Safari Online

SEARCH

LIFESTYLE ライフスタイル

2020.10.08


インテリアに馴染むモダンな拭き掃除ロボ!

ハイテク感があるけど、どこかかわいらしさも感じるこのロボット。実はこれ、海遊び好きの部屋にあると強い味方になってくれる、賢い床拭きロボットなのだ。手間のかかる拭き掃除をお任せしておけば、砂や潮でベタつきがちな床をきれいにしてくれる。サーファーのよき相棒として、以後お見知り置きを。

ブラーバ390j



海が身近にある生活をしているサーファーの部屋は、砂や潮などで汚れがち。ちゃんときれいにしてから帰宅したつもりでも、洋服やギアに砂がついていたりするのだ。潮で床がベタベタになってしまうこともあるので、掃除機をかけるだけでなく、実はこまめな床拭き掃除も必要だったりする。でも、だからといって掃除ばかりしていると、海に行ける時間も減ってしまう!? 大丈夫、床拭きロボットの“ブラーバ390j”に、お任せしちゃえばいいのだから。

乾拭きと水拭きの2つの掃除モードが選べる設計で、後者のウェットモードを使えば、潮はもちろん、皮脂汚れや食べこぼしのべたつく汚れもきっちり拭いてくれる。だから、サラサラな床を保つことが可能。愛犬の毛や埃が気になるときは、乾拭きのドライモードを選択。市販の掃除シートも使えるのも嬉しい。

ロボット掃除機ならではの賢さも見逃せない。ゴミや汚れが溜まりやすい壁際も掃除でき、部屋の形や家具の配置も把握しながら動くので隈なくきれいにできる。大事なカーペットに乗り上げて濡らしてしまうこともない。安心して掃除を任せられるので、彼女が急に遊びに来たいなんて言っても慌てずに済みそう!?

POINT!
1 選べる2つの掃除モード
2 家具の配置を把握して掃除
3 市販の掃除シートが使用可能


3万9880円(アイロボット ジャパン/アイロボットサービスセンター)
本体はわずか7.9㎝の薄型ボディなので、ベッドやソファの下に入りこんで掃除することも。家具を傷つけないよう、バンパーも搭載。音も静かだから、就寝中や深夜でも気にせずに使えるところも嬉しい。部屋の掃除が完了すると、自動的にスタート位置に戻る優秀設計。ウェットモードでは、同じ場所を3回丁寧に拭いてくれる気遣いが。 

 



Information

●アイロボットサービスセンター 
TEL:0120-046-669

雑誌『Safari』11月号 P243掲載

“シビれる家電”の記事をもっと読みたい人はコチラ!

写真=村本祥一 文=遠藤 匠
photo : Shoichi Muramoto text : Takumi Endo

Club Safari

Safari Lounge会員なら、記事を読むだけでSafariマイルが貯まる!

クラブサファリ会員(登録無料)になると、記事を読むごとに5マイル(ポイント)をためることができます。貯まったマイルは、1safariマイル=1円として利用することができます。