラ、実に端正なルックスがウリだ。リアエンドに向かって大胆に傾斜しているルーフラインは、遠目に見るとクーペのようにも見える。
それもそのはず、このアルテオンはセダンライクなんだけどセダンではない。
〈フォルクスワーゲン〉はコレを“ファストバック”と呼んでいて、一種、クーペのような位置づけにしている。
モデル体系でいえば同社パサートの兄貴分に当たり、ライバルは〈メルセデス・ベンツ〉のCLSや、〈ビー・エム・ダブリュー〉の4シリーズなどに相当する。





満足できる高い質感と使い勝手のよさ!

さらにこのアルテオンは、先述の、強力かつ個性豊かなライバル達に食いこむべく作りこまれた、あらゆる質感の高さも目を見張る。
エクステリアでいえば、キリっと眼光鋭いライトまわりからシャープなボーダーラインで構成されたグリル、そしてサイドビューからリアエンドにかけて、どこを切り取ってもまさに絵になる端正なクールビューティ。それほど巨大なボディサイズでもないのに、存在感を強烈にアピールしてくる。

内装だって負けちゃいない。ドイツ車らしい、かっちりと硬派でいて、システマティックに配置されたスイッチ類や、グラフィックの美しいディスプレイ。加えて、間接照明のように車内をノーブルに照らすアンビエントライト。まるでデザイナーズホテルのロビーラウンジのような雰囲気を醸し出す。
上位グレードであるR-Line 4MOTIONとR-Line 4MOTION Advanceには、ブラックベースにチタンブラックでパイピングを効かせたナッパレザー製のシートが用意されるのだが、これがまた、ほどよくレーシングでイイ。アダルトなヤンチャさを兼ね備えていて、シックな室内にピリっとスパイスを効かせていて、セダンに漂いがちなジジ臭さをも微塵も感じさせない。

 





路面に張りつくような走りはさすが!

走りの質感も、まさにクールビューティそのもの。2ℓのターボエンジンは、いざというときにこそスペックを遺憾なく発揮するが、普段は至ってジェントルなもの。市街地走行での室内の静粛性は抜群。だけど、いざ山道に持って行けば、コシのあるサスペンションと四輪駆動が路面をしっかりと掴んで、スルスルと駆け上がる。正直コレって、背の高いSUVでは味わえないオン・ザ・ロード感。そう、スポーティな走りが気持ちいいのだ。 





しかもアルテオンの魅力は、外観から想像できないくらい広い荷室にもある。公式サイトでも謳われているように、とにかくトランクが広〜い! つまり、スタイリッシュに見えても、使い勝手は至って実用的。大型のスーツケースでもラクラク飲みこむその広大さは、まるでワゴンのようなんだから! 
クルマをレジャーに、プライベートに、そして仕事にと、マルチに使い倒したい『Safari』世代にも、この選択は“大アリ”なのだ。



Information

●フォルクスワーゲンカスタマーセンター
TEL:0120-993-199

文=今井優杏 text:Yuki Imai
〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?
SPONSORED
2019.04.19

〈セイコー ガランテ〉の新作は美しくも大胆!
宇宙が舞台の高級旅時計で、目指すは規格外の男!?

人生を謳歌するには、常識という枠にとらわれてはいけない。たとえば世界中の空を旅していながらも、いずれはその翼を宇宙へ広げようと思いを巡らせる。そのくらい大きなスケールで物事を考えてこそ、人生の充実感を存分に味わえるというものだ。そして、そ…

TAGS:   Watches
新型〈アウディ〉A6アバントがあれば自由な週末が“価値ある時間”に変わる!
SPONSORED
2019.03.22

新型〈アウディ〉A6アバントがあれば
自由な週末が“価値ある時間”に変わる!

アクティブな大人の週末は多忙だ。大好きなサーフィンとゴルフ、どちらも少しでも上達したい。平日にはゆっくりできない買い物もしたいし、気になっていたギャラリーだってチェックしたい。そう、能ある大人は、好きなことに時間を費やしたほうが、英気を養…

TAGS:   Cars
アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!
SPONSORED
2019.03.25

アクティブなシーンにも〈ボス〉があればカンペキ!
“ワザあり”ナイロントップで大人スポーティな休日!

いつまでも若々しくてアクティブな大人でいるためには、見た目の印象も大事!変に落ち着いた地味な服より、ナイロン使いのスポーティな服のほうがバイタリティあふれる魅力的な男に見えるはず。今季の〈ボス〉には個性的な柄だったり、部分使いだったり“ひ…

TAGS:   Fashion
〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!
SPONSORED
2019.03.25

〈ディーゼル〉の定番にニュータイプがお目見え!
進化したジョグジーンズなら休日姿はもっと軽快!

アクティブに過ごす休日の強い味方として、すかり定着している〈ディーゼル〉の“ジョグジーンズ”。こんなに動きやすいのに、スウェットにはないデニムならではの魅力を出せるパンツはほかにはないから当然かと。この春、それがちょっぴりイメチェンして進…

TAGS:   Fashion
個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?
SPONSORED
2019.03.25

個性に磨きをかけるなら〈タトラス〉の新作!
差がつく大人のトップはさりげに“ひとクセ”あり !?

Tシャツの上にさらりと羽織れるアウターが活躍するこの季節。いつもの着こなしとさりげなく差をつけたいなら、イタリア・ミラノ発の〈タトラス〉はハズせないところ。ひとクセあるデザインでありながら、しっかり大人に似合う。そんな絶妙バランスの1着が…

TAGS:   Fashion
〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!
SPONSORED
2019.03.26

〈セオリー〉の新作は品格があって着心地も最高!
こだわる男が選ぶのは麻は麻でもストレッチ入り!

そろそろワードローブに春の新作を加えたいタイミング。とはいえ、いつものラフなカジュアルでは代わり映えしないし、大人っぽくも見えない。ならば、素材からこだわってみるのもアリ⁉ 〈セオリー〉で展開する“クランチ”は、春夏を代表する麻にストレッ…

TAGS:   Fashion
王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!
SPONSORED
2019.03.25

王道だけど華がある〈トミー ヒルフィガー〉の新作!
春に着たい本命アイテムはどこか懐かしいあの定番!

気候的に過ごしやすいこの季節は、着る服もいつも以上にリラックスできるものが気分。ロゴパーカやマドラスチェックのシャツといった、かつてよく着ていた懐かしい服がぴったりかもしれない。そんな着慣れた定番服で、新鮮さも楽しむことができるのが、〈ト…

TAGS:   Fashion
元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!
SPONSORED
2019.03.25

元サッカー日本代表・中澤佑二さんも信頼を寄せる〈トゥミ〉!
思わず外出したくなる機能満載の大人顔バッグ!

都会的かつ男らしさがみなぎるルックスに、外出先であったら嬉しい機能を満載した〈トゥミ〉の新作バッグ。なかでも“アルファ ブラヴォ”と“タホ”は、磨きがかかった大人好みのデザインとスペックで人気のコレクション。現役のサッカー選手を引退した今…

TAGS:   Fashion Lifestyle
格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!
SPONSORED
2019.03.26

格上のカジュアルは〈A|Xアルマーニ エクスチェンジ〉で!
春デニムに合わせたい遊びの効いた定番!

流行は目まぐるしく移り変わるけど、結局気づけば立ち返るのは原点の格好よさ。たとえば、爽やかなブルーデニムに黒、紺、白などの定番色の組み合わせがソレ。でも単に王道ではつまらない。そんなときに、ちょっと自分らしいスパイスを加えるなら遊びの効い…

TAGS:   Fashion
〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!
SPONSORED
2019.03.25

〈ヴァンズ〉なら西海岸スタイルも思いのまま!
カジュアル上手な大人はロゴ使いで違い出し!

シンプルになりがちな春カジュアルは、ロゴ入りトップを上手に使って個性を出したい。とはいえ、これみよがしなビッグロゴに頼りすぎて子供っぽく見えたり、着用シーンが限定されるのは本末転倒。その点〈ヴァンズ〉のトップなら、タイプによってロゴの入れ…

TAGS:   Fashion

NEWS ニュース

More

MAGAZINE別 冊

Safari アスリート サファリ Vol.20
Safari いつでもキラキラ輝く自分でいたいから
Safari アスリート サファリ Vol.19
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.14
Safari アスリート サファリ Vol.18
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.13
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.7
Safari アスリート サファリ Vol.17
Safari ウーマン・セレブリティ・スナップ Vol.12
Safari サファリ ニューヨーカー Vol.6

ページトップへ